雪のオロフレ山を見ながら                            

   
                             綿 貫   亨

 


登別へ

平成23年の2月に登別の図書館長になった。生まれてこの方埼玉と東京でしか生活したことのない私にとっては、冬の北海道そして登別での生活は新鮮な驚きに満ちたものだった。厳冬期の1月に埼玉からJRのコンテナ2つで運ばれてきた私の荷物は完全に凍りついており洗濯機は数日間使用できなかった。雪道での運転は恐怖のあまりハンドルにしがみついた。それでも登別の自然、特に図書館の3階から見える雪を頂いたオロフレ山は本当に気高く美しかった。

図書館司書に

私は教員の家に生まれ、本好きの兄弟と百科事典や文学全集など大量の蔵書に囲まれて育った。図書館との出会いも身近にあった。家のすぐ近くに県立図書館があり、小学生の頃から暇さえあればそこで読書や勉強をし、友人たちと遊んだ。大人になると神保町の書店巡りが好きだった。

埼玉県の某市役所に入り、希望して図書館員になった。ちょうど図書館情報システムが導入される時で、私は先輩に「いい時に入ったね」と言われた。配属された私は、一日中、排架と書架整理をさせられた。カウンター業務に就けず不満だったが、館内のすべての書架整理を終えたとき、私はこの図書館の蔵書構成や資料の場所を完全に把握していた。専門職である司書はそうやって育てるのだということを知った。また利用者は資料について聞くときカウンターにはあまり行かないということも。利用者が一番尋ねる相手は書架整理や排架している職員なのである。後日、ある図書館員研修で講師が同じことを述べていたが、私は体験からそれを学んでいた。「良い図書館とはフロアーに人がいる図書館である」と。

20年近い図書館勤務でほぼすべての業務を担当した。今思うと良い図書館に恵まれたと思う。障がい者への宅配やBMの運転から始め、参考調査・地域資料・児童奉仕・視聴覚資料・予算管理・ホームページの開設や図書館システムまで。好きだったのは地域資料の書誌作成だった。図書館には視聴覚ライブラリーが併設されており兼務した。県の視聴覚教育指導者の資格を取得し、16ミリフィルム映写機操作講習会の講師などを担当した。また県の図書館協会の参考調査部門の専門委員に就き、県内の図書館員のレファレンス研修の企画運営などを担当した。

40歳を過ぎたころ転機が訪れた。いくつかの要因が重なり心身ともに疲れ、図書館への興味も失ってしまった。一度しかない人生をリセットしようと決心した。そして市役所を退職した。無職になって自分の歩みを振り返った。これから何をしてどう生きていくか。そんな折、県の教育委員会連合会から感謝状が届いた。その頃から「自分の天職はやはり図書館員だ。もう一度図書館で働きたい」と願うようになった。そして東京都の某市の図書館の嘱託職員になった。

ある日、日本図書館協会のホームページで登別市が図書館長を募集している記事を目にした。条件もクリアしている。私の中で何かに火が付いた。浦安の故竹内紀吉氏や愛知川の渡部幹雄氏が脳裏に浮かんだ。彼らは公募などで40代で館長になり日本の図書館に確かな足跡を残した。私もそうなりたい。「図書館を拠点にしたまちづくり」という小論文を一気に書き上げた。

私は憧れの北の大地にやってきた。

登別の図書館

冬の寒さ同様、登別の図書館も驚きに満ちていた。限られた予算と人員、今時バリアフリー化もされていない施設…。

しかし初めて登別図書館を訪れたときに感じた「なかなか良い図書館だな」という私の印象は間違っていなかった。職員たちの頑張りと「無いものねだりをしても仕方ない。今あるものでできるだけのことをやっていこう」という姿勢をすぐに察した。独創的な取り組みや工夫もあり、こちらが教わったことも数知れない。

登別は館長を一般公募するような市だから図書館への市民運動が盛んだ。私の心情は市民運動側と同じなのだが、市の職員という立場もあり、間に入って慎重な言動をしなければならない。浦安の故竹内元館長は市民運動側に「私は皆さんの味方です」と発言したが、この思い切りのよさと強さはどこから来たのだろうか?

着任した翌日、私はBMに乗った。職員から「今までBMに乗った館長はいなかった」と言われた。しんしんと降りしきる雪の中を利用者が次々とやって来た。これには驚いた。私は嬉しくなってしまった。私のいた埼玉の図書館のBMは雨だと巡回中止だった。

「凄いところに来た」と思った。「よしやってやるぞ」と決意が湧き上がってきた。やりがいのある仕事を与えてくれた登別市に心から感謝した。この感謝の気持ちはいつまでも決して忘れないように肝に銘じている。

図書館長として

私は市の正規職員と嘱託職員の両方を経験してきた全国でも数少ない館長だろう。

東京の某市では臨時職員で頑張っている青年がいた。「正職員の司書として図書館で働きたいがほとんど募集が無い」という彼の嘆きと不安定な待遇への苦しみに同情した。かつて正職員であった自分がいかに恵まれていたか知らなすぎた。

非正規職員の力なしには図書館運営など成り立たない。しかしその雇用形態はあまりにも不安定である。専門職として十分なスキルが積め、正職員への門が開かれている雇用環境を築きたい。非正規職員の待遇を改善したい。それはサービスの向上にも繋がり利用者の利益にもなるのだ。

私は登別をその先進事例の市にしたい。

「組織を変えるのは、よそ者・若者・変り者」とよくいわれる。ならばそれは「よそ者」の私の仕事ではないか。

北海道の図書館

北海道の図書館について感じたことを述べたい。資料費の問題についてはここでは触れない。

最大の問題は人の問題だと思う。

1つは職員のマンパワーに余力がないこと。このためボランティアの助力が必須となる。一方で彼らの意欲や能力・善意を上手に取り込めば図書館を活性化できる。ボランティアは非常に高いハードルを設定してくる。これに応えるには、常にこちらから理想像や新しい施策を提示し続けていくほかない。

2つめは職員の研修体制である。北海道の図書館事情をまだすべて知らないのに述べるのは、はなはだ僭越だが、職員研修が首都圏のように充実していない。実施回数も研修時間も少なすぎる。北海道はやはり広大である。胆振だけで東京都より広い。交通費も高く旅費の確保にも苦労する。また最小限の職員で運営しているため容易に研修に人を送り出せない。これは本当に難しい問題だ。なにか良い方法はないものだろうか。


「豊かな時間を図書館で」

登別に赴任するにあたりかつての先輩から「最初の一年はなにもするな」と言われていた。しかし結果的にほとんどの事柄で大きな変更を行った。それは大きな変革期に就任したためだった。

登別の利用統計を分析すると埼玉や東京とは傾向がかなり違うことがわかる。文芸書の利用がとても多い。こうした地域の実情をきちんと把握し対応することが渡部幹雄氏の言う「オーダーメイドな図書館」なのだろう。権威的でなく一方通行でなく、地域に密着したきめ細かなサービスをしていくことで地域の人々の読書環境に貢献していこうと思う。

「豊かな時間を図書館で」。私の好きな言葉である。図書館のホームページにも表示した。図書館に求めるものは人それぞれ異なるから「豊かな時間」も各人によって違うだろう。

忙しい現代において図書館は、静かにひとりになれる貴重な空間である。サービスをしないこともサービスである。また図書館は失業者などの居場所にもなっており、社会の保健室のような存在でもある。忘れてはいけない図書館の一面だ。

これまで注意書きや行政ポスターだらけの図書館を数多く見てきた。私はこれが嫌だった。これらを極力排除し、寛げる居心地の良い空間をつくっていきたい。


「図書館のまち・登別」に

浦安の故竹内元館長は「あらゆることに手をつけてみる」と書いている。図書館はやればやるだけ仕事が見つかる。

今、私には手がけたいプランが山ほどある。臆せず手を広げていきたい。

登別の財政状況では素晴らしい新築の図書館は望めない。ならば、素晴らしい運営をする図書館をつくる。 

私は登別を浦安のように「図書館のまち・登別」にしたい。

「新しい公共」を図書館から築きたい。新たな人の繋がりの「場」として、図書館には未知の可能性があると感じる。

図書館は利用者である市民によって成長する。だから図書館の有益性や存在価値そして必要性を市民に認知させる取り組みが絶対に必要である。認知度が上がれば市民から企画が持ち込まれ双方性が生まれる。これは登別で実際に経験してきた。この2年間に図書館に持ち込まれた市民からの事業企画は10件近くにのぼる。

登別には数多くのボランティアや図書館を求めて地道な活動をする人々がいる。図書館を積極的に支えてくれる市民の存在がある。

私はこの図書館の館長になったことを誇りに思う。  

 


(わたぬき とおる:登別市立図書館)