「置戸町立図書館」は今どうしているのか(2)

                            森 田 は る み


前回は、置戸町立図書館の現況と、過去から未来に向かってその精神的支柱として継承しようとしているものが何なのか、といったあたりのことを書かせていただきました。今回は、そうした基盤の上に取り組まれている事業など、もう少し具体的なところに話を進めたいと思います。

私が置戸町立図書館の職員となって10数年、そのスタート時は歴史の重さをひしひしと感じながら、今日まで継承されてきた各種事業の背景にある設立当初の理念や思いを汲み取るよう努め、そこに今日的工夫をどのように加味するのかということに意を砕いてきた気がします。ですからいつの間にか「それをやるのが“当然”」と体に染み込んでいる中にも、他所の方から見れば新鮮に映ることもあるいは少なくないかもしれません。

 

1971年に設定された「読書月間」の取り組み

その筆頭に挙げるべきは、置戸町独自の「読書月間」の設定でしょうか。全国的に取り組まれる「秋の読書週間」は置戸の基幹産業である農業の繁忙期にあたることから、この時期に「ゆっくり読書を」と呼びかけるのは地域の実情に即していない、そこで農閑期であり厳寒期でもある2月を「読書月間」と定め、この時期に様々な形で読書推進を呼びかけるとともに、各種催し物をこの2月に行ってきたという経緯があります。読書月間を定めたのは1971年のことで、以来様々な変遷を経ながらも事業の中心的な柱として今に至っているのが「こどもおはなし大会」です。

2009年に36回目を数えた「こどもおはなし大会」は、その名のとおり子ども(小学生)が本に載っている話や自分で作った話などをなるべく原稿を見ないで語る“素話”をそもそもの原点にしています。近年は個人よりも数人のグループでの参加が多く、また様々な工夫が施され、せりふを演じ分けたり自作紙芝居やペープサートなど各種小道具を用いた発表が増えています。

それぞれの工夫や練習の成果が楽しみであるとともに、時にはおとな以上の魅力的な語りに引き込まれることもあり、毎年参加して確かな成長の跡を見せてくれる子どもたちの姿に、この事業の歴史を感じたりもします。

もうひとつ、同じく読書月間の2月を中心に取り組まれるのが「どくしょカード」です。冬の間に読んだ本の読書記録をつけてもらい、提出してくれた小学生にはささやかな記念品が贈られます。

「どくしょカード」の1冊目は「おけとこどものほんだな」の本からスタートしてもらうことになっています。「おけとこどものほんだな」とは、1984年に設定された置戸の小学生向けの推薦図書リストで、町立図書館と町内小中学校の協力によって作られたものです。昨年2008年には4回目となる改訂を行い、現在100冊の推薦図書が挙げられています。置戸町や北海道の地域特性などを意識しながら作家や作品内容を選ぶとともに、そこに留まらず多ジャンルの本との出会いを通してそれぞれの世界を広げてほしいという願いを込めつつ、発行年等も考慮しながら取捨選択をしています。春と秋の読書週間にはこの中からどくしょクイズを出題し、この「ほんだな」の存在を身近に知ってもらうようにしています。

 

学校の協力があってこそ

このような、もっぱら小学生を対象とする各種取り組みが学校の協力体制なしに成り立ち得ないのは言うまでもありません。

図書館事業の周知は、毎月1日に発行される広報お知らせ号に折り込まれ、全戸配布される「図書館だより」(現在の名称は異なりますが)によっています。しかし子どもたちへの働きかけは当然これでは不十分で、学校を通して配ってもらうチラシが頼りです。そしてその際に、先生方がひと言添えて子どもたちを“その気”にさせてくれるか否かに事業の成否がかかっていると言っても過言でないのが実情です。

それでは一体どのようにして学校の協力を得ているのか。

組織的な面で言えば「学校図書室担当者との連絡会議」があります。年に1ないし2回の顔合わせの中で、移動図書館車への要望を含めた様々な意見交換をし、合わせて当館事業等への協力をお願いしています。(昨年の場合は、この会議メンバーに「おけとこどものほんだな」改定作業に尽力をいただきました。)

しかし個人的に感じているのは、むしろこのような場以上に、学校や個々の先生方の姿勢に負うところが大きいということです。

今年の4月に小学校が統合し、これまで4つの地区それぞれにあった小学校が2校になりました。中心部の置戸地区以外は複式学級の小規模校でしたが、特に小規模校は伝統的に読書活動に力を入れてきたところもあり、図書館事業を学校行事や授業の延長線上に位置づけ、学校を挙げて取り組んでくれていました。同時に、熱心な先生は放課後の練習にも付き合ってくれていたと聞いています。

2002年まで行ってきた読書感想文コンクールや、それに代わる事業として始めた「読書感動のひろば」取り組みについても、こうした学校(の伝統的校風、と言うべきでしょうか)と先生方に支えられているという実感を持っています。それは小学校にとどまらず、中学校や高校においても同じことが言えると思います。

 

小学生の登録率は100%!?

置戸の中心部以外の3つの地域に暮らす子どもたちにとって、移動図書館車「やまびこ号」はそのまま「図書館」の代名詞でもあります。本館に来たことがなくても「やまびこ号」は知っている、それはやまびこ号が月に2回ずつ、地域の保育所・小学校・公民館などを巡回し続けてきたからです。

私は滅多に移動図書館車に乗ることはないのですが、それでも何かの折に地域へ出かけた時など、保育所や小学校の子どもたちが「やまびこ号が来た!」と一斉に駆け出してくる様子を目の当たりにしてほほえましく思ったり、時には胸が熱くなることさえあります。こんな風にやまびこ号の来訪を待ちわびている子どもたちがいて、まさしくこの子どもたちの存在に置戸の図書館活動は励まされ、支えられてきたのです。

保育所に行っている子どもたちはごく自然な流れで図書館利用者となります。就学前の子どもたちの登録率は半数弱、そして小学校にあがれば残りの子どもたちも利用者登録をしますので、小学生の登録率は100%になります。置戸町内の小学校に通っていて、定期的に学校にやって来るやまびこ号を利用しない子どもたちはいません。

個人貸出と同時に、図書委員さんたちは各学級に置く本を選んだりもしますので、狭い車内は大賑わいです。「ピッさせて」と貸出手続きを自分でやりたい子、返却期日のはんこを押す子、返却作業を手伝ってくれる子・・・。

貸出冊数の制限がないことも、子どもたちの盛んな利用の隠れた要因のひとつになっている気がします。現在どれだけ借りていても、また延滞資料があっても新たに本を借りられる、もちろん「この本どうした?遅れているから早めに返してね」と声をかけるわけですが、“ある一冊”との一期一会の出会いを阻害してしまわないように、という思いで設けられたこのルールは農村モデル図書館以来のものです。子どもたちは、子ども同士の間で話題になっている本などを競うようにして選んでいきます。

置戸の子どもたちは、こうした環境の中で、ごく自然に図書館利用を身につけていきます。

 

児童サービスを越えて

“置戸の当たり前”が一朝一夕にできたものでないことは言うまでもありません。そしてこれまでできていたことが、保育所の統合や小学校の統合という地域の構造的変化の影響を受けて今後どのようになっていくのかは、まだ見定めきれていないのが実情です。今後起きてくるであろう様々な変化に対応していく柔軟な取り組みが必要です。

同時に、これだけ熱心にやまびこ号を利用していた子どもたちが中学・高校に進学した後どうなっているのか、さらには子ども以外の利用の状況はどうなのかということもあります。特に人口比率の高い高齢者の利用が少ないことは大きな課題です。

図書館サービスは、今利用者である人へのサービスの質を高めることとともに、現在まだ図書館を利用していない人たちにどのように働きかけ利用を広げていくのか、常にその両方を見ていなくてはいけないでしょう。そういう意味で、図書館のやるべきことには際限がありません。

ここまでは伝統的に取り組んできた児童サービスの流れを紹介してきましたので、以降は新館になってから力を入れている(まだ利用者になっていない)“おとなへの働きかけ”をどのように行っているのかにふれてみたいと思います。

 

図書館は「届いているか」

“図書館で落語はいかが”“民族楽器と朗読の夕べ”“懐かしの16ミリ上映会”“脳を活性化するおとなの切り絵教室”…。これらはここ数年実施していずれも好評だった当館の主催事業です。まだまだ図書館を“遠い存在”と思っている方たちに、如何に気軽に足を運んでもらえるか。そこから関係が始まり、新規利用者の拡大につながっていくと考えるからです。

昨年度は、老人クラブへの働きかけも行いました。老人クラブの方たちは、毎月例会を持って集まっておられます。「もし良かったら、皆さんが集まる時にやまびこ号におじゃまをさせてもらえませんか」。各地区で相談をしていただき、「今度の例会は○月×日だから、△時頃に来てみて」あるいは「憩いの家に本を置いてみるから、読みやすそうなものを選んで届けて」などのお返事をいただきました。完全に軌道に乗ったというよりは、お互いまだまだ手探りの状態ですが、ふだん本館ではお目にかかることの少ない地域の高齢者の方たちと、少しずつ接点ができつつあります。

2年ほど前からは、福祉センターのデイサービスが行われている一角に、当館の本約100冊を置かせてもらっています。また今年になってからは、町内のグループホームにも同様に置かせてもらえるようになりました。おおむね1か月半ごとに入れ替えに行きます。なるべく活字の大きいもの、写真が多くて眺めるだけでも楽しいものなどなどあれこれ取り混ぜて持っていくのですが、職員の人たちにお年寄りの希望を仲介してもらったり、入れ替え作業をしていると声をかけてくださる方もいます。手に取ってもらえていることが実感できて、励みになります。(老人ホームには、もっとずっと以前からやまびこ号が届けています。)

グループホームの方たちは、随分頻繁に当館の方にも足を運んでくれるようになりました。デイサービスやそれ以外の福祉グループの方たちは、年に1〜2回団体でこちらに来て、集会室でミニ上映会を行ったり、各自自由に過ごされたり、しています。

本館に来ていただきたいのは山山ですが、来たくても来ることのできない人のところにもっとこまめに出向いていくこともとても重要なことです。

以前から、やまびこ号の巡回ルートに入らなくても、「こんな本が読みたい」と希望を伝えてもらえれば1冊からでもお届けしますと“届けるサービス”を謳っていたのですが、旧館時代には利用の実績はありませんでした。

3年前に要領を見直して再度周知を図り、保健師さんやヘルパーさんにも趣旨を知ってもらって一人暮らしの方のところに行った時などに声をかけてもらうようになると、ポツポツ希望する声が入ってくるようになりました。そうはいっても、実際の利用はほんの数件です。それでも本を届け、おしゃべりをし、感謝されて「また伺います」と約束をして帰ってくる、この顔の見える関係を大切にしていきたいと思うのです。

そして今年の2月には、この制度を延長する形で町内の赤十字病院に入院されている方向けに、希望に応じて読みたい本をお届けしますというサービスが可能になりました。この仕組みには、病院側の多大な理解と協力をいただいています。

 

かつて「暮らしの中に図書館を」と掲げていた精神をさらに一歩進め「暮らしに役立つ図書館を」と謳っていた時期がありました。その原点に思いを致しながら、図書館は本当に届いているのか、地域の人々の暮らしの中で役に立つ存在たり得ているのかを、これからも問い続けていきたいと思います。

 
   (もりた はるみ:置戸町生涯学習情報センター)