札幌市の地区センター図書室について

                                金 子 史 聖 

 


図書館条例に縛られない公共施設で、指定管理者によって運営されている札幌市のある地区センター図書室の職員から話を聞くことができた。指定管理者制度、オンライン検索サービスの導入によって仕事量は減ったのか聞いてみたところ、答えはNOであった。その詳細は以下のようである。

 

指定管理者制度の下では、人員を削減しても、サービスの質と量は向上させていかなければなりません。私の職場では図書館員が3名でローテーションを組んでいますが、いつもぎりぎりの状態です。カウンター業務、本の修理、返却処理などに追われ、時々残業することもあります。

サービスの質を向上させるために、各図書室が独自に図書館サービスの企画・運営を行うのですが、なかなか困難な状態です。例えば、地区センター図書室では子ども映画会というものを開催しているのですが、放映機材の調達、映画に関する資料の収集、選書、展示とともにカウンター業務も3人で行わなければならず、企画自体は好評なのですが、このままではこの企画をいつまで維持できるか心配です。

オンライン検索サービスについてですが、貸出冊数、利用者数の増加は嬉しいことなのですが、私たちの仕事はむしろ増えてしまっています。オンライン検索サービスの本の受け取りの内容ですが、まず本の予約が来たら予約票を確認し、図書室から本を探しとりまとめます。次に予約した利用者にメールもしくは電話で連絡をします。電話は自動音声なのですが、利用者からのクレームが多いですね。カセットテープに録音したような劣悪な音声で、「外国人の言葉を聞いているようだ」とも言われました。お年寄りのお客さんが多く、自動音声での予約ガイダンスは聞き取りにくく、操作もわかりづらいので、結局は私たち図書館員が直接お電話しているのが現状です。メールでの連絡も、お客さんがメールに気付かないまま取りおき期限が過ぎてしまうこともしばしばで、やはりそのときも私たちが電話連絡を行っています。

最寄りの図書館・図書室に本を返せば元の図書館・図書室に返却されるのですが、その作業も私たちの仕事量が増える要因になっています。たとえば中央図書館の本と、地区センターの本が混ざっていたとします。まず自館の資料と他館の資料に分けます。自館の資料は後ほど返却処理すればいいのですが、他館の資料はメール便で送らなければいけないので資料を送るための作業などで時間がかかります。

 

そのほか、このような話もしていただきました。

 

私たち図書館員がしっかりした質のよいレファレンスサービスを利用者に提供するためには、世の中のいろいろな時事にも精通していなくてはなりません。なので、毎日、新聞や図書情報誌を少しでもいいので読んだり、ニュースを見ることで最新の情報をいつも得ていなければならないのですが、日常の業務で手一杯で、とてもそこまでできる状況ではないのが現状です。情報収集するとしたら、休憩時間を割いて資料を読むしかないですね。

それに、レファレンスに時間を割けなくなっているのも事実で、利用者がレファレンスサービスを求めて来館されても私たちが業務に追われていて、レファレンスしにくい雰囲気になっていますし、レファレンスをしようにも十分な時間がかけられないので、質のよいレファレンスサービスができないのも実情です。

同じ指定管理者でも、よくニュースになる東京都の千代田区の図書館のような図書館もあれば、このような図書館・図書室もあるんですよ。質のよいサービスの提供をしたくてもどうしてもできないんです。

 

札幌市の図書室の一部ではあるが問題点がかなり深刻であることがうかがえる。

これまで、札幌市中央図書館および地区センター図書室などのサービスの現状を見てきたが、今後の図書館に必要なことは、二つ考えられる。一つは図書館が生涯学習の拠点になること、二つは図書館員の教育および研修制度の整備があげられる。地区センターの図書室の方も話していたが、より質の高いサービスが求められているにもかかわらず、図書館司書の研修基盤ができておらず、全体の底上げができていない司書制度に危険信号を感じている。

どんなに図書館の施設が綺麗になっても、また利用しやすくなっても図書館員の質が図書館を左右することは明確である。本棚の乱れや、汚れたり破損した本の修復、利用者へのレファレンスサービス、図書館独自の企画、地域との交流、どれも最後にはやはり人、すなわち図書館員の存在が欠かせないのである。

図書館が増え、利用者が増え、貸出冊数が増えたことで、ますます図書館員への負担は増すことになる。利用者の立場に立った図書館運営と、図書館員の立場に立った図書館運営の両方の均衡をとることができて、初めて理想的な図書館運営といえるのではないだろうか。

 

本稿は拙稿「札幌市地区センター図書室における指定管理者制度の導入について」(*)(『北の文庫』(第50号、平成217月)の後半部分について、一部訂正、補筆したものです。当該拙稿(*)は、平成20年度の大学の卒業研究として提出したレポートが基になっています。)

 

(かねこ みさと)