ホームへ戻る






    アナログとデジタルの素描

                            小 杉 元 一


(どっちが優れているか)

テレビの放送がアナログ放送から地上デジタル放送に移行するなかで、アナログやデジタルということばが頻繁にひとびとの口にのぼるようになった。しかし、アナログやデジタルということばが、どういう内容を持っているかということは、そのわりにはあまり関心がはらわれていないようである。せいぜいが今はやりのハイテク製品にむけての漠然としたイメージでデジタルを、またコンピュータに頼らない人間の感性や勘の世界をアナログとみるような程度だといっていい。

では本当は、アナログやデジタルということばをどういうふうにみてゆけばいいのか。むろん厳密に定義すればこと足りるというわけではない。そんなことは袋小路に入るだけだ。大事なことは素朴に語れるかどうかということになるに違いない。そういう視点でみていくと、アナログやデジタルの違いは、よく引き合いにだされるように、時計でもっとも単純にイメージ化できるだろう。いうまでもなく、長針と短針が時間を刻々と表示してゆくものがアナログ時計、それに対して時間を数値で表示してゆくだけのものがデジタル時計ということになる。アナログ時計は、時刻を表示するだけではなく、時間を刻んでゆく過程をも情報として表示している。しかしデジタル時計は数値を表示しているだけで、体温計の数値の表示とそんなに違いはない。

もっといえば、一方は日時計による時の動きのように、片方はソロバンの玉の動きのように、象徴的にみてもいい。日時計の情報の動きは、精密でもなければ、そのときの天気に表示を左右される。だが人間の感性に沿っている。これに対して、ソロバンの玉は0と1の組み合わせのように、迅速即答に指先で処理される。決して数値を表示してゆくのではない。数値を処理しているのだ。これは極めて機械的な脳の反応のように思える。こんなふうに素朴に見る限りはアナログにしろデジタルにしろ、どちらが優れているか、劣っているかなどとは、簡単にはいかない。

しかし現実には、デジタルな世界が一見、優勢なようにみえる。またデジタル世界の象徴ともなっているコンピュータ器機やネット社会の進化は、おおきく眼をみはるものがある。だが暗黙のうちに、社会はデジタル化のもとに進化しているのだということが、共通感覚化されているようにみえるのはなぜか。

(公共図書館のデジタル化について)

ことは公共図書館の現場であろうと、いまだ電算化されていないちいさな図書館であっても、デジタル化の波を無視することができない。たとえば資料の検索ひとつをとってみても、今は他館の蔵書や情報をも対象とせざるを得ないことが、自明になっている。だから電算化されていなくとも、インターネットが利用できる事務用のパソコンは不可欠だといわれてきた。自館の蔵書目録を、こつこつと手書きで整備してゆくことと同時に、ネット上の書誌情報を必死にさがしてゆく作業が共存せざるを得ない図書館はまだ、たくさん存在するに違いない。

もっといえば、電算化もされていない公共図書館がたくさんある一方、多機能型端末向けの電子資料を貸出している公共図書館があらわれて話題になっている。そこまで極端な例をもってこなくても、古文書や古地図などをデジタル資料として自館のホームページに公開している公共図書館は確実に増加している。今や一様に公共図書館といってもそのデジタル化の度合いによって、図書館間の格差は大きく広がっていくばかりだ。

こういう状況が暗黙のうちに強いていくものは何か。それは、図書館もまた、進化をするためにいっせいにデジタル化していかなければならないという神話のようなものだ。たぶんこの神話は、図書館間の格差とは、情報の取り込みと活用の格差であるという、漠然とした思い込みからやってくるような気がする。どれだけ情報を取り込み活用できるかは、どれだけ図書館の機能や技術がデジタル化されているかにかかっているといった社会的な思い込み現象のように思える。

もちろん、図書館にとって、デジタル化の推進は単なる思い込みだけで構築されているわけではないという考え方もある。デジタル化の推進とは、もっともシンプルにいえば、情報を資源として扱う世界のことであり、システムの資源として広域的・社会的に活用するためにデジタル化するのである、と。だがいうまでもなく、情報資源というのは多種・多様な形態を持ち、内容も玉石混淆だといっていい。さらにいえば、ネット情報だけに限定しても、ありとあらゆる情報は、ありとあらゆる形式でデジタル化されている。たとえば、行政資料や各種の論文や文学作品などは、ネット上のいたるところでデジタル化されたファイル資料として公開されている。また画像資料や音楽資料などは枚挙にいとまがない。だが、これらの膨大な情報から、必要な情報や資料を選りすぐって、うまくダウンロードしてみても、利用できなければお笑い草になる。メールに添付されたファイルを開けなければ、メールが意味を持たなくなるようにだ。このようにデジタル・ファイルを開くためには情報が梱包されている器を変換しなければならない。そのためには、それぞれのファイルに対応した変換ソフトを操ることが必要となるというわけだ。

これをもっと敷衍化していえば、情報というのは無尽蔵だが、それを資源化するためには、人間がそれを取捨選択し、処理し、変換しなければならないということになる。この人間というのは、公共図書館にとって司書という現場の職員以外にはいない。さらにいえば、パソコンに習熟しているだけで情報を選り分けられないし、ましてや情報資源を、加工し、分類してゆく処理はできないといっていい。また資源となった情報を、地域の住民に公開して活用してもらうためには、レファレンス対応や情報資料の案内対応だけでなく、ホームページやカウンターなどで資源の情報を発信していかなければならない。つまりはデジタル化の推進は、司書という職員が、公共図書館の役割をきっちりと果たしてゆくこと以外にはないということである。

(情報の人間化について)

このようにデジタル化への推進は地道で複雑だ。また、現在、どのようにデジタル世界が優勢にみえ、社会がいっせいにそちらに流れていくようにみえても、本当は、そこにあるのは格差だけのように思える。デジタルな情報機器が、どんなに流通しているようにみえても、まだまだそれは一部だけの社会現象に過ぎない。さらに、東日本の震災以後、社会は新しい貧困のかたちが拡大しているようにみえる中で、情報格差はさらに際立っていくように思える。

そういう情勢の中で、公共図書館はどうデジタル化の流れに対処してゆけばいいのか。簡単にいえばこうだ。公共図書館にとってデジタル化はすべてではない、それほどこの社会は単純じゃない、と考えることである。さらにいえば、公共図書館のあり方は地域住民の生活のあり方にかかっている。図書館だけが突出し、住民の生活を置き去りにしながら進化してゆくことはありえない、と。さしあたっては、それで充分ではないか。

そんなところで、アナログとデジタルのイメージを追っていくうちに、むかし子どもの時にテレビでみたイタリアのコントを思い出した。それは、噴水のある人工池の縁石に、池を背中で取り囲むようにして、身なり格好の似たような紳士たちがぐるりと坐りながら、みなおなじように新聞を広げて坐っている情景からはじまる無声のコントだ。

真ん中に坐っているひとりの紳士が、新聞から顔をあげ、おもむろに煙草を取り出すがマッチがない。それで右隣の紳士にマッチがないかと手振りでたずねる。たずねられた紳士も持ち合わせがないので、またおなじように右隣の紳士にたずねるのだが、そこもないというわけで、次から次におねがいごとは右回りで、紳士たちに伝えられて池の周りを一巡する。そのあげくは、マッチを持っていたのは、煙草を吸おうとしていた画面上の、真ん中の紳士のすぐ左隣に坐っていた紳士だったのである。さらに、滑稽至極といおうか、マッチはその右隣の紳士に渡されずに、左隣に渡り、池の周りを逆に戻る。これもまた紳士たちはひとりひとり順繰りに、新聞から顔をあげマッチを手渡してゆくのだ。

こんなコントが、なぜ何十年も鮮明に記憶に残っているのかはわからない。ただ思い出すことによって、それがアナログとデジタルの世界を象徴化しているように思えるのである。いうまでもなく、ここでのマッチは情報であり、情報資源でもある。コントの滑稽さは、その情報がアナログ式に伝播してゆくことに発生する。0と1の組み合わせでデジタルに情報が発信されれば、マッチのやりとりは、中央の二人の紳士だけのあいだだけで解決されたのに。だとすると、これはただ、アナログの世界を笑いものにするだけなのか。そんなことはない。このコントのテーマはやさしい紳士たちの行為だ。つまりは、ほのぼのとした人間の行為が笑いの対象になっている。この紳士たちの心配りとそこからくる可笑しさがなければ、マッチ(情報や情報資源)の有難味は感じられないだろう。

このように、アナログとデジタルの場に表出される情報の価値は、どれだけ人間の顔が見えるかによって決まるに違いない。

(こすぎ もといち:元本の森厚岸情報館)