創  刊  の  こ  と  



  みんなの明日を拓く図書館を! 北の大地に図書館を!
  この北の大地北海道に、この地に住む人々がいつも図書館と関わりを持ちながら生きる、豊かな図書館の環境をつくりましょう。
  この北の大地を図書館の花開く地にしたいと考えます。
  北海道の図書館は満足すべき状況にあるでしょうか。
  公共図書館は、この二・三十年の間、「市民の図書館」を実践する中で館数が増え貸出点数も大きく伸びるなど飛躍的な発展を遂げてきました。しかしながら、一定程度の基盤ができた図書館においても、多くは更にどう発展させていくべきか方向を見出せないでいます。ふさわしい中身が備わっているとはいえない図書館もあります。まだ図書館が整備されていない町村も相当あります。
  専門図書館、学校図書館等もまた多くの課題を抱えています。
  新しい時代、図書館は更に発展し、進化していかなければなりません。
  北海道の図書館問題を、館種を超えて、考えようではありませんか。
  私たちは、北海道の図書館(公共図書館を主にしますが、専門図書館、学校図書館、大学図書館等を含めたすべての図書館をいいます)に関して、図書館関係者が意見・研究・評論等を発表する場として、「北の図書館」を主宰・発行し、関係者に配付していきます。
  北海道の図書館問題に関心を持つ多くの皆さんが、この場で建設的な意見・研究・評論等を発表してくださることを期待します。
  それぞれの図書館をよくし、併せて北海道の図書館全体をよくしていきましょう。
  この小冊子が、北海道における図書館問題が議論され、前向きに考えられていくための素材となることを希っています。


      平成15年7月

                          

  北の図書館5人の会
姉  崎     洋  一
岩  城     信  吉
水  口         忠
小 野 寺    信  子
渡  辺     重  夫