ホームへ戻る



        私にとっての学びとは
                  
               工 藤 雅 子

 


“学び”というのは、どの職、どの立場でも必要なものだ。専門的な知識・技能が必要な職種・立場であればなおさらである。

 さて、私たち図書館職員。研修会や講習会など“学ぶ場”というのは設けられている。規模も内容も様々である。しかし、その機会は均等といえるのだろうか?

 規模の小さい、ギリギリの職員数で開館している館では、数日間研修を受けに行くのはなかなか困難だ。また、どの自治体の財政も厳しい中、旅費の確保もままならないということもある。そして地理的な問題。都市圏であれば研修に参加することも難しくはないかもしれないが、広い北海道では半日間の研修に移動で1日を要する、という状況も少なくない。

 かくいう私も2日間の研修の参加はできないことが多い。一番の問題は勤務ローテーションである。興味のある研修会は手弁当で行くのはまったく苦にはならないし、移動も札幌から1時間弱のため、札幌近郊で実施される研修会には参加しやすい。しかしローテーションはどうにもできない。最低限の勤務人数を割ることはできない、事業がある、はずせない会議があるなど様々な要因が関係している。

 それでは、ローテーションや予算の問題、距離の問題などをクリアできないと学ぶ機会が与えられないのは仕方のないことなのだろうか。

 勤務人数も少ない、旅費も暇もない、遠くでやっている研修会なんてほとんど他人事・・・そういう状況にある人ほど研修の場に参加してほしいし、様々な事例を学んでほしい。そこでひとつのアイデアが「研修に参加した人が研修に参加していない人たちに研修内容を説明する」研修を開催することだ。ほとんどの館がやっている「自分が参加した研修の内容を他の職員に説明する」ことを同じ図書館内ではなく、図書館間でできれば理想的だと思う。近隣市町村でも良いし、管内レベルでも良い。そうすることで、遠くの研修会に参加できなくても研修の内容がある程度(あくまである程度だが)把握できるようになる。もう実施している所もあるとは思うが、未実施の所は是非考えてほしい。

当然、研修に参加するだけが学びではない。自分で様々な文献や情報を集めて学ぶこともできる。

 また、研修の講師や発表者を務めるというのも学びといえる。最近、研修の講師を初めて務める機会を得たが、参加していた受講者以上に自分にとっていい経験になったと感じている。講師をするためには曖昧な知識では臨めないので、テーマについての勉強をし直した。本を読み直し、調べ、自分の経験に照らし合わせて考えた。その内容が十分だったとは思っていないが、インプットするだけではなく、それを咀嚼し、アウトプットするといういい経験ができた。

 そして今回、この「北の図書館」に文章を書く機会をいただいたことも学びのひとつとなった。自分が今何に興味を持っているのかを考えさせられ、気づかされたいい機会になった。

 研修会などに参加することで得られる経験は得がたいものではある。できるだけそういう機会を持ち続けたい。しかし、それが難しくても何か情報を得たり、学んだときに「自分だったらこうする」「自分の館だったらこうする」という意識を持つだけでも、ただ聞いてメモするだけよりも格段に違うだろう。

これから多くの図書館では人員も予算もどんどん減っていく可能性が高い。その中でどう自らの“学び”(インプット→咀嚼→アウトプット)を実現、発展させていくか、それをどうまちの図書館サービスに繋げていくのか。その意識を持ち続け、実行していける図書館職員でありたい。

 

(くどう まさこ:砂川市図書館)