トピックス

絵本屋南風 NEW
ここに紹介するのが遅くなったが、札幌市清田区里塚に絵本・児童書専門店「絵本屋南風」がある。店主の出町 南(でまち みなみ)さんは長年教員として小学校に勤務。北海道学校図書館協会選定部に所属し、毎月発行される本の中から優れた本を選んで学校図書館や児童向けに発信する、新刊本の選定に関ってこられた方で、、飛島詩子さん(故人)が長沼町で開いていた「絵本屋ぺこぽん」を引き継いで、2014年12月にオープンした。場所は札幌市清田区里塚2条5丁目6−5。出町さんは、絵本屋南風で、@良質な定番の本、新しく販売された優れた新刊書を販売するほか、A絵本と作家、絵描き、音楽家などと、お客を繋ぐコラボレーションライブや参加型のワークショップ、B「ぺこぽんの風学習会〜絵本で学ぶ〜」などの活動を行っていきたいとしている。イベント等の予定は、ホームページからも発信している。
     絵本屋南風のホームページ  こちら
  (参考)「「絵本屋 南風」がオープン」 (『あくしゅ』63号、苫小牧読み聞かせ文庫活動連絡会)
       出町 南「 『詩子さんとわたし』。そしてこれから」
        (『子どもの本のひろば』第135号、北海道子どもの本連絡会)
  (28.3.19 記)

ブログ「あくしゅ」を開設 苫小牧読み聞かせ 
苫小牧読み聞かせ文庫活動連絡会は、読み聞かせや個人文庫、地域サークルや学校単位で活動している図書ボランティアをつなぐ活動をしている。同連絡会は、今年からブログを開設して、様々な発信をはじめている。 「あくしゅ 苫小牧読み聞かせ」 で検索できる。
 ブログ「あくしゅ」をみる  こちら
 (27.12.28 記)

道新の本の贈り物プロジェクト2015  5施設に書籍を寄贈
  
北海道新聞広告局が2007年から始めた本の贈り物プロジェクトでは、昨年までに道内15か所に約3,500冊の図書を寄贈してきたが、今年もプロジェクトに賛同する出版社の協力を得て、多数の応募の中から選んだ次の5施設に図書を寄贈した。
朝日留守家庭児童会(旭川市)、特定非営利活動法人ここ(稚内市)、岩内町立岩内西小学校図書室(岩内町)、占冠村公民館図書室(占冠村)、中川町中央公民館図書室(中川町)
 (参考)27.10.28 北海道新聞 7面全面広告
  (27.11.13 記)

いわた書店の1万円選書   
砂川市(人口約1万8千人)のいわた書店(店主岩田徹さん)がしている「1万円選書」が注目されている。
2月27日19時30分NHK テレビ「北海道クローズアップ」、「心に響く本を」で詳しく紹介され、また3月16日朝7時台NHKテレビ「おはよう日本」(全国放送)でもとり上げられた。
52歳の岩田さんは24歳の時に父から引き継いだ書店を経営している。近年、駐車場を備えた広い郊外型の書店の進出、販売チャンネルの多様化(コンビニ、インターネットショッピング)などによって、本は次第に売れなくなり、近隣のまちでも書店は次第に姿を消した。岩田さんは独立系自営店として頑張っていたが、自身の病気を経て、やがて競合店が仕掛けてくる「量の競争から」は降りて、質の高い戦いに活路を見出そうと考えるようになった。5年10年経っても読まれている本を大事にし、その人に面白い本、読んでもらいたい本を買ってもらおうと考えるようになった。そこで考えたことの一つが、「1万円選書」である。
岩田さんは注文者(依頼者)と何度も文書でやり取り(キャッチボール)をし、依頼者の文書(岩田さんはこれを「カルテ」と呼ぶ)に書かれた、その人がこれまでに読んできた本、読んでみたい本、悩んでいることなどをよく読んで、それならこういう本はどうですかとその人にあった診断をして、1万円で本を選んで送る。テレビで取り上げられたこともあり、全国から−例えば神奈川県座間市の奥さんに先立たれた男性、広島県廿日市市の生き方に悩む若い女性など−半年で1000件もの注文がくるようになった(ただし、一人ひとりの対応に時間がかかるので今は断っている)。
  (参考)岩田徹「本屋だからできること」(『日本の社会教育実践2008−
       第48回社会教育研究全国集会資料集』171頁、社会教育推進全国協議会)
      ほかに、岩田徹さんの論考に次のものがある。
       「なぜ書店は潰れ、図書館は残ったのだろうか?」(『みんなの図書館』2009年3月、4月)
ホームページ管理者:いわた書店は、JR砂川駅の近く、国道12号線沿いにある。一度訪ねてみてはどうだろうか。少し離れているが、砂川市図書館もお勧めする。石狩市民図書館と同じく書架の本がきちんと整理されているのが、すばらしい。
 (27.3.29 記、27.3.31 「参考」を修正、27.4.3本文一部修正)

旧北海道立図書館の建物  北果楼の店舗に   
道は、札幌市中央区北1条西5丁目にあって道立文書館別館として使われていた旧北海道立図書館の建物について、デザインの外壁を利用し、玄関ホールを復元した上で改修することを条件に、売却先をプロポーザル方式により公募したが、その結果、堀製果(本社:砂川市)が買い取り先になった。
堀製果は改修した建物を子会社の「北果楼」の店舗にするが、カフエ、芸術作品を展示するギャラリー、イベントスペースなども備えたものになる見込みで、設計は世界的な建築家安藤忠雄氏に依頼しているという。
   (参考)27.2.1 北海道新聞「北果楼新店 安藤氏が設計」  
  (27.2.13 記)

読み聞かせ交流会を市内3地区で開催  苫小牧読み聞かせ文庫活動連絡会
創立21年目になる苫小牧文庫活動連絡会(代表谷口佳子さん)は、これまで市内の読み聞かせボランティアやサークルを対象に年2回夏と冬に交流会を開いていたが、今年度はより地域の実情に沿った情報交換をしようと、市内を西、東、中央地区に分けて3地区で交流会を開いている。
7月23日に市内沼ノ端コミュニティーセンターで開かれた東地区交流会には、沼ノ端小、拓勇小、拓進小、植苗小中、おはなしくまさん、苫小牧民報佐野販売店などの読み聞かせボランティアやサークルから約40人が参加して、読み聞かせる本の選び方や、活動内容について情報交換をした。交流会の前には、普段子どもたちに披露しているペープサート(紙人形劇)や大型絵本、紙芝居、新聞シアター(新聞紙を使った寸劇)の発表も行われた。
そのあと開かれた西地区交流会にも16団体の約30人が参加した。中部地区交流会は来年2月24日に開催される。
また、同連絡会では、吉竹栄子さんを講師に招き、11月4日中央図書館でセミナー「「読み聞かせ文庫活動活動連絡会セミナー」

  (参考)『あくしゅ』60号 (苫小牧文庫活動連絡会)
 (26.12.24 記)

「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」  2月にわたる道内巡回終わる
幼稚園、保育園、図書館、児童館、書店などを児童書を積んだキャラバンカーで訪ね、読み聞かせや紙芝居などをする講談社の「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」は、6月から2か月間にわたって道内で活動してきた。
今日7月26日(土)の石狩市民図書館と月形町図書館での活動が最後となる。
  「おはなし隊」の、7月の道内巡回スケジュールをみる こちら
  「おはなし隊」の、6月の道内巡回の様子(隊長日記)をみる  こちら
  (26.7.26 記)

今年はシニアの部も開催  青少年読書感想文全国コンクール
全国学校図書館協議会と毎日新聞社主催の青少年読書感想文コンクールが今年も開催される。今年は第60回目に当たるので、これを記念して、今回限定で60歳以上の人を対象にした「シニア」の部が設けられている。
シニアの部は、今年4年1日で満60歳以上の人が対象で、対象図書は「青少年読書感想文コンクール」課題図書と共通の18冊。字数は本文1200字以内、応募締切は8月31日(必着)となっている。
  (参考) 毎日新聞の広告 (例) 26.7.6(日)広告欄
        毎日新聞社の関係ホームページ  http://www.dokusyokansousoubun.jp/senior
  (26.7.8 記)

北の図書館のホームページ 読書推進運動協議会のリンク集に
当北の図書館のホームページが公益財団法人読書推進運動協議会のリンク集「さまざまな読書活動」に加わりました。
「北海道に豊かな図書館の環境を作るため、情報提供や問題提起を発信」と紹介」されています。
 読書推進運動協議会のリンク集「さまざまな読書活動」  こちら   
  (26.3.24 トップページに記載、26.4.12このページに移記)

優れた建築の金沢海みらい図書館 
金沢市の金沢海みらい図書館が注目されている。
今年5月第29回日本図書館協会図書館建築賞を受賞した金沢市の海みらい図書館は、英国BBC放送の番組で米国のシアトル中央図書館などとともに「世界の素晴らしい公立図書館4館」に選ばれた。同図書館は、国際インテリアデザイン協会の「アジア太平洋デザイン・建築賞」でも、文化・学術・教育分野の最優秀賞も受賞しており、世界的に優れた建築物として評価が高まっている。
  北國新聞の関係記事をみる  こちら 
  金沢海みらい図書館のホームページをみる  こちら
  (参考)「第29回日本図書館協会建築賞」(『図書館雑誌』2013.8月号)
  (25.10.13 記)

旧北海道立図書館の建物 売却先公募 外壁保存が条件  
道は、札幌市中央区北1条西5丁目にあって道立文書館別館として使われている前の北海道立図書館の建物について、デザインの外壁を利用し、玄関ホールを復元した上で改修することを条件に、9月に売却先を公募する。
この建物は、もとは大正15年11月25日に開館した「行啓記念北海道庁立図書館」で、昭和42年まで北海道立図書館であった。説明によれば、この建物は、セセッション式と呼ばれる19世紀末から20世紀初めに、オーストリアのウイーンで流行した直線的な幾何学模様などを取り入れた建築スタイルを取っている。道の措置は、歴史的な価値あるものを残そうとする新しい試みだといえよう。
  (参考)北海道新聞 25.8.1 「札幌・道立文書館別館 道、売却先公募 外壁保存が条件」
ホームページ管理者:かって、この道立図書館の前の北1条通りには、樹齢500年ともいわれる大きなハルニレの老木(いわゆるチャチャニレ)があり、その根元には噴水式水飲み場があって、ベンチもある市民憩いの場であった。ホームページ管理者も若かりし頃その水を飲んだことがある。
  (25.8.21 記、25.9.22水飲み場に係る記述修正)

新しい山梨県立図書館がオープン 
いろいろな経過を辿った新しい山梨県立図書館は、このほどJR甲府駅北口に開館した。館長は作家の阿刀田高氏。一部に指定管理者制度を導入している。
   毎日新聞 山梨
   24.11.13 「新県立図書館甲府駅北口に開館(その1) 児童資料コーナーを拡充」
   24.11.13 「新県立図書館甲府駅北口に開館(その2) 吹き抜けで開放的 郷土の資料、豊富に」
  (参考)山梨県立図書館のホームページ  こちら
 (24.11.30 記)

新築する文庫の基本構想を公開  ふきのとう文庫  
公益財団法人ふきのとう文庫は札幌市中央区への移転を計画しているが、このほど新築する文庫の建物の配置・間取り・面積・外構えを含めた基本構想を公開した。工事は第1期から第3期までに分けて行い、遅くても今年度末までに実施設計を終えて、来年春には、第1期工事を発注・着工する計画である。第1期工事では、およそ 330uの子ども図書館本体(事務室、作業室を含む。)の工事を予定している。移転する場所は、中央区北6条西12丁目である。また、移転資金を獲得するためやむを得ず売りに出していた現在の土地建物(西区平和)については、買い手がつき売買契約が成立している。移転建物の開館日は、来年11月27日を予定している。
同文庫では、不足する移転資金を得るために募金活動を行うことを計画し、そのための準備をすすめている。
  (参考)『ふきのとう文庫だより』NO.97(24.6.10)
       ふきのとう文庫のホームページ  こちら
  (24.10.16 記)

道立図書館の蔵書100万冊を超える  
北海道立図書館の蔵書冊数は、昨年度末(平成24年3月31日)で100万冊を超える、103万8,015冊となった(「都道府県図書館の統計」、『図書館雑誌』2012.8)
毎年度末で調査しているこの統計で、今回新しく蔵書冊数が100万冊を超える図書館となったのは、北海道立図書館と長崎県立図書館の2つである。県立図書館に100万冊を超える蔵書がある県は、これで16都道府県となった。最も蔵書冊数が多いのは、大阪府立図書館(2館)の246万冊で、東京都立図書館の194万冊がこれに次いでいる。
  (24.8.23 記)

本を通して女川町支援 24.4.17(火)北海道新聞(札幌圏) で、高橋洋子さんが主催する「ばらのおうち文庫」の被災地を支援する活動が紹介されました。 ばらのおうち文庫の活動 こちら 
  (24.4.18 記、24.6.23 トップページから移記)

小林静江さん 道新「私のなかの歴史」に登場  
公益財団法人ふきのとう文庫の元理事長(ふきのとう文庫創設者)の小林静江さんが、1月10日からの北海道新聞夕刊連載「私のなかのの歴史」で、「障害児に読書の喜びを」と題して、その歩みを語っている。
どんな重い障害の子どもにも本を読む喜びを知ってほしいと、図書館づくりをしてきた小林静江さんの活動は、関係者にはよく知られているが、多くの人に読んでもらいたいと思う。
ふきのとう文庫の活動については、冊子『北の図書館』でも高倉嗣昌理事長の文(*)を掲載した。
   (*)高倉嗣昌「すべての子どもに本の喜びを!」(『北の図書館』第12号(平成20年11月)) こちら
 (参考)ふきのとう文庫のホームページ こちら
     水口忠「公益財団法人「ふきのとう文庫」」(『LISN』 NO.149 キハラ株式会社)  こちら
 (24.1.18 記)

日比谷図書文化館が開館  
旧東京都立日比谷図書館(千代田区日比谷公園)は改修工事を終えて、11月4日、千代田区立の、ミュージアム機能やカフェ機能を備えた文化複合館「日比谷図書文化館」として開館した。
    日比谷図書文化館のホームページをみる  こちら
    銀座経済新聞の記事を読む  こちら
  (23.11.4 記)

「ばらのおうち文庫」がホームページ開設  
札幌市清田区の「ばらのおうち文庫」(主宰:高橋洋子さん)では、ホームページを開設し、文庫活動、読書会、イベント等について、発信を始めた。
同文庫では、10月上旬、札幌、様似、帯広で内藤いづみ氏の講演会を開催した。来る10月26日には、「♪ JaXon & チツコ相馬 FUN♪ /FUN ♪/ライブ 」が開催される。
文庫を主宰している高橋洋子さんは北海道子どもの本連絡会の事務局長。冊子『北の図書館』第16号(23年1月発行)で、同連絡会の活動等について、インタビューに答えてくださった。
   ばらのおうち文庫のホームページ  こちら
       (嬉しいことに、「北の図書館のホームページ」にリンクを張ってくれている。)
   冊子『北の図書館』第16号 この人に聞く(高橋洋子さんへのインタビュー) こちら
 (23.10.13 記)

中央図書館前の桜開花  苫小牧市  
苫小牧市立中央図書館の前の市民文化公園には、市民に親しまれている桜の木があって、同図書館では毎年この時期、ホームページに“桜情報”を掲載している。
今年は5月11日に開花したが、まだ一分咲きである。昨年は5月14日だったから、これよりは3日早い。しかし、21年は5日、20年は3日だったというから、いつもの年よりは遅いようだ。
ところで、苫小牧市では、中央図書館への指定管理者導入問題が持ち上がっており、予定では22年度と23年度で、庁内検討委員会の設置、導入の課題検討、図書館協議会・社会教育委員会議との協議が行われることになっている(導入決定は24年度の予定)。
この問題、一体どうなっているのであろうか。
中央図書館では、「中央図書館の指定管理者制度導入問題に関わるリンク」を設けて、資料を提供している。
  苫小牧市立中央図書館のホームページ  桜情報  こちら
  苫小牧市立中央図書館のホームページ
               「中央図書館の指定管理者制度導入問題に関わるリンク」  こちら 
追記:5月17日(火)桜はほぼ満開になりました。
 (23.5.14 記、23.5.19 追記)

ふきのとう子ども図書館  札幌都心部へ移転の構想  
公益財団法人ふきのとう文庫(高倉嗣昌理事長)では、札幌市西区平和にある「ふきのとう子ども図書館」の札幌都心部への新築移転を検討している。
「ふきのとう子ども図書館」は美しい豊かな自然に囲まれた場所にあるが、何分市街地の端にあり、少子高齢化社会の進行につれ活動が先細りになる傾向はまぬがれないと考えて、高倉理事長が構想したもので、昨年7月の理事会と評議員会で提案された。
移転先は札幌市中央区JR桑園駅の南、徒歩6分の場所が考えらている。
施設の設計、資金の確保など課題もあるが、実現に向けて具体的検討が進められている。 高倉理事長は、文庫発足40周年を迎える2013年6月に記念行事を新しい施設で開きたい意向である。
   ふきのとう文庫の活動について見る →  http://fukinotou.org/ 
   (参考)『ふきのとう文庫だより』NO.92、NO.93 
 (23.4.16 記)