専門職から図書館のプロへ  

                            鈴 木 浩 一

 

「図書館は成長する有機体である」

この言葉を知ったのは、大学の図書館学の講義である。

成長? 有機体? 正直、意味がよくわからなかった。しかし、最近、この言葉が本当に身にしみてわかるようになった気がする。

図書館は社会のニーズに合せて変化するということ。そして、その中心がやはり有機体である人(司書と利用者)であること。


いま、社会情勢の変化として、枕詞のように言われる財政難、少子高齢化、国際化、雇用形態の変化、地方分権等々、そして、情報化社会、インターネットを中心とした技術の急速な進歩。しかし、図書館はこの変化に対応しているだろうか。

帯広市図書館の吉田館長はある雑誌で、相変わらず図書館が「ミステリー」とか「春です旅行に行きませんか」等の資料展示をやっていて、住民の信頼を得られるのだろうかと、疑問を投げかけている。

 

「情報化社会」を字引(新明解国語辞典(第2版))で引くと、「情報内容を的確にとらえ利用するものが社会的に優位を占め、そうでないものが他におくれをとるしくみの社会」とある。自己判断・自己責任型社会といわれるなか、必要な情報を誰でも無料で入手できる。これこそが図書館の役割であろう。

平成18年に提言された「これからの図書館像」(以下「提言」という。)は、まさにこれからの図書館の在り方について書いてある。「これからの社会において、図書館が地域や住民にどのように貢献できるのか(中略)今日の図書館が、特に取り組まなければならない新たな課題について、取組の視点や具体的な展開方策をとりまとめ、提言を行うこととしました。」とある。
 もちろん、多くの司書は、この提言を読んでいると思う。提言は「図書館ではいま改革が始まっています」から始まっている。しかし、その内容を検討して、改革を行っているだろうか。

しかし、改革が進んでいる図書館はまだ少なく、改革が一部にとどまっている図書館も少なくありません。」とも言っており、改革を進め、「地域を支える情報拠点」、「地域や住民に役立つ図書館」となることを提言している。もちろん、貸出しが否定されているわけではない、貸出しはサービスの基本である。しかし、社会のニーズが変化しているのである。

 

いま、道内のまちの図書館でも、貸出しを中心としたサービスから、調べものをしたり、必要な情報を提供する役に立つ図書館、暮らしに役に立つ図書館に取り組んでいるところが増えてきている。

北広島市図書館は、「まち・人・図書館」として、地域に密着し、ビジネス支援等課題解決型図書館をいち早く打ち出している。

帯広市図書館では、2階のフロアーを調べもののフロアーとしたほか、ホームページで食文化.com、ビジネス.com、パスファインダー等様々な発信を行っている。

2011年に市役所庁舎2階に移転した滝川市立図書館は、市役所の様々な情報が入手できる「行政情報コーナー」を設置し、また、各部署と連携して、様々なまちの課題をテーマとした「資料展示」をしている。商工会議所や商店と協働して、市内商店街の情報やイベント情報を発信する「まちなか情報コーナー」を設置し、市内大学とも連携して事業を行うなど、新しい形の運営を進めている。
 そして、これらの取組を進めているのは、人(有機体)なのである。

 市立富良野図書館では、前館長が「常に図書館業務の見直しを」をスローガンに、「誰のため?何のため?期待する効果は?誰がする?を常に考え行動」、「説明できない仕事は整理」、「行動しながら新たな発見を」を運営の中心にすえ、行政や市民に発信し、図書館の改革を進めた。

 

司書は、専門職である。そのまちで、図書館の機能を一番知っており、まちの資料や情報や読書活動を一番知っている専門職である。

提言では、図書館で働く人々へとして「図書館が、住民の読書を支援するだけでなく、地域の課題解決に必要な資料を提供し、住民の生活上の問題解決に必要な情報を提供する役割を担う施設であることをしっかり認識してください。(中略)皆さんも意識改革を図ることが必要です。」と書かれている。
 司馬遼太郎の『坂の上の雲』に、「諸君は昨日の専門家であるかもしれん。しかし明日の専門家ではない」という言葉がある。「それはできません」、「時間がかかる」、専門家の知識に寄りかかった硬直した思考を言っている。

 「資料費が少ない」、「人が足りない」、「行政の理解がない」と御題目のように言っている司書がいる。資料が少ないのは行政の責任とでもいうように。ひたすら勉強し、評論しているだけで、現状を変えようとはしないのである。そういう司書を、「図書館勉強同好会」と私は言っている。アマチュアなのである。

 

司書の専門性の高いと思われるレファレンスは、これからの図書館にとって最も大切な業務のひとつである。

 図書館研修でも、レファレンスは児童サービスと並んで人気が高い。出された例題を資料を使ってどのように回答するか、道立図書館で実施しているレファレンス体験研修でも、技術研修が中心である。司書が技術をみがくのは当たり前である。

 しかし、レファレンスサービスを振り返った時、どれだけの住民がレファレンスサービスを知り、利用し、役立っているのか検証したことがあるだろうか。決して多くないレファレンスの件数、多くは待ちのレファレンスである。いま、しなければならないのは、まちの課題をは握し、積極的にレファレンスを発信し、まちの課題解決に役立つことである。司書には、そのための戦略、計画が求められているはずである。

 いま、図書館のキーワードは、「地域と連携」である。北方資料室では、今年度、専門研修等で、地域資料の収集・発信を呼び掛けた。さらに、地域資料をキーワードにMLA連携によるデジタルアーカイブの構築を目指すため、意欲のある司書数人と企画し、2月に研修会を開催した。参加者は市町村、大学、専門図書館、文書館、開拓記念館、博物館、林業試験場等からの約30名で、デジタルアーカイブによる連携に向けての講義を受け、課題等を話し合った。

全国でも先駆けて、地域資料の電子書籍の配信を始めた講師の秋田県立図書館の山崎副館長は、新しい事業の試みには、問題や課題がある。しかし、課題を検討してからでは、それだけで終わってしまう。まず、走りながら考えようと。また、県立図書館の新規事業は、単独ではなく、すべて外部との連携が前提であり、それが図書館を活性化する、と話した。
 以前『北の図書館』で、「書を捨てよ、まちにでよう」という拙文を書いたことがある。

資格があって専門知識があるのが司書ではない、司書の仕事をするのが司書なのだ。司書は図書館のプロである。プロは結果がすべて。評論家ではないのである。
 
  取り組むべきテーマはたくさんある。それは図書館のなかだけでは、何もできない。
  いま、まちで何が起きて、何をしようとしているのかをつかみ、図書館としてのミッションを考え、計画し行動すること。そして、結果が求められている。
 平成21年度に北海道で開催された文部科学省の「地区別研修」で、東京学芸大学の山口源治郎教授は「図書館は人間の生存基盤の回復に役立つか」、日本図書館協会の常世田氏は「司書は好きな仕事だけをしてはいけない。社会のニーズに対応するためにマネジメント能力を」と訴えた。

 図書館は成長する有機体、成長するための図書館のミッションは何ですか。そして来年度は何をしますか。

 

(すずき こういち:北海道立図書館)