この人に聞く −日赤道支部点字図書センターの活動−  

 

視覚障害者のための“図書館”日赤道支部点字図書センターに聞きました。

 

           答える人:日本赤十字社北海道支部点字図書センター

                 館長 山根 實さん/主査 岩間勝美さん

 


Q はじめに、この点字図書センターではどんな事業をしているのでしょうか、簡単にお話ししていただけますか。  

<山根>この点字図書センターでは、道内におられる視覚障害者の福祉の向上を図る目的で、大きくは4つの事業を行っております。

一つは、点字図書と録音図書の製作と収集です。この録音図書にはテープ図書とCD図書があります。2つに、それら図書の貸出しとプラーベートサービスの実施、3つ目に、点訳・音訳奉仕団の養成と指導、4つ目が道内点字図書館との連携です。

 つけ足しますと、最初の点字図書と録音図書の製作と収集ですが、ここでは殆どをボランティアによる協力で製作しており、図書の購入による収集というのは殆どありません。2点目の図書資料の貸出しは、視覚障害者用の郵便は無料になっておりまして、郵送により行っております。3点目の点訳・音訳奉仕団の養成と指導については、主として指導者の養成と指導を行っております。また4点目ですが、道内には視覚障害者に情報を提供する施設が10施設ありますが、この点字図書センターは、それら10施設がメンバーとなっている全道視覚障害者情報提供施設協議会の事務局を担っております。

 

Q 点字図書センターは、どのような経緯で設立され、運営されているのでしょうか。運営の体制や、経費のこともお伺いしたいと思います。

<山根>設立されましたのは、昭和549月です。北海道の要請により道立社会福祉総合センター内に「日本赤十字社北海道支部点字図書センター」として開設しております。

 設立の経緯につきましては、北海道内の視覚障害者の福祉の向上を図るために、点字図書と録音図書等各種資料の作成と貸出しを行い、さらには、道内に所在する点字図書館の機能を高める役割を担う施設として設立されたものです。

 運営主体は日本赤十字社北海道支部で、運営体制は館長を含めて5人の体制です。運営に要する経費ですが、一つは点訳・音訳奉仕団の養成と指導に要する出張旅費、講師派遣及び教材費などの経費です。もう一つは、点字図書と録音図書の作成と収集にかかる経費です。これには、パソコンの整備更新、ソフトの購入費、保守管理、周辺機器、消耗品など、いろいろありますが、これらにかかる経費です。もう一つは、点字図書と録音図書の貸出しや、プライベートサービスを行うためのいわゆる人件費及び施設の維持管理費用です。

 

Q 「利用のながれ」といいますか、利用者がサービスを受ける仕組みについてお話ししていただけますか。

<岩間>利用するには、まず利用登録をしていただきます。

利用できるのは、北海道内に住んでいる身体障害者手帳の交付を受けた視覚障害者です。登録は電話で簡単にできます。実際に登録用紙は用意してあるのですが、必要な事項について内容をお聞きして、登録用紙に記録する形になっています。

 登録された方には、当センターの利用案内を送ります。これは郵送です。利用案内は、点字が読める方、あるいは読めない方がおりますので、その方の利用の状況にあわせて、点字の案内、カセットテープ又はCDに録音した利用案内をお送りしています。

 利用者は、図書の貸出し、雑誌の貸出し、さらにプライベートサービスの利用が可能になり、点字図書センターでは利用者が希望するサービスを提供していきます。

 貸出しにつきましては、一度に利用できるのは、点字図書は1タイトル、録音図書は6タイトルです。プライベートサービスでは、点訳、音訳(朗読ですね)、対面朗読、ファクス代読、それから代筆というようなサービスを行っています。

 

Q 大きくは点訳図書の利用と、音訳図書(録音テープ・デジタル録音図書)の利用ということですが、これらについてもう少し詳しく教えてください。

<岩間>視覚障害者が利用する図書資料には、大きく点字図書と録音図書の2つがあります。録音図書には、今徐々に少なくなってきましたがカセットテープ、それからCDの2種類があります。

 まず、点字図書ですが、以前は点字機で一点一点手打ちで打ち、点字の本を作っていきました。15年程前から、パソコンと点字を入力するための専用ソフトがありまして、この組み合わせで点字を入力していきます。これをするためには点字の知識が必要です。

あくまでも点字のことを修得したボランティアの方が行っています。

点字をちょっと勉強すると分かるのですが、点字は文字を覚えればそれで点字が分るというものではなく、いろいろな約束事が沢山ありまして、講習を受けて一定の技術を身につけていることが必要です。

このパソコンで入力されたものは、点字のデータとしてパソコンやフロッピーデスクに記録されて、利用する場合は、利用者のリクエストに応じて、点字データを点字プリンターを使用して、点字に打ち出して、それを貸出しするという形をとっています。

 最近は視覚障害者の中にもパソコンを使える方が多くなってきました。そのような人には、点字でプリントアウトせず、データをお貸しします。自分のパソコンで音声を読み上げる、そういう形で読書することもできます。その人が最も読書しやすい媒体で提供しています。

それから、録音図書については、現在はCDに記録するようになってきています。以前はカセットテープが主流でしたがこの数年の間に急速にCDへ移行しています。録音図書についても、すべてボランティアの方(録音の技術を身につけた方ですが…)の手によって作成されております。

どのように録音図書をつくるかといいますと、専用のCD図書をつくるための録音する機械があります。これにマイクを接続して録音します。わかりやすくいうと、以前のカセットデッキにマイクをつないで行うスタイルとよく似ています。

もう一つの方法は、だんだん普及しつつある方法で、パソコンに直接マイクを接続して録音していく方法です。これは専用機がなくてもパソコンがあれば、マイクを接続してできます。ただし、これには専用のソフトが必要です。

いずれの方法でも、最終的にはCDに記録して、作成が完成します。

CDに記録して完成した図書は、利用者のリクエストに応じて貸出しします。利用者は専用の、聞くための再生機械−これをプレクストークと呼んでいます−を利用して、再生します。

CDに記録した図書は、著作権法の関係で一般のCDプレーヤーでは聞けない仕組みになっています。これら音声データは限られた人にのみ、聞くことができる仕組みになっています。

視覚障害者が使う専用の機械については、国(厚生労働省)の「日常生活用具」の指定対象品目になっておりまして、福祉事務所等に申請することによって、わずかな負担で入手することができます。実際には高価な機械ですが、わずかな負担で入手できますので、大変広く普及しています。

 

Q 点字図書センターに蔵書はどれくらいあるのですか。また、どれくらい利用されているのでしょうか。

<岩間>今年3月末の状況をタイトル数で申し上げますと、点字図書は、手書きのもの1,123タイトル、点字データのものが1,286タイトルあります。録音図書は、カセットテープが741タイトル、CDが723タイトルとなっております。

貸出しの状況ですが、21年度では、点字図書が86タイトルで406冊、テープ図書が563タイトルで3,457巻、CD図書は6,578タイトルで6,589枚となっています。特にCD図書は毎年大幅に増加しています。

 

Q よく利用されているのはどんな図書資料ですか。

<岩間>詳しく調べたわけではありませんが、よく利用される図書資料は一般の公共図書館の場合とそう変わらないと思います。最近の貸出し状況をみますと文学を含む小説類が全体の95%を占めています。その他に歴史、伝記もの、次に紀行ものが読まれています。それにコンピュータに関するものや料理に関するもの等が最近増えてきています。

人気作家や評判になっている新刊本もよく利用されていますが、点訳図書や録音図書の製作に日数がかかるので、利用できるのが遅くなるということはあります。

 

Q 先ほどお話しされた、プライベートサービスについて、もう少し詳しく教えてください。

<岩間>プライベートサービスというのは、あまり耳にしない言葉でしょうが、これはどこの点字図書館でも行っているサービスで、視覚障害者個々の希望に応じて、必要なサービスを提供するものです。

ですから、当センターで行っているプライベートサービスと同じサービスを他の点字図書館でも行っているとは、限りません。当センターでは先ほどお話ししたようなサービスをしています。

点訳、音訳に関しましては、この本をあるいはこの資料を点訳してほしい、朗読してほしいという希望に応じて、ボランティアがそれを行います。点訳したものは、プライベートサービスという名の所以がそこにあるのですが、希望し利用した人個人の所有になります。

対面朗読は、急ぎの資料、コミック、そういったものを対面朗読で読んでもらうサービスです。

代筆というのは、例えば、個人が役所に提出する書類を作成する場合など、自力で定まった様式に書くことができないとき、センターの職員が対面で書き込んでいくというサービスです。

ファクス代読、これはやはり利用者が急ぎの資料などをセンターにファクスで送り、それをセンターから折り返し内容を読み上げてあげるというサービスです。

いずれも、通常では誰も簡単にできるようなことが、視覚障害者であるがために自力ではできないために行う、個々の障害者に向けたサービスです。

 

Q ボランティアの方は、点字図書や音訳図書をつくる場合、自宅でつくることもできるのでしょうか。センターに来て、つくるのでしょうか。

 

<岩間>点字図書については、ボランティアの方々が専用ソフトを使って100%自宅で作成しています。録音図書につきましては、自宅で録音する方と、当センターに来館して録音している方があります。原則的には、センターのスタジオで録音していただくようになっていますが、自宅であっても周りの環境が整っていて雑音などが入らない方、そういう方については時間が節約され効率的にできますので、自宅で録音して作成していただいています。

 

Q ボランティアの方は何人くらいおられるのですか。

<岩間>当センターを中心に活動しているボランティアということになりますが、日本赤十字社のボランティアとなります。

点訳でいいますと、札幌を含めまして、全道に14の点訳奉仕団が組織されており、合計で約300名のボランティアの方が活動しています。

それから、朗読に関しましては、札幌を含めて道内に6つの朗読奉仕団が組織されています。合計で約120名の方が活動しております。

これは先程申し上げましたとおり、あくまで赤十字社が拠点となっているボランティアグループですので、それ以外に民間ボランティアグループですとか、他の点字図書館に所属して活動していらっしゃる方も多数いらっしゃいます。その具体的な数字は把握していません。

 

Q ボランティアの養成はどのように行っておられるのですか。

<岩間>先程道内に点訳では14の、朗読では6つの奉仕団があるといいましたが、それぞれの奉仕団でそれぞれの地域でお住まいの方の中から募集し、養成しています。

当センターでは、それぞれの奉仕団でボランティアの方を養成するために必要な指導者の育成を行っています。

点訳でいいますと、点訳指導者の研修会を実施して研鑽を積んでもらい、朗読では、全国的に開催される朗読指導者認定講習会に派遣して講習を受けてもらっています。

こうした研修を受けた方、認定講習会で受講した方々には、それぞれのボランティアグループに戻って、初心者の指導に携わっていただいております。

 

Q 東京には北海道増毛町出身の本間一夫氏によって昭和15年に創立された日本点字図書館があります。また、帯広市には昭和23年にヘレンケラー女史の来道を機に全国で3番目に設立された北海点字図書館があります。ここの点字図書センターは、これらの点字図書館と同じような活動をしているのでしょうか。

<岩間>日本点字図書館、あるいは帯広の北海点字図書館を含めて全国には97の点字図書館があります。それらの点字図書館は、図書館事業に関しては、図書の貸出サービスなどまったく同じ事業を展開しております。施設の規模は異なりますが、利用者への図書館事業のサービスという意味では公共図書館と同じように、全国の点字図書館の間で資料の相互貸借をすすめておりますので、どの地域に住んでいる方でも全国の点字図書館が所蔵する資料を簡単に借りて読むことができるようになっております。

この相互貸借のシステムはこの3月まで10年余り「ないーぶネット」というネットワークシステムで運用されてきましたが、4月からは「サピエ」という新しいシステムになりました。

これまでの相互貸借だけでなく、もっと幅広く視覚障害者にとって身近な生活情報を含めた情報提供をしていこうというシステムになっています。「サピエ」というのは、ラテン語の知識と知恵を意味する「サピエンティア」(Sapientia)の頭文字を取って名付けられたものです。

 なお、日本点字図書館と北海点字図書館について申しますと、先程話しました図書の貸出サービスのほかに、日本点字図書館にあっては、障害者用具の販売、点字図書の出版、中途視覚障害者のための点字パソコン教室を行っており、北海点字図書館にあっては、ガイドヘルプサービス、生活訓練の事業を行っています。

 

Q 他の県では、県立図書館の中に点字図書館を設けているところもあるそうですが。

<岩間>おそらく現状では唯一の例だと思うのですが、岩手県では、新しいアイーナと呼ばれる複合施設の中に岩手県立図書館がありますが、同じフロアーに県立の視聴覚障害者情報センターがあります。一方は公共図書館で、一方は点字図書館ですが、図書館として共通する部分も多くありますので、一つの理想的な形でないかと思います。ただ、歴史的背景があって、点字図書館が福祉の面から運営されてきたことなどからすると、このような形に移行していくのは、なかなかむずかしいことかなという感じがしています。

 

Q 課題としては、どんなことがありますか。よろしければお話しください。

<山根>当センターでは、点訳・録音図書の製作はボランティアの方々に全てお願いしておりますので、これからも継続しかつ安定してボランティア活動ができる方の人的確保が大変重要な課題だと思っています。一口にボランティア活動と言っても点訳・録音図書の製作には一定の技術を修得することが求められますので、簡単にはボランティアになっていただけないむずかしさがあります。一方では社会的な問題でもある高齢化についても避けて通れません。しかし現在のところ、点訳・音訳各奉仕団員は徐々に増えておりますので、当センターとしては各奉仕団が実施している初心者講習会を終了された方々を対象にした技術修得者の講習会や各奉仕団毎に行う研修会を積極的に行い各奉仕団を支えていく必要があると思っています。

それともう一つは、視覚障害者の対象の拡大にどう対応していくかの問題です。今年1月に著作権法の改正が施行されました。この法改正は、昨今の情報通信技術の一層の進展などの時代の変化に対応し、インターネット等を活用した著作物等の流通の促進や、障害者の情報利用機会の確保などを図るためなされたものですが、私どもには、このうちの障害者の情報利用機会の確保のための措置として、障害者のための著作物利用に係る権利制限の範囲の拡大がなされたことが大きく関係します。

その「障害者のための著作物利用に係る権利制限の範囲の拡大」の内容は、

○障害者の範囲について、障害者の種類を限定せず、視覚による表現の認識に障害のある者を対象とすること、

  複製等について、デジタル録音図書の作成、映画や放送番組の字幕の付与、手話翻訳など、障害者が必要とする幅広い方式での複製を可能とすること、

○それら複製等の作成について、障害者福祉に関する事業を行う者は−この点字図書センターも含まれるのですが−それらの作成が可能になったこと、です。

障害者も健常者と同様に多様な情報へのアクセスが可能になるということなのですが、そのことによる施設としての課題があります。

道内の視覚障害者は平成17年のデータではおよそ15,000人おられます。いままでは、この人たちがサービスの対象でしたが、これからは、サービスの対象が「視覚による表現の認識に障害のある者」にも拡大していくわけです。道内の身体障害者手帳の交付を受けておられる方は、視覚障害者の約20倍の30万人程おられます。このほかに手帳を持っておられない「視覚による表現の認識に障害のある者」がさらに対象となります。

これは全国同様の施設に共通する課題なのですが、当センターとしては、利用される方の確認方法や利用されるサービスは何か掴めていませんし、利用に際して郵便料の問題−視覚

障害者の場合は郵便料金は無料ですが、それ以外の方は有料扱いです。−これをどうするか、予想される事務量の増加にどう対処していくか等の課題があります。

しかし、日頃から、蔵書づくりに貢献していただいている点訳・音訳ボランティアの方々のためにも利用者に読んでいただけるよう、蔵書につきましては広く利用していただくことを前提に、貸出しの拡大につながる方法がないかと検討しているところです。

 

Q 今年は国民読書年ですが、視覚障害者の方が健常者と同じように読書ができ、情報が得られる社会になっていきますよう、願っております。今日はお忙しいところ、ありがとございました。(インタビューした日:平成2267日)

 

(付記)日赤道支部点字図書センターは、札幌市中央区の道民活動センター(かでる275階にあります。