認定司書への道、認定司書からの道−私の学び体験

                           斎 藤 仁 史    

               


1.10年過ぎたら

同じ仕事を10年以上続けていると、マンネリ化したりしませんか。仕事に慣れたからこそ生ずる疑問はありませんか。そんな折に私は、日本図書館協会(以下「日図協」)主催の中堅職員ステップアップ研修を受けました。2006年から中堅職員ステップアップ研修(1)と(2)をそれぞれ2年かけ、計4年で修了しました。日図協のこの研修は、仕事の合間を縫うようにして受講できるので私にとっては好都合でした。もちろん、他の職員に交代勤務のお願いもしましたけれど。

そのステップアップ研修(1)は講義がほとんどです。日程をやりくりして受講し、修了できました。当初はこの研修(1)で十分と思っていたのですが、予定していた通信教育の大学院を落ちましたので、デモシカで研修(2)も受けることにした次第です。この研修の方は少し厳しかったのですが、その分研修仲間とは親しくなれました。研修が終わった後、いつも飲み会がありました。暑い最中に研修でもまれた後のビールが美味しかったこと。研修を通して全国の司書と知り合いになれたことは、仕事の上での自信になりました。研修(2)の仲間とは同窓会があったりして、今も交流があります。

研修(2)の当時私は電算システムの更新を担当していまして、移動図書館の仕事を終えてから、毎晩のように10時まで仕事をしていました。そして休日には東京で研修を受けていましたが、遅れている仕事から解放されて、研修は息抜きになりました。東京に前日から入らないと講義に間に合わないことがあり、そんなときは仕事を終えてから新千歳空港へ直行し、なんとか最終便に乗り込んだこともあります。

認定司書の資格取得要件に、「研修受講を含む社会的活動等一定の研鑽を重ねていること」があります。日図協の研修と同じ扱いとなる国立教育政策研究所社会育実践研究センター(昔の通称「国社研」)の司書専門講座もあります。ただ、受講後10年を過ぎていると無効です。10年といえば、司書としての勤務経験も10年必要です。

研修(2)を修了したその年は他の要件が満たされていないと思い、認定司書の申請は見送りました。そのうちに北海道図書館振興協議会の初任者研修で講師を務める機会があり、また北海道公共図書館司書会の役員が回ってきました。認定司書には、研修だけでなく講師経験とか図書館関連団体の役職経験とかが評価されるポイント制になっています。

そのほか、資格取得要件の大きなものに、「一定の要件を満たす著作を著していること」があります。図書館にかかわる著作物がない人、書くのに苦労する人が多いようです。折に触れ、自分の仕事についてまとめておくといいかもしれません。私の場合は、前に子どもの読書について書いたものがありましたので、自然と条件が揃いました。動機として、北海道からも認定司書を輩出すべきとか、その先駆けになれたらという気持ちがあったものの、自分の司書としての力量を向上させたいという気持ちが研修につながりその流れで認定司書になれたように思います。

 

2.100%大学院生へ

私は、認定司書となると同時のこの4月から、浦河の図書館を退職して大学院生になりました。大学院は近年入りやすくなりましたので、入学自体はそう難しいことではありません。退職することは、5年ほど前から上司に告げていました。55歳くらいで一つの職場を退き新たな場で自分を活かす「人生二毛作」というのは、自分の中では1020年以上も前から暖めていた構想です。56歳になり、これまでの図書館勤務の経験を生かし、改めて公共図書館について勉強したいと思い院生になりました。

ただ、北海道内では図書館学の大学院はないようです。それで、私は社会教育の先生に指導していただいています。それも経済学研究科です。図書館学の授業はありません。ですから、図書館についてはほとんど独学になります。しかし、たとえば労働経済の授業の中では、社会の労働条件がいかに厳しくなっているか、そして我々に身近な指定管理者制度についても学びます。図書館の予算が少ないと思いながらも、その財政的な仕組みが現場にいるとなかなか分かりません。そのようなことは、財政学で学びます。

また、私は社会調査の方法も学んでいますが、図書館についての調査をするために役立つ授業だと思います。古典的著作を読む機会もあります。アダム・スミスの著書『国富論』や、マックス・ウェーバーの『職業としての学問』を読んだりしました。ちなみに、いずれも日本語です。司書をしていれば、そのタイトルくらいはご存知でしょうが、仕事に追われその中身を読む機会はないものです。

もちろん私のように早期退職するのは、余程の条件が揃わなければできません。しかし、札幌市内および近郊に住んでいる人には、仕事を続けながら大学院生をしている人がいます。仕事をしながら大学院で学ぶ場合は、修士課程を2年で修了するのは難しいので3年で学ぶ計画を立てるとよいでしょう。また、札幌から遠い人には通信制大学院もあります。図書館司書は、生涯学習の支援者でもあります。自らが生涯学習者になることで、より適切な学習支援につながります。

「鉄は熱いうちに打て」と申します。若いときに勉強しておくべきということでしょうが、しかし私は最近「鉄は熱くして打て」と思うようになりました。皆様にはこれからもお世話になりながら、いろいろ教えてもらいながら、まだまだ研鑽と学びの道が続きます。ちなみに、今の時点での修士論文構想は、中小図書館は資料提供だけではなく、図書館の環境が人を育てるという教育機能がある、ということをまとめることです。

 

3.今後に望むこと 

まず、職場に望むことです。認定司書になるには、経費がかかります。研修を受けるために旅費や受講料です。日図協の会員であると有利ですので、日図協の会費もかかります。認定司書審査料金と認定料金もかかります。この様な経費を、公的に援助してもらう体制ができていればよいでしょう。『図書館雑誌』今年の8月号p.542で、前総務大臣片山善博氏が述べているとおりだと思います。とりわけ、研修開催地から遠い北海道は経費的にも時間的にもかなりの不利がありますから。研修を受けるための時間も保障してもらえたら、助かります。せめて、勤務の交代をしてもらいやすい環境が必要です。

次に日図協に望むことです。資格のバリエーションを増やすべきと考えます。今の認定司書は、司書の全般的な資格です。図書館の経営とかに重きがあるようで、「図書館経営管理認定司書」といったほうがいいかもしれません。司書としての技能向上ということでいえば、児童図書や郷土資料に関するもの、さらには図書館資料の各部門0〜9までの主題に関する知識の向上も必要です。それぞれの部門ごとに、認定司書資格があってもいいとも思います。認定司書の制度は歩き出したばかりです。日図協としても手探りの状態かもしれませんが、将来的には認定司書の多様化を目指してください。

 図書館司書の皆さん、現場の仕事は大変かと思います。非正規で厳しい労働条件で働いている司書も、たくさんいらっしゃることでしょう。しかし研修は力になります。単に知識が備わるだけでなく、人とのつながりができます。研修することで、現場を少し離れ今の仕事を見直すことができます。また、研修という機会があるから読むことができる資料もあります。私の場合ですとステップアップ研修の際に、職場の棚にずっとあった『これからの図書館像−地域を支える情報拠点をめざして−(報告)』(これからの図書館の在り方検討協力者会議、平成183月)をはじめて開きました。

学ぶのは自分一人でもできることなのですが、なかなか難しいことです。自ら自分を拘束する、そんな計画を立てたほうがいいと思います。様々な研修成果の先に、「認定司書」という目標を掲げてみてはいかがでしょうか。現役司書の皆様が、研鑽の時間と経費が確保できることを願っています。

 

(さいとう まさし:前浦河町立図書館・北海学園大学院生)