沖縄の図書館・図書館学事情 ―基地問題との関わりから

 山 口 真 也

 


T―― テレビ番組でよくやっているが、「人口1人当たりの○○○」を調べるとその地域の特徴がよく分かるという。ある時、気になってこんなデータを調べてみたことがあった。

大阪と埼玉が全国最高で「0.8」、私が住んでいる沖縄は長崎と並んで全国最低の「0.2」。北海道は「0.5」で、全国でみるとだいたい真ん中くらいである。単位は「台」。これが何のデータかお分かりだろうか。

 

U―― 私が、茨城県から沖縄県に図書館学の大学教員になるためにやってきたのは1999年の春のことだから、もう15年くらい前になる。沖縄にきて一番困ったことは、「坂道がやたらと多い」ということだった。

茨城県にいた頃は、職場やショッピングセンター、図書館などへの移動はすべて自転車で事足りていたのだが、沖縄ではそうはいかない。「坂道」というと、海から山に向かって一方向に伸びていくものというイメージもあったのだが、沖縄の場合はそうではなく、アップダウンが延々と続く地形になっている。だから、自転車に乗っていて、行きは坂道が多くて大変だけど、帰りは楽、というようなこともない。大学の近くには奈落に落ちていくような、傾斜が40度近くあるようなもの凄い坂道もある。それでも無理して自転車に乗って出勤していたのだが、私よりも先に自転車の方がギブアップしてしまって、チェーンが壊れてしまった。運転免許を持っていない私は、その後は、徒歩とバスとタクシーの生活になっている。

実は冒頭で挙げた数値は、「人口1人当たりの自転車保有台数」である(社団法人自転車協会、2008年度調査より)。沖縄ではびっくりするくらい自転車に乗っている人を見かけない。中学生、高校生でも登下校の手段に自転車を使うことはほとんどない。話を聞いてみると、「自転車に乗れない」という大学生も結構多いのである。

 

V―― 沖縄の地形がでこぼこなのは、「もともとサンゴ礁が隆起してできた島だから」という話を聞いたことがある。だから、大きな山はないが、アップダウンが多くて、平らな場所が少ないのだという。しかし、沖縄の中にも平坦な土地が全くないわけではない。ではなぜ沖縄の人たちは、でこぼことした場所にわざわざ住んでいるのだろうか。

私は、勤務大学がある「宜野湾市」というところに住んでいる。ご存知の方も多いと思うが、宜野湾市には大きな軍事基地がある。在日米軍の基地で、「普天間基地」という。沖縄にはたくさんの基地があるが、その中には軍人やその家族が住む生活施設もある。遠くからしか見たことがないが、子どもたちが通う学校はもちろん、住宅やスーパー、映画館、ゴルフ場などもある。しかし、普天間基地は、そうした基地とは違って、「普天間飛行場」とも呼ばれていて、飛行機の離着陸のために長い滑走路が必要である。滑走路はある程度、平坦な場所にしか作れない。普天間基地は、下の写真のように、宜野湾市の真ん中にどんとある。海沿いにも住宅地や商業施設があるのだが、こちらは埋立地である。つまり、沖縄の(宜野湾市の)人々は、何も好き好んででこぼこの場所に住んでいるわけではなくて、平らなところから追い出されて生活をしているともいえるのである。

(編注 冊子にはある写真「上空から見た宜野湾市(宜野湾市ホームページより)」をここでは省略します。)


基地が市の真ん中にあると、当然、いろいろな問題が生じる。騒音や墜落の危険性はもちろんだが、他にも、基地の下は水道管を通せないから、小さな市なのに、基地を取り囲むようにして、配水池・ポンプ場を何箇所も作らないといけない、という問題があったりする。

119番通報があっても、基地を横切って消防車が出動できないから、やはり基地を取り囲むように、本部の他に2箇所も消防署の出張所が作られている。日常生活の中でも、基地を挟んで向こう側の友人の家に行くのも大回りをしないといけないから、そのコストは相当なものである。図書館も同じで、市立図書館は市の端っこの方にあって、海沿いの埋立地の辺りに住んでいる人にはかなりアクセスしづらい。運転免許を持っている大人なら問題はないかもしれないが、子どもの利用はかなり制限される。こんなところにも基地の影響があるのである。

 

W―― 数年前のことだが、本土(沖縄の人は県外のことをこう表現する)の同業のA先生と話をしていたときに、「“図書館の自由”が教えづらい」という話になったことがあった。

図書館関係者にはおなじみなので説明は不要だと思うが、図書館学の授業で教える重要な概念の1つに「図書館の自由」という考え方がある。民主主義社会の基盤となる「表現の自由」やその表裏一体の権利である「知る自由」という基本的人権を、図書館での資料提供を通じて保障しようという考え方である。

知る自由という権利を保障する1つの方法として、図書館は「利用者の秘密を守る」ということを「図書館の自由に関する宣言」というガイドラインの中で約束している。利用者の秘密とは、「何を読んだのかという読書事実」や「読書傾向」などを指す。A先生の話では、この「秘密を守る」という意味を正しく伝えるのが難しいということだったのである。

図書館が利用者の秘密を守らなければならない意味は大きく分けて2つある。1つは、読書の記録には、利用者の個人的な興味関心が表わされ、その中には、できれば他人には知られたくない情報が含まれることがあるからである。「ラブレターの書き方」や「病気の治療法」などの本が例示されることが多いが、「恥ずかしさ」の感覚は人それぞれであり、同じ「編み物」の本でも、女性が借りていたら恥ずかしくないが、男性が借りていたらちょっと恥ずかしいということもあるだろう。何がプライバシーなのかは本の内容で決まるわけではない。だから図書館は貸出記録などの読書の記録はすべてプライバシーとしてみなして、本人以外の第三者には知られないようにしないといけないし、かつてよく見かけた本の表紙の裏に貼り付けられたブックカードなどはもっての外である・・・。A先生の話では、この点については、今の大学生でも理解できるのだという。しかし、利用者の秘密を守るもう1つの意味がなかなか実感を持って理解してもらえないそうだ。

 

X―― 「図書館の自由に関する宣言」には、日本図書館協会・図書館の自由委員会が発行する解説書がある。その第2(2004年刊行)には、「個々の読書記録の集積がその人の読書傾向であり、これが思想傾向と同一視されるならば明らかに思想調査につながるといわなければならない」という説明がある(p.36)。つまり、読書の記録に反映される興味関心の中には、個人の内心(政治的なポリシーや信教)があらわれることがあり、そうした情報が不用意に第三者の手にわたってしまうと、その人物を評価する情報として活用されてしまう怖さがここで指摘されているのである。もちろん、利用者は必ずしも自分のポリシーに合致する本ばかりを借りるわけではないのだが、その情報を目にした側はそうした本人の意図とは無関係に「あの人はこういう人だ」と、その人物を評価する材料として情報を活用するのだから、読書記録と本人の内心が一致するかどうかは本質的な問題ではない。特に、読書の記録は、貸出記録などの形で「集積」されればされるほど、個人の内心を色濃く表すものとなってしまう。だから、図書館の貸出の記録などは、他人に「見せない」ようにするだけでなく、「資料の管理」という本来の目的以外に利用することも避けるべきであるから、必要以上に「残さない」ことが大切であり、基本的には返却時に消してしまうのが安全、といった説明になるのである。しかし、A先生の話によると、今の学生にはこの「思想傾向」とか「思想調査」といったキーワードがどうもピンと来ないのだという。もちろん、思想信条が高度なプライバシー、センシティブな情報であることは説明はするのだが、どうも言葉だけが上滑りして、学生の心には届いていないという感じがするのだそうだ。政治的な無関心が広がる現代の学生には政治的なポリシーが思想信条を表すものであり、その情報が漏え


いすることでさまざまな人権侵害が起こりうるのだということがなかなか実感をもって捉えづらいのかもしれない。

 

Y―― この話を聞くまでは深く考えたことがなかったのだが、私が働いている沖縄は、「図書館の自由」をとても教えやすい環境なのだということに気がついた。沖縄の人々にとって最も強い政治的な関心事は基地問題である。沖縄に米軍の基地は必要なのか、普天間基地は辺野古に移転すべきなのか、オスプレイの配備は国防のために必要なのか、オスプレイの配備は尖閣諸島の領土問題と結びつけて考えるべきか。沖縄で生活をしていると、日常的に「あなたはどちらの立場の人間ですか?」と問われ続けている雰囲気がある。その一方で、基地の存在が人々の経済活動にある程度結びついていることも事実であり、学生の中には基地で働く家族を持つ者がいたり、基地の地主として地代を得ている家庭に育った者もいる。そして、基地の地主(軍用地主という)向けに、県内ではあちこちに土地の取引を求める不動産業者の看板が掲げられているが、そこには「秘密厳守」の文字が大きく書かれている。

基地問題に対してどのような考えを持つのかは個人の自由である。しかし、沖縄の社会では、その本心を知られることは非常にセンシティブなことであり、個人の社会生活上の平穏を奪う可能性もある。図書館学の授業で基地の話をわざわざ出すことはしないのだが、個人の政治的なポリシーに関する情報は絶対的に保されなければならないということは、若い世代でも実感として持っており、だからこそ「図書館の自由」が比較的すんなりと理解できる状況だということを、A先生の話を聞きながら私は考えたのである。

 

Z―― 図書館学は全国一律のカリキュラムだが、図書館の事情は地域によって様々であり、その土地に住んでみて、初めて分かることも多い。以前、関西の大学で図書館学を教えているB先生に話を聞いたら、全国各地から学生が集まってくるので、図書館学の中で地域の問題を取り上げるのは非常に難しいということだった。私が働いている沖縄国際大学では、沖縄に関心があって県外からやってくる学生もいるが、司書資格課程を受講する学生はほぼ全員が地元の学生である。だから、基地の問題を絡めて地元の図書館の問題を考えさせる授業もできるし、レファレンスサービスの授業では、地域資料を活用した演習もできる。図書館学の教員として、これはとても幸せなことなのだろうと思う。

 

みなさんがお住まいの北海道はどうだろうか。沖縄と似ているところはあるのだろうか。日本の「北」と「南」で同じようなところがあるのではないかと思って、こんな原稿を書かせて頂いた。(2012911)

 

(やまぐち しんや:沖縄国際大学)