本が好き、地域が好き、そして何より人が好き       

 大 林 清 司

 


17年目の異動

 平成233月末に社会教育部長から電話があり、留辺蘂図書館から留辺蘂教育事務所生涯学習課への異動が伝えられました。平成7年、旧留辺蘂町時代に教育委員会の専門職員(図書館司書)として奉職以来、初めての異動となりました。留辺蘂図書館は平成57月開館の新しい図書館で、平成7年度には移動図書館車の導入が決まっており、住民一人当たりの貸出冊数は約10冊ということで、管内的にも道内的にも屈指の活動をしている図書館でした。

最初の6年は移動図書館車「ブックン」の運行を主に担当し、その他講演会の企画・開催も手掛けました。係長が異動になった後の約10年間は運営全般について担当し、平成183月の北見市を含む13町の合併も経験しました。合併に向けての調整は非常に少ない会合の中で進められたために、正直言って十分な整理がされていない部分もありました。しかし、今、中央図書館の移転改築に向けて議論が進んできたことは今後の北見市の社会教育にとっても重要なことです。

その議論に参加できなくなってしまった我が身を恨めしく思う半面、今の私に与えられた使命は何か?ということを真剣に考え、行動しなければならないという責任を感じています。

 現在は社会教育事務局業務のほか、文化財、児童館、公民館までを担当し、担当が総入れ替えされた職場で右往左往しながらなんとか生きながらえています。

 

図書館の16年を振り返って

 私の最初の上司は社会教育主事を経験し、「図書館をつくるというときに、司書資格を持っているのがばれちゃってよ」が口癖の若杉さんでした。その教えは三つありました。

一つは「本が好き、地域が好き、人が好き」ということです。何より人が好きでなければ「社会教育はできない」という本質的なものでした。二つ目は、「人を知り、地域を知り、本を知る」。三つ目は「地域課題、生活課題を解決するために何が必要か?ということを常に考える」ということでした。

 これは全て社会教育の原点であり、地域や人に興味を持つことは、今、この地に何が課題としてあり、それを解決するためにはどうすればいいのか?ということを考えることになります。その時に課題解決に必要な資料群が頭に浮かぶということが重要です。そして、その資料群が頭に浮かぶということは、その必要性を感じて「本を選んだ」という意識がなければいけません。この意識こそが地域に根ざした図書館運営の根っこになるべきものと私は考えています。

 1963年のいわゆる『中小レポート』以来、全国にはその基本を大切にした図書館が多くあります。ある意味では図書館の金太郎飴化といわれることもあります。しかし、本来地域課題、生活課題に向き合った図書館運営が行われてきたのであれば、その土地、その土地における図書館が見せる顔は違っているはずです。それは大きく違わなくてもいいのですが、どこかにその地域課題に向き合った図書館のこだわりが見えなくては、本当に地域に役立つ図書館になりえないのではないかと思います。そんなことを念頭において過ごしてきた16年ですが、実際はどうだったのでしょうか。ただやってきたことを振り返ったところで何のメッセージも残せないと思いましたので、今の職場に来てからの感想を中心に振り返ろうかと思います。

 私が率直に感じているのは、「全く地域を知らなかった」ということです。もっと言えば、知ろうとしてこなかったのではないか?ということです。社会教育主事として町中で声をかけられた若杉さん、私より5年遅れて採用された吉田司書は青年団などの活動を通して、各地区の様子をしっかりと捉えていました。しかし、私はどうかというと、果たしてそこまで深く町の人と関わることをしてきたのだろうか?と考えた時、答えは「イエス」ではありませんでした。地域の行事や気のあった人たちとは交わってきました。ただ、上辺だけの知ったかぶりを通して、「地域課題に向き合ってきたこだわりはある」と嘯いてきたのではないかとも思うのです。さらに言えば、この地域の課題、住民の生活課題を把握する努力をして来なかったのではないか?とさえ思ってしまいます。それほどまでに、今の職場では新たな出会いがあります。個性豊かな人々との出会いも多く、本当に自分はやっていけるのだろうか?と異動当初不安な夜を過ごしました。自分は「本当は人嫌いなのではないか?ということは、社会教育に向かない職員なのではないか?」と真剣に思い悩んだりもしました。慣れない仕事、次から次へと出てくる問題、そして多くの人たちとの出会い。本当に仕事に行きたくない、逃げ出したいと2か月ぐらいは思っていました。

しかし、最近ようやく個性的な人々にも優しい声をかけてもらえるようになり、もう少しこの仕事を続けてもいいのかもしれないと思い始めています。この10か月間にいろんな人たちと関わる中で、多くの会話を交わし、図書館の時とは全く違う留辺蘂の様子が見えてきました。私が部下とともに住民と真剣に向き合うことによって、お互いの信頼関係が築かれ、心を開き、このまちでともに生きていく者として今後どうしていくのか?という思いをほんの少しかもしれませんが、共有することができたからだと思います。高齢者大学の学生さん、サークル活動や講座に来てくれる住民、青年団員などなど、本当に多くの人たちがこのまちに生活していることを改めて認識するとともに、もっともっとこのまちに住む人たちと交わり、話しをしなければならないのだと感じています。そして今、図書館の時とは違った課題、方法などが見えてきて、改めて社会教育の使命は何か?図書館は本を貸すだけ、公民館は場所を貸すだけでいいのか?と自問自答しています。

そのような状況の中で、私は一日も早くその使命達成に向けて動き出さなければならないという責任を感じつつ、日々過ごしています。最近、私は道立図書館の鈴木浩一さんが言っていた「書を捨てよ、まちに出よう」の意味を改めて噛みしめています。

 

多くの人に支えられて

 16年間を振り返ってみてもやはり反省すべき点ばかりで、何らメッセージなどというものは残せない気がします。ただ、この16年間で多くの図書館関係者にお会いし、示唆に富むお話しを聞けたことは本当に幸せでした。そして、多くの関係者にご迷惑をかけてきたこともこの紙面を借りてお詫びとお礼を述べたいと思います。

私が唯一自負していることは、「図書館を思う気持ちは冷めなかった」ということです。だからこそ多くの関係者や研究者、特に慶應大学の糸賀先生には「お金がないのですが…」という枕詞を添えて何度も無理なお願いをしました。北見市の図書館連続講座では公の場での活動はすでにされておられなかった澤田正春さんが講演を引き受けてくださいましたし、日本図書館界の重鎮・竹内セ先生も講師を引き受けてくださいました。それもこの地域の職員同士がつながり、そこから広がったつながりがあって実現できたのです。それは私に熱い思いがあったからこそ、つながりが広がり多くの方々に協力いただけたのだと自負しています。その思いを感じていただいた結果が薄謝にも関わらずある種の使命感を持ってご協力いただけたのでしょう。やはりこの仕事、「熱い思いと人のつながりを大切にすること」は最も重要な職員の資質なのだと思います。

 

結びにかえて

 平成2110月の藤女子大学の土曜講座でお聞きした片山善博さん(慶應大学)のお話しは非常に分かりやすく、刺激的でした。その中で「図書館の使命は、市民の自立を支援する知的拠点である」とし、「これからの時代、公共事業だけでは地域は活性化しない。図書館を中心とした自立したまちづくりを進めるべきで、それは実現可能だ」と話されました。実に壮大な話しですが、それは我々にエールを送ってくれたのだと思います。

 そんな重大な役割を今後図書館が担っていくとしたならば、「本が好き」というだけで乗り越えられるのでしょうか?

 私は改めて、「本が好き、地域が好き、そして何より人が好き」という熱い思いと、地域の人のつながりを大切にして、自立したまちづくりに向けて何をすべきかをしっかりと見据える必要があると思っています。この10か月で、前より地域を知るようになり、最近ようやく「やっぱり人が好き!」と思えるようになった社会教育主事の大林であります。

 

(おおばやし せいじ:北見市教育委員会留辺蘂教育事務所)