図書館員みんなが元気になるために                  

          −「ひとり」からの脱却−

                                                                         加 藤   孝 


 


(いいことはないけれど、希望の芽を感じるために)

 山口二郎さんが『じゃあ、北大の先生に聞いてみよう』(北海道新聞社)の中で、90年代以降「改革」という言葉が誰も逆らえない正しい言葉となり、その中から「市場化」が大きな成果を上げ、現在のような格差社会を招き、役所も〈何でも安ければいい〉という行政コスト削減にシフトした、このようなことを説明しています。

 このことを図書館に置き換えてみると、図書館サービスが地域の人たちに豊かさをもたらすという善意の考え方が、自治体の「行政改革」という前では通用せず、公共サービスを順位づけする流れに組み込まれたことを意味します。これは、後で紹介する渡部幹雄さんが書いている「なぜ財政が破綻すると図書館が潰される運命にあるかという問いに対する答えは、一言で言えば自治体の中での優先度が低いから」につながります。

 それでも、私にとって、北見地区公共図書館研修会で、酒川玲子さんのアドバイス「昔から図書館が恵まれた条件にあったことは一度もない。それでも少しずつ状況を変えてきた図書館の歴史がある」は間違いなく励ましです。高みをめざすことができないけれど、ワンランク上なら何とかなる!そんな気になれます。

 

(状況は変えることができる場合もある…社協時代の体験から)

 私は平成15年度に常呂町社会福祉協議会(常呂町社協)に出向し、4年間過ごしました。

 常呂町社協に、小さな町だからこそ地域課題の「子育て支援」が社協の仕事だということ、地域福祉は公民館と同じという感覚を持ち込み、それまで事業などしたことのなかったスタッフと「子育て支援策」を一つひとつ積み上げていきました。

 それは、民間の助成金や共同募金の還元をフルに活用して、子どもの遊び場と親子交流の場を創り、子育て期の親子が集う機会を設け、木のおもちゃや赤ちゃん絵本、育児用具を貸し出し、低料金の託児サービスを提供し、子育て学習会の開催や発達障がい児の相談会と組織化を図り、子育て情報紙の発行をするなどのことです。

 ゼロからの出発ですが、4年という年月をかけスタッフと話し合いを積み重ね、毎月発行の情報紙で根気強く地域に伝えていきました。

 これは社協という民間団体だからできたことは確かです。予算の組み立てが自前ででき、民間の助成制度を活用でき、優先度をつけられ、地域の人たちに理解される仕組みがあるなど、がんじがらめの行政とは違う条件がありました。それでも、小さな町の図書館ならやろうと思えば状況を変えられることもあるとも感じます。

 

(「ひとり」からの脱却をめざして…キヨシローの「イマジン」は大事なメッセージ)

 先日亡くなった忌野清志郎さんが彼流の歌詞を付けたジョン・レノンの「イマジン」の一節に、「夢かもしれない でも、その夢を見ているのは  きみ一人じゃない 仲間がいるのさ ひとりぽっちじゃない」というフレーズがあり、「イマジン」に新たな力を与えています。

 久しぶりに図書館の世界に戻って感じたことは、北海道内各地の図書館では、「一人ひとりがばらばらになっている、一人だと感じる」状態があちこちにあるのではないかということです。だからこそキヨシロー流「イマジン」です。

 かつて、私の属していた網走管内の社会教育主事会では、ベテランと新人が「しゃべる・議論する」場がありました。自分と価値観を同じくする人、違う人が共通するテーマで語り合うことで、たとえ一人の職場であっても「持ち帰って自分を確かめる」ことができ、日常と向き合うことができたことを思い起こします。

 今、図書館の世界に「しゃべる・議論する」場がどれだけあり、どれだけの人たちが関われる状況にあるのか分かりませんが、「ひとり」からの脱却が重要なテーマだと感じています。

 

(少しずつ階段を昇るために)

 今、北海道の図書館は少し前の言葉で言うなら自治体ごとの「格差」が広がっているように感じます。自治体の力や考え方の差が現れていると言ってしまえばそれまでですが、現場でいくら努力しても声を上げても変わりようのない現実がある、そう感じます。

 私は、以前、北海道公共図書館司書会設立10周年記念誌『心の木を植えた人』と、20周年記念誌『心の花いっぱいになあれ』を基にしながら、『オホーツクの子どもたちへ…休日の拡大等に対応する社会教育行政のあり方について』(網走管内社教主事会・同教育委員会協議会教育長部会/刊)という冊子に一文を書き、図書館職員数が少なく、手探りで図書館サービスを行い、点の状態に置かれていた道内各地の図書館司書たちが仲間を求め集まり、学びあいの場を創り出すエネルギーに満ちていた歩みを紹介しました。

 渡部幹雄さん(滋賀県愛荘町立愛知川図書館長)は、「持続可能な図書館を求めて」(『みんなの図書館』2007.5)という文の中で、次のようなことを概説しています。

図書館は、図書館側がなぜ必要であるかを住民に説明し、その必要性を大多数の住民が実感しないとダメ。また、図書館利用者層と未利用者層の間には図書館に対する温度差があり、地域の実態を把握したうえでサービスを展開しない限り、図書館サービスは未利用者層を固定してしまう。

渡部さん自身の解決策は、図書館法の第3条がキーポイントで、図書館活動の基本を示している第3条の遵守こそ現況を切り開く道を見いだすことができる、と道標を示しています。

 常呂に戻って常呂図書館の利用の実態をみると、住民1人当たりの貸出冊数は12.19冊、登録者1人当たり27.34冊で、狭く資料費の乏しい図書館としてはかなり高い数字です。それでも、図書館利用者の広がりという点では「固定化」し、どこか図書館の日常にダイナミックさが欠けていると感じます。感覚的なことですが、「借りられている数字が高いことと図書館が地域の人たちから信頼を得ているのかは別物」だということです。

 「市民の図書館」の重点化ではありませんが、どこから手をつけるのかという戦略の問題では、スタッフとの気持ちの共有がカギになります。

 現在、少しずつスタッフのアイデアを取り入れ、可能な限り毎月何か催しをすることを課し、「図書館の存在は知っている」から、「図書館に足を踏み入れる、狭いながらも図書館の雰囲気を見てもらう」「コミュニケーションを豊かにして、良かったら本を手にとってもらい、借りてもらう」「探しているようならさりげなく声をかけ、リクエストや予約の宣伝もする」ことをスタッフみんなにしてもらっています。

 スタッフに強調して伝えていることは、12人という図書館利用者・フアンを獲得していく積み重ねが、後になって振り返ったときに大きなかたまりになるを信じようということです。

 自身の経験から、がんばっても報われないことはけっこうあることも確かですが、それでもあきらめないことも伝えています。

 

(元気になるには…実力に裏打ちされた人たちのメッセージが力になります)

 最近2つの研修会がありました。網走管内図書館協議会の研修会では、秦荘町立図書館長(現愛荘町)だった山田登美子さんから「みんなちょっと縮こまっているような気がする、もっと元気になろうよ」、もっと弾けろ!というメッセージをもらいました。

 北見地区公共図書館研修会では、元日本図書館協会事務局長の酒川玲子さんが、日々の忙しさに埋没してしまいがちな業務の根幹に法があること、図書館づくりには地域や行政の知恵の出し合いが大切なことを伝えてくれました。

 2人の発言は私の中で新しい力になり、ささやかですが、私自身、図書館法第3条の考え方をちっぽけでも日常の業務に取り入れる作業を始めています。

 

(平凡だけれど語り合う作業から)

 平成21年の春まで2年間、北見市立中央図書館の館長という役回りを務めました。何回か公的な研修会の主催者、座長として参加者を前にしてあいさつをする機会がありましたが、私の場合は単純です。「公的な研修の機会を大事にすること。公的な研修はみんなで作り上げていくもの。共に考える仲間づくりの場、語らいの場として大事にすること。そうしないと失うのはあっという間」を繰り返しました。

 現在、それぞれの図書館の置かれている状況の違いが、抱える問題や課題の差になり、職員の間にも業務や立場によって、仮に同じテーマを語り合ってもすれ違うことがあると思います。

 それでもです。自分にとって大事なことは語るしかないのではと思うのです。最後は、研修会の話しかよと突っ込みを入れられそうですが、まずは身近なところから「仲間づくり」をしていくことが大事です。

 そこで「自分ならこうする、こう考える、こうしたい」を伝えられたら少しは周りが違って見えてくるのではと感じます。

 図書館の良さを、道内各地で実践してきた・している事例に学ぶこと。経験を積んだ人たちは培った知識、確固たる何かを若い世代に伝えること。そこからスタートです。

 

(かとう たかし:北見市立常呂図書館)