ユネスコ公共図書館宣言とこれからの図書館像 

−図書館情報学課程10期生を送り出して−

                           下 田 尊 久

 


ユネスコ公共図書館宣言をゆっくりとかみしめながら読んでみると私達(図書館にかかわる全て人=ステークホルダー)に与えられた使命は、尊く、力強く、また魅力に満ちたものであると感じられないだろうか。

この宣言を今一度読んでいただきたい。この宣言文だけ読んでいただければ以下の駄文は読み飛ばしていただいて構わない。

 

図書館の役割を考える

これからの図書館像を二つの役割で考えた。図書館、博物館、文書館などが扱う資料は言うまでもなく記録された情報である。日本の図書館法では図書館で扱うこれらの情報を「図書館資料」(図書館法第3条第1号)と定義する。この資料を保存し提供するシステムとして図書館サービスがあり、活用する場に学校教育現場や公民館を含めた地域の生涯学習施設などがある。図書館の役割は、こうした生涯学習施設と協働で如何に効果的に資料の保存・提供をするかが原点になると考えている。

さらに重要なのは、私達の生きる社会を支える情報の砦としての役割である。敗戦後GHQのもとで全国の主要都市に作られたCIE図書館は米国型民主主義の実現の場であり、今日の公共図書館のモデルともなった。そこに示される使命は、住民が公平な知識を持って主体的に社会に参加して世界平和に貢献できるように、地域の住民が等しく情報を得られる環境を創り出すことなのだと考えている。3.11の大震災後、私達がみた政治や行政の有り様から、改めて図書館の役割の重要性を強く感じ、これを原点としたい。

 

司書養成でめざそうとしていること

藤女子大学の司書養成教育がスタートしたのは2001年である。教員免許以外の資格が欲しいという大学経営側の受験生確保の戦略と、読書が好きな学生の多い女子大特有のニーズが合致して、図書館情報学課程が実現した。私は開設と同時に担当教員となり、課程とともに13年目に入った。当時の私は図書館と関わって20年足らず、無論その知識だけでは十分ではなく、多くの図書館の方々の協力や学内の運営委員の支えがあって課程も私もここまで成長出来たと実感している。受講生は、二つのキャンパスの6学科全てから集まる。授業は土曜日に集中し、1学年60名前後の学生が3年間、北16条キャンパスに通う。うち2割が図書館をめざして就職活動を続け、その半数が何らかの形で図書館に職を得ている。この3月には10回目の修了生55名を送り出した。

私の司書養成の基盤は3つの私立大学の実務経験に負うところが大きい。その経験が現在の司書養成の源であり、振り返ると図書館の環境の変化を感じる。文献複写申込が郵送からオンラインに、文献検索の代行サービスが利用者の直接利用に、目録はカードからWeb OPACに変わった。図書館における業務の電算化はインターネットの活用へと進化した。北海学園大学図書館学課程の野口迪子先生のもとで初めて担当させていただいた科目は「情報管理」であった。当時は、コンピュータやネットワークの仕組みを教えることが重要だった。こうした変遷を体験できたことで良い教材を持ったが、変化の著しい今日ではこれらを伝えることの意義は何かを問い直すことも多い。

藤女子大学図書館情報学課程では、受講生自ら図書館の存在意義を見出すことを重視している。地域が元気になるために図書館は何が出来るか?図書館情報学を学ぶ我々は何が出来るか?などをテーマに一緒に考えている。司書は人と情報を結ぶ「人」であり、司書となる資格は読書好きな学生のためだけにあるのではないこと、人のために働くコミュニケーション能力が重要であることを伝え、幅広い視野を持って図書館を考えて欲しいと願っている。

 

Webから見える情報と図書館

課程の1期生が在学中に「図書館は書物を集める保存庫でよい。これからの司書はインターネットやコンピュータ技術の能力を身につけて新しい情報サービスをすることが求められる」と主張した。図書館における司書の存在意義を失いたくはないが、未来について確かなものを共有出来ない混沌があった。図書館を取り巻く情報環境は進化を続けている。Webは英語のクモの巣を意味する単語に由来し、インターネットによるWeb情報基盤は、文字通りクモの巣のように地球上に糸をはっている。出現から4半世紀、Web上の情報源は私達の生活に、教育研究の現場に、さらにビジネスにおいて当たり前に様々なツールと情報を提供している。

また、通信技術の進化で、アクセス環境は多様化し、まさに情報を「携帯」して日々を過ごす人の割合が高くなっている。携帯端末上で読書も可能である。図書館は、この社会のインフラの変化を意識せざるを得ない。図書館にとってWeb環境は、単に私達と書物の橋渡しをする情報源へのアクセス手段、情報収集の道具なのか。OPACを例にとると、書庫を効果的に機能させるだけではなくなっている。ポータルサイトやマイページなど知識を管理する手段とのリンクなど進化を続けている。国も情報基盤として、国民が見ていることを前提に、様々な政策や提言などの情報をWeb発信している。

図書館は書物の保存庫といった役割分担ではその存在理由を説明することは出来ないことは明らかである。社会が電子化するなかで、図書館が、読書環境をつくり、読書のための資料を用意することは何につながっているのかを自ら問いかけている。

 

図書館法がめざす図書館  

1950年に制定された図書館法は図書館の役割を公共図書館に限定して規定しているため、その専門的職員としての「司書」についても同様に限定された枠組みの中でしか捉えることが出来ていないと感じられる。日本国憲法や教育基本法が持っている高邁な理念を前提としたものであるにも拘わらず、その精神がこの法律だけを見ていては判りにくいからだろう。

この「図書館法」をもう一度原点に立ち返って見ることで、半世紀経った今も、そこに示された図書館像を実現しきれていないことに気づく。さらにこの法律が示す図書館の実現は決して半世紀前の古い図書館像を創出することではないことに気づかされるのである。

21世紀に向けて、JLAの「Lプラン21」や政策としての「これからの図書館像」など新しい図書館像が打ち出された。そして図書館法制定50年を経て、ようやく「望ましい基準」が定められた。私はこれらを図書館法に魂を入れるものだと考えている。上からの押しつけであることよりも、これら期待される図書館像が示されているにも拘わらず実現しないのは図書館側に問題があるとステークホルダーに捉えられることのほうが不安である。道内にもこうした政策や提言をいち早く取り入れ、図書館の発展を政策課題として掲げている自治体があり、ここから学ぶことも多い。成長する有機体であるはずの図書館に閉塞感を与えているのは、むしろ図書館側(研究者や司書養成現場も含めて)の問題ではないかと感じることもある。授業のなかでも「これからの図書館像」を繰り返し用いて、一人ひとりが自らの力で図書館像を理解することを求めている。

 

ユネスコ公共図書館宣言のめざすもの

この宣言はIFLAの協力で作成されたユネスコの公共図書館像(マニフェスト)である。世界の一部に極度の貧困を生み出している政治や経済の仕組みのなかで、教育も読書の機会も与えられない子どもたちを救い、若者が明確な使命感を持って武器を手にする現実を止めることが出来るのは、他国から持ち込まれた正義ではなく、全ての人々がその地域で等しく読み書きをする環境を持つことだと思う。だからこそ、図書館を戦争のない平和な世界を創り出すために機能させなければならないと思う。

昨年末の総選挙の結果でも同じ思いがする。投票日翌日の授業で、投票に行ったか質問用紙で尋ねたところ出席44名のうち半数が棄権、しかし大半の回答者が結果には疑問を感じていた。投票率は報道とほぼ合致したが、棄権がもたらした望まない結果はあまりにも明白であった。宣言文を借りれば、人間にとっての基本的価値である社会と個人の自由、繁栄および発展は、十分に情報を得ている市民が、その民主的権利を行使し、社会において積極的な役割を果たす能力にかかっている。我々が十分な教育が受けられ、知識、思想、文化および情報に自由かつ無制限に接し得ることが、建設的に参加して民主主義を発展させることにつながる。そのための読書であり、そのための情報判断力の養いであることをあらためて再認識したい。

(別記)ユネスコ公共図書館宣言(199411月採択) 序文

社会と個人の自由、繁栄および発展は人間にとっての基本的価値である。このことは、十分に情報を得ている市民が、その民主的権利を行使し、社会において積極的な役割を果たす能力によって、はじめて達成される。建設的に参加して民主主義を発展させることは、十分な教育が受けられ、知識、思想、文化および情報に自由かつ無制限に接し得ることにかかっている。

地域において知識を得る窓口である公共図書館は、個人および社会集団の生涯学習、独自の意思決定および文化的発展のための基本的条件を提供する。

この宣言は、公共図書館が教育、文化、情報の活力であり、男女の心の中に平和と精神的な幸福を育成するための必須の機関である、というユネスコの信念を表明するものである。

したがって、ユネスコは国および地方の政府が公共図書館の発展を支援し、かつ積極的に関与することを奨励する。

 

(しもだ たかひさ:藤女子大学)