ふづくえ

〇 くにがまえに ト 
よく図書館職員は「図書館」と書くとき、国の字の「くにがまえ」を書いて、その中にカタカタの「ト」を書きます。どうしてそうなっているのか疑問に思いながら、便利なのでノートやメモに「図書館」と書くべきとき、私もそうしていました。今日偶然その由来を知りました。戦前に秋岡梧郎という図書館学者が筆記の煩わしさを解消すために生み出した略字で、これが授業の板書から広まっていったそうです。
  (関連) 「よもやまとしょかんばなし」第1回(札幌市の図書館)こちら     (shin)   (28.4.2、28.4.4 修正)

 (28.4.2 記、28.4.4 修正、28.6.10 トップページから移記)

〇 池澤夏樹氏は語る 「本を読むことは、骨のある人間をつくること」
このほど北海道立文学館長に就任した作家の池澤夏樹氏は、北海道新聞で、「現在の日本で、文学を取り巻く状況をどう見ていますか」という問い対して、次のように答えている。
(池澤)ゲームやコマーシャルなどにもストーリーがある。しかし、そこでは文学がちゃちに浪費されている。これらはかみ応えがなく、一瞬で溶けていくお菓子のようなもの。少しはかみ応えのあるものも食べないと、そしょく力は落ちていく。それは人間力や知性も同じこと。今の日本は教養を否定する反知性主義に傾いてきている。考える前に、思いを口にし、論理的に考えることができない人が増えた。日本はどんどん悪い方向に行っていると思います。本を読むことは、骨のある人間をつくること。僕は堅いフランスパンのように、読み応えのある作品をせっせと書き続けたい。
  (参照)26.10.4 北海道新聞 「聞く語る」「道立文学館長として「故郷に恩返し」」
  
 (26.10.27 記)

〇 日本アーカイブス学会 アーキビスト資格認定制度創設  

近年、我が国においても、記録管理やアーカイブスが重要であることが認識されてきているが、日本アーカイブス学会では、昨年度アーキビストの資格制度を創設し、申請によって審査し、認定した登録アーキビストを公表している。
2012年度登録者は38名(うち北海道居住者3名)である。資格審査、登録等について、「日本アーキビスト学会登録アーキビストに関するする規程」が定められている。当面資格審査は年に一度行われる予定である。
  日本アーカイブス学会の説明をみる   こちら
  (26.2.8 記)

〇 貸出しとレファレンスは「車の両輪」か?  

図書館が行うサービスに関して、「貸出とレファレンスは、車の両輪である」とよく言われる。これをどう考えるべきか、先月亡くなられた“レファレンス探検隊隊長” “シェルパ齋藤”の齋藤文男先生は、資料で次のように説明した(*)。

貸出しとレファレンスは「車の両輪」か?















・貸出しとレファレンスが公共図書館の本質的機能=資料提供を実現させる極めて優れたサービスであること、また現場では双方が緊密に影響しあって展開されることなどから、その関係を意識した上で、「貸出しとレファレンスは車の両輪」と言われることがある。「車の両輪」から受けるイメージは、シャフトで結ばれた同径の右輪と左輪であり、矛盾なく直進する車両である。はたしてそうなのか?
・日本の公共図書館の現状(貸出しとレファレンスへの市民の認識度、図書館側の体制や考え方、職員の訓練度など)を巨視的に見れば、特に『市民の図書館』で強く提示された貸出しとレファレンスの構造的関係を考えるならば、それは左右の同径両輪ではなく前後の両輪と理解されるべきである。しかも左図のようなトラッドな自転車である。
左図 後輪の直径が前輪の2分の1の自転車、クランクとペダルは前輪についている。前輪=貸出し(リクエストと読書案内を含む)、後輪=レファレンス の説明。前方向に「 ← 図書館サービスの前進」の書き込み
この比喩の意味するところは、
@貸出しとレファレンスは、一体となって進んでゆく「車の両輪」である。
A前進のためのパワーは、直接に前輪(貸出し)に与えられ、それにより自転車(図書館全体、当然レファレンスを含む)を駆動させる。
B進むべき方向のためのハンドリングは、直接、前輪の操作による。
C図書館の空白地には、まず前輪(貸出し)から乗り入れる。
・市民の信頼を得ている図書館は、例外なく、豊富な資料を持ち、専門的職員によって活かされ、その結果貸出しも活発でレファレンス質問も顕在化している。この現象を「両輪」論としてして図式化すれば左図になる。
(編集者注:左図は文章で記述しました。)

 (*)資料は、平成13年度図書館地区別(北日本)研修における「実践レファレンス」のテキストである。
 (25.5.28 記)

○ アジ歴と save MLAK  
  追記あり
9月6日と7日に今年度の北海道図書館大会が札幌市で開催された。大会記録(概要)は後日道立図書館のホームページに公開される予定とのことであるが、ここでは大会の2つの内容について、記しておく。
大会1日目の基調報告A(20分)は、国立公文書館アジア歴史資料センター(略称「アジ歴」)の濱田幸夫氏によるもので、同氏はアジ歴の沿革や事業を紹介し、WEBに公開している資料を調査研究のための資料として、あるいは学校の授業等の資料として、大いに利用してもらいたいという話をされた。
2日目の講演(80分)は、アカデミック・リソースの岡本真氏による「図書館のリレーションマネジメントー様々な危機管理への対応を想定して」と題した講演であった。岡本氏は、昨年の大震災直後に、WEBに「save MLAK」を立ち上げて( M は博物館、L は図書館、A は文書館、K は公民館)、それに呼応してきた人たちと様々な関係を構築していき、宮城県名取市の図書館などの復旧を支援している、という自らの体験(実績)を例に引いて、図書館は周りの人たちとの関係性を大事にし、それを発展させることによって、成長していくことができるし、そうするべきだと話された。
アジ歴のWEB資料を利用したい。また、「save MLAK」の活動に学びたい。
  国立公文書館アジア歴史資料センター http://www.jacar.go.jp/
  save MLAK  http://savemlak.jp/

追記: save MLAKは、「Library of the Year 2012」 でほかの3機関とともに優秀賞に選ばれた。第14回図書館総合展のホームページで、save MLAKの活動は、次のように紹介されている。 
東日本大震災における、博物館・美術館(M)、図書館(L)、文書館(A)、公民館(K)についての被災・救援情報を収集・提供する活動、支援者と受援者をつなぐ中間支援活動です。多数の有志の参加により幅広い活動として行われたことが、今後の災害支援の在り方のモデルになるとして評価されました。

  (24.10.11 記、24.10.24 追記)

○ 『北の野火』VOL.26 発行される  
北海道子どもの本連絡会会誌『北の野火』VOL.26 が発行された。
北海道子どもの本連絡会は、“すべての子らに本の楽しさを”と願い、子どもの本の書き手、渡し手、読み手の三者がその多様な活動を交流し、学び合うことを目的として活動しているが、その会誌『北の野火』の第26号がこの7月に発行された。
B5版77頁の同誌の特集は「いま、よみあいたい本」で、同会の冬季合宿研(本年1月、帯広)における、広瀬恒子氏(親子読書地域文庫全国連絡会)の「読書ボランティアのいま・これから」と題した22頁にわたる講演記録と、読書会「いま、読みあいたい本」、「みなさんから寄せられた「いま 読みあいたい本」の内容を掲載している。
また、5編の書評、4編の自作を語る、2編の詩・エッセイ、1編の創作、同人誌評がある。さらに、旭川市中央図書館の協力を得て作成された8頁にわたる北海道児童文学年表(2011年)がある。この年表は、同年に発行された北海道に関りのある(作者が道内在住・北海道出身、内容が北海道に関係する)絵本、フィクション、ノンフィクション、雑誌など118作品のタイトル、作者、出版社を掲載した労作であり、貴重な資料になっている。
同誌は、北海道子どもの本連絡会で1冊1,000円(一般)で頒布している。
 北海道子どもの本連絡会 こちら
  (24.8.16 記)

○ 登別市立図書館の改善  
登別市は、市立図書館長に司書資格を有する職員を募集(公募)し、昨年2月1日、2回目の募集に応じた綿貫亨さん(47)を図書館長(主幹職)に発令した(このホームページ「ニュース」23.4.28記)。
その後、登別市立図書館では、どのような改善が行われているのか関心を持っているが、『のぼりべつの図書館を考える会会報』(第60号〜第63号)によると、これまでに次のような改善が行われている。

    事   項    説   明
図書館協議会の公開の周知 ホームページ、ポスター等で周知
国立国会図書館レファレンス協働データベースに参加 23年6月、道内では6番目
選書システムの改善 職員全員で選書するようにした。
新規・継続購入の見直し 新書について、網羅的購入をやめ、選書の対象にした。
ホームページのリニューアル 24年1月 利用案内、リンク、お知らせ、行事などの再作成  
地域情報センター「PiP」の資料収集、選書 その事務を(市の)情報推進グループから、図書館に移管した。
映画会の追加 子ども映画会のほかに、一般成人を対象にした映画会を月1回実施する。
おすすめ本リスト 「夏休みのブックリスト」年1回を、夏冬休みの年2回「おすすめ本リスト」にして、配布する。
職員による読み聞かせの開始 読み聞かせは、外部のボランティアに委ねていたが、職員も行うようにした。

ホームページ管理者:上の表は主なものであるが、この中で、選書システムの改善、職員による込み聞かせの開始は、注目すべきことである。職員による読み聞かせは、(児童奉仕を行う)図書館としては、当然行うべきのことである。旭川市図書館では、ボランティアの力も借りているが、職員も行っている。
   
(24.8.1 記)

○ 『みんなでつくろう学校図書館』 成田康子著
  
長く道立高校で学校司書の仕事を続けてきた成田康子さんが『みんなでつくろう学校図書館』(岩波ジュニア新書、24年1月20日発行)を著した。本は、学校図書館を居心地よい場所に、図書館を自分たちの居場所にする、図書館を舞台に何かが起きる、学校図書館をみんなでつくろう、の4章からなる。図書館をつくりあげていく活動内容として、図書館のレイアウト、ガイダンス、図書館行事(ブックトーク、詩を読む会等)、図書館報、展示コーナー、学校祭企画、ディスプレイ等を取り上げ、これらが図書局員(委員)、図書館サポーター、図書館利用者を巻き込んで展開されていく実践的な様子が、実に読み易い平易な文章で綴られている。
著者は、中高生に学校図書館を足がかりに多様・多彩な活動ができることを伝えたかったという。最後尾では、学校図書館をみんなでつくるための前提として、専門の勉強をしてきた司書が必要だと述べている。入りやすい入口にする工夫、書架は木のぬくもりが感じられるものに、雑誌を置くことの意味、ふかふかの椅子、本をみつけるためのあれこれなど、学校図書館に限らず広く図書館を考え、よくしていくためのヒントも多い。
図書館の自由にj関する宣言、ランガナタン図書館学の5法則などが「図書館ミニ知識」に織り込まれ、奇数頁左下隅のパラパラアニメーションも面白い。
  (参考)北海道新聞24・2.26「ひと 2012 成田康子さん」
       成田康子「みんなでつくろう学校図書館」( 『出版ニュース』 2012.01 上・中旬号 62頁)
  (24.3.1 記)

○ 道立図書館の雑誌記事検索  

国立国会図書館では「国立国会図書館サーチ」の正式運用を始めた。図書館検索サイト「カーリル」なども利用できるし、図書館資料を探すのが便利になってきている。
ところで、道立図書館の蔵書検索で、北海道で発行されている雑誌の記事を検索できるようになっている。道立図書館ではあまりPRしていないが、コンピュータシステムを更新したとき加えられた機能のようである。
北海道で発行されている約240の所蔵する雑誌の記事の目次を検索できるようになっている。調べられるのは平成8年度以降受入れの雑誌記事が主だが、 それ以前についても総合雑誌、歴史関係の雑誌を中心に3年前から入力を進めてきており、その他の雑誌も順次さかのぼって入力していくという。
検索できる雑誌は、北方研究、網走地方史研究、アイヌ文化、北方農業、樺太、トカプチ、北の女性、北の語り、北海道教育、北海道の文化、クオリティ、月刊水産北海道、札幌の歴史、財界さっぽろ、じゃらん、しゃりばり、殖民公報、空知地方史研究などである。
この雑誌記事検索は、北海道立図書館の蔵書検索の「詳細検索」を開き、「雑誌記事」にキーワードを入力して行う(スペースを区切って、掛け合わせの検索もできる)。 
   北海道立図書館の蔵書検索の「詳細検索」
     http://www.library.pref.hokkaido.jp/wo/opc/srh/  さらに「詳細検索」へ進む  
  (24.2.2 記、24.2.11 修正)

○ 大震災 宮城資料ネットの歴史資料保全活動 

東日本大震災では尊い人命や家財とともに、多くの歴史資料が失われました。古文書、古美術品、生活の道具、古民家などかろうじて被災を免れた歴史遺産も、消滅の危機にある。NPO法人宮城歴史資料保全資料ネットワーク(略称:宮城資料ネット)では、未曽有の大災害から、一点でも多くのくの歴史資料を「守り」、「記録し」「伝える」ようと、精力的に活動を行っている。同法人の活動はホームページで知ることができる。また、同法人では活動に必要な資金のカンパを募っている。
    宮城資料ネットのホームページ  こちら
 
(23.8.2 記)

○ 北の資料『北方資料室の足跡をふりかえる』 発行される  

昨年は昭和45年(1970年)に北海道立図書館に北方資料室ができて40周年の年であった。北海道立図書館では、このほど『北方資料室40周年 北方資料室の足跡をふりかえる』(北の資料NO.124、A4版 50頁)を発行した。
北海道史研究協議会会長田端宏氏や初代北方資料室長岡原正司氏ら7人の寄稿をはじめとして、北方資料室関連年表、主な特別コレクション(家分け文書・個人資料等、主題によるコレクション等)、北方資料室発行物一覧(書誌目録、定期刊行物)、『北の資料』掲載記事目録、北方資料室資料展示一覧、これまでの講座・講演会、北方資料室40周年記念事業などが収められており、北方資料室40年の歩みを辿ると同時に「北方資料」を紹介する内容になっている。
本資料は、企画から、原稿作成、編集、印刷まで、北方資料室の職員7人によって(手づくりで)作成された。
印刷部数に限りがあるのか、道内の図書館には配布されたが、残念ながら公民館図書室には配布されていない。道立図書館のホームページに掲載されている。
    北の資料『北方資料室の足跡をふりかえる』 をみる こちら
              (道立図書館のHP→「お知らせ」 北の資料124号を発行しました ) 
ホームページ管理者:「北の資料」については、このホームページ「緑陰」に「北の資料に思う」(21.2.3記)として、書いたことがある。このような資料を企画しつくる仕事は資料に詳しい職員がいる図書館ならではのものであって、指定管理者を導入した図書館などでは、できないことだと思う。
  (23.5.24 記)

○ 寄贈図書300冊から始まった 苫小牧市の図書館  

苫小牧市では、中央図書館に指定管理者制度を導入することが検討されているが、北海道立図書館40年史』には、同市の図書館に関し次のような記述がある。図書館ができるのにどんな背景があったのか、考えるのも意味のないことではあるまい。市制が施行された昭和23年4月当時の市の人口は3万3千人、現在の人口は17万3千人、市の財政力指数は0.79で道内市の中では財政に力のある(税収に恵まれている)市である。

市立苫小牧図書館
(沿革)
 苫小牧市における図書館設置運動は、一部の有志によって昭和3年頃より再度にわたり展開され、一時は建物までが決定したほど具体化されたが、種々の事情から遂に実現をみるに至らなかった。
 戦後になって教育全体の改革が行われ、社会教育制度の確立に伴い、昭和22年苫小牧公民館が設置され、同図書部が発足し寄贈図書300余冊をもって昭和24年公民館集会室の一隅に書庫を設置し一般閲覧を開始したのが本市図書館の始まりである。
 その後、独立の図書館とすべく内容の充実に努めていたが、昭和25年新図書館法が公布され、新しい図書館の在り方、基準等も明示され、更に道民事部より設置勧告をうけ、昭和26年3月新図書館法に基き、旧市立病院跡に独立の建物を得て市条例を設定、昭和26年4月1日より正式に発足し、道南郷土資料の充実に特色ある文化施設の一つとして活動を開始し、6月には図書館協議会が設けられた。(以下略)  (『北海道立図書館40年史』134頁(1967 北海道立』図書館)

 (23.5.19 記)

○ 国立国会図書館の蔵書電子化と未来の図書館の姿    
       長尾国立国会図書館長がインタビューに答える
長尾国立国会図書館長がハミングヘッズ(株)のインタビューに答えた標題の記録が同社のホームページに公開されている。
インタビューで長尾館長は、@電子書籍市場の急成長について、AGoogleの攻勢、B国立国会図書館の蔵書電子化、C日中韓の国立図書館による締結、D蔵書電子化のこれから に答えている。
標題からは、公共図書館を含む「未来の図書館の姿」を具体的に述べたように受け取られるが、館長の答えはそこまでは及んでいない。
電子書籍の状況や、国会図書館の蔵書電子化の内容等がわかりやすい。
     ハミングヘッズのインタビュー記録  こちら
  (22.12.17 記)

○ よもやま図書館ばなし 札幌市中央図書館  

札幌市中央図書館のホ−ムページには、コラム「よもやま図書館ばなし」(*)があって、図書館員が図書館の仕事や図書館で起きたちょっとしたエピソードを紹介している。いままでの札幌市図書館にはない、図書館を知ってもらおうとする新しい試みといえよう。
(*)「図書館」の部分は、実際には図書館員がよく使う 「くにがまえに「ト」」 で表記されている。
  
札幌市中央図書館の 「よもやま図書館ばなし」   こちら
  (22.11.17 記)

○ 北見市立常呂図書館の試み ブクログ  

北見市立常呂図書館では、図書館情報紙「リブ・ニュース」を発行するほかに、「ブクログ−web本棚サービス」を利用して、web 上に仮想の本棚をつくって図書館に新しく入った本を紹介している。どの程度利用されているかは、わからないが、一つの新しい試みであろう。
このほか、同図書館には、図書館のことや読んだ本のことなどについてつづった「はまかぜ日記」もある。
(「ブクログ常呂図書館」と「はまかぜ日記」は、常呂図書館のHPで紹介されている。リンクは張られていない。)
    北見市立常呂図書館のHP  こちら
  
      ブクログ北見市立常呂図書館  こちら       はまかぜ日記  こちら
  (22.11.12 記)

○ 追悼坂本龍三先生  
 
その著書『岡田健蔵伝:北日本が生んだ稀有の図書館人』で知られ、北海道武蔵女子短期大学で教鞭をとり、後年は北広島市図書館長をつとめた坂本龍三先生は、昨年6月逝去されました。
今年1月発行の『北の文庫』第51号は坂本龍三先生追悼号として編まれ、先生の著作目録、遺稿をはじめ、先生ゆかりの図書館関係者による追悼文が載せられている。
同誌は坂本先生の業績と北海道における図書館史を知る上で、重要な資料になっている。
 
(22.2.21 記)

○ 高校生よ、困った時はこれを読め!  

久住(くすみ)邦晴さん(久住書房)が2004年に始めた「本屋のオヤジのおせっかい、中学生はこれを読め!」はよく知られている。今年で6年になり、夏休みを挟んだ1月間、道内の50〜60軒の書店でフェアが開催されている。フェアのための本のリストは、ブックレットになり、今年夏には『中学生はこれを読め!2』(北海道新聞社)という本にもなった。
その久住さん、今度は「これを読め!」の高校生版を提唱している。テーマは「困った時はこれを読め!」。
久住さんら本屋さん(北海道書店商業組合)、道立図書館、札幌市中央図書館、高文連図書専門部が協力して、高校の先生方に対して、困ったとき、悩んだ時、苦しかった時、迷った時、悲しいかった時どんな本を読んできたか教えてもらうアンケート調査をし、それを本にまとめる計画である。
  (参考) 久住邦晴 「高校生よ、困った時はこれを読め!」 『司書通信』通算第44号((2009.9)
 (21.12.24 記)

○ 太宰治生誕百年  

平成21年6月19日は、太宰治の生誕百年の日に当たる。
6月19日は、玉川上水にて入水自殺した太宰治の遺体が発見された日であり、太宰治の誕生日でもある。毎年、桜桃忌が営まれてきた。
札幌の柏櫓舎(はくろしゃ)から、太宰治生誕百年を記念して、「太宰治選集」全三巻が出版された。太宰の作品を、読者の年代層に合わせておすすめ作品を選別した、“読む側”に立って編んだ選集で、101編(うち9編は重複収録)が収録されている。
柏櫓舎からは、「太宰ノオト」(三木学編著)も出版されている。同書は、名文家といわれる太宰の作品192編から、書き出しと末尾の文章を紹介し、簡単な作品解説を入れ、心に残る文として「この一文」を取り上げ、編著者の感想を加えている。
作家朱川湊人氏によれば、「太宰は一生格闘するに足る作家である」という。
これまで太宰は沢山は読んでいない。だが、読んで本当に面白いな、文章がうまいなと思った文がある。「津軽」である。太宰作品を改めて読んでみようと思う。(shin) 
  (21.6.17 記)

○ 沖縄県立の郷土資料  
 追記あり
那覇市の沖縄県立図書館に立ち寄った。
沖縄県立図書館は、1階が一般資料室とこども室、2階が郷土資料室になっている。1階から階段を登っていくと、「郷土資料室は、郷土(沖縄)のことについて調査研究することを目的に設置されています。目的以外の利用はご遠慮ください。」と掲示があって、注意事項の中に「資料は貸し出ししません」と書いてある。
カウンターにいた職員人に訊くと、「この部屋の資料は、いつも利用できる状態にしておくため、貸出しはしていない。貸出しには、一般資料室の中にある「沖縄資料室」の資料で対応している」という答えであった。
さらに訊くと、「郷土資料は3部収集するようにしている」という。閲覧用、貸出し用、保存用各1部、計3部という意味であろう。
実際にそうできないものもあるだろうが、3部資料収集方針は、すばらしい。郷土資料に対する図書館の見識を感じた。
資料保存機能を重視すべき県立図書館などでは、本来そうあるべきなのだ。
資料3部収集は、予算や収蔵能力の問題もあって、殆どできていないと思う。
重要な資料・貴重な資料は、図書館内の利用に限ったり(個人貸出しはしない)、図書館にだけ貸出しする(遠隔地の利用者には最寄の図書館内で利用してもらう)という措置を取らざるをえないのも、多くの場合収集部数が少ないためである。
関係者は、郷土資料の役割(意義)やその保存・利用について、もっと深く考えるべきだ。
 (21.5.27記、21.5.29修正)
追記:その後わかったことであるが、山梨県立図書館においても、地域資料の大部分を占める図書資料について、原則として貸出用・閲覧用・保存用の3部を収集している。また、同図書館では、30年以上も毎年「新収蔵山梨県関係出版物展」と題する紹介展示を行っている。(『図書館雑誌』2009年5月号294頁)
 (21.6.17 記)

○ 『山びこ学校』の山元中学校閉校  

山村の子どもたちが生活記録をつづった文集『山びこ学校』(注1)で知られる、山形県上山市の山元中学校(注2)が、今年度で閉校することとなり、3月22日卒業生や地区の人が出席して式が行われた。今大分県に住んでいる当時の青年教師、無着成恭氏は所用のため欠席された。1960年代前半、同校には150人を超える生徒がいたが、近年過疎、少子化が進み今年の卒業生は3人だった。
(注1)初版は1951年(昭和26年)3月、青胴社から出版された。中学2年生男女43人全員の詩作文集、正式名称は『山びこ学校−山形県山元村中学校生徒の生活記録』
(注2)当時は南村山郡山元村中学校
  (21.3.29 記)

○ オバマ氏と図書館・ライブラリアン  
アメリカの次期大統領に決まったバラク・オバマ氏は、2005年6月、シカゴで開催された米国図書館協会(ALA)年次大会で、オープニングセッションの基調講演を行っている。
 08・11.19発行の『カレントアウェアネスーE』は、その演説に関して、「オバマ次期大統領が語る図書館、ライブラリアンの役割」と題する記事を掲載した。
 (参考)「カレントアウェアネスーE」NO.139(11月19日号)
     「カレントアウェアネスーR」でオバマ氏の演説内容を詳しく見る  こちら

    (20.12.2 記、21.3.14 修正、21.3.20 修正)


○ 「蟹工船」と11月16日  

「蟹工船」が若者に読まれている。今日は11月16日である。
北海道拓殖銀行(小樽支店)に勤務していた著者小林多喜二は、79年前の昭和4年(1929年)11月16日、「蟹工船」などの発行を理由に北海道拓殖銀行から解職された。
市立小樽文学館にある拓銀資料(写し)には、次のように記録されている。
   役職氏名    小樽支店書記 小林多喜二
   発令年月日   昭和四年一一月一六日
  
発令辞令文   依願解職(諭旨)
   
発令事由    左傾思想ヲ抱キ「蟹工船」「一九二八年三月一五日」「不在地主」等ノ文芸書刊行 
              書中当行名明示等言語道断ノ所為アリニ因ル
   
(欄外)     書籍発行銀行攻撃

  
(20.11.16 記)

○ たくさん本を読んで教養を身につけよ  佐伯北大総長語る  
北海道大学の新総長 佐伯 浩氏が、学生新聞のインタビューに応えて、学生に「本をたくさん読んで教養を身につけよ」と述べている。インタビューの最後部で学生に対して述べた部分であるが、読書や本に言及している。以下に抜書きする。
 佐伯氏は5月から総長に就任。 (『北大学生新聞』第319号(19.4.21))

−北大生にメッセージをお願いします。
 学生諸君には、(略)立派な人間として育ってほしい。それは何かというと、一つは教養を身につけるということ。(略)試験の前だけ勉強するというのでは、すぐに忘れてしまう。自分の教養にするためには、もう少し自分で深く勉強してほしい。
 今は新聞をとっている学生も少ない。ましてや古本屋に行って本を買ってきて読むということもあまりしない。活字媒体に触れる人が少ない。ビジュアルにテレビなどから得られる知識とは違って、活字は動いていないから頭に残る。だからゆっくり読みながら、自分なりに読んだ内容を咀嚼(そしゃく)する時間がある。しかしビジュアルなものは動いていくから、自分で考える時間がない。だから自学自習でたくさん本を読んでほしい。それがどこかで生きてくる。
 昔の人は話をする時に必ず例を挙げる。それは過去に得た知識が頭の中に詰まっていて、それを今の現象とぱっと結びつけられるから。だから話がわかりやすい。しかし今の人は話の中で例を出せない。それが教養があるかないかの違い。

 (19.5.5 記)

○ 道立図書館の「道政サポートサービス」   
2月下旬、道立図書館(江別市)は道職員が業務用の電子メールを使用して行う、レファレンスと資料の貸出申込みに応える「道政サポートサービス(道職員向け)」を始めました。これが職員によく利用され、有効な行政支援サービスになっていくためには、道立図書館からの積極的なPRと、いわゆる利用教育が必要だと思う。何しろ道職員の多くは、道立図書館をあまり知らないのだから。
 (19.3.2 記)

○ 道庁企画振興部の図書室     
先に鳥取県の「県庁内図書室」について、書きました。
道庁別館(札幌市中央区北3条西7丁目)9階にある企画振興部の図書室を知っていますか。この図書室では、経済図書・資料の収集や所蔵資料の管理を行い、職員等に情報提供する事業を行っています。旧北海道立総合経済研究所や旧北海道労働科学研究所からの資料をも受け継ぐ長い歴史を持つ図書室ですが、最近はめまぐるしい機構改正のあおりを受けています。18年度は、企画振興部地域振興・計画局参事(経済調査)に所属しています。
 同図書室は、専門図書館協議会北海道地区協議会の事務局を務めるなど、北海道の専門図書館の中でも中核的な役割を担ってきました。従来、規模を縮小されながらも正規の職員が配置されていましたが、17年度からはフルタイムではない非常勤職員1名の配置になっています。これもいつまで続くかわかりません。
 
 また一方、道立図書館(江別市)は、従来、図書館資料を搬送するための連絡車(公用車)を札幌市内や札幌市近郊の図書館に運行していましたが、この連絡車(公用車)は経費節減等を理由に、現在廃止されたままになっています。
 この結果、以前ですと、道庁職員は、業務上必要な資料を図書室に依頼すれば無料で道立図書館から取り寄せて利用することができましたが、現在はこれができなくなっています(道庁職員だけでなく、図書室を利用する一般研究者等にあっても、同様です)。道立図書館から資料を取り寄せるためには、当該職員の所属する課又は図書室が往復の郵便料等の経費を負担しなくてはなりません。
 道庁職員には図書室や道立図書館の資料が利用しづらくなり、また、道立図書館からは道庁の業務をサポートしにくくなっているのです。
  
 道庁ではこのような事態が起っています。これを、県立図書館がすぐ近くにありながら県庁内にわざわざ県庁職員のために「県庁内図書室」を設けている鳥取県と較べてみてください。
               (18.10.18 記、18.10.30修正)

○ 鳥取県の「県庁内図書室」
鳥取県では、県庁内に職員を対象にした図書室「県庁内図書室」を設置しています。この図書室は、職員の業務達成に有効な情報の収集・活用を支援・促進することなどを目的として、昨年10月28日に開設されました。
  資料によると、図書室の機能として、@職員が必要とする情報の提供(職員からの求めに応じた情報の調査提供、職員自らが情報収集できる環境の提供)、A職員に対する情報発信(県政重要課題等のテーマ毎の図書リストの作成、テーマ毎の企画展示の実施)、B職員の情報活用能力の向上支援(研修会の開催、効果的な情報検索方法の指導等)があげられています。
  開室時間は午前8時30分から午後7時まで。職員は正規職員(司書)1名と非常勤職員1名。18年度の予算は、県庁内図書室管理・運営事業 5,553千円(図書購入費1,000千円、有料データベース利用料1,334千円、非常勤職員人件費2,060千円、情報活用研修会開催経費230千円など)です。このうち、非常勤職員人件費2060千円(1名、12月分)は総務部長査定に持ち込まれて認められたものです。図書室は総務部総務課内の組織で、県立図書館の分館にも位置づけられています。県立図書館がすぐ近くにあるのに、職員の業務用にこのような図書室を設けていることが大変注目されます。 
       県庁内図書室に関する知事の発言等 こちら
    (18.4.1 記、18.10.17 修正(18予算を要求ベースから決定ベースに))

  追記 この県庁内図書室について、鳥取県立図書館のメールマガジンに記事が載っています。
       鳥取県立図書館のHP →県立図書館メールマガジン →102号(06.5.12)「発信! ライブラリアン:ある日の県庁内図書室」
  (18.7.18 記)
  追記2  参考:網浜聖子 「「知の拠点」づくりへー 鳥取県・県庁内図書室の誕生とその後」  『みんなの図書館』06年10月号 
  (18.11.8 記)