地域に本物の図書館を願って

                                              光 永 恵 子

 


去る1031日、藤女子大学の公開講座で片山善博さん(前鳥取県知事)の講演をお聞きしました。図書館は「誰のため」に、「何の目的」で存在するか、なぜ図書館は無料が原則なのか、根源的な図書館の使命(ミッション)についての分りやすいお話に、改めて認識を深めることができました。一人ひとりの自立が社会全体に大きく貢献する、一人ひとりの自立を支援するのが図書館の使命だというお話でした。自治体はまず図書館から再建すべき、図書館は地域の必需品とも話されました。講演は、藤野地域(札幌市南区)に図書館を願う私たちに、大きな勇気を与えてくれました。

 

ここで「藤野地域に図書館づくりをすすめる会」の経過・願いを簡単にご報告します。

 子ども文庫活動をしていたお母さんたちを母体として、身近に公共図書館を求める声が高まり、昭和57年「藤野地域に図書館づくりをすすめる会」が発足しました。

 昭和58年に町内会の協力のもと住民12,223名の支持と署名を得て、市議会に「藤野地域に中央図書館系列下にある図書館を早期に建設してください」とする請願をしました。曲折を経て60年に請願は採択され、結果、平成元年市によって「藤野地区センター」が建てられ、その中に「図書室」が設けられました。札幌市で初めての地区センター図書室ですが、教育委員会直轄ではなく、スペースも狭くて蔵書も少なく、私たちの願いと異なるものが出来ました。

 地区センター図書室が出来たのを受けて、私たちは会のあり方、方向について幾度も議論に議論を重ねましたが、結果はやはり“本物の図書館”がほしいという答えになりました。

以来28年の間、幾度も請願や陳情を繰り返してきました。

私たちはあきらめきれず藤野地区町内会(19町内会)に働きかけてきましたが、ついに平成215月、町内会連合会の総会で、地域の事業計画の重点目標の中に「図書館誘致」を取り上げてもらうことができました。

 

いまから4年前、私は東京都小平市の図書館に立ち寄る機会を得ました。私たちを後押ししてくれるうれしい出会いになりました。南区の人口より2万人多い17万人の小平市に、中央図書館と7つの地区図書館、3つの分館が点在していたのです。地区図書館の殆どが10万冊以上の豊富な蔵書、延べ床面積も千百u以上で教育委員会直轄、館長さんも有資格者の方です。

「まちづくりの中で図書館は暮らしに欠かせぬ施設として、およそ歩いて15分程度の場所に配置しました」との館長さんのお話にとても感動しました。それは、私たちがいつも夢にみている図書館の姿だったからです。

 

藤野から最寄りの澄川地区図書館(南区)へは、往復の交通費が1,000円以上かかり、距離的にも離れているので、普段の利用は困難です。また、藤野は札幌市の中でも高齢化が一番進んでいるまちです。なおのこと図書館は身近にないと利用できません。

図書館は一人ひとりが活き活きと生きていけるよう支えてくれるところ、ほっこりする居場所です。

・・・図書館のある日のある光景です・・・

図書館へ入るとすぐに「新しい大型活字本入りました」との案内が目に入ってきました。拡大鏡の備えた机も用意されています。新聞コーナーでは、お年寄りの方が自分の居場所とでもいうようにゆったりと新聞を広げています。絵本コーナーでは、赤ちゃんや幼児の手を引いたお母さんの姿が見られます。閲覧室では中高生が調べものをしています。また集会室では、地域の野鳥愛好家が講師になってスライドとお話の会が開かれています。

このように、さまざまな年齢層の人々が集っています。

 

よりよく生きるために図書館が必要です。地域を支える文化・情報の拠点として、私たちは、身近に図書館のある暮らしを夢見ています。

 

(みつなが けいこ:藤野地域に図書館づくりをすすめる会(札幌市))