「私たちの図書館宣言」の採択と要請行動 

     ‐図書館友の会全国連絡会総会に出席して‐

                                  合 田 美 津 子


【私たちの図書館宣言】

525日、東京の日本図書館協会会議室で、全国から26名の仲間が出席して(ほかに委任状提出51名)、図書館友の会全国連絡会(図友連)総会が開催された。

3回目を迎えた今年の総会は、事務局長が緊急不在というハプニングもあったが、無事準備が整い、福富議長(横浜)の手際良い裁きによって議事が進められた。

今回総会の特筆すべきことは、「私たちの図書館宣言」が採択されたことである。これは15前に、佐々木順二現会長が図書館問題研究会の『みんなの図書館』に「図書館利用者宣言案」として提案したのが始まりで、図友連(20044月発足)に引き継がれていたものである。佐々木案をベースにしながらも、より納得できるものをと、ここ3年以上に亘って会員が討議してきた経緯があった。

全国会員の思いや願いを込めた沢山の意見を集約しながら、「市民とは」「利用者とは」など一つひとつの言葉の持つ意味を熟読玩味、幾度となく“本当に纏るのか”との不安もよぎる中、辛抱強く丁寧な議論を重ねた上で、この「宣言」が採択できたことを会員一同心から喜び合った。

これまでにも「図書館の自由に関する宣言」など図書館現場に携わる先達によって高らかな宣言文がつくられてはいたが、図書館の主人公である利用者の視点からの宣言は皆無だった。

宣言は、「図書館の主人公は私たちです」、「私たちはこんな図書館を望んでいます」と、高らかに宣言したのである。(「私たちの図書館宣言」については、別記をご覧ください。)

これまで私たち利用者は、サービスは与えられるもの、つまり行政サービスの受容者だとの域を超える発想を持たずに来た。

「図書館は誰のもの?」という問いかけへの答えを「市民利用者が前提」との考えや力を持つに至るまでには、長い学びと模索、そして運動が成熟するまでの時間が必要だった。図書館運動に関わってきた全国の多くの仲間が抱いてきた理想とする共通の図書館理念や希望を、時として折れそうになる悩みや苦しみを少しづつ解決しながら、小さな希望の灯りを消さないように灯し続けてきた地道な歩みが、今こうして花を咲かせ、志高らかに明文化できたことを心底誇りに思う。

しかし、産みの苦しみを経てできた「宣言」も掲げるだけでは実態の伴わない「絵に書いた餅」になりかねない。理念や目標を自分たちで実際に使い込んで本物にして行く作業は、これまで通り決して楽な道のりではないだろう。が、近年の地方分権の流れや、市民との「協働」などを掲げた行政の姿勢を見ても、社会は着実に変革へのパラダイム転換を余儀なくされている。

宣言は私たちの杖となって、これからの運動を支える大きな力となっていくことを期待する。

【要請行動】

526日は、図友連の「図書館の振興に関する要望書」と前日採択された「私たちの図書館宣言」を携えて、文部科学省と総務省を訪問するとともに、6班に分かれて衆・参議院会館を回り国会議員に要請行動を行った。文部科学大臣への要望の内容は、@2008年衆参両院の委員会が付帯決議した事項(指定管理者制度の導入による弊害、人材確保、有資格者の雇用確保など)についての実効ある施策の実施、 A指定管理者制度を図書館に適用させないこと、及び図書館の施設、設備に要する補助金・交付金等の措置、B図書館を「市場化テスト」の対象からはずすことなど5点である。

要請行動も3年目になった。議員に対する事前のアポ取りや議員会館の面会申込み等の要領もすっかり手馴れ、議員会館内も自由に動き回れるようになった。各自担当した国会議員との折衝も当初予定以上の総勢83人となった。

国会議員の方の中には−その秘書を含めて−図書館をよく理解されていない人も多くいる。

要請行動は、直接国政を担っている人たちに、図書館の現状を説明し、図友連の要望を伝え、このような図書館であってほしいとの私たちの思いを訴える機会になってきた。今回は、「私たちの図書館宣言」を呈示して説明できたから、よく話を聴いてもらうことができたと思う。

参加した仲間からも、今回は以前にも増して手応えがあったという声が多く聞かれた。私自身も、国会開会中であったためかメディアで見慣れた数多くの大臣や大物議員と身近に接することができ、国会や政治との距離が近くなったように感じている。


図書館友の会全国連絡会は、公立図書館が地域の情報拠点として発展することを願い、各地で活動している団体の全国組織です。図書館に関心を持つ皆さんに広くその活動を知っていただきたいと思います。ホームページからも発信しています(図書館友の会全国連絡会のホームページ: http://totomoren.com/ )。

(ごうだ みつこ:のぼりべつの図書館を考える会)


(別記)

≪私たちの図書館宣言≫ 

 
  図書館は人類の叡智の宝庫です。安らぎと交流の場として、情報発信の場と
 して、私たちの自立と地域社会の発展になくてはならない施設です。
  私たちは、ここに図書館のあるべき姿を掲げます。
 一 知る自由と学ぶ権利を保障する図書館
 二 いつでも、どこでも、誰でも、身近に無料で利用できる図書館
 三 資料・情報が豊富に収集・整理・保存されている図書館
 四 司書職制度が確立され、経験を積んだ館長と職員がいる図書館
 五 利用者のプライバシーを守る図書館
 六 情報公開と民意に基づく図書館協議会が機能する図書館
 七 教育委員会の責任で設置し、直接、管理運営される図書館
 
  私たちは、この実現のために、図書館を支え、守り、すべての人と手をつな
 ぎ、図書館とともに成長することを宣言します。

                     図書館友の会全国連絡会

 (編注:原文には振り仮名がつけられている。)