菅原峻先生の思い出
                                               丹 羽 秀 人

 


はじめに

20116月菅原峻先生が亡くなった。菅原先生には私は鶴見大学で司書資格を取得した時「図書館建築論」の教えを受けた。先生から図書館建築を教わり、それを実践できた数少ない教え子だと思う。

先生とのお付き合いはその後も途切れなかった。図書館流通センターに勤務していた時代、時々飯田橋の事務所に書類を届けたり、原稿をいただきに伺うことがあった。先生が講師を務めるセミナーに参加したこともある。仙台近郊の温泉で開かれたセミナーで、図書館への転職を相談したとき、とにかく勉強を怠らないことと忠告いただいた。

その後石狩市の図書館開設準備室に勤務するようになると、設計会社が委嘱した顧問として毎月のように来道される先生と深い付き合いが生まれ、開館後もそれは続いた。今日私が図書館運営の仕事をしている根幹は、菅原イズムといって間違いない。

菅原先生は一生を図書館発展に尽くした人であったが、その業績は正当には評価されているかは疑問である。図書館員としてでもなく、市民運動の旗手でもなかった立場での仕事は、十分に理解できない人は多い。先生はこの二つをつなぐのが、私の仕事といつもおっしゃっていた。亡くなられた今、先生を知る我々が業績を語り継ぐ必要がある。

晩年の先生が北海道に来られた時、一緒に過ごす時間がかなりあり、色々なお話しを聞くことができた。石狩の番屋の宿がお気に入りで、「娘が温泉に一人で入るのを心配しているんだ」と言われていたので、一緒に泊まった。秘湯といわれるニセコの鯉川温泉に泊まったこともある。この時先生の生い立ち、図書館への考えなど多くのことを聞き話した。しかし話しをしたのは、車の中や温泉に浸かりながら、或いは食事の時や布団に入って寝る前などで、記録を全くとっていない。全て採話をしていれば面白い本ができ上がったかもしれないが、私の記憶を中心に、あいまいな部分もあるが書き進めたい。

       

戦時中の先生

菅原先生は1926年北海道の八雲町で生まれ、旧制中学校を卒業後八雲町役場に入った。日中戦争から太平洋戦争の戦時中に教育を受けた世代であった。戦時中であったのに、八雲の中学校では修学旅行があったそうだ。しかし今とは違い、八雲町から渡島半島を横断し熊石に出て、更に函館まで全て徒歩、その上函館ではボート漕ぎが待ち受けていた。これは将来中国戦線での行軍をイメージした旅行だったのではないかと思う。函館からは列車での帰郷に、当時の中学生はようやく一息ついたと、先生は話されていた。

役場に就職しても軍隊への召集が待ち受けている時代である。軍隊では新兵いじめが横行していると聞いていた先生は、未成年で召集年齢ではなかったが、少年兵を志願し、神奈川県相模原市淵野辺にあった兵器学校で学ぶ特別幹部候補生となった。候補生になると即日二等兵を飛び越えて一等兵になり、卒業後は下士官となるため、いじめられずにすむと考えたからだ。自分たちより年長で招集された新兵は二等兵なので、町で彼らと出会うと向こうから敬礼してきたと聞いたことがある。先生の弟である勲さんによると、機械好きであったことも、兵器学校志願の理由だったそうだ。淵野辺は私が大学時代住んでいた所だが、旧日本軍施設があった場所は米軍施設となっていた。しかし、候補生になっても昭和20年ではまともな養成などできず、空襲の合間に塹壕(ざんごう)掘りばかりしていたということである。

 

戦後の公民館時代

敗戦後復員し役場に復職した。数年前先生と道南を旅行し、八雲町周辺を周ったことがあったが、役場時代ここに来て何をしたなどと懐かしそうに話してもらったことがある。当時は車などないので、遠くとも移動は自転車だった。

職場は戦後新設された教育委員会で、やがて公民館に設置された図書室をまかされるようになった。これが先生の図書館人生の始まりである。戦争が終わり、生まれ故郷の仲間たちと過ごした楽しい青春期だった。公民館の図書室も、ボランティアで引き受けてくれる人もいて、夜間開館もしていたという。

その頃の先生は、図書館というものは何も分からずとにかく運営していたが、思い立って函館の図書館を訪ね、整理から図書館のイロハを教わった。その時教えてくれた岡田弘子さんから、東京の図書館職員養成所というものがあり、彼女もそこを出ていることを聞いた。そして一念発起して役場を辞めて上京し、図書館職員養成所と法政大学に入学し学ぶことになる。

 

図書館職員養成所から日本図書館協会へ

東京では図書館職員養成所と法政大学二部に通われ、前川恒雄さんたちとともに、勉強に、八雲町時代から始めていた短歌にと忙しい毎日を送った。『ず・ぼん』のインタビューなどで、当時のことを話されているが、私にも前川さん(先生はいつも前川君と呼んでいた)と一緒にコッペパンを食べ、ジャムは贅沢だからこげをつけて焼いただけだったことなどと楽しそうに話していた。

養成所時代講師の服部金太郎さんから教わったそうだが、私が鶴見大学でレファレンスの授業を受けた講師も服部金太郎さんだった。服部さんのことを話すときは、先生と私は師弟ではなく、同窓のような気分になれたものだ。

養成所卒業後は同じ北海道出身の三浦信一さんの紹介で日本図書館協会に入った。三浦さんは、私が図書館流通センターの札幌営業所長をしていた頃、札幌の大学で図書館学の講師をされていて、その勉強のためにMARCについて教えてほしいと連絡があり、菓子折りを持って営業所に来られたことがある。私のような若輩にこのような対応をされる謙虚で熱心な方だった。

この時代、図書館員は優れた仕事をすると、お互い引き合い異動した。動きは実にダイナミックで、それが弾みとなり、『中小レポート』『市民の図書館』につながっていった。今閉塞感が漂うのは、一つには人の交流が少ないからではないだろうか。事態を打開するのは機械ではなく人である。

 

「市民の図書館」

図書館協会時代のことは先生も様々な媒体で書かれているが、特筆すべきは『市民の図書館』の刊行であろう。『市民の図書館』は前川恒雄さんが中心になり、増補版の「付 その後の発展、ほか」は菅原先生であるということは聞いていたので、本人に確かめるとその通りということだった。以前は図書館員のバイブルだった『市民の図書館』も、もう古い、貸出至上主義でレファレンスを重視した内容ではなかったから、今日の図書館は専門性を発揮できていない、という人もいる。このことは随分先生と話したが、批判は十分承知しておられた。1960年代までの図書館は、現在に比べると数は少なく、サービスレベルも低かった。そんな時代に、現在の物差しは当てられない。貸出しすら十分ではなかったのだから、「市民の図書館」の主張は正しかったのだ。先生はそれより「市民の図書館」に替わる新しい指針を出せない、日本図書館協会に苛立ちを隠せない様子であったし、サービスレベルが上がったといっても、地域格差は開くばかりで、「市民の図書館」にまったく及ばない地域がまだ多く残っている現状にも深い憂いを持っていた。

 

ライブラリー・システムとコンピュータ

先生が日本で実現したかった図書館とはどのようなものか。このことも話すことは多かった。先生の理論のバックボーンは、世界各地の図書館を回り研究してきたことである。世界各地の図書館をこれだけ数多く訪れている人は稀であろう。アメリカの田舎の図書館では、日本から来て、観光資源は全くない場所に図書館だけ訪れることに、奇異の目でみられたことなど、楽しそうに話してくれたこともある。そして見て回った図書館で、日本にないのが、ライブラリー・システムである。ライブラリー・システムとは日本の小さな県、北海道なら振興局(旧支庁)管内くらいの地域で、図書館がネットワークを組み、中心館もある広域図書館サービス網といえるものである。晩年の先生は県立図書館不要論に与して、かなり誤解されていたようだが、日本の県立図書館が県の中央館として必ずしもサービスの中心になっていないことへの不満だったと思う。先生が意図したライブラリー・システムの中央館は、多くの分館を持つ政令指定都市の中央館が果たす役割りに近い、直接サービスの拠点となるものだった。

コンピュータ時代になって、利用者は自治体の枠など飛び越えて資料の検索を行っている。このような時代になるから、ライブラリー・システムが必要になると著書『これからの図書館』に書いたのは1993年のことだ。家庭にコンピュータがまだ普及していない時代に、もう見越していた慧眼に驚く。早くからご自分でもパソコンを買い、インターネットもされていた。これも図書館にコンピュータが深く入り込むと考えて、自身もコンピュータに触れようと思ったからにほかならない。先生は筆まめで私もいただいた手紙、ハガキを随分持っているが、メールのやりとりもかなり頻繁だった。一時はメールマガジンも出されていた。私が図書館から市長部局に異動していた時メールマガジンに小論を書いたことがあったが、図書館から離れて仕事をしていることで、ご自分と親友たちの名前を合成したペンネームを付けてくれて、その名前で書いていた。

 

石狩市民図書館との関わり

 先生の事務所である「図書館計画施設研究所」の仕事で一番大きなウェイトを占めていたのは、図書館の基本計画を立案し、その計画を基に設計するとき、アドバイザーとして設計に携わることであった。このようにしてでき上がった図書館は、みな名建築図書館といって差し支えないものばかりである。先生が基本計画を作った図書館は100館を超える。石狩市民図書館はそうして作られた北海道で唯一の図書館である。

 石狩市と先生の接点は、当時の図書館開設準備室長だった石沢修さんが作ったものだった。石沢さんは、新しくできる図書館を本当に良いものにしようと、自分で出かけていって見て聞いて情報を集めていた。必要と思った人物には会いに行った。その第一歩として菅原先生に会い、基本計画策定を依頼した。私は基本計画策定時にはまだ石狩に転職する前だったが、石沢さんとは頻繁に会い、情報もいただいていた。先生が札幌に来られた時は、石沢さんと一緒に会うこともあった。

 基本設計が始まった時は、すでに石狩市の職員として、直接携わることができた。設計には石狩市教育委員会では、図書館情報大学(現筑波大学図書館情報学群)の植松貞夫教授を設計アドバイザーに委嘱したが、同時に設計する環境設計は先生を顧問として指導を仰ぐことになった。石狩市民図書館は、菅原先生、植松先生の意見をバランスよく取り入れ、設計者である下村憲一さんや家具デザイナーの大阪克彦さんのセンスの良さで仕上げた贅沢な図書館である。

 しかし設計時には先生の厳しい面を初めて知った。これは良くないと思ったら、北海道建築界の大物である下村さんを容赦なく叱りつけ、北海道デザイン界の重鎮である大阪さんにも書架の図面を何回も書き直しさせた。私も担当だったコンピュータや事務室の配置などで、ここは良くないと厳しく叱られたことがあった。それでも下村さんをはじめ設計チームは先生を尊敬し大事にしていたから、図書館が開館した後も、先生が石狩や札幌に来られる時は駆けつけてくれた。この図書館の建築に携わった人たちは、こんな楽しかった仕事は他にしたことがないと言ってくれる。この人たちのおかげで、本当に幸せな図書館が誕生した。

 

おわりに

 菅原峻先生がいなければ、素晴らしい図書館があるといわれている伊万里市、苅田町、小川町、君津市、そして石狩市も、全く違った図書館が建っていたであろう。この他にも菅原先生が関わって見事にでき上がった図書館は数十館にのぼる。菅原先生と仕事をしたことで、大きな影響を受け、水準の高い図書館を作り続けている建築家は何人もいる。直接関わっていなくても、先生の影響を感じる図書館は数多い。

 しかし先生が求めたのは、素晴らしい建築ではなく、素晴らしい運営をする図書館だった。アメリカの田舎町で感動した図書館は、建物はたいしたものではなかった。司書と利用者のコミュニケーションに感動したのだ。

 たしかに建物は残り、菅原峻の名も残るかもしれない。そのために先生の人生で成し遂げた功績は大きい。だが、本当に素晴らしい運営をする図書館を作る仕事は、緒に就いたばかりだった。その意味で、先生にはもっと生きて、もっともっと指導してほしかったと切に思わざるを得ない。

 

(にわ ひでと:石狩市民図書館