この人に聞く   −北海道学校図書館協会の活動−

 

北海道学校図書館協会の活動と、学校図書館について、聞きました。今年3月まで札幌市立しらかば台小学校長を務めておられた野村邦重さんは、長く札幌市学校図書館協議会(札幌市SLA)の研究部で活動され、平成15年より北海道学校図書館協会の理事、理事長。19年から今年3月まで同協会事務局長を務められました。現在事務局次長として、引き続き同協会の運営に携わっています。

 

         答える人:北海道学校図書館協会事務局次長  野村邦重さん

 


Q はじめに、北海道学校図書館協会について、どのような団体なのか、簡単にお話しいただきたいと思います。

 

北海道学校図書館協会は、「学校の図書館の充実、発展を図り、教育の振興に努める」ことを目的にしている団体です。歴史的には全国学校図書館協議会よりも1年早く、昭和241020日に発足しています。また、学校図書館法ができたのが昭和28年ですので、いわば北海道は、全国のさきがけ的な役割を担って、このような運動が始まったといえると思います。

 組織としては、基本的にはそれぞれの小学校、中学校、高等学校が正会員として加入しますが、地域によっては教師が個人会員として加入し、会を組織して加入しているところもあります。また、元教師や法人が特別会員として加入しています。

事務局は札幌に置かれており、支部が現在23支部あります。残念ながら、支部のない空白の地域がかなりあることが問題です。

 

Q 協会が行っている事業について、少し詳しくお話しいただけますか。

 

協会は、学校図書館の運営、読書指導・利用指導の研究、普及に関して種々の事業を行っています。

主なものをあげますと、学校図書館関係者を対象にした研究会・講習会の関係では、北海道学校図書館研究大会(2日間日程)を隔年で開催しています。道の研究大会がない年は、全国の研究大会が開催されています。また、毎年1月に北海道学校図書館研修講座(3日間日程)を開催しています。

児童生徒を対象にした事業として、青少年読書感想文全道コンクール・北海道指定図書読書感想文コンクールがあります。これは毎日新聞社が行う青少年読書感想文コンクールと兼ねており、優秀作品は全国コンクールに推薦されます。また、北海道独自の特長ある事業ですが、「絵と文による冬休み読書大賞」を開催しています。これは本を読んで感想文と絵を描くもので、「絵と文部門」と「絵ハガキ部門」があります。昨年の場合ですと、青少年読書感想文コンクールでは、北海道審査には地区審査を経て選び抜かれたおよそ600点、絵と文による冬休み読書大賞では、道内各地からおよそ4000点の応募がありました。

優良図書の選定・推薦・普及の関係ですが、毎月2回優良図書選定研修会を開催しています。そこで毎月の「優良図書」、「夏休みにおすすめする図書」、「冬休みにおすすめする図書」の選定をし、紹介をしていきます。また、優良図書の中から「北海道指定図書」−これは読書感想文コンクールの北海道独自の課題図書になります−を選定しています。「北海道指定図書」は、北海道を舞台にした作品や北海道題材の作品、北海道在住作家の作品や北海道にゆかりのある作家の作品を積極的に取り上げ、北海道の子どもたちに是非とも読んでほしい作品を選定しています。また、道の関連事業ですが、「北海道の青少年にすすめる200冊の本」の選定事業にも携わっています。

 広報の関係では、機関紙『北海道の学校図書館』を年4回発行しています。また、ホームページも開設して、情報の発信を行っています。

 また、全国学校図書館協議会のほか、道内の関係諸団体−北海道図書館振興協議会、北海道子どもの本連絡会等−と協力連携して、事業を進めています。

 

Q 協会の運営はどのような体制で行っているのでしょうか。

 

協会には、会長、副会長、理事、監事等役員の下に、事務局が置かれています。事務局には、総務部、研究部、選定部、事業部の4部(専門部)が置かれて、分担して事業を進めています。年に数回、必要に応じて事務局会議を開催し、重要な案件について協議して活動を進めています。

 

Q 学校図書館協会や学校図書館協議会は、各都道府県に組織されています。北海道は広くて、学校の数も沢山あります。協会を運営していく上での悩みとか課題をあげるとしたら、どんなことがありますか。

 

とにかく北海道は広くて、市町村数や学校数も大変多いので、協会の活動を会員に伝え、会員の意見を汲み上げていくこと自体がなかなか大変だという問題があります。また、研究会や会議などを開催するにしても、開催地まで遠くてどうしても参加者や学校の負担が大きくなるという問題、悩みがあります。

また現状では、組織として会員がいない空白地域が多いことも問題です。宗谷、日高、根室、それに檜山の4つの地域は全くの空白になっています。加入している市町村は、釧路管内は釧路市、上川管内は旭川市と士別市、留萌管内は留萌市と増毛町、石狩管内は札幌市、後志管内は小樽市、胆振管内は室蘭市と苫小牧市、十勝管内は帯広市と十勝支部と十勝高校支部、空知管内は岩見沢市、滝川市と空知支部、渡島管内は函館市と渡島支部、オホーツク管内は北見市・網走市・紋別市・小清水町・大空町・美幌町となっています。以前支部があり活動していた地域もあるのですが、補助がなくなり財政的に運営が困難になったためやむなく閉会した地域や、事務局の担い手がいなくなり休会・閉会した支部もあります。うれしいことでは、昨年、網走市支部が加盟しました。また、現在、石狩管内や留萌管内で支部立ち上げの動きがあります。

市町村の教育委員会や道の教育局の理解や協力を得ながら、もっと多くの学校が協会に加盟するようにして、図書館運動が発展していくようにしなければならないと考えています。

また、事務局の運営ですが、若い事務局員が少しずつ増えてはきていますが、北海道の活動を支えていくには、まだまだ人手が足りないのが現状です。担い手を育てることが急務となっています。

 

Q 協会の活動について伺ってきたのですが、次に学校図書館のことについて、お聞きしていきたいと思います。そもそも学校図書館というものは、本来どういうものなのか、どうあるべきなのか、お聞きしたいと思います。新しい学習指導要領では、主体的に学習する態度を養うために言語活動を充実することとされていますが、その点を含めてお聞きしたいと思います。

 

 学校図書館については、昭和28年にできた学校図書館法に定めがあります。その第2条で、学校図書館は、「学校の教育課程の展開に寄与するとともに、児童又は生徒の健全な教養を育成することを目的として設けられる学校の設備」であるとされています。

 「教育課程の展開に寄与する」というのは、いわゆる図書館が学習・情報センターとしての役割を担い、児童生徒の調べ学習に応えられるような情報提供ができる図書館であるということです。このことは、昭和28年から定められているのですが、どちらかといえば読書センターとしての役割のみがすすめられ、その分、調べ学習に応える学習・情報センターとしての役割はおざなりにされてきたというか、あまり重視されてこなかったというのが、実態としてあるかと思います。

 ただ、近年、総合的な学習の時間が入ってきたことと並行して、各教科でこの調べ学習を行い「自ら学ぶ力を育成する」という、そのことが大変重要視されてきています。特に新しい学習指導要領では、すべての教科で学校図書館を計画的に利用して、その機能の活用を図るということがうたわれています。

 「言語活動の充実」というのは、すべての教科で学校図書館を活用することで果たされていくんだと、強調されていることが、この間の大きな流れになっているかと思います。そのことが、「自ら学ぶ力」、「生きる力」の育成につながっていくと考えられています。

 

Q 学校図書館は本来どういうものかについて、お話しいただいたのですけれど、北海道の学校図書館の現状について、どのようにとらえておられますか、課題というか、充分でないのはどういう点でしょうか。

 

一番大きく感じているところは、北海道は本当に広くて自治体の数も多くありますが、自治体によって非常に大きな格差が生じていることです。

 それこそ、全国的にもトップクラスの図書館施策を行っている恵庭市があると思えば、一方では予算がつかないため図書館に新しい本が全然ない、古い本ばかりという学校が数多く見られる地域、自治体も実際に多くあります。

 国の方では、学校図書館図書標準を達成するようにということで、毎年度図書整備費を地方交付税で措置しています。しかし地方交付税は一般財源で使途は自治体の考え方に任せられているため、教育費に予算が回らない、学校図書館の図書費には回らないということが現実に多くあります。かたや自治体によっては子どもの問題、教育の問題を大事に考えて教育予算、特に学校図書費に手当をし、図書が充実しているところもあります。自治体によって、学校図書館の図書について、その格差が大きくなっていることが大きな問題だと感じています。

 

Q 今小学校や中学校では、朝の読書が普及してきたというか、だんだん行われるようになってきました。またボランティアの方が学校で図書館の業務を助けたり、児童生徒に読み聞かせなどを行うことも盛んになってきています。このようなことについて、どうお考えでしょうか。

 

 北海道でも朝の読書・朝読を実施する学校は、だんだん増えてきています。そのことは評価できる望ましいことです。ただ問題はその中身だと考えています。週に1回あるいは月に1回の実施であっても、朝読を実施している学校にカウントされるということもあります。

今、道教委でも学力向上の取組の一環として、朝読、家読(うちどく)運動を呼び掛けて、積極的に推進するよう働きかけています。

 朝読自体は、学校で学校での朝の始まりを落ち着いてスタートさせようという、生徒指導の狙いから始まった取組です。朝読をすることで、本を読まない子が読むようになったり、読書の習慣づけになったりというよい効果の面もあるかと思います。ですから、朝読の四原則、「みんなでやる、毎日やる、好きな本でよい、ただ読むだけ」をスタートにして、そこから、「好きな本でよい、ただ読むだけ」のところの質のレベルの向上というか、子どもたちの読む本の内容がレベルアップしていくことを、大きな見通しの中で意識して取り組むことが大事だと感じています。

 みんなでやるということの中には、子どもたちだけではなく、先生もその時間を教室で一緒に本を読んで過ごすことも大事なこととしていわれているのですが、実状ではそこの部分が、先生方は朝の打ち合わせをやっているということがあるように思っています。そのことは、これから改善の余地があると思います。

それから、ボランティアですけれど、ボランティアの方が増えていることは大事なことで、これからもさらに広がっていくことを期待しています。図書館は本当に人がいなくては維持できない施設です。人が絶対必要なところです。ですから、「人がいる図書館、ぬくもりのある図書館」というのが基本で、その意味から学校司書の配置ということは本当に必要なことですし、それを支えるボランティアの人たちの活動も必要です。ボランティアの人たちには、読み聞かせ、ディスプレイ、本の修理や整理など、本当に図書館を支えるために必要な仕事をやっていただいています。司書を配置することや司書教諭がいるということだけで、学校図書館は維持できるかというと、なかなかそれは十分にはできないわけで、沢山の人たちの力を借りて、支え合って、子どもたちのために環境整備を進めていくことが必要だと思っています。

 

Q 文部科学省の学校図書館についての調査では、司書教諭の発令状況、図書標準の達成状況、蔵書管理のコンピュータ化、ボランティアの活動といった項目が調査されています。それぞれの学校において、学校図書館をよくしていくために本当に必要なものは何だと先生はお考えでしょうか。

 

 図書整備に関しては、あまりにも図書標準とかけ離れている実態がずっと放置されてきたその背景の中で、この間、学校図書館図書整備5か年計画によって図書整備費が措置されてきたということで、調査が進んできているかと思います。それが、今自治体で図書標準を達成するような図書整備がすすめられて次第によくなってきているのだと感じています。

 それと、蔵書管理は事務作業が膨大です。コンピュータ化することで、能率的になって事務処理の時間を軽減できますから、まだコンピュータ化していないところは、進めてほしいと思います。

 ただ、何よりも学校図書館として機能するためには、もちろん本の充実もそうなのですが、一番は人を配置し、学校図書館が機能する、活用されるようにしていくことが重要なことです。人の配置としては、学校司書、そして教育課程との関係つながりをつくる司書教諭、それからいろいろな活動を支えるボランティアの3者が一体となって、つながりあって活動を進めていくことが大事なことだと思っています。それぞれの学校でそういうことが行われることが必要です。

さらに、北海道は広いですし、各自治体、あるいは管内(局)のレベルもう少し小さい地域・ブロックのレベルでネットワーク化をし、横での交流や研修をすることで、質的な向上・発展を図ることが、必要なことでないかと思います。

 ただ人を配置するだけでは、それは点の存在で、何をどう進めていいなかということがなかなか検証されません。それを組織することで、何が必要なのか、何から進めていけばよいのか、情報交換・交流を進めることで、活用される学校図書館が実現していくのでないかと感じています。

 

Q 北海道では、いわゆる学校司書が配置されているところは非常に少ないのですが、これをどう考えていけばいいのでしょうか。

 

 いま国の方では、学校図書館に学校司書が必要だという考え方が非常に強くなってきています。そして、今年度から、地方交付税に学校司書の配置をする経費が措置されています。

 実際に、他の都府県では学校司書の配置をしている自治体が増えています。北海道では、これからというのが実態でないかと思います。

いままで図書館の非常勤職員の方、あるいは教育委員会の非常勤職員の方が学校を回って、学校司書的な仕事、要するに学校図書館をサポートする活動をする、それがかなり広がってきていますが、それを一歩すすめて、それぞれの学校に専任で学校司書が配置されていくことが、これからの必要な課題となっています。それに大きく期待しています。

 

Q それぞれの学校の図書館をよくしていくことが求められていますが、そのために、協会ではどんな取組をされているのでしょうか。

 

2年に1回開かれる学校図書館研究大会や毎年の学校図書館研修講座などを通して、道内で行われている優れた実践や取組を紹介し、情報提供することを進めています。

 また、理論的な面を研究する講座も開催して、レベルアップを図りながら、情報交流を進めています。

 北海道の研究大会の最大の特色は、必ず校種別の公開保育・公開授業を行っていることです。

学校図書館は、法的に小学校から高等学校までの範囲なのですが、本好きな子どもを育てるために発達の連続性ということから、幼稚園・保育園での公開保育や実践交流の分科会を必ず取り上げてきています。本州のSLA組織(県大会やブロック大会)では、夏休み期間中の大会開催がほとんどで、講演や講座・分科会が中心です。幼稚園・保育園から高等学校までの保育や授業が研究大会で公開され、実践を積み重ねてきていることは、北海道の大きな力となっています。特に、公開授業では、読書指導、図書資料の活用、学び方の指導の授業をそれぞれ取り上げて実践されています。

 そして今、この数年の新しい試みとして、図書館クリニックの活動が広がってきています。研修講座でも取り組まれていますが、各地域・支部での活動が広がってきています。今ある図書館をより使いやすく、子どもたちにも先生にも活用される学校図書館へということでの、学校図書館ビフォー&アフター、クリニック活動です。この活動は、北海道では旭川市SLAが始まりではないかと思います。今では道立図書館でも取り組まれており、道内各地に広がってきています。

そして、そのようなハード面の改革改善と併せて、実際に図書館を活用したいろいろな学習活動、取組の実践を交流し、広めていくための講座や研修会を各地域で開催しています。

 

Q 道や市町村では子ども読書活動推進計画を策定して、子どもの読書について、学校図書館を含めた施策を実施していますが、たとえば道や札幌市などいわゆる行政に対して、どのようなことを望みますか。

 

子ども読書活動推進計画については、市町村レベルでみますと、すべての市町村で策定されているわけではありません。それに準じた内容のものが、教育計画の中にあるということで策定されていない自治体があると聞いていますが、是非ともすべての自治体で子ども読書活動推進計画が策定され、子どもの読書活動が推進されていくようになっていけばいいと期待しています。

 さき程も、人のつながりのことでお話しをしたのですが、司書教諭の配置については、12学級以上の学校ではすべての学校で配置されています。11学級以下の学校についてもできるだけ任命するようにということで進められています。そこで、司書教諭がいない学校にも学校図書館担当者は必ずいます。そういう意味で、そういう司書教諭及び図書館担当者が一堂に会しての研修や情報交流する場をつくっていく必要があると思います。

新しく発令されて司書教諭になった先生たちの研修機会は、その年は設けられていますが、それに止まらず日常的に情報交流、研修をするような組織化が必要に思います。そうすることで、学校図書館の活用が実際上進んでいくことにつながっていくと思います。是非これを行政が推進していくように、今までも要望していますが、実現されるよう期待しています。

 

Q 学校図書館と公立図書館の連携ということがよくいわれていますが、公立図書館に対してどんなことを望んでおられますか。お話しください。

 

道内各地で、公立図書館が学校図書館に対して、いろいろなサービスを行っている事例をよく聞くようになりました。公立図書館には、地元の学校に対してできることを明らかにして、−学校現場の先生は忙しくて公立図書館の方へなかなかお願いすることもままならないというか、そういう状況もありますので−公立図書館の側からアクションを起こして、こんなことができますよ、どうぞ使ってくださいという形で、情報サービスや本の提供などをすすめていっていただければと思います。

 特に読書指導の面、いわゆる読み物系のサービスとあわせて、学習に役立つ資料の提供ということで、各教科の学習で使える本の提供をし、セット物にして各学校を回していくなど、そのようなアクションが広がっていくことを期待しています。そうすることで、先生方も、「あぁこんな本が使えるんだ」、「こういう本はまた使ってみたいな」ということで、広がりができ、学校図書館そのものの活用も進んでいくと期待しています。

 

Q 長い時間、ありがとうございました。

(インタビューした日:平成2497日)

 

 

−インタビューを終えて−

 長い歴史を持つ北海道学校図書館協会の活動、そもそも学校図書館とはどういうものか、どうあるべきなのかなど、野村先生は分かりやすく答えてくださいました。行政や図書館に何を望むかの質問には、立場もあるのでしょう、抑えて答えているように感じました。

いま学校図書館が注目されています。図書館の方でも、もっと学校図書館のことを知る必要があると思います。すべての学校にある学校図書館。田舎に住む子ども、都会に住むこども、すべての子どもたちのため、さらに学校図書館がよくなっていくことを願っています。

−図書館のヒヨコ−