図書館日記 

                               吉 田 真 弓

 


7月19

愛媛県I市の市議会議員2名の視察の日。視察テーマは「一緒につくる図書館」。

振り返ればこのテーマで随分多くの視察を受け入れさせていただいた。

帯広市図書館は平成10年に、新図書館建設担当職員が配置され、それから8年の議論を経て、ようやく開館した図書館である。開館まで建設場所を巡って紆余曲折があり、市民を長く待たせてしまったにもかかわらず、市民公募債は23億円も集まった。そんな説明をしつつ、その他に、遺言で「図書購入費に」と1,000万円を2人の方から。また、弱視や高齢者の方の図書充実にと3,000万円など、総額で1億円になる図書資料整備の寄附があったことなどを説明すると、ほとんどの視察者は驚きの声を上げる。

 これらの図書購入に対する寄附金は、開館して7年経過した現在も、毎年平均200万円前後を複数の団体や個人から頂戴し、「帯広市図書館図書整備基金に積み立て計画的に取り崩して図書購入に充てている」と、さらに言葉を重ねる。そして、100人近いボランティアが6つの分野に分かれて活動をし、図書館職員を陰から支えてくれている。と、話を締めくくる。

帯広市図書館は、「市民と一緒につくる」がコンセプトである。地元新聞記者のフットワークの良さもあってメディアへの露出度は高い。

寄附の多さは、その露出度と関連するだろう。事業の多さが、報道の多さとも繋がる。「また、出ていましたね〜」と言っていただけるほど、市民の目に留まれば、何かあった時に図書館を思い出していただける。

職員が流す汗は、決して無駄にはならない。

 

721

 平成20年度に続いて2度目となる写真を使った回想法を行った。回想法という言葉は、市民に耳なじみがない。そのことに気づかないまま、この言葉をメインにチラシを作った担当者が、参加予約の少ないことに気を揉んでいたので、実施前日にNHKに勤務する友人に連絡をした。事業内容を詳しく説明すると、直ちに取材チームがやってきた。大きな事件や事故がなかったことも幸いして、お昼と夕方のニュースの中で周知があって、当日は60名弱の参加となった。

 昭和30年代の帯広の写真を見ながら、コーディネーター役のボランティアと、会場の参加者の会話が弾んだ。コーディネーターの事前調査が丁寧で、参加者の発言誘導も上手かった。終了後のアンケートには、次回を期待する声も書かれており、一安心した事業であった。

折角の良い企画でも、PRの仕方や準備不足で失敗する事業もある。また、長く図書館に働く私たちは、安易に図書館の人達にしかわからない言葉を使うことがある。伝えるのは市民であること。そのためにどんな工夫をすべきなのか…。

常に市民目線!!。忙しいことを言い訳に、手間を惜しんではならない。

 

726

 講談社おはなしキャラバンの訪問日である。新しい図書館になってから3度目の訪問。過去2回は図書館の前庭で実施していたが、今年は書店とも連携して会場を大きな公園のそばに建物がある「百年記念館(博物館)」の前庭で実施することにした。

 平成20年度から社会教育施設の図書館、百年記念館(博物館)児童会館(科学館)、動物園が連携して、お互いの資料や職員の研究内容などを活用しながら事業を行っている。このキャラバンカーの事業を、その一環に位置づけた。連携の輪を大きくし、それぞれが当事者意識を持ってPRに務めることにより、集客が期待できるのだ。

 当日は快晴。木陰に敷いたブルーシートには延べ200名近い親子が集まった。

 普段図書館に来ている子ども達とはまた違った顔ぶれであったように思う。会場設営は皆で協力して実施した。図書館単独で行うより、職員の負担は少ない。図書館実習に来ていた短大生の2人も事業の手伝いに加わってもらった。会場整理、受付、子ども達の安全の見守り。図書館内だけの実習より楽しかったようだが、疲れた日になったようだ。それぞれの施設職員が、自分たちの施設を簡単に紹介し、書店も店のPRをした。動物園の職員は、この日のために作成した動物園でのマナーについて紙芝居を披露。概ね1時間半、子ども達の笑顔が途切れない日だった。

館種の異なる施設が連携すると、図書館職員だけで行う内容とはまた違った視点の事業となる。

 図書館職員は外に出て交流することも大事。ネットワークはフットワークの良さからも生まれる。

 

4館連携チームの中から、次回は児童会館の前庭でとの要望があった。主会場となる職員が意欲的に事業を企画し、参加者を楽しませてくれるなら、連携した職場にとっても新たな発見が生まれるだろう。

出会いによって学ぶことはたくさんある。

 

83

 第5回中城ふみ子賞贈呈式、記念講演会、祝賀会。実行委員会形式のこの事業は、裏方に徹する担当者が、実行委員が動きやすいようにお膳立てしなければならず忙しい。

 市民を巻き込んだ実行委員会形式より、職員だけで事業を行ったほうが、仕事の合間を見て打ち合わせもできるし、何より気心が知れているからチャッチャと動けて早い。それはこれまでの4回の経験で知っている。 

 だがそれでは職員は育たない。

何かと多忙の実行委員長の予定を確認し、一つ一つ相談しながら進める事業は、漏れがあってはならないため気疲れもするし、手間もかかる。前回の第4回の折、それまで逐一厳しい指摘をしていた実行委員長が、祝賀会の締めの挨拶で、20代の担当女性職員に労りの言葉をかけてくれた。彼女は皆の前で大粒の涙をこぼした。負けん気の強い女性だったから、相当辛かったのだろう。だが市民と協働で事業を進めることは、事業の理解者を外部に増やすことである。一人の実行委員の周りには家族も友人もいること考えると、職員だけで行うより遥かに行政効果は高い。

成功した時の市民の笑顔は、職員だけのそれより格段に大きな喜びをくれる。だから、そのために細心の注意が必要だ。

 第5回目は、前日の綿密な打ち合せも終え、準備万端。当日の講師を空港で待つだけ…という段になって、講師が予定の飛行機に乗り遅れ、空港に出迎えに行った私や、市内の会場で講師の接待を受け持っていた係長がバタバタ…。結局、賞の贈呈式の最中に会場入りすることとあいなり、一安心。

事業は全てが終るまで気を抜けない。油断は禁物…。

 

821

 連日の真夏日の中、九州から県議会議員12名の視察があった。視察テーマは「一緒につくる図書館と雑誌スポンサー制度」

 テーマの設定から、市民協働について知りたいのだろうと判断した。今年6月から開始した雑誌スポンサー制度は実施にあたって、図書館HPへスポンサー募集の掲載をし、さらに地元新聞でも比較的大きな記事になった。その結果2か月で36誌にスポンサーがつき、凡そ30万円が逐次刊行物購入費から浮くこととなった。その予算で新たに雑誌を購入したほか、かねてから望んでいた琉球新報、中国新聞、中日新聞を購入。まだ一部カバーしきれていない県があるものの、ブロック紙でほぼ全国を網羅できるようになった。雑誌スポンサー制度は単に歳入を上げることが目的ではなく、市民サービスの拡大を目的としている事を説明。

 7月の愛媛県I市同様、図書館への寄附や事業に協力する市民の多さに感心の声がしきりと上がった。

 だが、帯広とて、ある日突然寄附が来るようになったわけではない。そうなるよう、足を運び、礼を尽くしてくれていた先輩職員達の地道な活動があってのことだ。市民協働と誰でもたやすく口にする。だが、どの事業一つとっても、形が整うまでには時間がかかる。即効性を期待する一部の行政職員には理解できないことだろう。今日の仕事の成果が出てくるのは3年後、5年後、10年後のこと。何もしなくても利用者は来てくれる。そのことに甘えていてはいけない。何も変わらないようでいて、世の中は変化している。昨日と同じ仕事の繰り返しをしていてはならない。そのことを肝に銘じていて欲しいと職員には伝えている。

 視察の議員たちは解ってくれただろうか。

 

826日 

3回「図書館まつり」。主催はこの図書館を支えてくれている「帯広図書館友の会」。新館開館の4年前に、図書館からの呼びかけに応じて、新館で活動をするために準備していてくれたボランティア組織である。設立後、友の会から言われたのは「行政はサービスの根幹をきちんと担って欲しい。そのかわりに自分達は、市民にとって使い勝手が良い図書館であるよう<隙間家具>の役割を担う」という一点である。守らねばならない約束だ。

 850分から、三々五々集まり出した会員は、手作りの布製品の販売、会員が持ち寄った古本の販売、お話会、工作、手品、製本講習、子ども図書館員対応、対面朗読、展示、製作披露などなど、夫々の持ち場に分かれて準備を開始した。

 950分。市長が奥様と顔を出されて、開館を待つ列に並んでいる。初孫にプレゼントするために布の絵本を買いたいのだという。会員たちの嬉しそうな笑顔がいい。

 2回目までは、会員の中に「図書館まつり」を行うことを負担に感じていた人達もいたと聞いた。売り上げが向上したこともあって、今年は笑顔が多い。広報担当者はその日のうちに会報を作成。彼女たちのチームワークが益々強くなっていく。

 終始裏方を務めていた図書館職員達は、表示・掲示の事前PRから当日のテント張り、荷物運びと、走り回っていた。きっとくたくたになっただろう。

 「皆さんのおかげで、私たちまで楽しんでまつりをすることができました」翌日、友の会会員からお礼の言葉が寄せられた。お互いを思う職員と市民と、だからまた来年も楽しい事業ができる。

午後630分からは「昭和なつかしレコード祭り」

やや自己中で暴走気味だが、気のいい古道具屋のおじさんの、自分で集めたレコードを使ってのコンサート。回想法、音楽編。

4か月前に帯広生まれの作曲家、万城目正のレコードコンサートを図書館で開催したいと相談がもちかけられた。ただ古いレコードを聴くだけの事業にはしたくない、というこちらの考えを説明し理解してもらった。話の行きがかり上、館長の私が当日のコーディネートをすることで準備を進める。市の広報、新聞へのPRは職員に任せた。

「旅の夜風」から始まって5曲。その曲が流れた当時の帯広の様子がわかる写真をスクリーンに投影、レコード製作にまつわる話をしながら進行した。続く第2部は帯広とかかわりのある曲を3曲披露。最後は会場からのリクエスト6曲。日曜の夜なのに50人を超えるお客さんが参加。おそらく皆さん60代以上であろう。

古道具屋のおじさんの親衛隊らしき70代のボランティアさん4人が、受付と蓄音機のセットを手伝ってくれた。レコードにあわせ、小声でうたう人、涙を拭う人。参加者に昭和20年代の自分の思い出を語ってもらいながらの1時間半は、あっという間に過ぎた。

 後片付けしている間も、飾られた古いレコードを見ている人。参加者同士で思い出話をする人があって、なかなか散会にはならない。寄せられたアンケートには開催時間を日中にして第2弾、3弾を希望する声があった。

 だが、この事業は失敗だった。図書館の所蔵資料を会場に展示しなければ、図書館で開催することの意味はないだろう。図書館は単にイベントだけを行う場になってはならないと思う。その事業を通じて図書館活動を理解してもらい、資料に興味を持ってもらえるよう仕掛けなければ…。レコードやその時代に関係する新聞・雑誌・本・ビデオ、何でもあったはずなのに…。

 この事は私自身の失敗として職員に説明した。

 回想法は事業としてやりがいがある。だが、方法を間違うと、図書館で行うことの意味を見失う。

反省!!

 

830

 医療健康情報担当嘱託2名の企画による「認知症サポーター養成講座」を行う。高齢者福祉課との連携により、市内の高齢者施設で働く職員を講師とした、認知症理解のための講座である。

 第1回の昨年は認知症の家族を抱えているとおぼしき人達の参加が多かったが、今回は認知症について学びたいと願う人達の参加が多く、少し専門的な話にもしっかりついてきてくれたよう。市内の公共施設でも講座を開催しているにもかかわらず、募集開始まもなく35人の定員をオーバーした。

 終了後、闘病記に絡んだ講座も実施してみたいのですが…と担当者から相談があった。平成22年度に医療健康情報コーナーを作り、本を並べ、パンフレットを置き、新聞のスクラップを置いた。担当しているのは2人の司書嘱託。   2人は他の課が主催する健康講座に参加し、病院で看護師さんに会い、保健師さんから学びどんなコーナーづくりにするかを自分達で積極的に勉強をしていた。

それまで図書館に置いていたパスファインダーを工夫してブックリストも作っていたようで、講演会用にブックリストを作って欲しいと言われたと嬉しそうに報告にきた。

仕事は人がする。人を知ること。人と知り合うことも大切。いい仕事をしている職員の表情は輝いて見える。2月に癌コーディネーターの講演が決まった。

 

9月は、お客様から提案のあった飛び入り講演会が二つ。

一つは時折館長室を訪れ、雑談していく方のひょんな呟きから生まれた、各地で自作の詩の朗読とかたりをしている詩人里みち子さんの講演会。もう一つは、息子のいる帯広に行くので、同行する友達の講演を宜しければ…とわざわざお申出いただいた、児童文学作家の岩崎京子さんの講演会。いずれの方も、来帯していたとしても、伝のない私たちが知る由もない。そんな方たちの講演会を「あっそうだ、図書館で…」と声をかけてくれる気持ちが嬉しい。予算はゼロ。せめてPRだけはきちんとしようと、決算資料作成最中の職員は忙しかった。だが、お金は出せないが、せめて感謝の気持ちを伝えたいという私の気持ちを汲んでくれている職員達だ。

翌日、十勝平野を一望できるレストランに里みち子さんと、紹介してくれた知人を案内して食事をした。またの約束をいただいた。

 事業が事業を呼んでくれる。

 

図書館は情報と人が出会う「場」。来館した一人一人が図書館で刺激を受け、発見し、創造してくれれば、やがては自治体の活性化に繋がるだろう。

 図書館は手抜きをしても来館者があるところ。だが、懇ろなサービスをしようと思えばそれなりに毎日忙しい。でも楽しい。クレーマーも居る。言われなき苦情もある。だが、それに倍してあの人の、あの子の、この子の、この人達の笑顔がある。

 

図書館員が夢見るサービスが、全て実現できるわけではない。予算に代表される様々な制約の中、知恵を絞り、汗を流し、上司に食い下がり、そんな日々の繰り返しであっという間に一年が過ぎる。

でも頑張った日の積み重ねは、何年経ってもきっと市民は覚えていてくれる。そう信じたい。

だからこそ、「ああそうだ! 図書館に…」それでいいではないか。と、思っている。

 

(よしだ まゆみ:帯広市図書館)