お 知 ら せ

北の図書館第21号  
NEW
北の図書館第21号を発行しました。26年5月20日までに、これまでと同じように道内の公共図書館(*)、専門図書館、大学図書館、教育委員会、その他図書館関係者に発送しました。
    (*)指定管理者制度を導入している図書館を除きます。
なお、この第21号の記事に誤りがありました。次のように訂正願います。
    2頁左欄 上から16行目  (誤)規模人口の公共図書館 → (正)同規模人口の図書館
    3頁右欄 下から17行目  (誤)にぎやかな → (正)賑やかな
 (26.5.26 記)

ふきのとう文庫で5月3日に「記念シンポジウム」 

5月4日(月)から7日(水)まで「世界のバリアフリー絵本展示会」が、ふきのとう文庫(所在地:札幌市中央区北6条西12丁目8番)で開催される(時間は10時から15時まで)。
これを記念したシンポジウム「布の絵本の力 −布の絵本の軌跡と、未来に向かって」が、同文庫を会場にして、5月3日(土・祝)午後1時から3時半まで、開催される。プログラムの第1部は高倉嗣昌氏(同文庫代表理事)の基調講演「図書館活動とボランティア」、第U部は日本の布の絵本を代表する4団体のみなさんがシンポジストを務める「シンポジウム」。参加費は無料だが、人数は50人に限られている。電話:ふきのとう文庫011−222−4839 
  (26.4.28 記、26.4.30 修正、26.5.8 トップページから移記)


笠原紀久恵さん ラジオでお話 6
笠原紀久恵さんがラジオでお話する「笠原紀久恵の学級物語」は、12月28日の放送が最終回に
STVラジオで、長い間続いた「笠原紀久恵の学級物語〜子どもが教科書〜」は、次回の放送(12月28日(土)朝5時05分から)が最終回となる。前回(12月21日)の放送で、笠原さんは教師時代のクラスの子どもたちことを話した後、20年以上前、苫小牧ではお母さんたちが学校の理解を得て学校でボランティア活動を始めたこと、そして関係者の手で「苫小牧読み聞かせ文庫活動連絡会」がつくられていった様子を語った。
  
(25.12.22 記)

笠原紀久恵さん ラジオでお話 5
   
STVラジオ 「笠原紀久恵の学級物語・ゆめ 〜子どもが教科書〜」
笠原紀久恵さんのお話は、続いています。
22年10月から放送時間が変わり、STVラジオ 土曜日午前5時05分から10分間の放送です。
  (22.10.26 記)

北の図書館第19号  

北の図書館第19号を発行しました。24年10月22日までに、これまでと同じように道内の公共図書館(*)、専門図書館、大学図書館、教育委員会、その他図書館関係者に発送しました。
    (*)指定管理者制度を導入した図書館を除きます。
第19号には、遠い沖縄国際大学の山口真也さんの論考を掲載しました。編集後記でも紹介しましたが、山口さんは、2011年1月号から『みんなの図書館』に連載「図書館ノート」を執筆されています。本年10月号のNO19のタイトルは「図書館員はどう呼ばれてきたか?  おねえさん・オバちゃん→司書→国家資格」です。
 (24.10.24 記)

北の図書館第18号
北の図書館第18号を発行しました。24年2月28日までに、これまでと同じように道内の公共図書館(*)、専門図書館、大学図書館、教育委員会、その他図書館関係者に発送しました。
    (*)指定管理者制度を導入した図書館を除きます。
 (24.2.29 記)

北の図書館第17号
北の図書館第17号を発行しました。23年8月22日までに、これまでと同じように道内の公共図書館(*)、専門図書館、大学図書館、教育委員会、その他図書館関係者に発送しました。
    (*)指定管理者制度を導入した図書館を除きます。
 (23.8.27 記)

北の図書館第16号 

北の図書館第16号を発行しました。23年2月2日までに、これまでと同じように道内の公共図書館(*)、専門図書館、大学図書館、教育委員会、その他図書館関係者に発送しました。
    (*)指定管理者制度を導入した図書館を除きます。
 (23.2.12 記)

笠原紀久恵さん ラジオでお話 5
   
STVラジオ 「笠原紀久恵の学級物語・ゆめ 〜子どもが教科書〜」
笠原紀久恵さんのお話は、続いています。
22年10月から放送時間が変わり、STVラジオ 土曜日午前5時05分から10分間の放送です。
  (22.10.26 記)

北の図書館第15号 

北の図書館第15号を発行しました。22年8月10日までに、これまでと同じように道内の公共図書館(*)、専門図書館、大学図書館、教育委員会、その他図書館関係者に発送しました。
    (*)指定管理者制度を導入した図書館を除きます。
  (22.8.18 記)

笠原紀久恵さん ラジオでお話 4  

   
STVラジオ 「笠原紀久恵の学級物語・ゆめ 〜子どもが教科書〜」
笠原紀久恵さんのお話は、続いています。
22年4月11日(日)から放送時間が変わり、日曜日の午後6時50分から10分間の放送です。
       (「千ちゃんの幸せラジオドーム」の中での放送です。)
   (22.3.30 記)

北の図書館第14号  
  追記あり
北の図書館第14号を発行しました。22年1月20日までに、これまでと同じように道内の公共図書館(*)、専門図書館、大学図書館、教育委員会、その他図書館関係者に発送しました。
    (*)指定管理者制度を導入した図書館を除きます。
  
(22.1.28 記)
追記:『北の図書館』第14号では、玉川薫さん(市立小樽文学館)が論考「ちまちま小樽文壇史」で、イラストレーター高山美香さんのミニチュア粘土人形による「ちまちま小樽文壇歴史+偉人物語」展を紹介しています。同展は1月31日で終了しましたが、今度は小樽市総合博物館(*)で、高山美香さんの粘土人形をその時代背景を中心に博物館の手法で構成した企画展「博物館 meets 文学館 −ちまちま人形でたどる小樽」が、2月11日から3月28日まで開かれます。
 
小樽市総合博物館:小樽市手宮町1丁目、電話0134−33−2523)  (22.2.9記、22.2.11修正)
   
笠原紀久恵さん ラジオでお話 3
   STVラジオ 「笠原紀久恵の学級物語・ゆめ〜子どもが教科書〜」
   
笠原紀久恵さんのお話は、続いています。
   21年10月から放送時間が変わり、月曜日の午後7時10分頃からの放送です。
       (「千ちゃんの幸せラジオドーム」の中での放送です。)
      (プロ野球中継など特別な番組があるときは、放送がありません)
  (21.10.5 記)

北の図書館第13号
 
北の図書館第13号を発行しました。21年7月30日までに、これまでと同じように道内の公共図書館(*)、専門図書館、大学図書館、教育委員会、その他図書館関係者に発送しました。
    (*)指定管理者制度を導入した図書館を除きます。
なお、この第13号の記事に誤りがありました。次のように訂正願います。
 11頁右欄 下から3行目 選任職員 → 専任職員
 15頁右欄 (注19)(*2箇所あり)  →  (注20)
 16頁左欄 (注20)(*2箇所あり)  →  (注21)
 (21.7.31 記)

笠原紀久恵さん ラジオでお話 2  
    STVラジオ 「笠原紀久恵の学級物語・ゆめ〜子どもが教科書〜」

    笠原紀久恵さんのお話は、まだまだ続きます。
   21年4月から時間が変わり、月曜日の午後11時20分からの放送です。4月6日(月)の放送からです。
  (21.3.28 記)

北の図書館第12号  
 北の図書館第12号を発行しました。20年12月8日までに、これまでと同じように道内の公共図書館(*)、専門図書館、大学図書館、教育委員会、その他図書館関係者に発送しました。
  (*)指定管理者制度を導入した図書館を除きます。
   (20.12.17 記)

笠原紀久恵さん ラジオでお話
    STVラジオ 「笠原紀久恵の学級物語・ゆめ〜子どもが教科書〜」


  笠原紀久恵さんのお話は、STVラジオで、金曜日午後8時から10分間放送されています(20.10.26)。
  
苫小牧読み聞かせ文庫活動連絡会の笠原紀久恵さん(元教師)は、「子どもの笑顔に会いたくて −苫小牧の学校図書館と学校図書館ボランティア−」と題する論考(報告)を『北の図書館』第11号(20年6月発行)に寄せてくださいました。
その笠原紀久恵さんが、毎週一回STVラジオで、子どものお話しをされています。是非お聴きください。
            金曜日     8時から
 STVラジオ 毎週月曜日 午後7時30分から10分間 
   笠原紀久恵の学級物語・ゆめ〜子どもが教科書〜
   (「千ちゃんの幸せラジオドーム」の中で放送されます。ただし、プロ野球の実況中継などで、放送されない場合もあります
 笠原さんのお話しは、1回ごとに完結するお話しです。今年3月31日(月)の放送から始まったコーナーはまだまだ続きます。
 また、笠原さんは、これまでに本を書いておられますので、以下に紹介します。
   『友がいて ぼくがある』 一光社 1981年 
   『先生が好き 学校が好き−子どもの数だけ豊かさがある−』 国土社 1998年 
   『若い母親と先生たちへのメッセージ』 笠原紀久恵先生のお話を聴く会 2001年
 (20.9.14 記)

北の図書館第11号

 北の図書館第11号を発行しました。20年7月10日までに、これまでと同じように道内の公共図書館(*)、専門図書館、大学図書館、教育委員会、その他図書館関係者に発送しました。
  (*)指定管理者制度を導入した図書館を除きます。

                            (20.7.18 記)

北の図書館第10号  

 北の図書館第10号を発行しました。20年1月6日までに、これまでと同じように道内の公共図書館、専門図書館、大学図書館、教育委員会、その他図書館関係者に発送しました。

 なお、第10号の記事に誤りがありました。次のように訂正願います。
   15頁右欄 (参考)陳情書  下から3行目  (誤)図書室を! → (正)図書館を!

 北の図書館の電子メールのアドレスは、第10号奥付記載のように変更しました。

                             (20.1.12 記)

北の図書館第9号     

 北の図書館第9号を発行しました。8月2日までに、これまでと同じように道内の公共図書館、専門図書館、大学図書館、教育委員会、その他図書館関係者に発送しました。
                             (19.8.5 記)

(冊子『北の図書館』は、道立図書館、札幌市中央図書館、北大附属図書館、国立国会図書館などに収蔵されています。-19.8.22記)

北の図書館第8号     

 北の図書館第8号を発行しました。12月24日までに、これまでと同じように道内の公共図書館、専門図書館、大学図書館、教育委員会、その他図書館関係者に発送しました。
 
 なお、この第8号の記事に誤りがありました。次のように訂正願います。
   「図書館資料に責任を持つのは誰か (1)」の矢祭町について述べた部分(2箇所)、
     (誤)地域解放型交流施設 → (正)地域開放型交流施設  

                               (18.12.29 記)