図書館は誰のため? 何のため? 何をする?

                                                 近 内 栄 一

 


最初に、私と図書館の約20年に亘る関係について述べたいと思います。

 今から20年以上前のことになりますが、当時、私は市役所商工観光課で地域経済活性化計画づくりと企業誘致の仕事をしており、その中でこれからの時代において地域を活性化させるためには大量・最新の情報をコンピュータ等の機器を扱い処理することができる人材育成が大切であると感じ、当時の市長に情報化人材の育成施設をつくるべきであると提案しておりました。ある時、市長から新しい図書館建設プロジェクトの事務局をして欲しいという話があり理由を伺ったところ、これからの図書館は多面的な機能を持つべきであり、そのためには外部の情報が沢山入ってくる商工観光課に任せるのが良いと判断したとのこと。当時、教育委員会と商工観光課の間の合意形成は、図書館と異質な機能を一つの施設に持たせるのは運営管理上解決すべき課題があり難しかったのですが、市長の強いリーダーシップにより、平成37月に「市立富良野図書館・富良野市情報プラザ」としてオープンすることができました。その後、「富良野市情報プラザ」は情報化の進展の中で当初の目的を達成したということで廃止になり、現在は図書館のみとなっておりますが、当時から私は、図書館はまちづくりに関する情報拠点として活用されるべきだと考えており、これから述べさせていただく現在の図書館運営につながっております。

 

 平成8年以降、私は産業振興や中心市街地活性化等の仕事をしておりましたが、平成194月に人事異動で思いもかけず図書館長になりました。早速、図書館のことを詳しく知るため、5月の連休明けに図書館利用サークルに呼びかけ利用者団体会議を開催し、図書館運営についての意見を述べてもらいました。出席者からは、“利用制約が多く使いづらい、館長・職員の顔が見えない、職員の対応はイマイチで外の人間に冷たい、利用サークルや読み聞かせボランティアのことをもっと市民に広報してほしい”など約1時間にわたりダメ出しをいただき、行く末が案じられましたが、最も厳しい意見を述べられた方が最後に、“この様な会議は図書館始まって以来のことでとても良かった。今後も定期的に開催してほしい。”と言われ、その後、年に数回開催しているこの会議は、図書館運営における利用者参加の機会の一つになっています。私は、利用者も良い図書館を創るために欠かせない要素と考えており、日ごろから利用者には「図書館という場を通してみんなで社会勉強しましょう!利用者には権利もあるけれど義務もある。それは、他の利用者のことも考え行動し、すばらしい図書館づくりの一員になることではないか?」と言っていますが、幸い多くの皆さんに賛同していただき読み聞かせボランティアの活動が年々活発化し、図書館まつりも利用者団体が実行委員会を立ち上げ企画運営を図書館と共同で行うなど、協働による図書館づくりが進んでいます。

 また、日常業務の詳細を把握するため、図書整理休館日に館内会議を開き職員・臨時職員全員平等に図書館運営についてそれぞれ意見を述べてもらうようにしたところ、これも初めてのことで好評だったことから、現在も欠かさず続けています。

 そのような中、いつも心がけていることは、誰のため?何のため?期待する効果は?誰がする?を考え行動することにより図書館業務の見直しを続けることです。説明できない仕事は整理し、仕事の積み残しはせず、行動しながら新たな発見を仕事に反映させ、同じ仕事も毎年少しずつ変えるようにしています。

 以前は、図書館職員は楽な仕事をマイペースでやっていると思っていたのですが、実際は様々な作業を一生懸命真面目に続けていることが分かりました。残念ながら、そのことを外部に知ってもらう機会がなかったために、外部からはあまり評価されていないのではないかということに気づき、「図書館で、図書館が、図書館は、図書館に、図書館から」をキーワードに広報誌への情報掲載はもとより、地元新聞、コミュニティーFMなどで毎週図書館情報を出してもらえるよう、積極的な情報発信をしてきました。

 さらに、図書館活動の幅を広げるためには、行政内部の連携も欠かせません。社会教育施設間の連携だけではなく、子どもの読書推進では小中学校や保育所・幼稚園・児童センター等との連携による出前おはなし会、子育て支援では子ども未来課との連携による子育て支援ガイドの作成配布、環境づくりについては市民環境課との連携による市民環境展及び教室の開催など、図書館の可能性を少しずつ広げております。

 私は、これらの取組を継続する中で、図書館が地域の情報発信基地としての機能が高まり、地域づくり・町おこしの拠点になっていくと考えています。

以下、図書館における情報発信の具体的な取組について紹介します。

@ 図書館の本を多くの人に読んでもらうため、

毎月大人向けと子ども向けに分けて季節ごとのイベント、ニュース、地域の話題など様々なものを取り上げテーマ展示しており、来館者からは本の紹介が分かりやすくなったと評判です。

A まちづくり情報の収集提供としては、新聞折り込みチラシで公益性のあるものは館内掲示しています。広報誌、パブリックコメント情報、議会開催情報及び議案、市長の市政執行方針なども展示閲覧に供しています。観光客も訪れることから、観光案内パンフレットやイベント情報も用意・提供しています。

B 利用者が企画運営する展示会などは、折角やるなら多くの人に来てもらう努力も必要なので、図書館が地元紙やコミュニティーFMなどに情報提供を行い地域住民に周知を図っています。

 

次に、子どもの読書推進について述べたいと思います。図書館に着任早々、利用状況を分析したところ、蔵書に占める児童書の割合が約26%に対し貸出比率は約37%であり、利用率が一般書に比べて非常に高いことが分かりました。図書館の利用を高め将来の図書館利用者を育てるためには、児童書を増やし借りやすい環境づくりが必要だと考えておりましたが、当時から教育長は「すべては子どもたちのために!」をスローガンに、地域ぐるみで子どもたちを育てる取組を各方面に働きかけていたことから、図書館として子どもたちのために何かできるのかを考え、図書館運営の最重点項目に子どもたちの読書推進を掲げ現在に至っています。

以下、具体的な取組を列記します。

@乳幼児7か月検診時の絵本読み聞かせ啓蒙(ボランティア・図書館司書の協働)、Aおはなし会(ボランティアの参加・年間約50回)、Bえいごのおはなし会(外国語指導助手の参加・毎月1回)、Cこどもの図書館まつり(5月上旬)、Dハロウインパーティー(外国語指導助手の参加・10月下旬)、E図書館おはなし隊の幼稚園・保育所・児童センター・放課後子ども教室などへの訪問読み聞かせ、F児童書コーナーでの毎月のテーマ展示・貸出促進、G新入学児童への利用者登録キャンペーン、Hブックウオーク・スタンプラリーによる児童書貸出促進(年3回)、I図書館研修カリキュラム作成に基づく中高生の職業体験の受け入れと図書館利用教育推進、J「ブックトラック」による新鮮な児童書の小学校巡回貸出、K学校図書室改造支援、Lブックフェスティバルの開催(年間3校)、M学校支援読み聞かせボランティアの活動に対する支援(読み聞かせ研修会開催・ボランティア専用文庫=大型絵本・紙芝居など活動現場に貸出)、N児童書蔵書比率引上げ等

以上の取組の結果として児童書貸出は、この2年間で約7,000冊の増加となり、現在の児童書貸出比率は全体の約41%、21年度の児童一人当たり貸出冊数も16.2冊と全道平均11.7冊を大きく上回る結果となっています。また、読み聞かせボランティアの活動が非常に活発化しており、学校現場での活動は平成21年度の登録者数73名、活動件数316件、延べ735人に上り、子どもたちを取り巻く読書環境づくりを、地域ぐるみで進めているという実感があり非常に感慨深いものがあります。

 

社会情勢が激変し図書館を取り巻く状況も日々変化している中で、常に考えておかなければならないのは誰のためか?何のためか?だと思います。現在の利用者に今どんなことができ、未来の利用者に何を残すのかを考えることが必要だと思います。また、速やかな行動・実践も大切です。どんなに用意周到に1年かけて準備しても100点満点の仕事はないと思います。それよりも、今必要なことを50点でも良いからすぐにやり、1年で3回やれば150点という加算の考えで対処した方が、利用者の理解も協力も得ることができ協働で図書館づくりが進むと思います。

終わりに私が常に言い続けている一言「金がなければ知恵を出せ、知恵もなければ早くしろ!」

 
  (こんない えいいち:市立富良野図書館)