ちまちま小樽文壇史

                                                    玉 川   薫


小樽文学館では、札幌市在住のイラストレーター高山美香さんのミニチュア粘土人形による「ちまちま小樽文壇史+偉人物語」展を催している(2010131日まで)。

昨年好評だった「ちまちま小樽文豪展」の第二弾で、スケールもパワーアップ、15cm前後のミニ文豪、偉人たち約100人がひしめいている。小樽ゆかりの人々も、石川啄木、小林多喜二、伊藤整らおなじみの面々に加え、新選組の永倉新八や、函館戦争の榎本武揚、さらには流行歌手の小林千代子やナンシー梅木、映画スターの石原裕次郎や水の江滝子など、まさに多士済々だ。

 

高山さんの人形は、単にそっくりなだけではなく、その人物の意外な一面を実にうまくとらえている。例えば石川啄木は、厚い本を枕に昼寝をしているところだ。その本も、てもとのタバコも、すべて細かい調査に裏づけられている。

とりわけ楽しいのが、人形に添えられた手書きのイラスト入り解説パネルだ。「それでも愛される石川啄木」と題されたパネルには、両親に溺愛された「王子様体質」は死ぬまで変わらず、「友人が大切なコートを質に入れてまで援助してくれてもそのお金で遊びに行き、人力車に乗って帰ってくるというバカ王子っぷり」など、知られざる逸話が満載されている。

 

もう一つ、高山さんが注目したのは、これらの作家や偉人たち相互の意外な「関係」だ。

「恋の逃避行」で知られる映画スターの岡田嘉子の父親は新聞人で、口語歌人の並木凡平と親しかった。幼い嘉子は、凡平に「アバタ伝六」とあだ名をつけた。早熟だった嘉子は16歳のとき、小林多喜二の絵を批評した記事を書いたこともある。批評された多喜二も当時15歳だった。

人形と人形のあいだには、こうした「意外な関係」が綴られたパネルが随所に置かれ、彼らが活発に往来した小樽の街とその時代そのものが浮かび上がってくる。

 

こうした「人間関係のおもしろさ」は、高山さんが独自に見つけたものなのだが、日本近代文学史を見直し、人と人との関係に改めて着目したのが伊藤整だ。それを紡いでいったのが伊藤整のライフワークとなった大著『日本文壇史』である。伊藤整はそのはしがきに、こう書いている。

「私は、ある時代の文士や思想家や政治家の行動が、みなつながりのあるものと考え、そのつながりや関係や影響を明らかにすることに全力をつくした。また描かれてあることが私自身の目の中で一つの生きた姿となってとらえられ、それがリアルなものとして読者に伝わるように、資料と事実の組み合わせに考慮を払った」

伊藤整の『日本文壇史』は、道半ば「明治の文壇」で閉じられたが、高山美香さんの「ちまちま偉人」は、古代ギリシャの哲学者ソクラテスから、小樽出身の現役の歌手まで、文学・科学・政治・音楽・芸能などのジャンルと時空を、大きく超えている。それらきわめて人間くさい「偉人」の関係が、網の目のようにつながっていくのだ。

 

小樽文学館での今回の展示には、小林多喜二人形の近くに「蟹工船」原稿レプリカや友人宛のハガキ、並木凡平人形のそばには「凡平コップ」の現物など、文学館所蔵の「原資料」を配した。そのことによって、人形はさらに生き生きと躍動感を増したように思う。

「ちまちま人形」は、札幌篠路高校図書館でも展示されたことがあり、そのときには図書館所蔵の関連図書が人形に配されていて、魅力的な「読書への誘い」になっていた。

これら100人の「ちまちま偉人」が、道内各地、さらには全国、そして世界の文学館、図書館、博物館、美術館を巡っていくことも、私は夢見るのである。

 

(平成21年11月20日記)

 

(たまがわ かおる:市立小樽文学館)