この人に聞く  −北海道子どもの本連絡会の活動−     

                    
 「すべての子らに本の楽しさを」と願って活動する北海道子どもの本連絡会に聞きました。

 

答える人:北海道子どもの本連絡会事務局長 高橋洋子さん 

 


Q はじめに、北海道子どもの本連絡会について、どういう会なのか簡単にお話しいただきたいと思います。

 北海道子どもの本連絡会は、1975年に「すべての子らに本の楽しさを」と願う本の書き手・読み手・渡し手の三者が、その多様な活動を交流し、学び合うことを目的にしてできました。当時の名前は、北海道子どもの本研究会といいました。  

 読み手といいましたが、その中には広い意味で「守り手」と言う概念も含まれています。児童文学の読者は、優れた読み手であると同時に子どもや子どもの文化を守り、育てる市民でなければならない、そうでなければ、常に支配者や権力に利用され、押しつぶされる最も敏感な子どもの文化の真の隆盛はないと、考えています。現在会員は24団体、個人は170人です。

 

Q 連絡会が行っている事業について、少し詳しくお話しください。

連絡会の事業についてですが、年4回会報『子どもの本のひろば』を発行しています。また、児童文学の評論を育てていく目的で年1回会誌『北の野火』を発行しています。『ひろば』は115号、『野火』は24号になりました。

また、大きな事業として、年に1回夏に「北海道子どもの本のつどい」を開催しています。1978年に第1回つどいを札幌市で開き、今年第33回目のつどいを檜山管内の今金町で開催しました。

また、会員や子どもの本に携わる人が交流し学び合う場として、冬期合宿研修会も開いています。そのほか、ホームページをつくって、発信しています。

 

Q 会員になっている主な団体をあげてください。

 書き手さんの大きな団体としては、日本児童文学者協会北海道支部があります。まゆ(小樽)も書き手さんのグループです。読み手・渡し手の団体は、その働きが線引きできないほど重なり合っています。おはなしそらぷちぺ´25(岩見沢)、子どもの本を読む会(根室)、旭川図書館づくりをすすめる会や各地の文庫連絡会、例えば十勝子どもの本連絡会、札幌地区子どもの本連絡会などがあります。私設文庫としてはピッピ文庫(苫小牧)やみみずく文庫(白老)があります。私のところのばらのおうち文庫もその一つです。  

 

Q 北海道各地に会員がおられるので、大変だと思うのですが、会の運営はどんな体制で行っているのでしょうか。

 連絡会の運営委員は全道各地に15人おります。2009年より会則が変わり運営委員の任期が4年になりました。運営委員長は、帯広の今本明さんになっていただいていますが、私の担当している事務局・会計(名簿管理も含め)・つどい・冬季合宿研・ホームページ・選挙管理委員は重複しながら2人体制で役割を分担しています。『ひろば』は札幌の運営委員が中心になって編集・発行しています。『野火』の編集は全道各地の運営委員が担っていますから大変です。年5回の運営委員会の時に合わせて編集会議を持つようにしています。その運営委員会で重要なことを決めていくわけですが、それぞれが忙しくて全員集まれないのが悩みの種です。

大きな行事である、年1回のつどいは原則として運営委員がいる地域で開いています。開催するにはかなりの準備が必要ですが、開催地の皆さんが実行委員会をつくり、時間をかけて準備してくださっています。

 会費は、団体会員、個人会員同じで、年3千円です。

 

Q 毎年夏に開催される「北海道子どもの本のつどい」は大変盛大でよい大会だと思います。内容について、檜山管内今金町で開催された第33回大会を例にお話しいただけますか。

つどい(大会)のメインテーマは「すべての子らに本の楽しさを」ですが、今年のつどいは、今金町で8月7日と8日の2日間、「ここからはじまる未来への1ページ」をサブテーマにして開催されました。

大きな街から離れた地域であり、今金町には運営委員もいない状況で心配しましたが、教育長さんが実行委員長になってくださって、今金町自慢の催しである「いまかね図書まつり」も兼ねたつどいになりました。行政の協力もあって、沢山の参加者と地域性のあるよいつどいになったと思います。

 初日には8つの分科会が開かれました。それは、@ブックスタート〜読み聞かせの楽しさ・大切さを知る〜、A絵本の魅力〜伝えること、手渡すこと〜、B特別支援教育〜特別支援教育の現場で〜、C学校図書館〜使おう!ひらこう!学校図書館〜、D司書のつどい〜地域における図書館の役割〜、E平和を考える〜いま、子どもたちに伝えたいもの〜、F創作 北海道から子どもたちに向けて〜多様な表現で書き続けよう〜、G子ども分科会「今金探検隊」〜デジカメで絵本づくり〜、です。

また、2日目は、絵本作家のとよたかずひこさんを招いた講演会。その後は「いまかね図書まつり」と同時進行で、語りの部屋、手遊び・わらべうたの部屋、児童文学を読もう!、図書館は今、アイヌの部屋、の5つの分科会もありました。「図書館は今」の分科会では、問題になっている道立図書館の指定管理者問題について、話しあい、参加者でアピール「第33回北海道子どもの本のつどい今金大会アピール −北海道立図書館の指定管理者制度導入の見直しを!」を採択しました。後日、このアピールを道教委等に届けました。

準備段階では沢山の行き違いなどありましたが、フタを開けてみると、今金町あげての協力体制で近隣の檜山・渡島管内をも取り込み、若者の参加が多かったのも特徴的でした。

 参加者は、学生が約100人、一般の方は700人、延べで約800人でした。これからを担う若者たちに種を撒くことができたのは良かったです。また、嬉しいことにつどいを機に今金町第1号の会員の入会がありました。今回のつどいの報告集は来年発行されます。

今年のつどいの主催者は、私たち北海道子どもの本連絡会、今金大会実行委員会、讀賣新聞北海道支社、第7回いまかね図書まつり実行委員会の4者でした。2007年のつどいから讀賣新聞さんの財政的な援助をいただいています。既に準備が進められている2011年のつどいは旭川で開催されます。

 

Q 高橋さん自身、札幌市清田区で「ばらのおうち文庫」を主宰しておられます。どうして文庫をはじめられたのでしょうか。

 1984年から1995年の10年間を旭川で暮らしました。大雪山の麓で4人の子育てができたことは幸せでした。子どもたちの通う小学校には、図書室の中に畳のコーナーがあり、そこで読み聞かせをしているひよこ読書会がありました。私もその一員として月2回“読み聞かせのおばさん”として活動していたことが基になっているのかもしれません。また、厳しい状況の時、私自身を本が支えてくれただけでなく、最も辛く本も読めない時、児童文学や絵本をいつも手渡してくれた友人の存在も大きかったと思います。4人の子どもが成人し、自宅で母親を看取った時、一つの節目を迎えたと感じました。そんな折、松居直さんの“お母さん、赤ちゃんをことばで抱いていますか?”“ことばを、たべさせていますか?”という一文に触れました。これが原動力となって、20064月から「ばらのおうち文庫」を開きました。

故マザー・テレサが来日した際“世界の中で日本の子どもが一番貧しい目をしている”と話されたことも含め、現実には沢山の子どもたちが厳しい状況におかれていることも感じています。“ここに来る子どもたちが生きる力を持って、生きる喜びを持って成長してもらいたい”と、ほんとにささやかですが、小さな祈りをこめて、文庫を開いています。

 

Q 「ばらのおうち文庫」では、どんなことをしているのか教えてください。

文庫の活動は、読み聞かせ、絵本の貸出しなどが中心ですが、ほかに読書会や講演会も開いています。一緒に活動してくれる力強い仲間がいるのは、嬉しいことです。

 文庫は毎週木曜日に開いており、零歳から6歳の子どもたちが絵本と出合い、素敵な言葉を体に溜め込んでいます。沢山の親子に来ていただけるのも嬉しいのですが、一組の親子だけのときも大切にしています。ゆったりと絵本の読み聞かせができるだけでなく、時にお母さんの深い悲しみ・痛みを共有する場にもなるからです。開設当初から来ている小学生に「土曜日も開いて!」と、要望されました。今後の検討事項です。

月1回読書会もしています。これは今来ている子どもたちの成長(中学生、高校生)を見据え、すてきな本を手渡したいとの思いで、絵本・児童文学からヤングアダルトなどの本を選んで読書会を開いています。これは渡し手としての勉強会ですが、実は私たちが一番楽しんでいます。

また、この時代をつくってきたのは、大人である私たちです。社会や時代のせいばかりにはしないで、私たちも皆で少しずつ変わっていかなければ、という思いから年に1回、講演会を開いています。これまで講師には、命をテーマにした在宅ホスピス医の内藤いづみさん、ノンフィクション作家の柳田邦男さんや、福音館書店を創設し日本の絵本界の父と呼ばれている松居直さんに来ていただいています。どの講師も一様に、生まれたばかりの新しい命から、年を重ね旅立ちの命のときまで、絵本がどれほど心深く豊かに人に寄り添えるか話してくれます。講演会は一般にも開放(有料)しています。

 

Q 子どもに本を手渡すことについて、どんなことを感じておられますか。高橋さんは、札幌市清田区の事業に参加しておられるそうですが…。

札幌市清田区に、10か月健診の子どもたちに絵本を読み聞かせする事業があります。私は事業がスタートした7年前から携わっています。私は子どもたちを見ていて、変わってきたと感じています。日常的な情報として“赤ちゃんに絵本がいいんだよ”と言われ始め、それが浸透してきた。お母さんたちが変わってきたことで、明らかに赤ちゃんに変化がではじめたように思うのです。絵本を読んでいて年々反応がいい。特に際立って穏やかに絵本に食いついてくる子のお母さんに尋ねると、「お腹にいるときから読んでいました」とにっこり笑って答える。そういう母子もでてきています。

赤ちゃんはとても面白いです。例えば『赤ちゃんのためのことばの絵本』を読んだときのことです。ページをめくって「りんごさんがころ ころ ころ ころ。」と読む、と、一人の赤ちゃんが「キャキャキャァ」と笑いだす、すると周りにいる子も絵本を見て笑いだす。ページをめくるごとにそれが3人に広がる。笑いが響きあう空間はとても心地よいものです。

また、10か月健診の赤ちゃんのお供で一緒に来ていた3歳のお兄ちゃんに『ねぇだっこ』を読んでいた時のことです。「・・・ねぇねぇ、おかあさん おさるの だっこってどんなふう?」とページをめくるごとにいろんな動物がでてきます、その子はその絵本がたいそう気に入って「もう一回、もう一回」と何度も読ませる。その嬉しそうな子を見て、周りにどんどん子どもが集まりだす。そのうちに立ち上がって体で表現し始めるんです。ページをめくると周りの子たちも一緒に笑顔で動くんです。これには本当に驚いて、「感動すると体が動いて、それがまたひびきあうんだ」と感じました。そういう体験も、子どもたちから与えられます。

 

Q この冊子『北の図書館』は道内の公立図書館に配布しています。個人的なお考えでもよろしいのですが、図書館や行政に対して、こうしてほしい、こうあってほしいということがありましたら、お願いします。

 私は図書館というところは、すごい宝箱だと思っています。人は生きたいという願いを持っていますし、知りたいという欲求も本質的に持っているものだと思います。 その人が生きる、知るための宝庫が図書館だと思います。

また、今、日本語というものにも注目しています。阿刀田高さんが「日本の言葉と文化を未来に伝える ~図書館はなぜ必要か~」という講演の中で、“資源の乏しいこの日本は、他に類を見ない豊かな言葉で、世界に誇れる独自の文化を築き上げてきた。例えば色をとっても12原色では言い表しきれない多様な表現、萌黄色・浅黄色・鶸色など繊細な色合いの表現があり、それが更に自然界を見る眼を広げ、深くしているのではないか。資源が乏しいという弱点は逆に言葉の豊かさによって、深く広い文化をつくりえる。豊かな国づくりは言葉からだ。”と話されましたが、正に図書館は“ことばの宝庫”です。北海道を活性化させようと奮闘する


リーダーたちには、目先のことにのみ心を奪われるのではなく、北海道の将来に真に大切なものは、図書館もその一つですが、大事にしていく、決して疎かにしないという気概を持っていただきたいと思います。

今回の道立図書館への指定管理者問題に関して、「北海道立図書館を考えるみんなの会」の事務局になったことで様々なことを考え、様々なことが見えてきました。正直、これほどの問題意識を持って図書館を見たことはありませんでした。そういった意味では、多くの人もまた知らないできているのではないかと思います。北海道民が我らが宝庫だと思える図書館を次世代に残してもらいたいです。

 

Q 長い時間、ありがとうございました。

(インタビューした日:平成221215日)

 

インタビューを終えて

高橋さんは「事務局の経験が浅く、知らないことも多い」と言いながらも、丁寧に答えてくださいました。子どもの本の書き手・話し手・渡し手の三者が交流し学び合う活動に、学びたい。これからもさらに発展していくことを願っております。 −図書館のヒヨコ−