北の図書館編集後記       

    冊子「北の図書館」の編集後記です。

編集後記(第20号−平成25年3月30日発行)
  大雪、数度の暴風雪、寒さ厳しく長い冬でした。10年で20号になった。長く図書館に勤めてきた吉田さん、綿貫さん、鈴木さん。図書館のない町でこども図書館を続けてきた堀江さん。大学の図書館情報学課程の下田さん。立ち場は違っても、どこか共通したものがあるように感じる。それは何だろうか。図書館を考え続ける人たち。年度末の多忙な中、原稿を書いてくださった皆さんに深く感謝。(shin

編集後記(第19号−平成24年10月10日発行)
暑くて長い残暑でした。数えて第19号。遠い沖縄の山口さんの論考を掲載。山口さんは、『みんなの図書館』に2011年1月号から「連載・図書館ノート」を執筆中。齋藤さん、学び続ける司書の姿。松野さん、図書館と書店の違い・図書館の強みを考える。「この人に聞く」は、温めていた思いがようやく実現。すべての学校にある学校図書館をよくしていきたい。(shin)

編集後記(第18号−平成24年2月15発行)
多忙な中、原稿を寄せてくださった皆さんに、心から感謝します。世の中デジタル化が進み、電子書籍が話題になっている。これから図書館は変わらなければならないのか。どう変わっていくべきなのか。そして、図書館職員は・・・。菅原峻さんは言っていた「“図書館をつくる”ではなく“図書館を始める”というべきだ」と。本号はすべて地域で頑張ってきた職員による。本誌に原稿を書いてくださった人は、65人になった。(shin)

編集後記(第17号−平成23年8月5日発行)
ようやく第17号を発行することができました。“ようやく”というのは、3・11東日本大震災に気が滅入り、原稿依頼など編集のスタートが遅くなったからです。

本号の論考はすべて、図書館職員又は元職員による。原稿依頼に、「北の図書館になら書いてみます」とか、「頑張って書いてみます」という人が多くなったのは、嬉しいことです。
小杉さん、デジタル化に深い示唆。上田さん、自らの経験を基にした論考。太田さん、工藤さん、菊地さんは、それぞれの図書館(室)現場の活動の実態や悩みを。財政が厳しい時代であるが、図書館(室)とその職員は孤立してはいけない。図書館には、大震災でも発揮されている“お互い協力し助けあう美風”がある。(shin)


編集後記(第16号ー平成23年1月25日発行)
16号をお届けします。近内さん、図書館は誰のため?を問い続ける実践。加藤さんは話題の電子書籍をどう見るか。図書館のお二人の論考は大変嬉しい。関さん、北海道史の調査研究に長く携わってきた経験からの論考。高橋さんの北海道子どもの本連絡会と会員の活動、多くの人に知ってもらいたい。高橋さんは北海道立図書館を考えるみんなの会の事務局も務めている。手紙、批判覚悟で終わりまで書いた。組織や立場にとらわれない建設的な論考を歓迎する。執筆者の職名や肩書きは、原則表示しない。(shin)


編集後記(第15号ー平成22年7月30日発行)

兎内さん、アメリカ図書館協会年次大会・図書館職員の日本との違いなどをやさしく書いてくださいました。松田さん、道内図書館の現状を憂う。佐々木さん、道南に社会教育の人のつながりあり、代表世話人を務めた『イキイキ“道南”』はすばらしい記録。インタビューした点字図書センターの活動に、図書館の“原点”を見る。道立図書館問題はまだ先が見えない、5人の会メンバーの意見を掲載した。協力くださった皆さんに感謝します。(shin)

編集後記(第14号−平成22年1月15日発行)

金子さんは、知られていない札幌市の地区センター図書室についてのレポート。光永さんは、地域に本物の図書館を願う会の活動。新年度、札幌市は新しい図書館ビジョンを策定する。さらに議論を深めたい。久しぶりに戻られた山田さん、その目に道内の図書館はどう映るのか。加藤さん、図書館員に「ひとり」からの脱却を呼びかける。小樽文学館の玉川さん、どうして“ちまちま〜”のような活動ができるのか。陰に“人の繋がり”があると思う。しんがりの手紙、批判を覚悟して書く。(shin)

編集後記(第13号−平成21年7月22日発行)
本号にテーマをつけるなら、“本物の図書館を求めて”となろうか。図書館はそれぞれ。それぞれの本物の図書館はどうあるべきか考えたい。3つは図書館職員によるもの、渡邉さん、宮本さん大変ありがとうございました。合田さん紹介の「私たちの図書館宣言」、図友連会員がメーリングリストを使って意見を述べ、練りに練ってつくりあげたもの。森田さんの置戸に学ぶ、図書館の名は使っていなくても根底は変わらない。小学生の登録率は100%!。私論札幌市〜は、試論でもある。(shin)

編集後記(第12号−平成20年11月30日発行)

講演記録の掲載を承諾くださいました竹内先生ありがとうございました。澤田さんの論考は、じっくり考えたい。ふきのとう高倉理事長の報告、小誌では写真を掲載できないのが残念。併せて「ふきのとう文庫」のホームページをご覧ください。一度ふきのとう文庫を訪ねてみてください。   余西さんと森田さん、ともに注目されている図書館の、その司書。これも図書館のホームページをご覧あれ。私論札幌市の〜は、まだ終わらない。(shin)

編集後記(第11号−平成20年6月30日発行)
学校図書館特集ともいえる内容となりました。元教師の笠原さんは最近学校図書館がよくなっている苫小牧で活動する学校図書館ボランティアの歩み。塚田さんは図書館の可能性を探り続けている実践活動の総括。佐藤さんは今注目されている恵庭市を実地に調査しての報告。小野寺さんは高齢化時代の先端を行く図書館サービス。論考には共通するキーワードで括れるものがある。図書館(公立であれ、学校であれ)と図書館員に、今何が求められているか考えさせる。いや、読んで考えるだけでは足りない。先日の図書館大会である人が発言した。「図書館員は町へ出よう」と。しんがりの私論、次号は他政令指定都市の図書館などを予定する。(shin)

編集後記(第10号−平成19年12月14日発行)
  第10号をお届けします。多忙な中で原稿を寄せてくださった皆さんに、心からお礼を申し上げます。武田さんは今北海道新聞「朝の食卓」の執筆者の一人、礼文町にお住まい。藤島さんは以前大学図書館に長く勤務、その『北の文庫』は今も続く。佐藤さんの稿は、学校図書館関係者による意欲的な報告。塚田さんの活動は図書館関係者にとって示唆に富む。杉山さんは図書館の現場を預かる館長さんの意見−今本当に大事なことは何か。
 今年行われた全国学力・学習状況調査で、本道の児童生徒の学力は全国的にみて低かった。学力だけを問題にしてはいけないが、あまりにも差がある。学校、図書館、読書等をめぐる今の状況と深いところで結びついていると思う。(shin)

編集後記(第9号−平成19年7月20日発行)

以前から書いてもらいたかった方にお願いして、外国の図書館、公共図書館、学校図書館に関しての論考、それも図書館運動をされている方、司書、高校教諭、図書館長など違った立場の方のものを掲載することができました。吉野さんの会は“本物の図書館”の開設を求めて、25年間活動を続けている会です。阿部さん手づくりの冊子『本とわたし』を読むと、深く図書館を考え、職員とともに実践されていることが分かります。阿部さんと塚田さんの図書館は、読書活動の実践が評価されこの春文部科学省の表彰を受けました。

図書館を巡る状況は悪くなっている。今図書館は何をするべきか。図書館に関係したニュースや情報は、図書館関係団体マスコミ等によって豊富に流されるようになった。しかし、噂や情報の洪水に流されてはならないと思う。(shin)

編集後記(第8号−平成18年12月8日発行)
 前から考えていた北方資料の問題を今回取り上げることができました。お忙しいなか、インタビューに応じてくださいました君先生ありがとうございました。

根室市の谷村さんには無理をいって2回目の執筆をお願いしました。道内の図書館にも、2007年問題が起こっているのではないでしょうか。

札幌市の小学校(司書教諭)の松井さんは、体験に基づく意欲的な論考を書いてくださいました。チャチャニレの言は、紙数の関係から2回に分けて掲載します。

一方ではもう少し軽い内容のものを掲載して幅を広げたいとは思うものの、年2回の発行が目一杯で、経費の問題や紙幅の都合もあって、なかなかそうもできません。(shin)


編集後記(第7号−平成18年6月20日発行)
 講演記録の掲載を承諾くださいました塩見先生ありがとうございました。塩見先生の講演記録のほかは、「5人の会」のメンバー3人の論考になりました。行政改革に財政難。道も市町村も厳しい環境に曝されています。その中で、図書館は今どのような状態にあるのか、図書館に何が不足し、何が求められているのか、的確に捉えた上での議論でなければなりません。議論の出発点はそこにあります。“島国”で比較する対象や刺激が少ない北海道は、行政も図書館も“井の中の蛙”状態にあるのではないでしょうか・・・。しかし希望を持って進みたいと思います。(shin)

編集後記(第6号−平成17年11月25日発行)
 「『この人に聞く』を読んでの意見等」は前号の続きです。学校図書館の問題等について、議論を深めことができ、大変嬉しく思います。忙しい中意見等を寄せていただきました5人の方ありがとうございました。
 「どの子にも本が届くように」(小野寺さん)、関係者はもっと足元(現実)を見て頑張らなくてはならないと思います。
 古地図の木先生、貴重なお話しをありがとうございました。(shin)

編集後記(第5号−平成17年6月10日発行)
 
第3号と第4号の続きとして、5人の方から「この人に聞く」を読んでの意見等を寄せていただきました。元恵庭市立図書館の中島さんと元道立文書館の佐藤さんには、示唆に富む貴重な論考をいただきました。業務委託、指定管理者制度、資料費の確保など、厳しくむずかしい問題ばかりですが、図書館と図書館職員は自分で考えて対応していかなければなりません。色んな情報が流れ飛び交う中で、小誌はそのための有効な手掛かりを(できるなら武器を)探し、提供していきたいと考えています。(shin)

編集後記(第4号−平成16年1110日発行)
 前号に続いて3人の方に「私の意見」を寄せていただきました。現職の職員が発言するのは勇気がいることです。深く感謝します。
 関係の本を読み、あるいは研究会・研修会に参加して、「よい話しを聞いた」、「元気をもらった」と感じ、自分が納得しているだけでは図書館はよくなりません。図書館職員は自分の考えを整理して、図書館や学校で議論しましょう。ささやかながら、小誌はそのための素材を提供していきます。
「朝の読書推進協議会」の調査によると、朝の読書を実施している学校の割合は、北海道は小学校
32%、中学校18%で、県別にみると、ともに下から2番目(46位)です(16.10.29現在。同協議会のHPによる)。この状況に納得いく説明をつけられるでしょうか。
 「資料」には、北海道の図書館問題を考える上で知ってもらいたい資料を掲載します。(shin)

編集後記(第3号−平成16年5月10日発行
 第3号では、松原さんはじめ5人の方に「私の意見」を寄せていただきました。みなさんお忙しいところ、本当にありがとうございました。「私の意見」は今後も掲載していく予定です。さらなる議論の広がりと深まりを期待します。
 図書館は今厳しい状況に置かれています。図書館が十分に普及していない北海道で、肝心要・基本をおろそかにして新しい動きに目を奪われていては、未来(それは図書館の未来だけでない北海道の未来です)は拓けないと思います。北海道の図書館問題を前向きに考えていきましょう。読まれての感想、意見等をお寄せください。(shin)
 

編集後記(第2号−平成15年11月15日発行)
 第2号は、公共図書館や学校図書館の今を意識して、盛りだくさんな内容になりました。小澤さんの論考と岩城の解説は、紙数の関係で2回に分けて掲載しました。この小冊子を素材として、図書館問題を考え、議論をしていただきたいと思います。この小冊子は、道内の公共図書館(全部)、教育委員会、専門図書館、大学図書館・短期大学図書館、その他図書館関係者に配付しています(教育委員会はできるだけ多くの市町村に配付していきます)。読まれての感想、意見等をお寄せください。(shin)

編集後記(創刊号−平成15年7月15日発行)
 北の図書館5人の会をつくって4か月、ようやく創刊号を発行することができました。この小冊子の意図するところは、「創刊のことば」に記したことに尽きています。当分の間、年に二・三号発行し、主に道内の図書館、教育委員会、その他図書館関係者に配付していきます。どうぞよろしくお願いします。
創刊号のため講演記録の掲載を快諾くださいました小川先生、専門図書館の20年間のデータを収集分析して論考を書き下ろされた小澤さん、インタビューに応じてくださった野口先生ありがとうございました。(shin)