ピッピ文庫は、上田さん夫妻が1984年に自宅に開設。当初は週2回、現在は毎週土曜に開放している。絵本や児童書などの蔵書は約2万冊あり、現在も毎月新刊20〜30冊を購入している。これまでの利用者は、子供から大人まで延べ5万人を超え、多い時は1日50人以上が足を運んだ。
  (参考)北海道新聞 27.12.10夕刊 地方版から<苫小牧>「自宅開放の私設図書室に賞」
       同   詳しい記事 (道新WEB版)   こちら
   (27.12.17 記)

○ 江差町の「絵本サークルポポリン」が受賞  全国優良読書グループ表彰  
読書推進運動協議会の2015年度・第48回全国優良読書グループ表彰で、北海道からは、檜山管内江差町の「絵本サークルポポリン」が選ばれました。
今年は全国の38グループが表彰を受けました。おめでとうございます。 
また、今年度北海道読書推進運動協議会が行う表彰では、次のグループが表彰されました。