大切に続けた25年とこれからの希望の一歩  

                          堀 江 三 千 代

 


19871218日、待ちに待った「当別こども図書館」が11人のお母さんスタッフの手で始まりました。その日は子どもたちも冬休みが始まるときで、お昼から大勢の子どもたちを迎えることができました。一人3冊の本を貸出しすると、本棚がスカスカになりはしないか、と老婆心ながらその日を迎えたのです。

私たちは3年間の「子どもの成長と絵本」という講座を終えて、その年の夏から図書館の開館準備を始めました。

 

場所は私の実家の離れ。そこに置く本棚には使い古しの食器棚を持ち込み改造し、幼い子ども用に絵本の表紙が見えるような本棚をお父さんたちが作り、絵本や本の表紙にビニールカバーを貼ったり、本の登録をしたり、館内の飾りつけをしたり、それらがすべて楽しい作業になりました。

分類表記は公立図書館で使う分類番号などは使わないで、書棚の上に「はじめてよむ赤ちゃんの絵本」、「むかしばなし」、「のりもの」、「かがくのほん」など、誰でもが「ここにはどんな本が置いてあるのか」わかるような言葉で表しました。シール類は一切使用せず、ハンコもなるべく最小限に留めました。表記の字が読めなくても、絵本の表紙を見ればそれらがどんな絵本の集まりかがわかるようになっていました。

したがって、絵本の置き方もなるべく表紙が見えるようにしました。字が読めない幼い子でも表紙の絵を見て、絵本を選ぶことができます。この行為は自分で選ぶということを楽しく身につけることができます。絵本は絵があるからそのお話が生きてくるのだと思います。ですから、絵を大切に考えて、またその絵を逆に利用して殺風景な館内を素敵な絵本の世界につくり変えたのです。

 

今、図書館の日誌を省みていると、私たちは色々なことに気づき、書きとめ、解決してきました。

たとえば、「門のところにいて、入っていいものかどうなのか、とウロウロしている子どもを見かけたら、すぐに声をかけましょう。」とか「おもしろい本が読みたいという子どもの話はしっかりと聞いてあげましょう。」とか「希望の本を書いておいて、後日検討しましょう。」とか、子どもや本について沢山のことに気を配っていたことがわかります。

 

開館当初は午前11時〜午後330分までの活動でした。そして、そのころは「おたのしみ会」は月に一度、工作をしたり、伝統行事に合わせて折り紙を折ったり、絵を描いたりしました。「としょかんだより」も発行しました。

 

さて、私たちはなぜこの当別こども図書館を始めたのでしょうか。それは当別には公立図書館がなかったからです。

もちろん、当別町にはその頃、暗い狭い図書室はありました。書棚の本を見ると、それらは雑誌や破れて手に取るのもはばかられる本ばかりでした。どんなに大目にみても楽しくない図書室でした。こんなところに子どもたちが喜んで来るでしょうか。子どもたちにはもっと楽しい本の世界を手渡したいと思った母親がいても当然だったと思います。

 

一方、活動する私たちにも責任があります。当別こども図書館で子どもたちに手渡す本はしっかりした良い本でなくてはいけなかったのです。

 では、その「良い本」とは何でしょう。それは、出版されて30年、50年、100年も読み継がれている本たちです。

『ピーターラビットのおはなし』(ビアトリクス・ポター作・絵、いしいももこ訳、福音館書店)の本はもう100年も読み継がれている絵本です。でも、今読んでも少しも古く感じないのはどうしてでしょう。それらの内容が普遍的な価値観を備えているからです。選んできたのは子どもたちです。

皆さんも書店を覗いてみてください。息の長い絵本・本の内容は大人が読んでも決して幼稚ではないのです。子どもの気持ちに寄り添って、真摯に一人の人間として子どもに向き合って語られています。

それが絵本だったら、絵も重要になります。子どもだからと言って、手抜きをしていいと言う大人がいるならば、それは大間違いです。子どもの本であれば尚のこと、そこに物語の内容と整合性があり、緻密さを備えて欲しいものです。

 

開館日には本を返却・貸出しの手続きをしたり、本を読んだり、大きなテーブルで絵を描いたり、宿題のノートを開いたり、友だちと遊んだり、おはなし会や当館で企画したイベントに参加します。ここは異学年同士の交流により子どもたちにとって楽しい場所になっています。ある子どもはこう言いました「ここは家の次に落ち着くところだ」と。嬉しい言葉です。

 

最近は携帯を持って、時間に追われているような子ども、勉強が忙しくなって親から「本を借りてきては駄目」と言われた子どもがいます。まるで『モモ』(ミヒャエル・エンデ作、大島かおり訳、岩波書店)の中の時間どろぼうに追われているような子どもたちが多くなりました。

 

それはまた、読書傾向にも影響します。書棚だけを眺めて、手に取らない高学年の子どもたち。声をかけて、どんな本を読みたいのか、どんな本だったら読んで楽しいのか、と訊ねてもなかなか自分の思うことを話せない子どもたちが多くいます。しまいに、「怖いお話」または「泣きたくなる悲しいお話」を読みたいと言います。当館に常連でくる子どもたちにはそうした子は見当たりませんが、突然フラッと来館した子どもたちにはそんな傾向が見られます。もちろん、私たちはなるべく「その子どもの心のよりどころ」になる本を見つけてあげたいと考えて一緒に探します。

 

さらに、最近は私たちが「質を大切に」と考えているその「質」の考え方・捉え方が変わってきました。特に子育てをしているお母さん、お父さんが「長く読み継がれてきた本」たちを必要としなくなっていると感じています。次から次に出版される新刊に目がうつるようです。質ではなくて、新しいかどうか、なのです。

もう一つにはテレビ・ビデオ・映画があり、本の情報をそれらの視覚メディアを通して安易に得る・知ることができるようになりました。それが読書へのきっかけになるのならば、嬉しいのです。けれども、読書という行為をする大人も子どもも少なくなってきているように思います。本を読むという行為をしなくても、流れる映像を見ているだけで何となく分かった気がします。しかし、こういうことは物語の世界を深くは体験できません。流れている映像でどれだけ深いところで楽しめるのか、私には疑問です。

忙しく流されている生活を送っている子どもたちが立ち止まって何かを確かめたり、思いに耽ったりすることが困難になった今日だからこそ、私たちは「文字」による本の世界を手渡したいと考えるのです。

 

また、私は5年前から当別小学校で「語り」をしています。それはたいてい1015分の「朝読書」の時間帯で、子どもたちに「お話を語る」のです。お話を覚えて、つまり物語をしっかり私の中で消化して、子どもたちに直接顔を見ながら語りかけるのです。本は読みません。私のイメージが子どもたちの心に届いたとき、子どもたちの顔にその証が現れます。お話が子どもたちに伝わると、子どもたちの態度も顔つきもみるみる変わってきます。耳からのお話は子どもたちの創造力を養います。「想像や創造」は人間にしかできない行為だと思います。私は絵本や本を自分で読むこともとても大事だと思いますが、語りから得る想像力や創造力を大切に育てたいと願って、「語り」を続けています。

 

私は当別こども図書館を25年間続けてきましたが、この313日に閉館します。ここでもう少し違った方向で「子どもの読書」を応援したいと考えたからです。そして、一歩前進するためにはきっと多くの「子どもの未来を大切に思う」大人や「読書好き」の人たちに支えてもらわなければならないと思っています。これからも私の夢はまだまだ続きそうです。 

(平成2533日記)

 

(ほりえ みちよ:当別こども図書館)