x



学校図書館

          平成26年度学校図書館の現状に関する調査結果(文部科学省)をみる  こちら  
           (27.12.31 作成)



〇 読書ボランティアグループの作品の置き場所  NEW
学校や図書館で、ボランティアの読書サークルや読書グループが、子どもの読書活動を支援している。それが近年盛んになってきている。活動では、読み聞かせ、ブラックライト紙芝居、大型紙芝居、人形劇、エプロンシアター、パネルシアター、しかけえほんなどを行うのであるが、そのために、サークルやグループでは、手づくりで工夫を凝らして色々な作品をつくっている。作品は他の学校や他のクラスの行事等で、また使われて、役に立つ。また他のグループが借りて利用することもできる。
活動をしている人から、普段それら作品の保管場所・置き場所に苦労しているという話しを聞く。
学校や図書館で、それら作品の保管場所・置き場所を提供するようにしてはどうだろうか。一定の条件を設けて、責任者を決めてきちんと管理するようにしなければならないと思うが、これが実現すれば、サークルやグループは随分助かると思う。
  (28.3.10 記)

〇 10中学校に学校司書を配置 札幌市   追記あり
札幌市では一昨年からモデル事業として中央中学校(中央区)に学校司書を配置してきたが、本年10月からはこれを拡充し中央区以外の各区の中学校1校に学校司書を配置している。活動期間は原則1年間(更新も可能)、1校当たり週15時間、1人で2校を担当するのが基本的な任用形態で、交通費の支給はない。
これによって、学校司書は、現在次の10中学校に、6名の学校司書配置されている。
中央中学校(中央区)、藻岩中学校(南区)、幌東中学校(白石区)、厚別南中学校(厚別区)、新陵中学校(手稲区)、宮の丘(西区)、あいの里東中学校(北区)、東栄中学校(東区)、羊丘中学校(豊平区)、平岡緑中学校(清田区)

札幌市は、平成31年度までに全中学校(97校)へ学校司書配置をする計画である。
  (参考)野村邦重 「札幌市の小さな一歩、中学校への学校司書配置」
      (『ジクソーパズル』NO.71(2015.12) 札幌地区子どもの本連絡会)
ホームページ管理者:これは一つの前進である。しかし、学校司書の待遇は、「正規職員」には程遠く、また、小学校については、全く手つかずである。今後に期待したい。
追記:札幌市教委は、新しい子どもの読書活動推進計画(平成27年度から31年度まで)をまとめた。その内容には、31年度までに市立中学校99校すべてに学校司書を配置することが盛りこまれている(参考:27.12.26北海道新聞・札幌 「市立全中学に学校司書 市教委が「読書プラン」」)。
  (27.12.21 記、27.12.26 追記)

〇 全部の小学校に学校司書を配置  登別市  NEW
登別市では、市内小学校への学校司書の配置を進めている。それまでも小学校に図書ボランティアは入っていたが、25年度にいわゆる学校司書に地方交付税措置が講じられるようになったことを踏まえ、平成26年度に、鷲別小学校と幌西小学校を受け持つ司書資格者1人を配置し、その効果が顕著であったところから、さらに、青葉小学校と若草小学校を受け持つ1人を配置した。27年度は、さらに適任者を得て残る4小学校にも配置し、すべての小学校8校に学校司書を配置した。1日4時間程度の勤務であるが、中休みから放課後の丁度良い時間が「人のいる図書館」となり、子どもたちの利用が増えている。
  (参考)『のぼりべつの図書館を考える会会報』第76号 図書館協議会会議記録
  (27.11.23 記)

〇 福島県立学校の学校司書    追記あり
福島県では、平成8年度以降、学級数が12クラス以上の県立高校に学校司書を配置している。平成26年度、福島県立高校(全日制)は83校あるが、そのうち正規で専任の学校司書が配置されている学校は全体の54.2%である。
東日本大震災と、それに続く原子力発電所の事故で甚大な被害を受けた福島県である。その福島県の教育委員会がこのほど策定した第三次福島県子ども読書活動推進計画(平成27年度からおおむね5年間)においても、県立学校における学校司書の増員を計画的に進めていくとしている。
  (参考)『ぱっちわーく』NO.262(2015.3.15)掲載「短信」   (以上27.3.17記)
追記:JLAメールマガジン第744号(27.3.18)に掲載にされたことであるが、福島県教育委員会は、新しく策定した第三次福島県子ども読書活動推進計画(平成27年度から31年度)において、すべての県内の小中学校と高校に学校司書を配置するとする数値目標を掲げた。敢えていうまでもなく、これは小学校と中学校の学校司書については県内すべての市町村の理解と協力を得て、高校の学校司書については県自らの政策で5年間で実行していくことが中心になるから、すごいことである。
また、同計画は小中学校図書館における読書ボランティアの参画についても、平成31年度の目標値を100%としている。この点も注目される。

  新しい福島県子ども読書活動推進計画の数値目標(抄) 

 項     目 区分 現状値 目標値(平成31年度)
学校司書を配置している学校の割合 小学校 24.7% 100%
中学校 24.2% 100%
高等学校 * 60.2% 100%
読書ボランティアが参画している学校図書館の割合 小学校 76.8% 100%
中学校 13.2% 100%

      現状値は平成25年度(*印は26年度)の数値。
  (27.3.17記、27.3.23追記)

〇 林横浜市長の「本が教えてくれること」 
横浜市では、今年度から市の施策によって、市立小中学校に専任の学校司書の配置が進められている。
林文子横浜市長は、市の広報『広報よこはま』26年10月号に、「本が教えてくれること」と題した文を寄せている。以下は、その抜き書きである。

 私にとって、未知の世界に誘ってくれる「本」は子どもの頃からなくてはならない存在でした。登場人物に感情移入し、自分の経験と重ね合わせて共感したり、逆に自分とはまったく異なる生き方や人間の多様性に目が開かれたこともありました。社会に出てからも、先人の言葉に励まされ勇気付けられています。時には、一冊の本が心豊かにより深く生きていくための「道しるべ」になります。
 子どもたちに、多くの本と出会い、読書の楽しさを知ってもらいたい。そういう思いから、市では、市立学校への学校司書の配置を進めています。学校図書館の環境を整え、授業や学校行事に関連した本の紹介、調べ物の手助けや授業の読み聞かせにも参加するなど、子どもたちが本と触れ合う機会を広げています。専任の学校司書がいることで、子どもたちの読書量が2倍以上に増えた学校もあり、嬉しく思っています。

横浜市は、昨年10月に小中学校125校に学校司書を配置した。平成28年度までに、市立の小中学校約500校の全部に専任の司書を配置していく予定になっている。
話しは別だが、同じ政令指定都市の神戸市では、第3次神戸市子供読書活動推進計画に学校司書配置が盛り込まれ、今年10月、小学校166校中の20校に、公立中学校84校中の10校に、公募により採用された計30人の学校司書が配置された。

横浜市、神戸市ともに学校司書職員の身分は非常勤である。しかし、専任の職員が配置されたことに非常に大きな意味がある。
 (参考) 『広報よこはま』平成26年10月号  こちら (1ページ)
      このHPの「ニュース」のページ、「小中学校125校に学校司書を配置 横浜市」(25.12.7記)
  (26.12.25 記)

〇 小中2校に学校司書を配置 小樽市
小樽市では、今年度市立の小学校1校と中学校1校にいわゆる学校司書を配置した。学校は銭函小学校と松ヶ枝中学校で、職員の身分は嘱託職員、1週間当たり29時間の範囲で勤務している。
これら職員が配置された2校では、従前に較べ目に見える大きな成果をあげている、9月に小樽市で開かれた「北海道子どもの本のつどい」の分科会において、当該学校関係者から発言(報告)があった。
  (25.10.25 記)

〇 学校図書館専任司書についての質疑  札幌市議会  
24年度は学校司書(学校図書館担当職員)の配置に要する経費について、地方財政措置がなされた。全国的には、この地方財政措置を受けて学校司書を配置し、又は配置に向けて検討している自治体がある。
このような状況に鑑みてのことであろうが、昨年9月の札幌市議会第3回定例会の代表質問において、伊藤牧子議員(市民ネットワーク北海道)が、学校図書館専任職員に関して質問を行った。伊藤議員が、「(札幌市の学校の)学校図書館に専任司書を配置するべきだ、正規職員の配置を進め、モデル校への配置などを積極的に進めるべきだと考えるがどうか」と質問したのに対して、市側(教育委員会)は、前向きとはいえない、よくわからない答弁を行った。
  学校図書館専任司書についての質疑(『市議会だより』(2012.11)による)  こちら 
ホームページ管理者:会議録はまだ公開されていない。この記事は、『市議会だより』(2012.11)により作成した。
  (25.1.17 記)

〇 学校司書の配置 道内は7市町村  追記あり
24年度は学校司書(学校図書館担当職員)の配置に要する経費について、地方財政措置がなされた。
全国学校図書館協議会等が行ったアンケート調査(*1)の結果によれば、道内市町村で今年度学校司書(学校図書館担当職員)を配置しているのは、旭川市、恵庭市、石狩市、東神楽町、美瑛町、猿払村、浦幌町の7市町村である(*2)。回答あった市町村のうち、配置している市町村の割合は、8.5%である。
回答あった全国の市区町村でみると、@学校司書(学校図書館担当職員)を配置しているが50.6%、配置していないが48.9%、A配置している場合、正規の職員としてフルタイムで勤務が12.8%、臨時・嘱託等で勤務が94.2%、民間の業者等の委託や派遣が0.7%、B配置している場合の勤務形態は、1校を担当が57.0%、複数校を担当が38.0%、となっている(無回答は記載を省略、A、Bは複数回答がある)。
  学校司書(学校図書館担当職員)を配置している市町村

市町村名 配置しているか どのような配置か 勤務の形態
旭川市 配置している 臨時・嘱託等 1校を担当
恵庭市 配置している 臨時・嘱託等
石狩市 配置している 臨時・嘱託等 1校を担当
東神楽町 配置している 臨時・嘱託等 1校を担当・複数校を担当
美瑛町 配置している 臨時・嘱託等 1校を担当
猿払村 配置している 臨時・嘱託等 複数校を担当
浦幌町 配置している 臨時・嘱託等 1校を担当


 (*1)全国学校図書館協議会、文字・活字文化推進機構及び学校図書館整備推進会議が、全国の市区町村教育委員会に対して実施した「2012年度学校図書館整備施策に関するアンケート」。本年5月現在で調査し、7月10日までに回答あったものを集計し発表。
(「「学校図書館整備施策」の実施状況」 『学校図書館』2012.8月号・2012.9月号)
 (*2)道内市町村は、82市町村(18市、64町村)が回答(回答率46%、全国の回答率50.8%)
追記:別の情報(*)によると、旭川市の場合は、学校図書館補助員(司書資格は問われず、1年更新)といい、1日4時間、週5日(夏冬休みは1/2程度)の勤務で、市内小中学校84校のうち、今年度は小中各2校増の51校に配置されている。
 (*)学校図書館を考える会のHP、各地からの情報(旭川の学校図書館を考える会)
  (24.11.3 記、24.11.14 追記)

〇 道内主な都市の小・中学校の図書標準の達成状況  
文部科学省が行った平成22年度学校図書館の現状に関する調査によると、平成21年度末において、道内の小学校で学校図書館図書標準を達成している学校は全体の24.9%(全国は50.6%)、中学校で学校図書館図書標準を達成している学校は全体の16.0%(全国では42.7%)である。
道内主な都市(人口10万人以上の市)の小・中学校の学校図書館図書標準の達成状況は、次の表にようになっている。
  次の表(道内主な都市の小・中学校の学校図書館図書標準の達成状況)  こちら
  (参考)文部科学省の発表資料で見る(北海道の市町村別の達成状況) こちら 
                                                (PDFファイル 14頁)
 (23.9.26 記)


 22年度学校図書館の現状に関する調査結果               (23.8.10 記)   
              
  文部科学省は、学校図書館の現状に関して調査を行い、その調査結果の概要を発表している。
  以下は、文部科学省の発表を基に作成したもので、すべて全国の公立学校の合計である。
   詳しくは、文部科学省の発表(23.6.1報道発表)を参照されたい。
           (文部科学省の報道発表  こちら
       
T 司書教諭等状況     公立学校の状況、22年5月現在

 (1)司書教諭の発令状況  (%)

区 分 12学級以上の学校 11学級以下の学校
発令割合 発令している学校で授業時数の軽減をしている学校の割合 発令割合 発令している学校で授業時数の軽減をしている学校の割合
小学校 99.7 6.4 21.4 8.1
中学校 99.0 8.0 23.7 5.2
高等学校 98.4 4.5. 21.0 4.0


 (2)学校図書館担当職員の状況 (%,、人)

区 分 学校図書館担当職員を
配置している学校の割合
学校図書館担当職員の勤務形態 常勤の学校図書館職員を配置している学校の割合 %
常勤職員数 非常勤職員数
小学校 44.8 2,085 7,694 9.5
中学校 45.2 1,050 3,498 10.4
高等学校 73.3 2,404 457 63.8


U 図書等の整備状況  公立学校の状況

(1) 1校当たりの蔵書状況  21年度末現在の状況  (冊)

区 分 1校当たりの21年度中購入冊数
1校当たりの21年度中寄贈冊数 1校当たりの21年度中廃棄等冊数 1校当たりの21年度末蔵書冊数
小学校 395 80 295 8,018
中学校 452 49 274 9,805
高等学校 485 167 425 22,128


(2)小中学校における学校図書館図書標準達成状況  21年度末の状況 (%)

区 分 達成率0〜25%の学校の割合 25〜50%未満の学校の割合 50〜75%未満の学校の割合 75〜100%未満の学校の割合 図書標準達成校の割合
小学校 0.4 2.5 15.2 31.4 50.6
中学校 0.8 4.4 19.6 32.5 42.7


(3)学校図書館の蔵書のデータベース化の状況  22年5月

区 分 蔵書をデータベース化している学校の割合 %
小学校 51.2
中学校 50.7
高等学校 84.3


(4)新聞の配備状況     22年5月

区 分 学校図書館に新聞を配備
している学校の割合 %
配備している新聞の紙数
平均  紙
小学校 16.9 1.3
中学校 14.5 2.0
高等学校 90.0 2.8


V 読書活動の状況調査  公立学校の状況 22年5月現在

(1)全校一斉の読書活動の実施状況  (%)

区  分 全校一斉読書活動をしている学校の割合 内訳(何時全校一斉の読書活動をしているか)
始業前に実施 授業中に実施 昼休み・放課後に実施 その他
小学校 96.2 90.9 2.1 1.9 5.0
中学校 87.5 93.6 2.6 1.0 2.8
高等学校 41.1 79.5 9.5 0.9 10.2


 (続)

区  分 内訳(全校一斉の読書活動の実施頻度)
毎日実施 週に数回実施 週に1回実施 月に数回実施 その他
小学校 17.5 45.0 29.5 3.2 4.8
中学校 66.6 19.5 2.3 3.0 8.5
高等学校 53.6 11.0 2.0 1.9 31.5

  割合(%)は、全学校数に占める割合である。

(2)全校一斉読書以外の読書活動推進のための取組の状況  (%)

区  分 具体的取組 *複数回答可
図書の読み聞かせの実施 ブックトークの実施 必読書コーナー、推薦図書コーナーの設置 目標とする読書量の設定
小学校 96.3 36.5 69.6 45.0
中学校 37.0 24.3 75.6 24.5
高等学校 13.1 13.7 84.3 14.4

  割合(%)は、全学校数に占める割合である。

(3)ボランティアの活用状況  (%)

区  分 ボランティアを活用している学校の割合 内訳  *複数回答可
配架や貸出・返却業務等図書館サービスに係る支援 書架見出し、飾りつけ、図書の修繕等支援 読み聞かせ、ブックトーク等、読書活動の支援 学校図書館の地域開放の支援
小学校 78.7 17.0 41.0 95.1 3.0
中学校 24.1 31.9 52.0 50.8 2.7
高等学校 2.7 32.7 27.7 51.5 4.0

  割合(%)は、全学校数に占める割合である。

(4) 公共図書館との連携状況  (%)

区 分 公共図書館との連携をしている学校の割合 内訳  *複数回答可
公共図書館資料の学校への貸出 公共図書館との定期的な連絡会の実施 公共図書館司書等による学校への訪問
小学校 73.8 90.4 17.3 21.8
中学校 45.4 82.4 26.3 15.6
高等学校 44.5 89.9 13.6 7.9

  割合(%)は、全学校数に占める割合である。







   20年度学校図書館の現状に関する調査結果               (21.8.13 記)   
              

  文部科学省は、学校図書館の現状に関して調査を行い、その調査結果の概要を発表している。
  以下は、文部科学省の発表を基に作成したもので、すべて全国の公立学校の合計である。
   詳しくは、文部科学省の発表(21.4.22報道発表)を参照されたい。
           (文部科学省の報道発表 こちら
   なお、文部科学省は、当該報道発表の参考資料(2)で、全市町村の公立の小学校・中学校の学校図書館図書標準の達成状況を発表している。
    
T 司書教諭等状況     公立学校の状況、20年5月現在

 (1)司書教諭の発令状況  (%)

区 分 12学級以上の学校 11学級以下の学校
発令割合 発令している学校で授業時数の軽減をしている学校の割合 発令割合 発令している学校で授業時数の軽減をしている学校の割合
小学校 99.4 7.1 18.8 7.6
中学校 98.8 8.9 23.5 6.6
高等学校 96.1 4.8 18.8 3.5


 (2)学校図書館担当職員の状況 (%,、人)

区 分 学校図書館担当職員を
配置している学校の割合
学校図書館担当職員数
常勤職員数 非常勤職員数
小学校 38.2 1,515 7,014
中学校 37.8 840 3,036
高等学校 74.2 2,609   330



U 図書等の整備状況  公立学校の状況

(1) 1校当たりの蔵書状況  19年度末現在の状況  (冊)

区 分 1校当たりの19年度中購入冊数
1校当たりの19年度中寄贈冊数 1校当たりの19年度中廃棄等冊数 1校当たりの19年度末蔵書冊数
小学校 329 83 262 7,606
中学校 402 50 272 9,541
高等学校 479 217 536 22,323


(2)小中学校における学校図書館図書標準達成状況  19年度末の状況 (%)

区 分 達成率0〜25%の学校の割合 25〜50%未満の学校の割合 50〜75%未満の学校の割合 75〜100%未満の学校の割合 図書標準達成校の割合
小学校 0.5 4.0 18.7 31.5 45.2
中学校 1.1 6.2 21.8 31.5 39.4



V 読書活動の状況調査  公立学校の状況 20年5月現在

(1)全校一斉の読書活動の実施状況  (%)

区  分 全校一斉読書活動をしている学校の割合 内訳(何時全校一斉の読書活動をしているか)
始業前に実施 授業中に実施 昼休み・放課後に実施 その他
小学校 96.6 88.7 1.8 1.7 4.4
中学校 86.9 80.6 3.0 0.8 2.5
高等学校 39.7 31.2 3.5 0.5 4.5


 (続)

区  分 内訳(全校一斉の読書活動の実施頻度)
毎日実施 週に数回実施 週に1回実施 月に数回実施 その他
小学校 18.6 41.9 27.9 2.7 5.4
中学校 59.2 14.4 2.1 2.3 8.8
高等学校 21.5 3.7 0.8 0.7 13.1

  割合(%)は、全学校数に占める割合である。

(2)全校一斉読書以外の読書活動推進のための取組の状況  (%)

区  分 具体的取組 *複数回答可
図書の読み聞かせの実施 ブックトークの実施 必読書コーナー、推薦図書コーナーの設置 目標とする読書量の設定
小学校 92.8 36.8 62.1 84.9
中学校 23.5 16.3 53.3 35.4
高等学校 8.0 7.5 51.4 8.3

  割合(%)は、全学校数に占める割合である。

(3)ボランティアの活用状況  (%)

区  分 ボランティアを活用している学校の割合 内訳  *複数回答可
配架や貸出・返却業務等図書館サービスに係る支援 書架見出し、飾りつけ等施設の整備に係る支援 読み聞かせ、ブックトーク等、読書活動の支援 学校図書館の地域開放の支援
小学校 75.5 11.4 27.2 73.2 2.3
中学校 20.4 6.0 9.0 11.4 0.6
高等学校 2.5 0.6 0.4 1.5 0.2

  割合(%)は、全学校数に占める割合である。

(4) 公共図書館との連携状況  (%)

区 分 公共図書館との連携をしている学校の割合 内訳  *複数回答可
公共図書館資料の学校への貸出 公共図書館との定期的な連絡会の実施 公共図書館司書等による学校への訪問
小学校 68.6 61.7 12.2 14.6
中学校 36.4 31.0 9.3 4.8
高等学校 33.8 31.0 3.6 2.2

  割合(%)は、全学校数に占める割合である。




  資料 その1

            学校図書館(平成17年度の状況)     

                  (図書標準の達成割合が低い県を追加しました。19.7.25)                                   

 (説明)
   1 文部科学省は平成18年度に「学校図書館の現状に関する調査」を行い、
    その結果を発表している。
     (参照:文部科学省のホームページ、報道発表資料(19
年4月
   2 本資料は、公立小中学校の学校図書館図書の状況を知るために、文部科学
    省が発表した資料を基にして作成したものである。

 (資料目次)

公立小中学校における学校図書館図書の状況(平成17年度末)
    1 学校図書館図書標準の達成校
    2 市町村別に見た小中学校の図書標準の達成状況(北海道)
         (今回文部省ははじめて、図書標準の達成校数を市町村別に公表しました)

      

 1 学校図書館図書標準の達成校 

                                               (学校数、%)  (18.3.31現在)

区   分

図書標準達成校

図書標準を達成していない学校

学校数合計

小学校

全国

8,908
(40.1)
13,322
(59.9)

22,230
(100.0)

うち北海道

217
(15.8)
1,160
(84.2)
1,377
(100.0)

中学校

全国

3,534
(34.9)
6,582
(65.1)

      10,116
(100.0)

うち北海道

90
(12.9)
606
(87.1)
696
(100.0)


     北海道の小学校で図書標準を達成している学校は15.8%で、全国47県のなかで最も低い。
     北海道の中学校で図書標準を達成している学校は12.9%で、全国47県のなかでは、最も低い青森県(11.9%)についで2番目に低い。

           図書標準の達成割合が低い県(ワースト5の県)     こちら

                             

 2 市町村別に見た小中学校の図書標準の達成状況(北海道)     こちら

   
(19.6.14 記、19.6.19修正、19.7.25追加)



資料  その2  学校図書館
(平成16年度の状況)                                           

 (説明)
   1 文部科学省は平成17年度に「学校図書館の現状に関する調査」を行い、
    その結果を発表している。
     (参照:文部科学省のホームページ、報道発表資料(18
年4月
   2 本資料は、公立小中学校の学校図書館図書の状況を知るために、文部科学
    省が発表した資料を基にして作成したものである。

 (資料目次)

公立小中学校における学校図書館図書の状況(平成16年度末)
    1 学校図書館図書標準の達成校
    2 市町村単位で見た小中学校の図書標準の達成割合(北海道)

      

1 学校図書館図書標準の達成校 
      

                                               (学校数、%)  (17.3.31現在)

区   分

図書標準達成校

図書標準を達成していない学校

学校数合計

小学校

全国

8,504
(37.8)
13,964
(62.2)
22,468
(100.0)

うち北海道

* 213
(15.1)
*  1,197
(84.9)
1,410
(100.0)

中学校

全国

3,290
(32.4)
6,874
(67.6)

       10,164
(100.0)

うち北海道

*  75
(10.5)
*  636
(89.5)
711
(100.0)

         * の学校数は推計である。                     


 2 市町村単位で見た小中学校の図書標準の達成割合(北海道)

*文部科学省は図書標準の達成割合について、25%刻みの4段階に区分して、市町村名を発表している。この表は、北海道の市町村について、当該発表を基に作成したものである。

 


区    分


市      町      村

学校 

達成校している学校の割合

 

            市

 

         町      村

 

小学校

75%以上
100%

  なし (0)

古平町、奈井江町、上砂川町、羽幌町、女満別町、丸瀬布町、追分町、日高町、平取町、様似町、
鹿追町、中札内村、更別村、池田町、陸別町、
音別町
 (16)

16

 

50%以上
75%未満

  なし (0)

 

福島町、真狩村、音威子府村、中川町、利尻町、
白滝村、興部町、壮瞥町、本別町
  (9)

9

25%以上
50%未満

札幌市、旭川市、苫小牧市、深川市、北広島市、石狩市 (6)

知内町、南茅部町、熊石町、奥尻町、倶知安町、
岩内町、由仁町、月形町、幌加内町、当麻町、
愛別町、東川町、上富良野町、占冠村、和寒町、
増毛町、天塩町、清里町、上湧別町、虻田町、
鵡川町、静内町、えりも町、芽室町、大樹町、白糠町 
(26)

32

25%未満

函館市、小樽市、室蘭市、釧路市、帯広市、
北見市、夕張市、岩見沢市、網走市、留萌市、
稚内市、美唄市、芦別市、江別市、赤平市、
紋別市、士別市、名寄市、三笠市、根室市、
千歳市、滝川市、砂川市、歌志内市、富良野市、登別市、恵庭市、伊達市  (
28

 

 (上記以外の町村)(127)

155

中学校

75%以上

  なし (0)

長万部町、寿都町、蘭越町、喜茂別町、泊村、 
奈井江町、上砂川町、妹背牛町、秩父別町、
幌加内町、鷹栖町、上川町、中富良野町、朝日町、東藻琴村、丸瀬布町、白滝村、新冠町、更別村、
池田町、陸別町 
(21)

21

75%未満

50%以上

赤平市(1)

倶知安町、由仁町、上富良野町、美深町、
浜頓別町、斜里町、平取町、静内町、鹿追町、
新得町 
(10)

11

50%未満

25%以上

旭川市、岩見沢市、苫小牧市、名寄市、滝川市、深川市 (6)

羽幌町、豊浦町、門別町、本別町 (4)

 

 

10

25%未満

札幌市、函館市、小樽市、室蘭市、釧路市、
帯広市、北見市、夕張市、網走市、留萌市、 
稚内市、美唄市、芦別市、江別市、紋別市、
士別市、三笠市、根室市、千歳市、砂川市、
歌志内市、富良野市、登別市、恵庭市、伊達市、北広島市、石狩市 (
27

 

 

(上記以外の町村)(143)

 

170

 
 (以上 19.2.6 記)



 資料 その3  学校図書館 (15年度の状況)
                              

 (説明)
   1 文部科学省は平成16年度に「学校図書館の現状に関する調査」を行い、
    その結果を発表した。
     (参照:文部科学省のホームページ、報道発表資料(
17年4月、11月))
   2 本資料は、公立小中学校の学校図書館図書の状況を知るために、文部科学
    省が発表した資料を基にして作成したものである。

 (資料目次)

公立小中学校における学校図書館図書の状況(平成15年度末)
    1 学校図書館図書標準の達成校
    2 市町村単位で見た小中学校の図書標準の達成割合
     (1) 図書標準を達成している学校の割合が50%未満である市町村の割合
         (県別)
     (2)  図書標準を達成している学校の割合が比較的高い市町村(北海道)
     (3)  県庁所在市の学校の図書標準の達成状況

      (注)学校図書館図書標準:末尾参照

 1 学校図書館図書標準の達成校 
                                      (学校数、%)  (16.3.31 現在)      

区   分

図書標準達成校

図書標準を達成していない学校

学校数合計

小学校

全国

8,114
(36.0)
14,454
(64.0)
22,568
(100.0)

うち北海道

* 202
(14.3)
* 1,208
(85.7)
1,410
(100.0)

中学校

全国

3,151
(30.8)
7,075
(69.2)

        10,226
(100.0)

うち北海道

* 78
(11.0)
* 633
(89.0)
711
(100.0)
         * の学校数は推計である。                     (18.2.27  誤り訂正) 

   都道府県別に見る  こちら
 

 2 市町村単位で見た小中学校の図書標準の達成割合

    *文部科学省は図書標準の達成割合について、25%刻みの4段階に区分して、市町村名を発表している。以下の分析は、当該発表を基に作成したものである。

   (1)   図書標準を達成している学校の割合が50%未満である市町村の割合(県別)

                                      (%)   
 (16.3.31 現在)

小  学  校

中  学  校

達成している市町村の割合が高い県

1栃木県

36.7

達成している市町村の割合が高い県

1岐阜県

10.4

2山梨県

41.3

2沖縄県

19.2

3山形県

43.2

3群馬県

20.3

4沖縄県

44.2

4山梨県

26.9

5香川県

44.4

5香川県

29.7

達成している市町村の割合が低い県

1大阪府

90.9

達成している市町村の割合が低い県

1大阪府

97.7

2京都府

88.9

2青森県

89.4

3青森県

87.9

3北海道

88.2

4北海道

83.5

4京都府

87.2

5滋賀県

81.8

5富山県

85.7

47県計

 

65.4

47県計

 

58.0

 説明:小学校の栃木県(49市町村)は、図書標準を達成している学校の割合が50%未満である市町村は18市町村で、その全体に占める割合は367%である。この率は47県の中で最も低い率である。言い換えれば、50%以上の市町村の割合が最も高い県である。

    都道府県別に見る  こちら



(2)図書標準を達成している学校の割合が比較的高い市町村(北海道)

                                 
(16.3.31現在)

区     分

市   町   村   名 

小学校

75%以上100

古平町 奈井江町 上砂川町 羽幌町 女満別町 丸瀬布町  追分町 日高町 様似町 鹿追町 中札内村 更別村 池田町 陸別町 音別町  (15)

50%以上75%未満

福島町 南茅部町 真狩村 音威子府村 利尻町 白滝村 興部町 壮瞥町 平取町 本別町  (10)

中学校

75%以上100

長万部町 蘭越町 真狩村 喜茂別町 泊村 奈井江町 上砂川町 妹背牛町 秩父別町 鷹栖町 上川町 中富良野町  朝日町 東藻琴村 常呂町 丸瀬布町 白滝村 新冠町 様似町 更別村 池田町 陸別町   (22)

50%以上75%未満

赤平市 恵山町 倶知安町 由仁町 上富良野町 美深町 羽幌町 浜頓別町 斜里町 穂別町 静内町 鹿追町 新得町  (13)

 (*)この表にない市町村は、すべて図書標準を達成している学校の割合が50%未満の市町村である。

(3) 県庁所在市の学校の図書標準の達成状況  こちら



 (*)学校図書館図書標準

    公立義務教育諸学校の学校図書館の図書の整備を図る際の目標として、文部省が平成5年3月に定めた基準

  ア 小学校

学 級 数

蔵 書 冊 数

2,400

3,000

3〜6

3,000520×(学級数−2

7〜12

5,080480×(学級数−6

13〜18

7,960400×(学級数−12

19〜30

10,360200×(学級数−18

31〜

12,760120×(学級数−30

  イ 中学校

学 級 数

蔵 書 冊 数

1〜2

4,800

3〜6

4,800640×(学級数−2

7〜12

7,360560×(学級数−6

13〜18

10,720480×(学級数−12

19〜30

13,600320×(学級数−18

31〜

17,440160×(学級数−30