道立図書館への指定管理者導入問題について

     −北の図書館5人の会メンバーの意見−

 

    経済効率最優先からの転換を

                  小 野 寺 信 子(浦河町/図書館ボランティア)

 

私が図書館員になって間もない頃、欧米の図書館を紹介した本で「良い図書館サービスには資料が10%、建物が5%、人が85%かかわる」という言葉に出会いました。爾来、その言葉を胸に刻んで司書の仕事をしてきました。あの頃よりもっと出版物や情報が膨大になっている今は、人と資料を結ぶ司書の仕事はもっと重要になっています。司書がいなくては有用な図書館もつくれず、資料も活用されず、ただ本があるだけの場所になってしまいます。

力のある司書を養成すること、その司書が資料に精通するよう長く配置することなど課題はありますが、それでも指定管理者の導入はあるべき方向に背を向けることになります。道立図書館が市町村図書館に与える影響は甚大です。経済効率優先の生きにくい社会を変えるためにも、ここではっきりノー!と言いたいと思います。

 

 

図書館は地域自治の担い手を育てる

                         渡 辺 重 夫(藤女子大学教授)

 

北海道立図書館は、運営の基本方針として「図書館の図書館」「何でもわかる図書館」「道民みんなの図書館」を掲げている。いわば、道立図書館は北海道という極めて広い地域の中心的図書館として、道民に対する直接サービスのみならず、道内市町村の図書館を支援することを通じて、道民の知る権利、学ぶ権利を保障する役割を担っている。そのためには、長期的視野に立ったサービス活動の計画と実践、それを支える蔵書構成と専門性と経験を蓄積した優れた職員構成が必須である。指定管理者制度の導入は、期間の限定、運営方針の形骸化などを通じて、図書館の中核的業務を変質させることにつながりかねない。図書館は地域における根源的文化環境であること、また文化的環境の醸成が地方自治を担う人材を育成することでもあることを改めて認識され、知事評価を見直されることを期待する。

 

 

時代に逆行する

                     水 口  忠(小樽啄木会会長)

 

道立図書館での指定管理者制度導入は知事評価からというが、その前提として基本的な「図書館」の有り様の検討がなされたか疑問である。現在図書館は図書資料の利用サービスにとどまらず、レファレンス関連の要望が極めて多い。それには有能な司書の配置が必須の条件である。しかし指定管理者制度のもとでは将来を見通しての人事や研修は困難であろう。現場の経験から望ましい図書館運営には、まず住民サービスに徹し、すべてに意欲的に取り組む職員構成が第一であると考える。現実を無視する施策は時代の要求に逆行する。経費節減を優先するあまり、拙速に事を進めてはならない。

 

 

長期的見通しに立っての図書館施策を行政に求める

                  姉 崎 洋 一(北海道大学教育学研究院教授)

 

道立図書館に指定管理者制度を導入する案が浮上していると聞く。本来都道府県立図書館の役割は、その地域の「図書館の図書館」であり、市町村図書館のリソースセンターの役割(資料センターや保存機能、とくに北方資料室の役割は大)を果たすものと考えられる。また、北海道が広域にわたる地政的条件を有し、酷寒の冬期期間もある中で、文化の発信地、地域おこしの基点としての公共図書館の役割が期待されている。市町村図書館の機能を発揮するための羅針盤の一つが道立図書館の責務である。無医村や無弁護士地域をなくす運動と同じく、無図書館地域をなくし、文化の泉を豊かにすることに智恵を絞るべきである。北海道(知事)の責務は、いたずらにコスト削減をねらって、文化を効率性の尺度で考えるのではなく、百年先の見通しのもとで、識見を示すことにあると思われる。日本の多くの自治体、図書館界、国民のコンセンサスは、指定管理者は図書館に適さないと発信している。知事と行政は、この声を良く聞き取ってほしい。

 

 

    無理ある施設管理業務への導入

                              岩 城 信 吉

 

道立図書館の業務の一部それも施設管理業務について、岡山県立図書館がしているように指定管理者に委ねてよいという考えがあるようだ。しかし道立は岡山県立のような利用者の多い図書館ではなく、規模が小さく、有料貸出施設もない。道立では2つの書庫を含む建物や設備の管理、広い敷地の樹木と芝生の管理(枝払い、芝刈りなど)、除排雪がそれら業務の大半を占めているはずだ。それら業務は直営又は委託で行えばよいことである。「施設の設置の目的を効果的に達成するため必要がある」(地方自治法第244条の23項)として、指定管理者に委ねるのは、かなりの無理がある。