ひろば

〇 槌谷氏の提言を受けとめよう  追記あり
ご存知でしょうか。
蘭越町教委の槌谷文芳(つちや ふみよし)氏が、注目すべき重要な提言をしています。それは『図書館雑誌』2016年4月号の「北から南から」に掲載された「学校司書の法制化と公共図書館の機能」と題する投稿(論考)で、「学校図書館に関する事業の再構築について」という副題がついています。
論旨は少し分かりにくいのですが、以下私の理解した内容を書きます。
学校司書の法制化が実現し、今はその学校司書の中身をどうするかについて、検討がなされ、関心も集まっている。しかし、小規模な地方公共団体(以下「小規模団体」)では、児童生徒数が少なくて学校の規模も小さい。現実の問題として、学校司書の配置は無理である。都市部と小規模団体との教育環境の格差は広がっていく。
しからば、どうするか。
小規模団体であっても、公民館図書室等(これを槌谷氏は「公共図書館」と呼んでいる)は必ずあるのであるから、小規模団体の教育委員会においてはその図書室を充実させ、に担当職員を決めて、事業として学校図書館に協力する体制を整えていくべきである。担当職員は、複数の学校図書館を巡回し、又は学校図書館に派遣される。このようにすれば、学校に学校司書を配置する経費を抑えることができるし、学校図書館は公立図書館の様々な資源を受け取ることができる。学校図書館で学んだ児童生徒は、やがて成長して公共図書館の利用者となる。かくて、地域において知識の窓口としての学校図書館と公共図書館を通じた「図書館」全体の役割が高まっていく。
槌谷文芳氏は、蘭越町教育育委員会コミュニティプラザ花一会(はないちえ)館長(司書)。
ホームページ管理者:小規模団体が多く、小規模校な小学校・中学校学校が多い北海道においては、法制化された学校司書の配置をどうすすめていくのか、真剣に考えなければならない問題だ。槌谷氏は、現実を踏まえた非常に意味のある提言をしている。北海道全体で考えるべき問題だと思う。
  
(28.7.23 記)
(追記)蘭越町の人口は4905人(28年6月末)、現在、小学校は2校(以前はもっとあった)で児童数は250人、、中学校は1校で生徒数は150人である。花一会は、専任の館長(槌谷さん、司書)と、業務係2名(兼任)、臨時職員4名(うち3名が司書資格)で運営されている。臨時職員のうち1名が学校図書館担当に決められて、その業務を行っている。槌谷氏は特に触れていないが、論考は蘭越町の実践に基づいた提言であると、考えてよいと思う。(28.7.28 記)

〇 司書会の会報『すてきな図書館』 通巻50号 発行される  
今年5月北海道公共図書館司書会の会報『すてきな図書館』通巻50号(論文集No5)が発行された。通巻50号の記念すべき号で関係の方々の尽力に敬意を表したい。A4版34ページの論文集には次4編の論考が掲載されている。
〇『地域の情報センターとしての新たな図書館をつくる−幕別町図書館の取り組み−』 民安園美(幕別町)、〇『作曲家・伊福部昭と音更』 加藤正之(音更町)、〇『我が恩師 菅原峻先生』 丹羽秀人(函館市)、〇『知を創造する図書館への転換:教育機関としての公立図書館に着目して』 斎藤仁史(北海学園大学大学院)
本誌が道内の教育委員会を含めた図書館関係者に広く読まれ、さらに続いていくことを願っている。
  (28.6.10 記)

〇 図書館の優しい心づかい  
3月26日北海道新幹線が開業した。新幹線の始発駅・新函館北斗駅から北へ約90キロ、長万部町(おしゃまんべちょう)にある町図書館のことである。昨年12月のある日、前日本図書館協会理事長の塩見昇さんが立ち寄ったところ、思いがけない「サービス」の優しい心づかいを受けたという。嬉しい話しである。『図書館雑誌』2016年2月号の「としょかんCHATTERBOX」に掲載されている。
 (28.3.28 記)

〇 無書店自治体を走る本屋さん事業  ブックシェアリング  
一般社団法人北海道ブックシェアリング(代表荒井宏明氏)」では、除却になった図書館車を利用して、この4月から道内の本屋さんがない自治体を回る「無書店自治体を走る本屋さん事業」を行う計画である。今その準備がすすんでいる。
道内に書店がない自治体は47ある。ブックシェアリングの活動に注目している。
   北海道ブックシェアリングのブログ  こちら
  (28.3.26 記)

〇 NHK おはよう日本 幕別町図書館の取組が紹介される 
2月1日(月)朝、NHK総合テレビ「おはよう日本」で、「どうあるべき? 公立図書館」が放送された。
放送では、市が計画している新しい図書館の賛否を問う住民投票が実施された愛知県小牧市と、いわゆるツタヤ図書館の形態をとってリニューアル・オープンした神奈川県海老名市中央図書館の例を紹介する。そのあと、「図書館作り 住民の力で」において、直営で運営している幕別町図書館が紹介された。その内容は、幕別町図書館では、図書館に備える本を都市部の書店や大手取次店ではなく地元の書店から購入し、その本に「フィルム貼り」する作業は、自立支援施設に委託して行っており、いわば地域の資源・力を活かして、指定管理者や委託ではない、直営で図書館を運営しているというものである。 
   当該番組の記録(NHK発表)をみる こちら  
追記:NHKの放送で「フイルム貼り」と説明されているのは、本(資料)にバーコード(*)と図書館のロゴを貼り、フイルムをかける、いわゆる「本の装備」のことである。幕別町図書館は地元の書店からこの「本の装備」をした本(資料)を本の定価で納品してもらい、本の装備を行う町内の自立支援施設には、書店から作業料が支払われる仕組みになっている。
    (*)幕別町図書館は、蔵書管理に2次元のカメレオンコードを採用している。
 (参考)十勝毎日の関係記事(2015.10.3)   こちら
      幕別町図書館のカメレオンコードについて 
             カレントアウェアネス・ポータル(2014.3.6)  こちら    
   (28.2.7 トップページに掲載、28.2.12修正、28.2.11 追記、  28.3.1 このページに移記)

〇  すべての中学校に学校司書を配置  札幌市の新しい計画案  
札幌市は、新しい第3次子どもの読書活動計画(計画期間:平成27年度から31年度まで5年間)の策定を進めており、過日計画案を公表し、パブリックコメントを実施した。
計画案では、新しく、「中学・高校生期における読書活動の推進」の「取組項目」において、すべての市立中学校に学校司書(学校図書館司書)を配置するとしている。大きな前進といえる。ただし、説明では、複数校を一人が担当することを基本に配置するとあり、小学校については何も触れておらず、さらに、札幌市独特のいわゆる開放司書についてもこれまでと変えていない点、まだ大きな課題は残る。
   (27.11.12 記)

〇 消費税率の軽減を求める  出版界  
日本新聞協会、日本書籍書籍出版協会、日本雑誌協会及び文字活字文化推進機構は、10月20日、消費税増税に伴い導入が検討されている軽減税率を新聞や書籍、雑誌などの出版物に適用するよう求めるシンポジウムを国会内で開いた。シンポジウムの名称は、「新聞・出版文化を守り、民主主義の未来を語る会−軽減税率は子どもたちへの贈り物である−」。シンポジウムのパネリストは、浅田次郎(作家)、姜尚中、柳田邦男氏ら4氏が務めた。
   (参考)北海道新聞27.10.21「新聞に軽減税率 作家ら適用訴え」
   (関連)出版界の9月17日「緊急声明」をみる  こちら
        消費税の軽減税率適用について、新聞協会の資料をみる  こちら
   (27.10.24 記)

〇 東京新聞社説 「わが街の図書館 地域の文化守りたい」 
10月10日東京新聞は、愛知県小牧市の問題に関連して、東京新聞は社説「わが街の図書館 地域の文化守りたい」を掲載した。
  当該東京新聞社説をみる  こちら

〇 ほんとうの問題は何か 道新の学校司書特集記事 
およそ1か月前の27年8月3日の北海道新聞教育面(11面)は、学校司書の特集であった。
記者の署名があるこの記事は、リードで「学校司書の専門的職員「学校司書」の学校への配置が4月から努力義務」となった」と書き、道内の公立学校で学校司書を配置している割合は低いが、配置に積極的な自治体からはその効果を認める声が上がっていると続け、「学び広げる学校司書の大きな見出しの下に、学校司書を配置しいわば先進的な取組をしている旭川市と恵庭市の状況を詳しく紹介する。また、別欄では渡辺重夫氏の意見を紹介する。渡辺氏は意見の終わりで、、「未設置の自治体や学校は、まず何らかの形で学校司書を配置し、図書館が変わり、子どもたちが変わっていく様子を実感してもらいたい」と述べる。
さて、問題は特集中のもう一つの欄、「高校の配置率最下位  道内、小中もワースト3位」の見出しのある記事である。記事は次のように述べる。
文部科学省が6月に発表した2014年5月時点の都道府県別公立学校司書配置状況によると、道内は小学、中学、高校でいずれも全国平均を大幅に下回った。中でも高校の配置率は1.3%で全国最下位、。小学校、中学校はいずれもワースト3位だった。
配置率が低迷している点について、道教委生涯学習課は「深刻な状況」とした上で、「市町村の財政状況が厳しく、配置が進まなかったり、司書として専門的な知識を持っている人が少なかったりすることが背景にあるのでは」とみる。
本年度は学校司書や学校職員などを対象にした研修の実施や、学校司書を配置していない市町村に対し個別に配置を呼びかけていく方針だ。(以下、配置率が100%になっている県名を上げ、島根県は09年から市町村に独自の財政支援をしていることを述べる)

この道教委のコメントは、的を得ているであろうか。
この欄は、見出しからすると、高校における学校司書の配置率が低いことを第一の問題としている。道教委のコメントは、市町村立の小学校と中学校の学校司書の配置率が低い理由を、述べているが、道立高校の学校司書の配置率が低いことについては何も触れていない。
小学校と中学校については、「市町村の財政が厳しこと」と、「人材が乏しいこと(司書として専門的な知識をもっている人が少ない)」をあげているが、人材が乏しいことの点に関しては、学校司書は司書資格を有していることを条件にしているわけではないから、これが理由になるのかかなり疑問がある。
また、道教委は対策として、研修の実施や市町村に対して呼びかけを行うとあるが、こんなことで配置が進むであろうか。
もう一つ、この欄に掲げられたグラフに示されていることで、重大な問題がある。それは、公立高校における学校司書の配置率は、2014年度は2年前の2012年度より、大きく低下していることである。道立高校の学校司書は、その数が減少しているのである。この点は、決して看過してはならない。

今回道新の特集記事は、道内の学校において学校司書の配置が進まず、全国都道府県の中で最低レベルであることに関して、ほんとうの理由・原因を直接指摘した内容にはなっていない。あげるべきは、道(道教委)の施策である。
  (参考)27.8.3 北海道新聞 教育面(11面)
      このホームページ「ニュース」のページ 、「学校図書館担当職員の配置状況
           特に道内の高校はひどい状況」(27.6.21記)
  (27.9.1 記)

〇 司書会の会報『すてきな図書館』 論文集NO.4  
今年4月北海道公共図書館司書会の会報『すてきな図書館』論文集No4が発行されている。A4版38ページの論文集には6編の論考が掲載されている。6編の論考について、同誌の編集後記(部分)は、次のように記している。

さて今回は、余市町図書館1本と恵庭市立図書館2本の活動報告を載せることができました。余市はNHKの朝ドラ「マッサン」にまつわる活動です。一方、恵庭は「読書のまち」としての先進的な活動です。偶然ですが、日野市の図書館の活動報告もあります。(略)。
また今回は、実務上知っておく必要があるけれども面倒な著作権についての論考があり、郷土にちなんだ作家の研究論文も載せることができました。このような、論考を載せられたことに、北海道公共図書館司書会の機関誌としての意義を感じています。

本誌が道内の教育委員会を含めた図書館関係者に広く読まれ、さらにNo.5、No.6と続いていくことを願っている。
  (27.6.20 記)

〇北海道ブックシェアリングが資金を募集
    陸前高田市図書館の再建に向けた住民意識調査の資金
  
これまで陸前高田市に仮設図書館を準備し建設に尽力するなど、被災地を支援している北海道ブックシェアリング(荒井宏明代表)は、同市教委の要望を受けて図書館再建に向け、基礎資料とする住民意識調査を行うことになった。調査に要する経費総額205万円のうち調査員の移動費用(北海道−陸前高田)60万円が足りないため、その資金をクラウドファンディングサービスREADY FOR募集している。

  (参考) 北海道新聞2015年5月19日付記事;

             http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0135382.html

        クラウドファンディングサービスREADY FOR 
                   https://readyfor.jp/projects/4279
  (27.6.10 記)

〇 鳥取県の図書館費予算に学べき
財政が苦しくなって多くの自治体では、図書館の予算を減額している。しかし、これまでも必要な予算が認められてこなかった図書館が殆どである。図書館は、住民の生活に図書館が必要な施設であり、役に立つ活動をしていることをもっと訴えなければならない。
公立図書館特に県立図書館のような大きな図書館は、鳥取県の図書館費予算に学ぶべきである。
平成27年度の鳥取県の図書館費予算の特長等を次のようにまとめた。(shin)
    (参照)このホームページ「図書館の予算」、「鳥取県の27年度図書館費予算」

1億円を超える図書館資料費予算があること。(注1)
図書館運営費以外に、図書館ビジネス支援推進、くらしに役立つ図書館推進事業、子ども読書活動推進事業など豊かな図書館事業を行う予算があること。
市町村図書館と学校図書館を支援するための予算があること。
(市町村図書館職員スキルアップ研修、学校図書館職員スキルアップ研修など)
県立図書館資料を配送・回収するのに明示した予算があること。
郷土情報についても、きちんと予算があること。
(ふるさとの歴史再発見事業、郷土文学者情報の発信、「文字・活字文化の日」記念事業)
図書館システムの管理運営費は、1年に23百万円程度であること。(注2)

 (*1)現時点で図書館資料費の27年度予算額は不明である(要求額は104,887千円。26年度予算額は104,976千円であった)。 
 (*2)道立図書館の場合は、毎年度図書館システムに図書館資料費をはるかに超える経費をかけている。

  (27.3.21 記)

〇 図書カードの効用  東日本大震災から4年  
東日本大震災から4年が経った。被災地には依然復興・再開できていない図書館(図書室)がある。
被災地の図書館を支援するには、労力奉仕をする、お金を贈る、図書資料を贈るなど状況に応じた種々の方法があるのであるが、被災地図書館が何を望んでいるか・何を必要としているか知りるのも、そう簡単なことではない。
そこで、実際被災地に足を運んだ人から聞いたことであるが、図書資料が不足して困っているのであれば、こちらの気持ちを「図書カード」の形にして、それを信頼できる図書館職員に届ける(送る)のが、最もよい方法であるという。
どんな資料が不足しているか、揃えたい資料はどんなものか、向こうの図書館職員が一番知っているのだから、それが最もよい方法なのである。お金を贈る(送る)と、自治体の収入にするとか、基金に組み入れてから使うとかになったり、意図したとおりにはきちんと図書館に回っていかない、などのことが生じがちである。書店で扱っている図書カードなら、贈る方も簡単で実行しやすく、贈ってもらう被災地図書館も自由に有効に役立てられる。
  (27.3.11 記)

〇 管理運営の外部委託は図書館にはなじまない  片山善博氏  
1月17日開催された「知の地域づくりを考える in 帯広」の基調講演において、片山善博氏は、次のように述べた(27.1.28北海道新聞のシンポジウム記録「知の拠点 図書館の意義は」から抜き書き)。(27.1.31)
近年、管理運営を外部に委託する例が増えていますが、図書館にはなじまないと思います。自治体が自前で運営すれば、ノウハウは館長や職員など地元の人に蓄積される。外部委託は経営の中枢が外に持っていかれて、働く人は低賃金のワーキングプアになる。(略)。地域に図書館を整えて、ちゃんと司書を置き、地域の書店とも連携しながら、知の地域づくりの基礎として読書環境を整えていく。そのような試みが全国各地で、出てきてほしいと思います。
  (27.1.31 記、27.2.20トップページから移記)

〇 ライブラリー・オブ・ザ・イヤー 2014 
NPO法人知的資源イニシアティブ(IRI)が選ぶライブラリー・オブ・ザ・イヤー(Library of the Year )2014の優秀賞には、島根県海士町中央図書館、京都府立総合資料館、福井県鯖江市図書館「文化の館」、NPO法人情報ステーション「民間図書館」(千葉県)の4つの機関が選ばれた。さらにこの中から、大賞には京都府立総合資料館が選らばれた。
ライブラリー・オブ・ザ・イヤーは、これからの日本の公共図書館あり方を示唆する、先進的な活動を行っている機関(図書館に限らない)に対して授与する賞で、2006年に始まっている。
   NPO法人知的資源イニシアティブの発表をみる  こちら
ホームページ管理者:例の武雄市図書館は他の7つの機関とともに一次選考を通過したが、これらの中から選ばれる優秀賞にも選ばればれていない(関連記事:このページ 25.10.15「ライブラリーオブザイヤー」)。
  (27.1.30 記)

〇 北の大地が誇る活動  
わたしたちが愛してやまないこの北の大地北海道で、図書館や読書及びその周辺の活動で、他にも誇ることのできるよい活動をしている団体をあげるとしたら、次の団体をあげることができると思う。これら団体の活動の一部は、このホームページでも取り上げてきたものもあるが、図書館関係者には、改めてこれら団体のことを知ってもらいたいと思う。

  〇 ふきのとう文庫(公益財団法人、札幌市中央区北6西12)

  〇 絵本・児童文学研究センター(特定非営利活動法人、小樽市色内1丁目15−3 大同ビル4F)

  〇 北海道ブックシェアリング(札幌市中央区南8西2 市民活動プラザ星園402)

  〇 北海道子どもの本連絡会

  〇 北海道史研究協議会(札幌市北区北18西6−2−47  北海道出版企画センター内)  

  (27.1.17(阪神大震災20年の日) 記)

〇 置戸町立図書館が復活   追記あり
かって全国的にも注目される輝かしい実績をあげ、現在も小規模な町における図書館の一つのモデルとなっている置戸町の図書館施設が、再び「図書館」を名乗ることになった。
置戸町の図書館施設は、平成17年に施設を改築した祭に、その財源を財政的に有利な過疎対策事業債に求めたのであるが、当時のいわゆる過疎法では図書館は過疎対策事業債の対象にはなっていなかった。このため、改築された新しい施設は「生涯学習情報センター」となっていた。
生涯学習情報センターとなって、相当の期間が経過した。今年置戸町は開町100周年を迎える。置戸町議会は、26年12月19日、置戸町生涯学習情報センター条例の全部を改正する条例を可決し、当該施設は27年4月から「置戸町立図書館」となることが決まった。
  (参考)JLAメールマガジン第734号(27.1.7)
追記:改正後の条例は、次のように規定している。ポイントとして、@第1条において、設置目的を「図書館法第3条の奉仕の活動を行うため」と、明記していること、A第2条で、職員については、司書を置くとしていること、を挙げることができよう。

(設置)
第1条 図書館法(昭和25年法律第118号。「以下「法」という。)第10条の規定に基づき、法第3条による図書館の奉仕活動を行うため、置戸町立図書館(以下「図書館」という。)を設置する。
(名称及び位置)
第2条 図書館の名称及び位置は次のとおりとする。
 名  称   位  置
置戸町立図書館 (記載略)
(職員)
第3条 図書館に館長、司書その他必要な職員を置く。
2 必要に応じ、次長を置くことができる。

  (27.1.7 記、27.1.14 追記)

〇 道立図書館の資料費の欠落  NEW
北海道子どもの本連絡会(運営委員長市川詔子さん)は、26年10月29日、高橋はるみ北海道知事に「道立図書館に十分な資料費を配分してください」とする要望書を提出した。
要望書は最近における道立図書館の資料費について、次のように説明する。

 これまで、地域の図書館には随分とご協力をいただいてきました。しかし、図書館未設置町村ほど、書店もなく学校図書館も非常に貧しいところが多いというのが現状です。また、夕張市は全国で唯一図書館のない市という二重三重の困難の中で、民間グループが子どもたちの読書を支え、それを道立図書館が支えています。
 ですが、北海道の知の要である道図書館の資料費は年々減らされ、1996年・1997年の7300万円あまり(道民一人あたり13円)をピークに減少し続け、2004年度5256万円、2009年度から3991万円(道民一人あたり7.2円)、2012年度からは3291万円と15年前の二分の一以下になり、全国的に見ても最低水準となってしまいました。「住民に光を注ぐ交付金」で読書環境の更なる充実と向上を期待しましたが、2013年度2014年度はさらに引き下げられ3198万円。この長年にわたる資料費の欠落は、北海道の将来を担う子どもたちの知的財産を奪うことにほかならないと考えます。

  (参考)『子どもの本のひろば』第131号(北海道子どもの本連絡会)
ホームページ管理者:道教委と道立図書館は、この問題についてどう考えて、どういう取り組んでいるのであろうか。道財政が苦しいから仕方がないで済ませてはならない。ことは、北海道の将来、子どもの将来にかかわる。さらにまた、北海道図書館振興協議会のメンバーである市町村図書館・図書室、道立図書館協議会はこの問題についてどう考えて、どういう取り組んでいるのであろうか。声は聞こえてこない。
  (26.12.29 記)

〇 被災地支援で「パネル展&古書バザー」開催 北海道ブックシェアリング 
北海道ブックシェアリングは、12月8日から11日まで、札幌駅前通地下歩行空間・北4条広場で「震災からの復興 図書館はいま パネル展&古書バザー」を開催した。
会場では、被災地の図書館の現状がパネル展示されていた。 別紙の「東北3県で再建・再開に至っていない図書館・図書室」は展示されていた内容の一部である。ブックシェアリングでは、このほか、隔月発行の情報紙『ブックシェアリング』(vol.5まで既刊)において、被災地図書館の状況を伝えている。
  別紙の「東北3県で再建・再開に至っていない図書館・図書室」  こちら
  隔月発行の『ブックシェアリング』をみる  ブックシェリングのHP <http://ameblo.jp/booksharing>
    → 右枠 PDFファイル  
    (26.12.13 記)

〇 当別ライブラリーファン  ホームページを開設 
石狩市の隣町の当別町(人口約1万7千人)で、活動を続ける当別ライブラリーファン(代表堀江三千代さん)は、このほどホームページを開設した。同会は、ホームページで自身を次のように紹介している。
当別ライブラリーファンには、本がなによりも好きと思っている人や「当別に図書館がほしい」と考えているメンバーが集っています。
私たちは日頃から、布絵本づくりや本の情報交換会、周辺市町村の図書館見学、会報の発行などを行うとともに、「公共図書館」の設置を目指して、定期的な学習会や当別町役場及び議会へのねばり強い働きかけ、陳情を行っています。
   当別ライブラリーファンのホームページ  こちら
  (26.11.15 記)

〇 司書会の会報『すてきな図書館』 
今年5月北海道公共図書館司書会の会報『すてきな図書館』論文集No.3が発行されている。A4版29ページの論文集には4編の論考が掲載されている。4編の論考について、同誌の編集後記(部分)は、次のように記している。
今回は、小樽の海藤さんが勤務先の図書館での実践について、弟子屈の松橋さんは更科源蔵についての研究論文を寄稿していただきました。常連となりましたが、私(注:齋藤仁史)が竹内善作について、石狩の丹羽さんが講演の原稿に手を入れて出版に関わることについて書いています。

司書会のこのような意欲ある取組に拍手をおくりたい。本誌が道内の教育委員会を含めた図書館関係者に広く読まれ、さらにNo.4、No.5と続いていくことを願っている。
  (26.9.16 記)

〇 幕別町図書館の新しい図書館支援総合システム 
十勝管内の幕別町図書館がカラーコード(カメレオンコード)を付し、書架の棚毎にもカメレオンコードを付しておく。蔵書点検は書架から資料を1冊1冊取り出してリーダーでバーコードをなぞる方法ではなく、背表紙をカメラで一括認識する方法へ変わる。棚のカメレオンコードを読み取ると、そこにあるべき資料の一覧を文字と画像で表示できるから、日常の資料の出納も容易に誤りなくできるようになる(蔵書点検をするための閉館期間を設けなくてすむ)。
図書館の民安さんは、この新しいシステムを活用して、文脈ある棚づくりをさらに進めるなどし、蔵書管理データベースと連動するホームページの「バーチャル本棚」を本好きが集まる読書コミュニティの場にしたいとしている。
  幕別町図書館のホームページをみる こちら
        (「(バーチャル本棚」については、「幕別町WEB図書館の真骨頂 “バーチャル本棚”」 )
  (参考資料)民安園美「“3つの力を生かし、地域の情報編集センターとしての新たな幕別町図書館を創る」(『LISN(リスン』2014年7月・NO.160)
ホームページ管理者:民安園美さんは、9月4日開催される26年度北海道図書館大会第1分科会で、ホームページに関して事例発表を行う予定である。
  (26.8.20 記)

○ 海老名市立図書館とTRCなど  
神奈川県海老名市は、賀県武雄市図書館と同じように、市立図書館を改修して、館内にカフエや書店を併設しようとしている。その図書館は、本年4月から、カルチュア・コンビニエンスクラブ(CCC)と(株)図書館流通センター(TRC)の共同企業体が指定管理者になり、館長にはTRC会長の谷一文子氏が就いている。
ハフィントンポストは、4月1日谷一文子氏に対するインタビュー記事を掲載している(記事投稿者は『つながる図書館』の著者猪谷千香氏)。
  ハフィントンポストの当該記事を読む こちら

ホームページ管理者:これまで本ホームページには海老名市立図書館の動きは記事にしてこなかった。本記事はいわゆる武雄市図書館問題に関係した動きを紹介する意味を含めて掲載する。公立図書館を武雄市図書館のようにすることには、反対である。谷一文子会長は、インタビューに色々答えているが、氏の答えからタイトルにある「理想の図書館」は見えてこない。
  (26.5.17 記)

〇 ふきのとう文庫へ行ってみよう 
前にもこのホームページでとり上げたが、札幌市中央区に移転新築した公益財団法人ふきのとう文庫は、2月23日新しい子ども図書館を開館した。場所は中央区北6条西12丁目8−3、JR札幌駅から西へ900メートル、植物園の少し北西の位置にある。子ども図書館の開館している時間は、日曜日から水曜日までの週4日、10時から15時までである(木、金、土曜日は休館)。
すばらしい活動をしてきた、ふきのとう文庫のさらなる発展を期待したい。図書館関係者にあっては、是非一度、行きやすくなった子ども図書館に足を運んでみてほしいと思う。
   ふきのとう文庫のホームページをみる  こちら
  (26.4.1 記)

〇 市長座談会「住民が集い楽しむ、新しい公立図書館の姿」
全国市長会などが発行する月刊誌『市政』(2013年9月号)に、市長座談会「住民が集い楽しむ、新しい公立図書館の姿」が掲載されている。鈴木白河市長(福島県)、松崎浦安市長(千葉県)、野村萩市長(山口県)、平安(ひらやす)小郡(おごおり)市長(福岡県)の4人の市長が、それぞれの図書館が提供する新しい図書館サービスについて、取組の経過や内容、具体的な仕組みづくりと効果などを語っている。司会・コーディネーターは中央大学教授細野助博氏。
  
小郡市立図書館は、一度指定管理者制度を導入したものの後で直営に戻した図書館である。この座談会の「直営か、業務委託か? 図書館の事業実施体制」で、平安小郡市長は、次のように述べている。
平安市長:平成18年度から20年度まで指定管理者制度を導入したことにより、全体で3500万円の経費節減を実現できましたが、その一方で、迅速な意志決定が難しいという課題も浮き彫りになりました。そこで、あえて平成21年度から直営に戻す決断をしました。/これにより、子育て支援、高齢者施策、男女共同参加、環境問題、食育など、市役所のさまざまな施策と機動的に連携した取り組みができるようになりました。直営移行の大きな成果だと思います。

   この座談会の記事は、全国市長会のホームページで読むことができる こちら
  また、この座談会の記事は発行者の了解を得て、小郡市立図書館のホームページに掲載されている。
     小郡市立図書館のホームページ   こちら ( 図書館関連記事 掲載一覧 から )
       
ホームページ管理者:公立図書館に関して、全国市長会が4人の市長によるこのような座談会を企画し、内容を公表したことに敬意を表したい。4市長はそれぞれ示唆に富む発言をしている。なお、小郡市立図書館の直営移行に関しては、永井和則氏の論考「指定管理者から移行した図書館長の図書館運営私論」(『図書館雑誌』2011年7月)が参考になる。
   (26.1.17 記、26.1.18 修正)
 


〇 ライブラリーオブザイヤー 
NPO法人知的資源イニシアティブ(IRI)が選ぶライブラリーオブザイヤーの今年の優秀賞に次の4機関が選ばれた。
  ・伊那市立図書館 ・千代田区日比谷図書文化館 ・長崎市立図書館 ・まち塾@まちライブラリー 
10月下旬に開催される第15回図書館総合展(横浜市)において、この4機関の中から大賞が選ばれる。
ライブラリーオブザイヤ−2013や、優秀賞の選考経過(評価された理由)は、IRIのホームページに説明されている。
    ライブラリーオブザイヤーについてみる こちら集い
ホームページ管理者:今盛んにマスコミを賑わしている武雄市図書館は選ばれていない。当然である。ライブラリーオブザイヤーは、公共図書館については今後の公立図書館のあり方を示唆する先進的な活動を行っている図書館を選ぶものだが、来年度以降においても、武雄市図書館が選ばれないことを願っている。
追記:ライブラリーオブザイヤー2013の大賞には、伊那市立図書館が選ばれた。
  (25.10.15 記、25.10.7 追記)

〇 北海道図書館大会に市町村図書館協議会委員の参加を 
今年の北海道図書館大会は、9月5日と6日、札幌市の北海学園大学を会場にして開催される。既に開催要項が決められ、市町村図書館・公民館、教育委員会、学校図書館、大学図書館等に通知がいっていることと思う。参加申込み期限は8月20日(火)である。
ところで数月前のこと、あるまちの図書館協議会委員をしている人と話していて、驚いたことがある。その人は、「北海道図書館大会のことで、いままで図書館から連絡を受けたことがない」というのである。これではいけない。
開催要項をよくみてもらいたい。「8参加者」に、「公共図書館・公民館・大学図書館・(略)等関係機関の職員」の次に、「図書館協議会委員」が明記されている。これにはもちろん市町村図書館協議会委員が含まれる。
これには、ちゃんとした理由がある。市町村図書館振興協議会は、この北海道図書館大会の主催者の一つ北海道図書館振興協議会の会員であり、北海道図書館振興協議会は、その事業として、各市町村図書館協議会等との連絡提携を行うととされている(北海道図書館振興協議会会則第6条、第5条)。
図書館はその図書館協議会委員に北海道図書館大会について、連絡をしなければならない。
今年の図書館大会では、ノーベル化学賞を受賞した鈴木章氏(北海道大学名誉教授)の記念講演がある。多くの図書館協議会委員の参加を期待したい。
  今年の北海道図書館大会開催要項をみる  こちら
  (25.7.31 記)

〇 『北の図書館』第20号 
古書店博信堂(小樽)のブログで、冊子『北の図書館』第20号(25.3.30発行)がとり上げられた。
  博信堂(小樽)のブログを読む  こちら 
      (5月8日古書市へ行ってきた他 3つ目の記事)
  (25.7.1 記)

〇 司書会の会報『すてきな図書館』発行される 
北海道公共図書館司書会の会報『すてきな図書館』論文集No.2が、5月20日司書会今年度第1回研修会にあわせて発行された。司書による5編の論考が掲載されている。なかで司書会調査部(齋藤仁史)による「「司書の専門性アンケート」の結果と分析」は、道内公共図書館の司書45人から得た回答の結果とその分析で、興味深い内容である。
また、昨年発行された論文集No.1には6編の論考が掲載されている。そのなかには、一昨年亡くなった菅原峻さんが2009年5月の司書会研修会で講師を務めたときに、司書会会長の丹羽秀人さんに託した講演原稿「わたしたちの希望はどこにあるか−図書館王国への道」が掲載されている。丹羽さんは「この原稿にある精神を伝え、実践しなければならないと思います」と述べる。
 (25.6.13 記)

〇 一時代を画して、『Do−Re』が終刊 
道立図書館のレファレンス通信『Do−Re』は、この3月30日発行の通巻第50号が最終号となった。
『Do−Re』は平成12年10月以来年3〜4回、道立図書館からの情報発信と、市町村図書館レファレンス担当者との相互理解、コミュニケーションの場として、ニュースレター形式で発行さて、道立図書館が実施するレファレンス体験研修などと相俟って、図書館職員のレファレンスへの関心を高め、技術・能力の向上に大きな役割を果たしてきた。まったく道立図書館ならではの、道立図書館が行うにふさわしい事業であったと思う。
終刊の事情は50号「最終号にあたって」に詳しい。レファレンスを取り巻く環境の変化もあるのであろうが、おそらく予算や、職員の体制(平成23年6月の組織改正で、参考調査課が利用サービス課に吸収された)の問題もあるのであろう。
終刊によって、道立図書館と市町村図書館の職員が文章を書き、発表する場が一つ(それもほとんど唯一の場)がなくなったことの意味は決して小さくはない。
  発行された『Do−Re』は道立図書館のホームページに掲載されている  こちら
  (25.4.17記、25.4.19修正)

〇 移動図書館車を特集  『あけぼのつうしん』   
北海道立図書館の市町村立図書館等活動支援誌『あけぼのつうしん』第42号(24年11月27日発行)は、移動図書館車を特集している。自動車文庫、ブックモビルなどとも呼ばれる移動図書館車は、24年4月現在、道内の65市町村(20市、45町村)で運行されている。光交付金を利用するなどして、車両を更新した市町村も多いらしい。特集は22年度以降に車両を更新した愛別町、旭川市、厚岸町、えりも町、大空町、栗山町、釧路市、標茶町、根室市の移動図書館車を紹介し、また8月18日上川管内4市町が協力して愛別町で開催した「図書バスフェスタ」の模様を伝えている。
   『あけぼのつうしん』第42号  こちら  
ホームページ管理者:地域で大きな役割を果たしている移動図書館車であるが、図書館の世界でも普段取り上げられることが少ない。今回の特集に拍手を送る。
  (25.2.17記、25.2.18修正)

○ 移転のための募金活動はじまる ふきのとう文庫 
札幌市中央区への移転を計画している、ふきのとう文庫(ふきのとう子ども図書館)では、移転資金を得るために募金活動をはじめている。
同文庫では、移転募金趣旨書を同文庫のホームページに掲載して、募金を募っている。
  移転募金趣意書をみる  こちら
(参考)ふきのとう文庫の移転について:本ホームページ「トッピクス」の次の記事

○新築する文庫の基本構想を公開  ふきのとう文庫  
公益財団法人ふきのとう文庫は札幌市中央区への移転を計画しているが、このほど新築する文庫の建物の配置・間取り・面積・外構えを含めた基本構想を公開した。工事は第1期から第3期までに分けて行い、遅くても今年度末までに実施設計を終えて、来年春には、第1期工事を発注・着工する計画である。第1期工事では、およそ 330uの子ども図書館本体(事務室、作業室を含む。)の工事を予定している。移転する場所は、中央区北6条西12丁目である。また、移転資金を獲得するためやむを得ず売りに出していた現在の土地建物(西区平和)については、買い手がつき売買契約が成立している。移転建物の開館日は、来年11月27日を予定している。
同文庫では、不足する移転資金を得るために募金活動を行うことを計画し、そのための準備をすすめている。
  (参考)『ふきのとう文庫だより』NO.97(24.6.10)
       ふきのとう文庫のホームページ  こちら              (24.10.16 記)

  (25.1.15 記) 



   これより前の記事    こちら