電子書籍ウォーズと図書館

                        加 藤 宏 二

1.はじめに

「電子書籍は本なのか?」と問うことはもはや愚問というべきか。すでに電子情報によるコミュニケーションは日常生活の中に深く入り込んでいる。図書館のほうでは、レファレンスツールとして紙#}体の冊子目録よりも電子情報のほうを真っ先に探ってみる度合いが多くなってきている。冊子体は電子情報の真偽、その裏づけをとる脇役に追いやられている始末だ。2010年という年は「電子書籍元年」といわれ、奇しくも「国民読書年」と重なるなど、専用端末メーカーと出版界にとっては新たな時代の到来、ビジネス・チャンスの年となった。電子書籍ははたして紙媒体としての書籍を凌駕するのか? 出版不況のさなか、復活の切り札、救世主となりえるのか? 読書の新しいスタイルを確立することができるのか? 図書館はそれをどう迎え撃つのか? 

 

2.電子書籍端末がもたらす衝撃

 10年以上前の現代の図書館』(1998.3に電子図書館と「紙」の世界≠ニ題して特集が組まれている。今日的な観点からいうなら、「電子情報と紙媒体との優劣」、「電子図書館への疑問」やら「ペーパーレス社会」、「マルチメディア論」など、どの論文も基本中の基本で共感を得るものもないわけではないが、その論文が書かれた時代から10年経た現代からみると、いささか古びてしまった感をぬぐえない。当時と現在では情報環境がまるで異なっているからだ。「ISDN」通信から「光」へ。この技術革新のおかげで新しい未来社会、情報社会の可能性が開けてくる。時系列を考えてみよう。電話回線から光回線へ。携帯からスマートフォンへ。レコードは廃れ、CDからDVD、ブルーレイへ。家電はネットワークを組み情報家電へ。車はガソリン車からハイブリット、EVへ。そして、近未来を先取りしたようなAppleiPad(電子書籍端末だが、ホントはモバイル型PC)の登場。2010年1月米国で発売されるやいなや爆発的なヒットを飛ばす。ほかでもない、この端末が与えた衝撃は米国のほうが大きかったにちがいない。というのもSF映画・TVドラマ「STAR TREK」で描かれた未来社会が実現しているであろうテクノロジーの一端を彷彿させるからだ(*1。クルーたちがもっているのは情報パッド。iPadの未来型端末。コンセプトがそっくりだ。情報を記録するものは紙ではない。ペーパーレス社会はすでに実現しており、紙は登場しない。記録はもっぱらコンピュータに音声録音される。日本ではこのiPadに続けとばかりに数社のメーカーが参入。ソニーは「リーダー」端末、サムスンは「ギャラクシータブ」、NECビッグローブは「スマーティア」、シャープは12月に「ガラパゴス」を発売したばかり。かつてないほどの活況を示している。紙媒体にない読書のしかけ、付加価値をつけたところがこうした端末の強みとなっているのだが、出版業界はもろ手を挙げて歓迎しているかというと、そうでもないらしい。ただ、大手の印刷会社や趣旨に賛同する出版社が名乗りを上げて、ともに書籍や雑誌のデジタル化に乗り出している試みは存在する。電子書籍を読む環境はしだいに整いつつあるといっていい。

 端末が普及し、デジタル社会がいっそう進むとどうなるのか? 端末の中にまるごと図書館が収まる格好だ。いや、それ以上かも。図書館は変革を余儀なくされるのはまちがいない。存続問題はまぬがれも旧態依然の図書館はお蔵行きだろう。情報先進国の米国の先例をとろう。リーマンショックからわずか1年半で全米にある150紙の新聞が消滅している(*2。どんなすぐれたジャーナリズムも売れなければ消滅する。大手の書店も危機に直面しているという。8月、B&N(バーンズ・アンド・ノーブル)も電子書籍の影響で売り上げが落ち込み、会社の売却を予定しているというのだ。日本へも危機が及ばない保証はない。新しい潮流には常に悲喜劇を生む運命にある。

 

3.ネット革命と図書館

 google(グーグル)が図書館の本をまるごと電子化した、いわゆる「グーグルブック」が先陣を切り、続いてグーテンベルグ・プロジェクトアマゾンの全文検索が登場。そして日本だけではあるが、20103月、日本最大級の図書館蔵書検索サイト「カーリル」が誕生したのは衝撃的な革命であった(*3)。いながらにして世界中の原著に出会えるのだ。かつては参考文献表や目録程度しか目にしなかったものが、全文テキストをダウンロードして読めるのである。読書好きとしてはこれほど幸せに感じたことはない。本が読めるのであれば紙であろうと電子であろうとどちらでもかまわない。ネット革命はランガナタンの理想をもののみごとに実現したものだ。デジタル社会を迎える図書館は今後どうあるべきなのか?   長尾真国立国会図書館長の電子図書館構想参考としてみよう。なにしろ国立国会図書館では400万冊の蔵書の電子化をめざすとアナウンスしているところ。抜粋すると、

「国会図書館は出版社から電子本や本のデジタル・データを無料で提供してもらい、「電子出版物流通センター」と仮に名づけた外部組織を通して有料配信する。館内での利用は無料だが、利用者は自宅などどこからでも国会図書館が作成した目録を使って直接ダウンロードして借りられる。」という(*4)。

 

近未来はおそらくこうなる

@「光の道」構想(*5)、長尾プランが実現し、図書館はハイブリット型図書館と電子図書館に二極化する。

A貸出、返却、延滞という概念がしだいに消滅していく。対面朗読サービスに変わって、電子書籍端末がテキストを読み上げてくれる。端末の書籍画面を自由に大型TVに飛ばして読むことが可能に。

B電子書籍端末によって、ほんとうの意味での「いつでも、どこでも」利用できる環境が実現する。そして、将来的には家電等のコントロールを含めたプラットホームになる。

C「図書館電子化構想法案」が制定され、新旧を問わず、図書館の電子化への道が開かれる。

D多くの著作がデジタルで発表され、売れ筋のものだけが紙媒体に再利用されていく。

E図書館司書ではなく、インテリジェンス・サーチャー(知の調査員)が求められる。

 

4.おわりに

 先日、わが館に若いお母さんからこんな質問が寄せられた。「動物がでてくるお話しで手袋をもっている本を探しているのですが、図書館にありますか?」というのだ。詳しく訊ねると、お昼のドラマの一シーンにでてきたわずか10秒くらいの話しのことで、母親がわが子に絵本を読み聞かせしているときに、目当ての絵本が画面にアップで映ったということだった。それしかわからない。もちろん本の題名も著者もわかるはずもない。さすがにこの手の質問にはいつもながら窮してしまう。ほんのわずかな手掛かりしかないからだ。それでも手袋≠キーワードにして絵本数冊をすぐさま用意したのだが、ご本人には確信がもてない。ならば次の手だ。ひらめいた。心のなかで「映像ならyoutube(ユーチューブ)!」と叫んでいた。さっそくネットで調べると、昨日放映された番組がすでにアップされているではないか! 問題のシーンを再現し、本人に確認してもらい、事なきを得た。なんとか使命達成。ネットに感謝をした一件だった。

 レファレンスサービスはもうネットなしにはすまされない。ネットは情報の共有≠セという。図書館も同じだ。知識や情報を万人にわかちあうのが使命。ドラッガーがかつてこう述べた。「知識と技能では変化のスピードが違う。知識は専門化し、上下がない。公共のものであり、だれでもアクセスできる。それが知識社会だ」(*6)。

私ならこういう。「知は再利用・再生産され、新しい価値を付与される。知の流れをせきとめようとしても、いつかはあふれ出る。変化には謙虚に耳を傾けることが必要だ。社会が成熟していく過程をみようではないか」

 

(*1)米国のサイトでは、「Star Trek」とiPadの比較論を展開しているところが興味深い。youtubeではピカード艦長が iPadのような端末をもっているシーンを見ることができる。

(*2)『新聞が消える』アレックス・S・ジョーンズ、朝日新聞出版 2010年4月刊より。

(*3)「カーリル」はLibrary of the Year 2010を受賞した図書館蔵書検索サイト。検索が楽しいと感じさせる工夫はおみごというほかない。

(*4)『電子書籍の時代は本当にくるのか』歌田明弘、ちくま新書。173p〜。電子書籍の全貌が詳しくまとめられている。長尾真館長は工学博士。専門が自然言語処理・画像処理・電子図書館だから、その道の専門家を館長に迎えたんです  ね。納得です。

(*5)『決闘ネット「光の道」革命』孫正義・佐々木俊尚、文春新書。「光の道」構想は民主党が推し進めている政策の一つ。ソフトバンクの孫さんも一枚噛んでいます。この対談は一読の価値あり。

(*6)『ネクスト・ソサエティ』PF・ドラッカー、ダイヤモンド社より、ドラッカーの言を抜粋し、つなぎ合わせた

 

(かとう こうじ:町立様似図書館)