電子書籍への危惧 −図書館、そして社会は−

                                 稲 荷 桂 司

 


以前、職場でAV資料の取扱いについて議論する機会があり、その中で私は、AV資料は機材がなければ情報を取り出すことのできない資料であり、物理的・構造的問題から、中・長期的には消耗品にならざるを得ないという感想を持った。ところがそれとともに、実は電子書籍もその特性と問題は同一であることに気づき、今更ながら慄然たる思いにとらわれた。この稿では、電子書籍の特性と、それを図書館資料として扱う際にどのような問題が生ずるかを、電子書籍が一般に流通するようになった社会像を想定して論じてみたい。

 

 まず、電子書籍は機材の媒介が不可欠であることと、情報フォーマットの存在という問題を原理上抱えている。機材の媒介が不可欠とは、閲覧用の端末やパソコンといった機材が無ければ完全にブラックボックスとなり、どうひねり回しても情報そのものは認知できないという問題である。この点、紙メディアは、光が当たっていて、通常の視力を持つという極めてハードルの低い条件下で、何者も媒介せず直接に情報を認知することができる。そして情報フォーマットの存在とは、情報の記録・読み出しを行うための規格であり、その規格に従った機材やソフトウェアの介在なしに、情報を読み取ることができなくなるという問題である。近年の映像メディアで言えば、フィルム→VHS→LD→DVD→BLというように、10年単位で標準規格は変化してきた。電子書籍は、PDF、ドットブックなど多数の規格があるが、現在日本国内での標準規格というものはまだない。電子書籍について、常に最新の技術情報をリサーチしているわけではないが、これらの問題は、電子書籍に本質的に備わっているもののため、決して解決し得ないものと考えている。

 

 このような電子書籍を資料として図書館で扱うということは、どのような状況をもたらすだろうか。まずは、資料購入費以外のコストが増大することになるだろう。初期投資としては、従来の貸出・返却の管理システムに加えて、書籍データそのものを保存するサーバーの設置が必要である。加えて、管理業務の増大がある。ネットワーク機器の管理は、常にトラブルリスクを抱えており、一旦トラブルが生じると、復旧までの業務負担と、利用者への説明、管理業者との連携など、有形無形のコストが生じる。電子書籍はサーバーに集中して保存・管理されるであろうから、そのサーバーがダウンすると、すべてが提供できなくなる恐れがある。さらにKindleiPadといった表示機材も貸し出すとなると、それら機材の管理コストがさらに上乗せされる。

 そしてこのようなサービスを提供し続けるには、多様なフォーマットのフォローやその表示機材の整備といった、巨大な障壁を越えていかねばならない。そしてその障壁は、一つ越えたからといって、それで済むわけではなく、フォーマットが変更されたり、機材の寿命が切れたりと、次々と立ちはだかるものだ。ただでさえ予算の削減にあっている図書館が、それを乗り越えることができるのだろうか。せいぜいが、その時利用できる資料や機材を、わずかずつ提供し、またフォーマットなどが変わるたびに、それをくり返すことだろう。いま読める電子書籍が、10年後、20年後も読めるとは限らない。紙メディアの書籍であれば、一度買えばそれでずっと読めたものが、電子書籍では一からまたやり直し。AV資料で、ビデオ・LD・DVD(そして今後はBLか)とくり返されたことが、今度は書籍においても行われるのである。考えるだに寒気のする事態ではないか。

 

 こうしてみると、紙メディアというものは、無媒介に情報を認知でき、環境に左右されず、物理的な寿命(これも適切な条件で管理されれば100年単位での保存が可能である)が来るまではずっと利用し続けることができる、極めて成熟したメディアであることもわかるだろう。それにもかかわらず、なぜいま、電子書籍が待望されているのだろうか。

 成熟したメディアであるはずの紙メディアの最大の欠点は、その体積による保存スペースの大きさであり、それに比して電子書籍は保存スペースが格段に小さい。さらに検索性の高さやダウンロードによる購入の容易さも、電子書籍のメリットに加えられるだろう。しかしこれらのメリットでは、世間で電子書籍をここまで待望させている理由には思えない。私は出版社側のメリットということが、電子書籍待望のより大きな理由の一つではないかと考えている。出版社側にとっての電子書籍のメリットとは、種々のコストが大幅に削減できる点である。まず、物理的な実体を必要としないため、印刷コストがない。そして同様に在庫保管コストも小さい。さらにダウンロードによる直接販売が大半のため、流通コストも小さい。つまり現在の出版社側が負担に感じているコストの大半が解消されてしまうメディアなのである。現在、学術雑誌では電子出版が主流となりつつあるのも、同様の理由によるものだろう。

 

 そこでもし、一般の電子書籍の流通が本格化すれば、紙メディアの書籍はコストの観点から、駆逐されてしまうのではないだろうか。当面は紙メディアに愛着のある世代も多いため、両方のメディアが平行して出版されるかもしれないが、それは結局高コストにつながり、電子書籍のメリットを大きく損なうことになるため、出版社にとってできるだけ避けたいはずである。携帯電話で小説を読むことに抵抗のない世代が大半を占めれば、出版社が紙メディアを切り捨てることに躊躇をしないであろう。

 

 さらに電子書籍が主流となった場合、資料の入手可能性の問題も無視することができない。従来の紙メディアであれば、一旦出版された書籍の入手は、出版社、流通、小売書店、古書店など、さまざまな機関が在庫を持つことで、入手可能性を担保していた。それでも困難なものについては、国立国会図書館を頂点とする、各図書館の蔵書という形でも、入手とは異なるものの利用の可能性を担保してきた。このように結果的にさまざまな機関がコストを負担しあって、いわば入手可能性のリスク低減を行っていたのである。しかし近年の不況により、このコストを各機関が負担しきれなくなってきているように思える。実はこのような状況こそが、電子書籍への期待を支える最大のものかもしれない。

 

 電子書籍はダウンロードによって配布されるという性質上、出版社側が流通を直接コントロールすることになる。また、容易に複製が可能であるため、暗号化などによる複製防止策がとられることになり、古書店から再度販売されるという選択肢もまず無くなるだろう。そして、図書館による提供は、先に述べたような問題から、長期の保存や提供は困難なため、現在販売されている書籍が中心となり、過去のフォーマットでしか入手できなかった書籍は提供できなくなる。つまり、電子書籍が一般化した状況とは、今現在読むことのできる書籍の範囲を、出版社側の事情に左右されることを意味するだろう。そしてそれは、入手可能性のリスク増加へとつながり、書籍の流通を極めて脆弱なものにしてしまうことになる。電子書籍とは、ある書籍が絶版になってしまったり、出版社自体が無くなってしまったりした場合、その書籍を入手する手段が完全に失われてしまうという大きなリスクを抱えたメディアなのである。それは、書籍の文化財的な側面が切り捨てられ、単なる一過性の消耗品になってしまうことにほかならない。

 

 私は決してかたくなな電子書籍否定論者ではないつもりである。実際には、業務でも私生活でも、デジタルの恩恵を極めて多く受けている。しかし、この電子書籍の問題は、単に情報が盛られている器が変わるという以上の破壊力を秘めているように思えて仕方がない。それは一旦破壊されると多大な労力と時間を費やしてもその回復が困難になる生態系のように、文化や社会が破壊されることへの危惧である。もちろん杞憂であればいいのだが、警鐘を鳴らさずにはいられない。また、このような状況に対して、どうするべきかの対策もまだ提供できずにいる。結局それは、社会とは何か、読書とは何か、図書館とはどういう存在であるべきかといったことを突き詰め、また考え直していかなければできないようである。そしてそれは、残念ながら時間のかかることである。

 

 

(いなり けいじ:旭川市東光図書館)