図書館の司書が遠い?

                          山 田 登 美 子

 

  去る10月29日平成21年度網走管内公共図書館(室)研修会に参加しました。

この日の研修会では、北海道立図書館市町村支援課長が、道立図書館が実施している学校図書館支援事業などを含め、道内の図書館や公民館図書室等のトピックスを紹介されました。私は、16年ぶりに斜里町立図書館にお世話になっておりますが、昔と同じように地域格差がありさらに図書館運営が多様化しているなど道内図書館事情の一端を知ることができました。そして、紹介された図書室や学校図書館改造の取り組みからは何時の時代にも忘れてはならない図書館サービスのありかたの一面を教えられたように思いました。

 

さて、私は平成5年度から20年度末まで滋賀県愛荘町(人口8,000人の秦荘町と12,000人の愛知川町が合併)の図書館員をしておりました。愛荘町の図書館は2館あり、それぞれ週休2日、祝日休館、館内整理休館が月1日あります。開館時間は午前10時から午後6時までで滋賀県では標準的な開館スケジュールです。

  愛知川図書館は個人貸出しだけで年間23万冊以上、受け入れ図書13,000冊、AV資料300点、購入雑誌290誌。敷地面積12,000u。図書館員ならこれらの数字だけでおおよその仕事量が想像できるでしょう。職員は、全部で8人おりましたが、正職員の司書2人は毎日遅くまで働いていて、県内の図書館長からも健康を心配されていたほどでした。

図書館を開いているには、資料受入数や貸出数で積算できそうな仕事のほかに、本の世話、利用の世話、施設(本と出合う場)の世話がたくさんあります。それらは職員が分担してすすめる訳ですが、担当している仕事とそれ以外の隙間を互いに埋めてすすめる仕事があります。

開館して10年を迎える愛知川図書館は、職員の努力により「通常のサービス」がつつがなく行なわれ、外部からも高く評価されています。しかし、10年間やり続けている「通常のサービス」の効率的な繰り返しこそが今後の課題となるような気がしています。
 

今回の研修で私が感動したのは、紹介された図書室等の人々の輝きでした。公民館図書室や学校図書館改造の工夫、気配り、がんばり屋さんの様子は、魅力的で輝いていました。加えて一緒に改装作業や本の整理をする地域の人との一体感が伝わってくるようでした。私自身、ちょっと覗きに行きたいと思いました。

振り返って、図書館を考えてみると知り合いの姿がいくつも思い浮かびますが、「図書館」という組織の司書は少し遠く落ち着いて見えます。図書館の現場ではチームの力を効果的に発揮する努力をします。もちろん各職員が個別に考え実行し「通常のサービス」も維持していますが、個人の姿は見えにくいと思います。また、開館当初は悩んだり様子をみたり利用者に学んで組み上げたサービスの数々が、安定した組織にあっては繰り返しで済み「通常のサービス」として一括りにされがちです。

利用者として図書館へ行くとき、目的の資料とともに「今日はいるかな?」と意欲にあふれた職員の顔が浮かぶでしょうか。

定型化した仕事を繰り返すことで質の維持や効率面はよいのですが、職員と利用者の間も熱意の交流をする機会が失われていきます。利用者にとって、サービスに不足はないけれど満足感が得られない状況になってはいないでしょうか。

安定した組織でも、図書室と同じように利用者とがんばる司書の姿がもっと見える工夫はないものでしょうか。豊富な資料と輝く職員が働く、図書館が増えるように。

 

 (やまだ とみこ:斜里町立図書館)