インターネットの普及と情報サービス

      −問われる専門職員の力量−

                           関   秀 志

 


私は図書館関係職員の経験はなく、大学生だったころから現在に至るまで半世紀以上にわたり、専ら北海道史の調査・研究のために各地の図書館・文書館等のお世話になってきましたので、今回はその立場で述べさせていただきます。

 

 近年、博物館・図書館・文書館などの運営に、指定管理者制度が導入されるようになり、様々な問題が指摘されています。私の所属する北海道史研究協議会も、平成17年から19年にかけ、史料保存・利用の観点から、他の関係団体に呼びかけて検討委員会を設け、この制度の問題点を指摘し、北海道・北海道教育委員会・北海道議会などに要望書を提出するなど、慎重に対応するよう働きかけました。

 

 ところで、これらの機関の情報サービスにインターネットが広く利用されるようになり、資・史料の利用が飛躍的に便利になったことはありがたいことで、今後も益々充実が期待されますが、気がかりなことがないわけではありません。それは、インターネットの採用が効率化の名の下に、短絡的に専門職員の役割の軽視・削減に結びつき兼ねないことです。

 図書館に限らず、博物館・文書館における利用者の資・史料利用の形態は多様です。予め閲覧したい資・史料名が明らかな場合は検索が容易ですが、調べたいこと(調査目的・テーマ)は決まっているが、それに関する具体的な資・史料名が不明な場合が少なくありません。調査テーマから関係がありそうな資・史料名が比較的容易に推定でき、コンピュータで検索できる場合はよいのですが、そうでない場合が問題で、その館の司書などの力量が問われることになります。

 

 所蔵資料のうち、活字化された刊行書(図書)の場合は比較的利用し易いのですが、オリジナル(原典)、古文書・古記録の内容を理解するには、相当な年月が必要で、司書としての一般的な素養のほかに、地域の歴史に関する知識や古文書読解の能力が要求されます。

 このように、自館の所蔵資料、特にいわゆる郷土資料の内容を含めた全体像を理解して、初めて利用者に喜ばれる、行き届いた情報サービスが可能になると思われます。これは、道内に限らず道外、海外の図書館・文書館を長い間利用させていただいた経験からの確信です。

 よい図書館・文書館は、よい資・史料を多く所蔵するとともに、経験豊富な優れた専門職員(司書など)がいることが求められるのです。いかにコンピュータが導入され、インターネットが普及しても、このような仕事は器械にゆだねることはできず、専門職員の果たす役割は一層重要になってくるものと思われます。器械の有効な利用は大切ですが、その過信は逆にサービスの低下をもたらします。

 

このような優秀な専門職員が育つには、特定の部署(課・係)に長期間配置され、経験・研修を積むことが必要となります。また、できれば、職員を採用する際に、大学などの教育機関で関連分野の学科を習得した人を選考することが必要かもしれません。

一方で、特定の職員を特定の部署に長期にわたり配置することは、図書館・文書館の運営(人事)上、問題がないわけではなさそうです。館の人事を優先するか、利用者のニーズを大切にするかが問われるところです。

器械の導入により効率化を図ることは重要ですが、それとともに、利用者の細かなニーズを大切にして、行き届いたサービスを行うために、経験豊富な優れた専門職員を確保し、充実することが期待されます。

 

(せき ひでし:北海道史研究協議会)