みんなの明日を拓く図書館を!
     北の大地に図書館を!

北の図書館   KITANOTOSHOKAN  ホームページ管理者:shin   since 05.5.5

   
利用している@niftyのホームページサーバーの変更がありました。これにうまく対応できなかったため、9月からホームページの更新ができませんでした。ようやく復旧しましたので、これから前と同じように発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
新しいURLは、 
http://kitanotosyokan.no.coocan.jp/  です。(28.11.10記  shin)

JLAの新しい指定管理者制度についての見解の徹底を
日本図書館協会(JLA)は、9月30日「公立図書館の指定管理者制度について−2016」を決定し、10月1日ホームページに発表した。いわゆる「ツタヤ図書館」問題など、公立図書館をめぐる新たな状況を踏まえた見解で、JLA会員から要望が出され、常任理事会、代議員総会などで何度も取れ上げられてきた問題である。それがようやくまとめられ、示された。画期的な見解である。
ところで、発表されて2月経つが、この新しい見解は都道府県と市町村、その教育委員会、そして公立図書館に周知徹底されたのであろうか。
知る限りでは、JLAのメールマガジン第818号(28.10.5)に記事が掲載され、『図書館雑誌』2016年11月号に全文と概要版が掲載されただけである。このようなことで、新しい見解が徹底されるとは思えない。(28.11.30 記)

                                                                           
       What’s New ?              
ニュース トップランナー方式の適用を見送り  総務相 28.12.2
指定管理者 「図書館は直営でなければならない」  山本昭和氏主張 28.11.27
ニュース トップランナー方式に反対  JLA  国に要望書を提出 28.11.24
指定管理者 「タブーをつくらず、民営化について議論を」  田井郁久雄氏主張 28.11.21
指定管理者 「公立図書館の指定管理者制度について−2016」 JLAが見解を発表 28.11.18
ニュース 「学校司書の資格・養成等に関する作業部会」の動き 28.8.27

                                        最終更新日 28.12.2     更新履歴   

                 
冊子『北の図書館』の発行主旨については、創刊号の「創刊のことば」をご覧ください。   編集後記(創刊号〜第20号) こちら    

第20号(平成25年3月)   
図書館日記
大切に続けた25年とこれからの希望の一歩
ユネスコ公共図書館宣言とこれからの図書館 −図書館情報学課程10期生を送り出してー
小図書館に必要な職員とその数(1) −図書館発展期の研究成果を辿ってー
雪のオロフレ山を見ながら
専門職から図書館のプロへ


第19号(平成24年10月)    

沖縄の図書館・図書館事情−基地問題との関りから
この人に聞く −北海道学校図書館協会の活動−
認定司書への道、認定司書からの道−私の学び体験
閉架書庫をめぐって
北海道の学校図書館について(3)

第18号(平成24年2月)
            
 
菅原峻先生の思い出
図書館は成長を続ける・・・ 〜記念事業を通して思ったこと〜
本が好き、地域が好き、そして何より人が好き
電子書籍への危惧 −図書館、そして社会は−
北海道の学校図書館について(2)

第17号(平成23年8月) (部分)         
アナログとデジタルの素描
指定管理者導入問題を考える
私にとっての学びとは
北海道の学校図書館について(1)

第16号(平成23年1月)   
図書館職員は誰のため? 何のため? 何をする?    
インターネットの普及と情報サービス  −問われる専門職員の力量− 
この人に聞く −北海道子どもの本連絡会の活動
電子書籍ウォーズと図書館
図書館職員への手紙  サービス、サービスと言うけれど… (3)

第15号(平成22年7月)  
アメリカ図書館協会と「図書館文化」
この人に聞く  −日赤道支部点字図書センターの活動−
最近の道内図書館情勢に思うこと
『イキイキ “道南” −道南の社会教育実践集−』を発行して
道立図書館への指定管理者導入問題について −北の図書館5人の会メンバーの意見−        
図書館職員への手紙  サービス、サービスと言うけれど・・・(2)

第14号(平成22年1月) 
ちまちま小樽文壇史
図書館の司書が遠い?
札幌市の地区センター図書室について
地域に本物の図書館を願って
図書館員みんなが元気になるために −「ひとり」からの脱却−
図書館職員への手紙  サービス、サービスと言うけれど・・・(1)


第13号(平成21年7月) 
公共図書館にとっての文献提供機能の相対性
「私たちの図書館宣言」の採択と要請行動 −図書館友の会全国連絡会総会に出席して
レファレンスサービスの姿勢について
「置戸町立図書館」は今どうしているのか(2)
l私論札幌市の図書館(3)

第12号(平成20年11月)   
図書館というもの
ナショナル・ミニマムとしての図書館
すべての子どもに本の喜びを! −ふきのとう文庫の活動−
厚岸情報館のスタッフ日記とレファレンスの森本さん −情報館の「いさな」です。−
「置戸町立図書館」は今どうしているのか(1)
私論札幌市の図書館(2)

第11号(平成20年6月) 
子どもの笑顔に会いたくて -苫小牧の学校図書館と学校図書館ボランティア−
高校図書館で図書館の可能性を実践する (3)飛び出す図書館(企画実践)
道内学校図書館の状況について(2) −自治体の施策や予算から見て−
「読んで笑って、ここへ来るのが楽しいの」 −浦河町立図書館の高齢者サービス−
私論札幌市の図書館(1)


      創刊号から 第10号まで      ここから (休止しています)