図書館は成長を続ける・・・

〜記念事業を通して思ったこと〜  

       中 村 由 美 子 

 


人口25,000人(当時)の町に1,154uという広さを持つ町民待望の図書館が誕生したのは平成3629日のことだった。後志管内の町村で初めての図書館でもあった。

子どもからお年寄りまで、すべての方が気軽に立ち寄り利用できる“みんなの図書館”そして多様化・高度化する社会に対応できる“情報源としての図書館”そんな図書館を目指して、蔵書37,000冊、専任職員5人でスタートした。

開館パンフレットには、「図書館のあるくらしがいまはじまる・・・」とコピーがつけられた。

初代水口忠館長は「・・・資格を持つ人もそうでない人もウチの様な小さな図書館ではみんなでやっていかないとならない。カウンターも選書もみんなでやりましょう!」という趣旨のことをおっしゃって、図書館活動の理念を先頭きって実践してくれた。

以来20年、たくさんの先達たちのおかげで、今を迎えることができたと改めて感謝している。

 
 20周年記念に何かをしたいという思いはずっとあったが、事業費が予算から消えて久しい館としては、今度もボランティアにお願いするか、用紙代をやりくりして自前で記念誌を作成するか・・・などと、考えていた。反面、時間も余裕もないのに無理をしなくてもという言い訳も心の中にあった。

でも、もしかしたらメディアで取り上げてもらえるかもしれないこんなチャンスを逃す手はないし、図書館の存在をアピールしたいという魂胆もあり、知恵を絞ってみた。

そして昨年6月にかけて、三つのことを行った。

  一つは、開館に合わせて公募採用したシンボルキャラクター(特産のリンゴの上で子どもが本を読み、かたわらの小鳥が見つめている作品)の、<本を読む子ども>に名前をつけてもらうことにした。 広報や新聞で募集をかけたところ、町内外の2歳から71歳までの方から38点の応募があった。『図書館で本を読んでニコッとなるように』ということで、小学生が命名した「ニコットちゃん」が選ばれた。

二つ目に、「新聞で見る図書館のあゆみ」として、20年間に新聞掲載された自館の記事をパネル4枚分に貼れるようピックアップして玄関ホールに展示した。

来館した人たちが足を止め、見入ってくれた。「いろんな行事をやってきたんですね」などたくさんの人からいろいろな反響があった。私自身も、新聞にこんな風に採り上げてもらったのかとか、なつかしい思いとともに、これはまた使えるかもしれないと気づかされた点もいくつかあった。                          

三つ目に、単行本が23冊入る新聞紙をつかったエコバッグを製作した。これは、蔵書に参考となる資料があったので、あとは合間を見ながら準備をして、記念日当日、先着50名の方にプレゼントした。新聞にでていたのでもらいにきたという人や、孫にあげたくてという人などが来館してなかなかの好評だったが、返本にきた方に差し上げようとしたら、「うーん、もらっても使い道に困るので結構です」とそっけなく断られたりもした。図書館には実にさまざまな利用者がいるのだということを思い知らされた。 

 

記念事業というにはささやかではあったが、図書館の活動を少しでも知ってもらい、より親しんでもらうという狙いは果たせたのではないかと思う。そして、目論み(?)どおり、記念日当日の北海道新聞(後志版)には「本と町民を結び20年。蔵書11万冊、催し多彩・・・」と写真入りで図書館が紹介された。

生まれてから成人を迎えるまでの人の成長は目を見張るものがあるが、では図書館はどうだろう? 一人前になっただろうか? ここで暮らす人たちの生活に溶け込み、地域のなかでの大事なコミュニティの場となっているだろうか?などと、あれこれ考えることができたのは、ともすると日常業務に流されがちになる日々のなかで、立ち止まり、仕事を見つめなおす本当に良い機会となった。

人も減り、予算も減りという厳しい状況にはあるが、支えてくれるたくさんの人たちがいる。たくさんの人たちの思いを力に変えて、本を絆にこれからもしっかりと歩み続けて行きたいと思う。

 

(なかむら ゆみこ:余市町図書館)