閉架書庫をめぐって

                              松 野 晃 久

 


閉架ツアー、歓声を聞きながら

 先日、上川エリアの高校の図書委員の皆さんに、旭川市中央図書館の閉架書庫を案内する機会がありました。本好きの高校生が思いがけない膨大な本のストックに眼を丸くするのを見るのは、案内役にとって楽しい瞬間です。お気に入りの作家の本を見つけて微笑む学生、古い新聞に興奮を隠せない引率の先生。お約束で電動集密書架を動かしてみせると無邪気な歓声が上がります。「閉架最高!」「ここに寝泊まりしたい」そんな感嘆の声を聞きながら、素直に喜べない自分を感じることがあります。このままここに本を貯め込んでいっていいのだろうかという疑念が、いつの間にか胸に巣くっているのです。

 旭川市中央図書館には34階に閉架書庫があります。近年4階に集密書架が増設されたことにより収容力がアップしました。現在、ざっと40万冊の資料が収められています。このボリュームはしかし諸刃の剣です。下手をすれば「巨大なデッドストック」になってしまう危険をはらんでいるのですから。

 

 大型書店の登場

 ここで最近の旭川の読書環境に目を向けてみると、目立つのは大型書店の進出です。平成229月にコーチャンフォー旭川店が、平成236月にジュンク堂旭川店がそれぞれオープンしました。ここ2年のうちにカラーの異なる大型書店が二つオープンしたことになります。いっぽうで地元・旭川冨貴堂の大型店舗「冨貴堂MEGA」は平成231月で閉店を余儀なくされました。

 旭川市図書館はどうでしょうか。貸出実績は平成21年度をピークに緩やかに減少に転じています。大型書店が理由の全てでもないでしょうが、少なからず影響はあると考えるのが自然だと思われます。

 土日に大型書店を訪ねると、多くの人が熱心に本を選んでいます。平積み台には話題の新刊がスポットに照らされ華やかに表紙を並べています。この雰囲気に慣れたお客様から見れば、図書館の新刊棚が地味に映ったとしても無理からぬことでしょう。

 また、本には所有することで初めて味わえる自由や楽しみがあります。学生時代、先生から再三言われたのは「本は無理してでも買え」ということでした。これという本に出会ったらどんどん書き込みをしながら読め。本がボロボロになればなるほど、その本は自分のものになるというわけです。逆に、焦がれていた一冊や、惚れ惚れするような美しい本を手に入れたら、すぐには読まずに心ゆくまで表紙を眺め暮らすという楽しみ方もあると思います。これらは図書館から借りてきた本では味わえないものです。

 書店と図書館とはそもそも存在理由や目的が違い、同じ土俵で比較してもあまり意味がないということは理解しています。ですが同じ本を扱う場には違いありません。多くのお客様は存在理由など意識せず、便利なほう、魅力的なほうをその時々の判断で選んで足を運んでいるのだと思います。

 私たち図書館員も、図書館だけに閉じこもることなく、街をよく見渡して、社会との関わりのなかで、自分たちの強みと弱みを時々見つめ直すことが大切だという気がしています。そうして自分なりに考えをめぐらせたとき、閉架書庫の存在が一つのヒントのように思えてきたのです。

 

 図書館の強みとは?

 図書館の強みとはどんなことでしょうか。一利用者として挙げるなら、例えば次のようなことに思い当たります。

1 無料である(やはりこれは大きい)

2 立ち読み座り読みを遠慮なく楽しめる

3 本の保管スペースや処分の手間を省くことができる

4 予約やリクエスト制度を活用すれば、多様な資料にアクセスできる(古い本や少部数の本にもアクセスできる可能性がある)

5 資料探しの相談ができる

生活者にとって1〜3は外せない要素です。4と5は自分が図書館員だからわかることかも知れません。そして6番目として、「地域の情報を過去に遡って調べることができる」という点も追加しておきたいと思います。現にこの原稿を書くにあたって、新聞のデータベースや過去の統計が役立っています。

 

 良質な資料のストックが図書館を支える

 最新の情報はインターネットで迅速に手に入ります。さらにスマートフォンやタブレットPCの普及により場所を選ばず調べものが可能になりました。基本的に紙ベースの資料を扱う図書館は、スピードでは勝負になりません。ですが、丹念に編集された体系的な知識を提供したり、過去の情報や資料をタイムマシン的に提供したりすることにかけては依然として優位性を保っていると思われます。ここで力になるのは何と言っても良質な資料のストックです。開架式か閉架式かは決定的問題ではありませんが、ある程度の量のストックがあれば収容力の点で閉架式を併用するのが合理的でしょう。一番の表舞台である開架を新鮮に保つ上でも有効です。

 

 あるべき本はいつもある

 この「良質」というところが重要であり、同時に難しい部分かも知れません。たくさん貯め込んでいくだけでは「良質」とはほど遠いものになってしまいます。受入(選書、リクエスト購入、寄贈受入)から始まり、その後の管理から除籍に至るまで、一貫した考え方のもとに細心かつ大胆にコントロールし続けることが必要ではないでしょうか。そこにこそ司書の専門職としての自覚と、知識と、柔軟性が求められるのだと思います。さらに言えば、個人の能力に依存したやりかたではきっと行き詰まりますから、組織的に、計画的に取り組み続けることが肝要だろうと思います。

 「品揃えはいつも新鮮だけれど、あるべき本はいつもある※」というシンプルな言葉が気に入っています。よしもとばばな氏がすぐれた書店をイメージして書いた言葉ですが、図書館だってこうありたいものです。ため息をつきながらも、明るいイメージを想い描いて結びとします。

    ※松浦弥太郎著『最低で最高の本屋』(集英社文庫版)解説より

 

 

(まつの あきひさ:旭川市中央図書館)