『イキイキ“道南”
道南の社会教育実践集−』を発行して


                                         佐 々 木 一 也


 


道南八雲町へ

昭和564月、大学を卒業して、札幌から見知らぬ八雲町の町職員として奉職することになり、あれから29年あまり…。すでに人生の半分近くは八雲町に住み続けています。

知りあいもいない町で、図書館司書として働き始めたころ、司書は「図書館に来館する利用者だけ相手にしている仕事ではないのでは?」と思い、まずは、「八雲町にはどんな人たちがいるのか?」という興味から、当時、八雲町は幅広い青年活動が盛んであったこと、そしてその活動を支え発展させようと頑張っていた社会教育主事がいたこともあり、社会教育の活動にかかわり始めました。公民館を基点とした当時の青年活動は、毎晩のように若者が集まる場所でもありました。なぜ、「こんなに若者が公民館に集まるのだろうか?」同じ専門職として、(当時は私はまだまだ半人前でしたが)若者と接している社会教育主事の姿を見ていて、専門職としてのやる気・気構え等など参考になることが数多くありました。このことが、その後の私の人生を大きく変えることになりました。

 

道南社会教育実践集の発行

今から2年前の夏、「第48回社会教育研究全国集会北海道集会」が3日間にわたって札幌市で開かれました。「つながる力をひろげ、人が育ち合う地域をつくろう!−「生きる・働く・学ぶ」を励ます社会教育の創造を北の大地から−」のテーマの下、様々な思いを胸に全国から900名を超える参加があり、集会は盛大裡に終わりました。

それは、そのちょうど1年前の夏に、八雲町教育委員会の事務室で、前述した社教主事(社会教育課長)の「来年、札幌で社会教育研究全国大会があるよね。一也、また、本出さない!?」という会話が始まりでした。実は18年前(1990年)にも、知床で開かれた社会教育研究全国集会の年に、『北街道ふれあい読本・道南』を、道南地域の社会教育関係者とともに出版した経緯があります。

そのときは、「節目の年だし、18年前とは道南の社会教育も図書館も変わってきている。1冊の本にまとめる意義は大きなものがある。」という話しにもなりました。こうして、新しい本づくりが動き出しました。

実際に発行が正式に決まったのは、2008年の2月でしたが、前の年の秋から、道南各地域の活動状況を把握・収集する作業を開始し、編集委員会を発足させました。編集委員を選ぶ段階では、18年前に結成した「ネットワーク道南」メンバーが中心となってしまった傾向がありましたが、社会教育主事(5名)・学芸員(1名)・司書(1名)活動実践者(4名)が集まりました。

2月から3月に3回程の会議を森町等で開催。仕事を終えてからの集まりでしたが、久々に顔を合わせるメンバーとの再会や本を発行する楽しさのせいか、全国集会の現地実行委員用務とも重なりましたがそれ程苦痛も感じず…。

原稿については、単なる文書による依頼でなく、編集委員のこれまでの人脈を最大限生かして、依頼や募集を行いました。

そして、5月には12日で、森町で60名の参加により「道南プレ集会」を開催しました。

この道南プレ集会では、北海道大学の姉崎洋一氏に講義「社会教育の動向と課題」をしていただき、その後各分野の実践発表等を行いました。プレ集会開催によって、実践集発行に向けて、さらに弾みがかかり、6月中旬の原稿締切には、子育ち、青年、障がい者の学習保障、まちづくり、博物館、文化財保護、スポーツ・レク、男女共同参画、企業の社会貢献等の16分野に46の機関・団体の実践が集りました。

こうして北海道集会を前に、『イキイキ“道南”−道南の社会教育実践集−』(22cm、315頁)を500部出版することができました。印刷経費は、特別な補助金等は使わず、販売代金(11,000円)で賄うことにしました。

 

成果と課題

18年前の実践集と比べると、サークル・グループ・NPO・企業の市民活動の執筆が増加したこと、単なる事業報告ではなく、活動している当事者からの意欲的な評価・記述が多かったことがあげられます。道南の機関・団体との新たなネットワークができ、それぞれの自治体で行われる事業などへの参加依頼を通じて、定期的な学習の場を設ける機会ともなりました。

今後の課題としては、編集委員となったメンバーの高齢化です。18年前からかかわっている編集委員は(私も含めて)退職前後となりました。とりわけ、道南の専門職員の配置は、司書に限らず不十分な点があり、後継者づくりをどう進めていくのかです。

1冊の本を作成する労力は、確かに大変なことです。しかし、その労力に負けないぐらいの「人と人とのネットワーク化」を今回も図ることができました。図書館司書に加えて、社会教育主事・学芸員、さらに社会教育に携わる活動家との出会いは、日々の業務の中でも役立つことが多くあります。

長年、図書館に席を置き続けていると、ともすると司書としての専門性の追求を追い求めがちですが、司書でありながら、もうひとつの顔が自治体職員でもあります。そうした意味でも、司書としての能力に、プラスしてオールマイティーな自治体職員の能力も求められています。

現在、各市町村の総合計画の中では、「協働」という言葉を目にします。職員も、地域住民とともに地域活動に積極的にかかわりながら、町づくりを進めることが謳われています。

社会教育活動にこの歳になってもかかわることも、その実践の一つであると思っています。

 

(ささき かずや:八雲町立図書館)