私論札幌市の図書館(3)

                                岩 城 信 吉

 


(前号からの続き)

宮城県の県立図書館は、明治14年宮城師範学校内に開館した宮城書籍館(しょじゃくかん)が前身であるから歴史は古い。同26年に師範学校から独立、明治40年に宮城県立図書館と改称。仙台市内で数回移転を重ねた。仙台空襲により建物・図書とも焼失した歴史がある。現在は宮城県図書館といい、仙台市中心部からは遠い場所にある(注11)。平成103月に新築された細長いチューブ型の特徴ある建物で、多目的ホール、ミニシアター、ボランティア室などを備える。仙台市は県立図書館が市中心部にない点で、札幌市と似ている。

(注11)仙台市泉パークタウン内、泉区と黒川郡大和町との境界に建つ。公共交通機関利用の場合、市中心部から地下鉄で終点泉中央駅下車、さらにバスで20~30分かかる場所である。

 

政令指定都市の図書館の特徴 

札幌市を含めた4市の図書館の現況について、その特徴点を整理してみる。既に述べた点と重複する部分もあり、またつけ加える点もあることをお断りする。

○名古屋市の図書館  充実した図書館配置 職員重視

市立図書館の歴史は、大正1210月に始まる。昭和40年以降11館計画によって、整備が進められた。中心となる鶴舞中央図書館の規模は札幌市中央図書館よりやや大きい。

現在は県図書館がある中央区を除く15の行政区に20図書館がある。地区図書館の規模は、大体1,000u台(札幌市の地区図書館と同じ規模のもの)である。

自動車図書館も2台あって、図書館はきめ細かな配置がなされているといえる。職員については、中央図書館に専任職員50人(うち司書39人)、地区館には少なくても専任職員4人以上いることから、図書館施策として職員の問題は重視されているといえよう。

昔、尾張名古屋には大惣という全国一の貸本

屋があった。明和4年(1767年)創業の大惣は、明治32年まで150年間続き、名古屋府下の武士階級はもとより一般庶民まで、町民の文庫として多くの人に親しまれ、その恩恵を蒙った人は広範囲にわたったという。名古屋地方には「知」を重んじる風土があるように思われる。

○ 福岡市の図書館  大きな総合図書館と小さな分館 職員軽視

他の機能をも合わせ持つ大きな総合図書館がある。この点が福岡市の最大の特徴である。札幌市の区民センター図書室の倍程度の規模の小規模な9分館が市民センター等に配置(併置)されている。中央図書館の専任職員37人のうち司書は8人と、司書は多くはなく、分館の専任職員は1人である。総合図書館の館長は非常勤職員である。

○ 仙台市の図書館  中心部に図書館 自動車図書館・分室・サービスポイント配置 職員重視

仙台市には明治20年代から独立した県立の図書館があったが、仙台市立図書館はなかった。

市立図書館は昭和37年から始まる。現在はメディア施設との複合施設である市民図書館が市中心部にあり(注12)、その点で札幌市とは大きく異なる。その規模は、札幌市中央図書館の半分より少し小さい規模で、専任職員は23人(うち司書8人)である。

6つある地区図書館は、市民センターとの併設で、その規模は規模の大きなもの、小さなもの様々であるが、職員は最少でも5人配置されており、職員は重視されている。

自動車図書館が3台、図書館の分室が10箇所あって、きめ細かいサービスが行われている。

(注12)市民図書館には視聴覚資料は備えていない。メディアテークには約8,800点の視聴覚資料を備えている。

○ 札幌市の図書館  中心部に図書館なし 図書施設多数配置 職員軽視

10行政区のそれぞれに図書館があって、形の上では11館が実現している。しかし、市の中心部に公立図書館はない。広い市域に、区民センター図書室、地区センター図書室等(以下、「図書施設」という。)が配置されている。職員は全体に少なく、専任職員に占める司書の割合も非常に低い。地区図書館では、選任職員の司書は配置されていないか、配置されていても1人だけのところが殆どである。

 

 

 

 

統計数字に見る政令指定都市の図書館

4市図書館の状況を統計数字で見ることにする。

○ 図書館の配置

その地域に図書館がどのようにどのような数で設置(配置)されているかが問題となる。

4市の図書館の数については、これまでにも触れた。まず、各市について、1図書館当たりの人口を算出してみる。1図書館当たり人口が最も少ない(つまり図書館が整備されている)のは名古屋市の107.3千人で、福岡市135.2千人(ただし分館を図書館とみなした場合)、仙台市142.6千人、札幌市186.9千人となる。

次に可住地面積当たりの図書館の床面積で比較してみたい。

表4は市の面積のうち人が住むことのできる可住地面積を求め、1平方キロメートル当たりの図書館の床面積を計算したものである。

 

表4 可住地面積当たり図書館床面積

 区 分

名古屋市

福岡市

仙台市

札幌市

可住地面積ku a 

314.33

225.96

338.67

440.58

図書館床面u b

38,157

28,619

17,276

20,192

 

可住地面積当たり図書館床面積 u b/a

 

121.39

 

126.66

 

51.01

 

45.83

 

可住地面積;総面積から、森林・原野・湖沼の面積を除いた面積(『都市データパック』(2008年版 東洋経済新報社)による)

図書館床面積;(『日本の図書館―統計と名簿― 2007』(日本図書館協会 20081月)により作成)

 

これによると、名古屋市121.39u、福岡市 126.66u、仙台市51.01u、札幌市45.83uとなる。名古屋市と福岡市では120uを超えているのに対して、札幌市と仙台市は低い数字となっている。

名古屋市は、ほかに自動車図書館も2台あり、図書館配置が充実しているとみることができよう。仙台市は図書館施設が不足しており、これを自動車図書館で補っているともみることができよう。

福岡市の数値は高いが、総合図書館の床面積が大きいため(図書館床面積の84%を占める)で、福岡市の図書館の配置は他市とは違っていることがわかる。

○ 職員数

図書館に配置されている職員の数を調べたのが、表5である。

 

表5 職員数

区  分

名古屋市

福岡市

仙台市

札幌市

専任職員 a

190

46

80

98

うち司書

155

11

28

18

非常勤臨時・委託 b

85

147

76

60

 うち委託

1

39

1

 

 職員計

 a+b

275

193

156

158

人口1万人当たり職員

1.28

1.43

1.56

0.85

(『日本の図書館―統計と名簿― 2007』(日本図書館協会 20081月)により作成)

職員数は2007.4.1現在である。

非常勤臨時・委託の職員は、年間実労働時間1500時間を1人と換算している。計算に用いた人口は、表3の人口(2006.3.31現在住民基本台帳人口)に同じ(以下、表6・表7において同様)。

 

職員数(専任職員と非常勤臨時・委託の合計)は表に見るように、名古屋市275人、福岡市193人、仙台市156人、札幌市158人である。これを人口1万人当たりに計算すると、多い順に仙台市1.56人、福岡市1.43人、名古屋市1.28人、札幌市0.85人 となる。

仙台市が最も多く、札幌市は1人に満たない。

この人口1万人当たり職員数を専任職員に限って見ると、多い順に名古屋市0.89人、仙台市0.80人、札幌市0.52人、福岡市0.34人となる。札幌市と福岡市では非常勤臨時・委託に依存している度合いが強い。

専任職員に占める司書の割合(注13)は、名古屋市81.6%、福岡市23.9%、仙台市35.0%札幌市18.4%、となっている。札幌市は司書の占める割合が極端に低い。

札幌市では、本庁や他部局に勤務している一般行政職員が配置換えによって図書館勤務となり、数年図書館に勤務したあと他部局へ回る人事が行われており、それらの職員が多いため、このような割合になっている。

資料の提供だけでなく、コレクションの形成、質の高いレファレンス・サービス、地域で発生する資料情報を網羅的に収集・提供し保存する地域資料サービスなど、付加価値をつけたサービスを行うことは、長く図書館に勤務する専任司書がいてこそできることであるが、札幌市図書館では、中央図書館の専任職員45人のうち司書は7人に過ぎず、そのようなサービスができる充分な体制になっていないと思われる。

さらに分析するためには、職員の年齢構成、経験年数を見るべきであるが、その資料はない。

(注13)この割合を一般に司書率と呼んでいるが、図書館職員の中には庶務に従事する事務職員や自動車図書館の運転業務に従事する職員も必要で、すべてが司書職員である必要はない。司書でない職員で賄える業務は、図書館により異なる。故に司書率は100%である必要はなく、この率に大きな意味を持たせて一律に他館と比較するのは適当でない。

 

○ 貸出数 

図書館の個人貸出数を示したのが表6である。

 

表6 個人貸出数

区  分 

名古屋市

福岡市

仙台市

札幌市

個人貸出数(千冊)

10,978

4,886

4,252

6,679

うち中央図書館(千冊)

762

2,051

829

4,312

住民1人当たり(冊)

5.12

3.61

4.26

3.57

18年度の実績である(『日本の図書館―統計と名簿― 2007』(日本図書館協会 20081月)により作成)

 

18年度の個人貸出数は、多い順に名古屋市10,978千冊、札幌市6,679千冊、福岡市4,886千冊、仙台市4,252千冊となっている。これを住民1人当たりにすると、貸出数は、多い順に名古屋市5.12冊、仙台市4.26冊、福岡市3.61冊、札幌市3.57冊となる。名古屋市では5冊を越えているのに較べ、札幌市と福岡市はともに3冊台になっており、札幌市が最も少ない。なお、政令指定都市(17市)の平均は、4.25冊である。

これを中央図書館の貸出数に限ってみると、名古屋市762千冊、福岡市2,051千冊、仙台市829千冊(泉図書館942千冊の方が多い)、札幌市4,312千冊となっている。

中央図書館の貸出数の全体に占める割合は、率の高い順に札幌市64.6.%、福岡市42.0%、仙台市19.5%、名古屋市6.9%である。福岡市では中央図書館で図書館全体の42.0%を占め、名古屋市では中央館以外の図書館の利用が多い。

なお、上記の札幌市中央図書館の貸出数には、図書施設に係る数値が加算されており、これを除いた中央図書館の貸出数は、1,242千冊である(注14)。

札幌市の施設区分別の貸出数は、中央図書館1,242千冊(17.9%)、地区館(92,605千冊(37.6%)区民センター図書室(711.5%、地区センター図書室(2031.8%、となっている(注14)。図書館10館では全体の55.5%で、区民センター図書室と地区センター図書室が大きな役割を果たしていることがわかる。

(注14)この統計数字は、『札幌の図書館2007』(札幌市中央図書館)6頁による。この場合、貸出総数は6,936千冊である。

 

さらに詳しく、住民にどのように利用されているかを見るためには、年齢層・年代別利用者、分野別の資料利用状況等を調べる必要がある。

 

図書館の世界では、図書館を評価する評価指標として、貸出密度・住民1人当たりの貸出件数(貸出件数/人口)、住民1人当たり資料費(資料費/人口)、住民1人当たりの予約件数(予約件数/人口)、登録率(登録者/人口)、実質貸出密度(貸出件数/有効登録者数)、蔵書回転率(貸出件数/蔵書数)など様々な指標が考えられているが、多くは、貸出実績を基礎にした指標である。

貸出で図書館を評価し切れるものであろうか。

筆者は、住民のうちどれくらいの人が、図書館を日常的に利用しているかを問題とするべきだと考える。即ち、住民のうち何人(何%の人)が登録しているか(図書館によっては、これもきちんと整理されていないところがある)、その登録者のうち、何人が年に複数回(1回でなく、例えば2〜3回以上など)利用したかを問題とすべきだ(注15)。

いまでは、多くの図書館でコンピュータ利用によって、利用者登録や、蔵書管理、貸出業務が行われているから、今述べたようなことはコンピュータのプログラムを修正すれば、調査できる筈であるが、何故か図書館はそのための努力をしない。

 

 

 

(注15)日本図書館協会の調査では、登録者については、有効登録者数・うち自治体内有効登録者数が、個人貸出については、自治体内個人貸出数が調査されているが結果は公表されていない。

 

また、先に触れた図書館の配置に関連するが、市内のどの地域に住んでいる人に図書館がよく利用されているか(どの地域に住んでいる人に図書館が利用されていないか)の問題は、冬降雪期間が約4か月ある札幌市にとっては、他の市の場合よりも大きな問題である。一度しっかりした調査がなされることを望む。

 

○ 資料費

平成18年度の資料費を示したのが、表7である。

 

表7 資料費

区 分

名古屋市

福岡市

仙台市

札幌市

18年度資料費(千円)

211,422

145,601

154,117

177,880

住民1人当たり(円)

99

108

154

95

(参)16~18資料費住民1人当たり(円)

 

126

 

133

 

169

 

102

(『日本の図書館―統計と名簿―』(日本図書館協会)により作成)

 

人口1人当たりを計算すると、金額の多い順に、仙台市154円、福岡市108円、名古屋市99円、札幌市95円、となる。札幌市は、100円を割り、4市の中で最も低い金額になっている。

なお、18年度には特別な事情があったことも考えられるので、念のため、16年度から18年度まで3年間の資料費の平均額を求め人口1人当たりを計算すると、金額の多い順に仙台市169円、福岡市133円、名古屋市126円、札幌市102円となり、ここでも札幌市が4市の中で最も低い金額になる。

また、5年前の平成13年度決算額を100として、18年度の資料費を指数で表すと、名古屋市68、福岡市69、仙台市77、札幌市70となる。4市はいずれも近年資料費を大きく減額している。札幌市はもともと資料費が少ないのに、さらに減額を続けている。

 

○ 蔵書数、郷土資料など

図書館をその配置、職員数、貸出数、資料費だけで評価しきれるものではない。例えば、逐次刊行物が充実しているか、参考図書は充実しているか、児童書はどう備えているか、郷土・行政資料を重視して収集しているかなど、図書館の資料の質を調べて比較してみるべきであるが、行えることは現在の図書館統計では限られている。

多くの場合、利用者は図書館で知りたいことが分かり、読みたい本が読める(借りられる)など、一応のことができれば満足する。しかし、少し詳しいことを知りたい専門的なことを知りたい時には、いわゆる資料が揃っている、頼れる図書館が必要である。

政令指定都市の図書館には、一般の市町村の図書館よりも、詳しいこと、専門的なことを調べるための資料が揃っていることが求められる。

資料が揃っているかどうかの度合いを蔵書数と雑誌で見ることにする。

蔵書冊数を中央図書館に限ってみると、名古屋市1,126千冊、福岡市1,142千冊、仙台市481千冊、札幌市1,578千冊(ただし、この数字には図書施設の蔵書を含む。中央図書館のみでは、709千冊である。)である。名古屋市と福岡市の蔵書冊数が多い。

雑誌の購入種数(タイトル数)を中央図書館についてみる。名古屋市290種、福岡市643種、仙台市481種、札幌市471種(図書施設に係る分を含んでいると思われる)となっており、福岡市が多くの雑誌を購入している。

郷土資料については比較できる統計資料がない。

札幌市の郷土資料についても、詳しいことはわからない。

中央図書館の郷土資料については、2階の「さっぽろ資料室」に一般図書資料として約35千冊配架され(書庫には約41千冊保管され)ており、ほかに明治期以前の出版物を中心とした貴重書、教育会資料などがある(注16)。「さっぽろ資料室」には職員は配置されておらず、参考資料書架前にある「相談カウンター」で職員が相談に対応している。

地区図書館にも郷土資料は備えられてはいるが、資料数は多くなく、より詳しいものは中央図書館の資料に頼らざるをない。札幌市政資料も、地区図書館では網羅されていないから、やはり中央図書館の資料に頼ることになる。

ちなみに、唯一資料、個人コレクションを主として紹介する目的で編集された「全国図書館案内」(注17)では、政令指定都市4市の中で紹介(掲載)されている図書館は、北海道立図書館(6)、宮城県立図書館(10)、仙台市民図書館(1)、名古屋市鶴舞中央図書館(12)、名古屋市立蓬左文庫(3)、福岡市立歴史資料館(2)である(注18)。(括弧の中の数字は資料群の数である)

つけ加えるなら、北海道の公立図書館では、前掲のほか、市立釧路図書館(2)、市立函館図書館(2)、市立室蘭図書館(1)の3図書館が紹介されている。
 (注16)粟津有紀「札幌市中央図書館の郷土資料」『会報第84号』2009.6 北海道史研究協議会

 (注17)新版改訂『全国図書館案内 上・下』書誌研究懇話会編 1990 三一書房
 
(注18)当時福岡市総合図書館はなかった。千野信浩氏によると、福岡市総合図書館の「郷土・特別資料室」には、全国の図書館の中で最も手間がかかっていると感じさせる充実したコレクションがあるという(『図書館を使い倒す!』(200510 新潮新書 143頁)。

むすび−札幌市の図書館の課題−

これまで述べてきたことから、札幌市の図書館の課題も見えてきたと思う。

札幌市においては、広い市域にサービスを行きわたらせるため、図書施設を多数配置しており、それら施設が大きな役割を果たしている。

図書施設は、いわゆる読みもの類や実用書を読んだり(借りたり)するのに便利で、児童書も備えているから、家族で手軽に利用できる。しかし、図書、雑誌、新聞等どれをとっても資料の数が少なく、参考図書や郷土資料(行政資料を含む。)も乏しく、少し詳しい調べものをする場合などは心細い(注19)。

(注19)図書施設の資料の概要は表2参照。ある区民センターと地区センターが現在購入している日刊新聞を例にとると、区民センター図書室では、北海道新聞と全国紙4紙(朝日・讀賣・毎日・日経)で、保存期間は3か月、地区センター図書室では、北海道新聞と全国紙2紙(朝日・日経)で、保存期間は1か月である。いずれも資料の複写はできない。

 

区民センター図書室と地区センター図書室を所管しているのは、図書館を所管している教育委員会ではなく、市長部局の市民まちづくり局である。さらに、これらの施設には、平成184月から指定管理者制度が導入されており、そのことにも大きな問題がある。指定管理者になっているのは、区民センターにあっては札幌市区民センター運営委員会、地区センターにあってはそれぞれの地区センター運営委員会である。

 

繰り返すが、図書館の配置に関しては、札幌市中心部に公立図書館がない問題がある(注19)。この数十年間、札幌市民や道民の多くは、大きな図書館を体験することなく成長し、日常の暮らしをしているのである。それはひとり札幌市だけの責任ではないが、そのことが札幌の文化延いては北海道の文化全体に及ぼし続けている影響は計り知れなく大きい。

この十数年の間に、札幌市近郊都市−石狩市、北広島市、恵庭市など−に新しく図書館が設置され、市民に広く利用され、関係者も注目するような実績を上げている。それだけに、大都市札幌市の図書館の不十分さ、貧しさが目立ってきている。

 (19)市中心部から最も近くにある図書館は北海道大学附属図書館(北区北8条西5丁目、JR札幌駅から徒歩十二・三分程の距離)である。一般市民も利用できるが、教育・研究活動支援を第一義とする大学図書館であって、公共図書館のように自由には利用できない。

 

前に見たように、札幌市の図書館の住民1人当たり貸出冊数は、3.57冊(札幌市発表では3.7冊)である。

名古屋市などに較べてこのような低い数字であるのは、住民が図書館を利用しやすい条件―図書館が身近な利用しやすい場所にあること、施設設備が利用しやすいこと、魅力的な蔵書構成になっていて読みたい本があること、調べ物などができる参考資料が揃っていること、利用者の多様な求めにきちんと対応できる資料に詳しい優秀な職員がいること、それらを支える必要な図書館予算が確保されていること、職員も市民に図書館がよく利用されるよう努力していること等−の点で、やはり足らないもの・劣るものが多くあるからである。

最近、札幌市においては、他都市の図書館と同じように開館日・開館時間の拡大がなされ、図書館・図書施設を通じて蔵書検索ができるようになり、さらにインターネットを利用した本の予約もできるようになっている。各施設の資料は、どこでも借りることができ、どこでも返せるようになった。図書館は確かに利用しやすくなっている。これからも図書館の利用は拡大していくであろう。

しかし、札幌市図書館が抱える構造的な問題―施設、職員、予算等の問題−は、どれをとってもよい方向に向かっていない(注20)。

  (注20)『札幌市図書館ビジョン』(平成141月、札幌市教育委員会)は、概ね10年間の施策の方向について、利用者サービスの拡大、情報サービスの推進、ネットワーク化等をあげているが、図書館施設の整備などハード面には全くといっていいほど触れていない。

 

「わたしたちは、時計台の鐘がなる札幌の市民です。」に始まる、かの「札幌市民憲章」(昭和3811月制定)は、「未来をつくる子どものしあわせなまちにしましょう。」(4章)、「世界とむすぶ高い文化のまちにしましょう。」(5章)と謳い、市民に呼びかけている。

私たちは、札幌を「子どものしあわせなまち」、「高い文化のまち」にするために、もっと札幌の図書館の問題を論じなければならない。

 

参考にした資料

政令指定都市の市及び図書館のホームページ、『さっぽろ文庫6 時計台』 札幌市教育委員会編 昭和5310月、『札幌の図書館50年』 札幌市中央図書館 平成133月、『札幌の図書館30年』 札幌市中央図書館 昭和563月、『札幌市立図書館ができるまで』札幌市中央図書館 昭和574月、『札幌の図書館』2007 札幌市中央図書館 平成1910月、細谷洋子「政令指定都市の図書館」 (『ほんねっと』第2号・第3号)さっぽろ図書館づくりネットワーク

    (いわき のぶよし)