チャチャニレ

〇 田井論考を読みましたか  NEW
あなたは、田井論考を読みましたか。雑誌『世界』2015年12月号に掲載された田井郁久雄氏の論考「虚像の民営化「ツタヤ図書館」」のことです。公立図書館の館長を含めた職員の中で、この論考をまだ読んでいない人がいたら、見識を疑ってしまいます。それくらい、この論考は公立図書館のあり方やその運営について考えるとき、重要な論考です。
図書館職員のみなさん、雑誌『世界』は大抵の図書館にあるでしょう。「書架にあるから、いつでも読める」とは考えずに、どうかコピーを取って、身近に置いて、徹底的に読み込んでください。職員同士で勉強してください。教育委員会の関係職員にも紹介してください。
そして、自治体の理事者、職員、議員さんの中に「ツタヤ図書館をモデルにしてはどうか」という人がいたり、これから先現れたら、この田井論考をもって説明し、反論してください。公立図書館の振興を願っている者のこころからのお願いです。(shin)
  (28.3.3 記、28.3.26 修正)

〇 道新と「ツタヤ図書館」  
北海道新聞12月1日夕刊のコラム「今日の話題」は、「ツタヤ図書館」だった。
コラムは、10月に改装開館した神奈川県海老名市中央図書館を訪ねた印象を次のように書く。
「吹き抜けの明るい開放的な空間。図書館蔵書の棚の隣に、販売用の書籍が並ぶ。併設の喫茶店からはコーヒーの香り。カップ片手の閲覧もできる。しゃれたブックカフエ、という印象だ。」
そして、いわゆるツタヤ図書館(武雄市や海老名市のような図書館を指す)について、「これまで図書館を支えてきた層には、どうも評判が悪い。従来の分類法との違いや、郷土資料が冷遇されたことが批判を招いた。年中無休ゆえ十分な資料管理ができないとの指摘もある。」と述べる。次いで、一部出版社や作家が、図書館が人気の新刊を購入するから、新刊の売り上げに影響していると、図書館を批判していることに触れる。
文は、「図書館も出版社もツタヤも活字文化の担い手だ。」と述べ、武雄市図書館が来館者を大きく伸ばしていることに触れた後、「道内の図書館で長所だけ生かせないものか。」と、述べて終わる。
字数が限られる短い文のコラムだから、意を尽くせないこともあろう。しかし、いわゆるツタヤ図書館の問題は、コラムに述べられたものだけではない。公立図書館の中で大きな部分を占めて書店やカフエが営業していること、市がその営業を許可していること、それが問題なのである。ツタヤ図書館に図書館としての長所など殆どない。
多くの道民が読み、大きな影響力を持つ北海道新聞がこのようなコラムを掲載するとは・・・情けない。
  (27.12.9)

〇 道立図書館の前庭
道立図書館の前庭です。こちら
  (27.4.18 記、27.6.9 トップページから移記)

〇 完全無人図書館? それは図書館ではない  
神奈川県秦野市の本町公民館の図書室では、2月から入退室から貸出し・返却までの過程を完全に機械化した、無人貸出しサービスの実証実験を始めた。昼間の完全無人化は全国初の試みであるという。
設備投資にかかった費用は、図書館振興財団が2千万円を助成し、残り1千5百万円を図書館流通センターが負担したという。
ところで、これは図書室の話である。「公立図書館」の話ではない。
図書資料の貸出し業務だけが図書館の業務ではない。
昼間の開館している時間に勤務する職員がまったくいない図書館を、図書館法の公立図書館に含めてはならない。これを神奈川新聞は、「完全無人図書館」の見出しを付して報じている。うけを狙ったおかしな報道に、騙されてはいけない。
   神奈川新聞 27.2.3 「完全無人図書館、秦野市で全国初の実証実験スタート」  こちら
  (27.2.20 記)

〇 今年の北日本図書館大会はどうなるか NEW
今年の北日本図書館大会は、6月に北海道で北海道図書館大会と兼ねて開催されるという。北日本図書館大会は、東北6県と北海道が持ち回りで開催しており、今年は平成20年以来7年ぶりに北海道で開催されるという訳である。
ところで、7年前札幌市で開催された同大会は、内容において物足りない点が多かった。
1つは、東北・北海道の図書館大会であるのに、事例発表やコーディネターなどに東北6県からの参加が一つもなく、東北6県の図書館等について、状況を知り学ぶ機会が仕組まれていなかったことである。
2つ目は、分科会と全体会の持ち方と、全体会の時間配分がまずかったことである。第1日目に3つの分科会が1時間45分開催されたのであるが、そのうち第1分科会では「図書館利用アイディア集」について「ポスターセッション」形式で行い6事例が発表された。第2日目は2時間の予定で全体会が持たれたのであるが、分科会報告において、第1分科会報告は5事例の発表者(1人は都合がつかず参加せず)がそれぞれ登壇して発表したため、報告だけで相当に長い時間がかかってしまい、参加者から質問する時間や、テーマを絞りこんで全体で討論(意見交換)する時間が殆ど持てなかったことである。多くの事例を紹介し、関心ある人に聞いてもらうという点で、ポスターセッションは効果的・効率的であろうが、このような形でポスターセッションを取り入れたことに問題があったと思う。
図書館関係の大会や集会で、事例発表等の後に、質疑・意見交換の時間が予定されていても、実際には発表時間が長くなって、質疑・意見交換の時間が持てなくなってしまうことが、よくある。ほかの北海道図書館大会でもあったことである。これでは参加者は満足しない。事例発表者は、予定の時間を厳守して発表しなければならない。時間は参加した人みんなの時間であるから、これを勝手に潰してはならないのである。
今年の北日本図書館大会はどのように企画され、実行されるであろうか。注目している。
  (27.2.6 記)

○ 今年も出ています  TRCのおかしな広報 
文部科学省は、今年度も子どもの読書活動実践図書館・学校図書館・団体(個人)大臣表彰を行ったが、(株)図書館流通センター(TRC)は指定管理者となって運営している青森県三沢市立図書館が文部科学大臣の表彰を受けたと、ホームページで発表し、広報している。表彰を受けたのは、三沢市立図書館である。運営を受託して業務を行っているに過ぎないTRCが(自分が表彰されたわけではではないのに)、何故手柄にして、ホームページで発表・広報するのか。全くおかしな会社である。
   (株)図書館流通センター(TRC)の関係ホームページをみる こちら
  (26.5.19 記) 
 

〇 ある企業の倫理  
ある企業というのは、(株)図書館流通センターである。今年度(平成25年度)も文部科学大臣は、子どもの読書活動実践図書館・学校図書館・団体(個人)表彰を行ったが、(株)図書館流通センターは指定管理者等として自治体から運営を受託している4つの図書館が文部科学大臣の表彰を受けたと、ホームページで発表し、広報している。
表彰を受けたのは、あくまで図書館である。自治体から運営を受託して業務を行っているに過ぎないのに(自分が表彰を受けたのではないのに)、何故手柄のようにして、外に発表するのであろうか。
  (株)図書館流通センターの関係ホームページをみる  こちら
企業というものは、何故こんなことまでするのか。
  (25.8.28 記)

〇 何時の間にパブリックコメントを   
平成25年度からはじまる「北海道子ども読書活動推進計画」について、道教委は原案を作成して、道民意見を募集したという。その結果が道教委のホームページに公表されている。
寄せられた道民意見はわずか1人、3団体からの延べ6件であったという(前回の時は、63人、4団体からの延べ97件)。道民意見の募集は、12月14日から1月17日までの間に行われたのであるが、この道民意見の募集について、道教委はどのようにして道民に知らせたのであろうか。子どもの読書に関して一番関心を持っている道教委生涯学習課が管理する「北海道子ども読書活動推進のホームページ」に掲載されたことはない。道教委のホームページのトップページ「新着情報」で取り上げられたこともない。道立図書館のホームページでも取り上げていない。知事部局の行政改革課で管理する「道民意見提出手続(パブリックコメント)」のホームページに掲載されただけである。
  (25.3.16 記)