戻る

   私論札幌市の図書館(2)

                                  岩 城 信 吉

 


(前号からの続き)

札幌市の図書館の現況

(施設)

前号では札幌市の図書館の歴史について述べた。札幌市の図書館の現況を、資料に基づいて整理すると表1のようになる。

表1 札幌市の図書館・図書施設

名  称

施設の性格

施設数

規模u

備 考

中央図書館

市図書館の中心施設

9,000

中央区

地区図書館

区内図書館の中心施設

1,200

中央区以外の区

区民センター図書室

区民に身近な図書施設

240

 

地区センター図書室

地域に密着した図書施設

20

220

 

図書コーナー

施設付属の図書スポット

6

 

 

                    (施設数は平成19年3月末現在)
 
       (札幌市図書館便り『らいらっく』特別号(平成167月 札幌市中央図書館)に基づき作成)

 

札幌市の図書館には、1中央館と9地区館の計10館がある。自動車図書館はない。そのほかに、図書館ではないが図書館関連施設(以下「図書施設」という。)として、7箇所の区民センター図書室、20箇所の地区センター図書室及び6箇所の図書コーナーがある(注6)

これら施設の位置づけ(性格)は、中央図書館は市図書館の中心施設、中央区以外の区に設けられている地区図書館は区内図書館の中心施設、区民センター図書室は区民に身近な図書施設、地区センター図書室は地域に密着した図書施設、図書コーナーは施設付属の図書スポットとされている。

区民センター図書室、地区センター図書室及び図書コーナーは、図書館条例施行規則(市教育委員会規則)に設置根拠を有する施設である。

市条例に設置根拠を有しない点で、法的な位置づけとしては弱い施設である(注7。図書コーナーには、月寒公民館図書室も含まれる。

 

 

(注6)札幌市(教育委員会・図書館)が「札幌市の図書館」という場合は、一般に、図書館と図書施設を指している。札幌市が発行する図書館関係の刊行物(たとえば『札幌の図書館2007』)には、区民センター図書室、地区センター図書室、図書コーナーも図書館に含められている。

また、日本図書館協会が調査し発表している統計(たとえば『日本の図書館-統計と名簿-2007』)においては、札幌市には図書館のほかに、サービスポイントが34箇所あるとされており、サービスポイントに係る実績(登録者数、貸出冊数など)は、中央図書館の実績に含めて計上されている。この稿の冒頭で述べた平成18年度の札幌市図書館の実績も、図書施設に係る数値を含めたものである。

(注7)区民センター及び地区センターについては、前述(注5)のとおり札幌市区民センター条例に設置根拠がある。ただし、当該条例には図書室に係る規定はない。

 

 (資料)

 図書館及び図書施設が、所蔵し、収集し、利用に供している資料について、内実を詳しく見ることはかなりむずかしいことである。ここでは札幌市の資料により見ていくことにする。

これら図書館及び図書施設が収集する資料について、札幌市は表2のように説明している。

表2 図書館・図書施設が収集する資料

図書館・図書施設 

資           料 
                                

蔵書・購入雑誌

 

中央図書館


  各分野の広範囲にわたる

○一般図書 ○参考図書 ○児童図書 ○外国語図書 ○新聞・雑誌 ○官公庁出版物 ○郷土資料 ○視聴覚資料等


64万冊

300

 

地区図書館 

○地域の情報・日常生活に役立つ一般図書 ○調べものに適した児童図書 ○簡易な参考図書 ○区・地域に密接な郷土資料

8万冊

50

区民センター図書室

○読みものを主体とする一般図書 ○児童図書 ○簡易な参考図書

3万冊

地区センター図書室

○読みものを主体とする一般図書 ○児童図書 ○簡易な参考図書

3万冊

図書コーナー

○気軽に利用できる読みもの ○日常生活に密着した実用書

 

                                 (札幌市図書館便り『らいらっく』特別号(前掲)に基づき作成)

 

これによると、中央図書館は、各分野の広範囲にわたる資料を収集しているが、地区図書館以下の施設では収集する資料の範囲が狭くなっている。

中央図書館では、新聞・雑誌、官公庁出版物、郷土資料、視聴覚資料が収集されるが、地区図書館、区民センター図書室、地区センター図書室では、それらは収集されない(実際には収集されているが、収集すると標榜できるほどは収集されていないのであろう)。新聞・雑誌は、地区図書館では収集されない(実際には収集されており、利用もできる。収集される点数は多くはないということであろう)。

参考図書については、地区図書館、区民センター図書室、地区センター図書室で収集されるのは、簡易な参考図書である。

 

(ネットワーク)

札幌市では、昭和583月開館した澄川図書館の業務を初めてコンピュータ化した。以後、すべての地区図書館と区民センター図書室の業務のコンピュータ化を進め、平成33月、新築された中央図書館にコンピュータを導入し、中央図書館を中心としたオンラインネットワークが完成した。平成1412月にはWeb 0pac を公開した。これによって利用者は図書館が所蔵する資料をパソコンから、検索することができるようになり、平成208月末からは、インターネット予約もできるようになった。

現在では、利用者はすべての施設の資料の検索ができ、予約もでき、どこの図書館・図書施設からでも借りられ、どこの図書館・図書施設でも返せるようになっている。

 

他の政令指定都市の図書館

札幌市は人口190万人を擁する大都市である。道内に類似の都市はないから、札幌市の図書館を考えるにあたっては、やはり他の政令指定都市の状況を調べた上で行うことが適当であろう。

紙幅の関係もあるので、ここでは名古屋市、福岡市及び仙台市の図書館について、現況を調べてみる。3市を選んだ理由は、名古屋市はいわゆる11館構想がある(あった)こと、福岡市は札幌市とともに人口が500万人を超える県の県庁所在地であること、仙台市は札幌市とともに東京以北にある政令指定都市であり、札幌市より後で政令指定都市になった都市であることにある。

これら3市の図書館の状況は、表3のようになっている。

 

表3 政令指定都市の図書館

区  分

名古屋市

福岡市

仙台市 

人口(千人)

・行政区

2,145

16

1,352

7

998

図書館の数

20

(1)

10

(2)

  7

自動車図書館(巡回箇所)

2

(76)

 

3

76

サービスポイント

 

 

10

専任職員

(うち司書)

190

(155)

46

11

80

 (28

蔵書冊数

(千冊)

2,974

1,763

1,683

個人貸出数

(千冊)

10,978

4,886

4,252

     (『日本の図書館−統計と名簿−2007』(日本図書館協会 20081月)により作成)
 
 *1 条例では、鶴舞中央図書館1とその分館19(後出:注8参照)
 
 *2 条例では、総合図書館1とその分館9(後出:注9参照)

以下、これら3市の図書館について述べる。資料は「日本の図書館−統計と名簿−2007」と各市(図書館)がホームページ等で公表している資料によっている。

 

○ 名古屋市の図書館

名古屋市は昭和319月に政令指定都市になっている。現在人口は2,145千人で、16行政区が設けられている。

名古屋市には市立図書館は20ある。

中央図書館は昭和区にある鶴舞中央図書館で、中央図書館以外に19の地区図書館がある(注8

鶴舞中央図書館は、大正12年鶴舞公園内に開館した名古屋図書館を前身とし、昭和20年戦災により焼失した歴史を持つ。

昭和27年名古屋市鶴舞公園図書館として再建、昭和39年現名称になり、同59年新館となった。規模(床面積)は11,200u、蔵書1,126千冊、専任職員数50人(うち司書39人)である。

 

(注8)市図書館条例では、19の地区図書館は鶴舞中央図書館の分館と定められている。

 

名古屋市の図書館については、1区1館計画がよく知られている。

昭和40年7月にこの計画による最初の図書館として東図書館が開館し、このあと順次図書館が整備されていった。昭和40年代に8館が開館し、近年、平成10年以降でも平成17年の山田図書館まで8館が開館している。区の中には2つの図書館が設置されている区もあり、県立図書館のある中区を除く15の区に20館がある。

規模は、中に800uのものが3館あるが、大体1,100u〜1,700uで、最大は西区図書館の4,639uである。専任職員は少なくても4人以上配置されている。

これらの図書館の中には、新しく開館(設置)した後でも、新築したり、移転したりした図書館も多い。また、個人や会社からの寄附によって設置された図書館も3館(山田、熱田、南)ある(現在館の前身を含む。)。公園内に設置されている図書館も多い。

自動車図書館は2台ある。図書館から1.5km以遠を対象に1学区に1箇所、76箇所の駐車場を設けて、1月半に1回巡回している。

名古屋市は区に17の生涯学習センターを設置している。この施設はそれまでの公民館に代わる施設であるが、図書室は設けられていない。

県立図書館である愛知県図書館は、中区の名古屋城の近くにある。その前身は昭和34年に中心街の栄地区に開館した愛知図書館である。規模は19,604u、蔵書916千冊、専任職員数49人(うち司書41人)である。

○ 福岡市の図書館

 福岡市は札幌市と同じく、昭和474月に政令指定都市になった。現在人口は1,352千人で、7行政区が設けられている。

福岡市の市立図書館は、中央館が1館と9つの分館が設置されている。新しい大きな総合図書館があって、分館が各区の市民センターなどに併設されていることが特徴である(注9)。

中心である福岡市総合図書館は、中央図書館(博多区築港本町)の老朽化により、平成8年(1996年)6月早良区(さわらく)百道浜に移転新築された。施設は3階建てでその規模(収蔵能力)は国内有数である。図書・映像・文書の3部門があって、普通の図書館と呼ばれる施設のほかに、映像ホール、ミニシアター、ビデオブース、古文書・公文書館、青少年室等を備える。また、こども図書館、九州国連寄託図書館、点字図書館が併置されている。規模は、24,121u、蔵書1,142千冊、専任職員数37人 (うち司書8人)である。

総合図書館以外には、一般に図書館と呼ばれている施設が9施設ある。東、和白、博多、博多南、中央、南、城南、早良、西の図書館である。実際にはこれらの施設は規模も小さく総合図書館の分館であるので、以下「分館」と称することとする(注9)

(注9)『日本の図書館-統計と名簿-』(日本図書館協会)では、これら9施設は図書館となっている。しかし、市図書館条例では、これら9の図書館は総合図書館の分館と定められている。福岡市総合図書館のホームページにもこれらの施設はほとんど紹介されていない。

分館のうち、南、早良、東、博多、西、城南の6分館は、区に設けられている市民センター内に設置されている。博多南と和白の2分館は、地域交流センター内に設置されている。市民センターは各区に設置されている区の中央公民館とコミュニティセンターの機能を持つ施設である。

分館は、各区に1箇所(東区と博多区にあっては2箇所)設けられている。分館の殆どは昭和52年から62年までの間に開館している。

分館の広さは、335uから 630 uの範囲にあり小規模である。専任職員は1人である。

市には公民館が146箇所ある。公民館には、講堂、学習室、集会室、和室などがあるが、図書室は設けられていない。

 県立図書館は大正7年天神に開設されたが、昭和20年戦災により焼失した歴史を持つ。昭和24年に博多東公園内に再建され、昭和39年には天神に図書館に美術館を併置した文化会館が新築開館した。現在の福岡県立図書館は、昭和58年に新築開館したもので、東区箱崎にある。平成7年には別館が開館し、さらにその増築により平成14年に子ども図書館が開館した。本館(地下1階・地上5階建)と別館(地上5階建て)合わせて11,214uの広さである。蔵書673千冊、専任職員数34人(うち司書20人)である。 

 

○ 仙台市の図書館

仙台市は平成元年4月に政令指定都市になった。現在人口は998千人で、5行政区が設けられている。

仙台市の市立図書館は、昭和37年に市民図書館が開館したのが始まりである。現在は市民図書館1館と6つの地区図書館がある。

中心になっているのは市民図書館で、市中心部の青葉区(定禅寺通)の「せんだいメディアテーク」(注10内にある。平成13年にこの新築された施設に移転したもので、図書館の規模は3,750u、蔵書481千冊、専任職員数23人(うち司書8人)である。

(注10)市民図書館は建物の2階から4階部分。1階はメディアテーク。メディアテークは、メディアによる情報を収集、保管、提供して市民の活動支援等を行う施設。美術関連情報、視聴覚資料、バリアフリー資料を備える。    

市民図書館のほかには、地区図書館が6つある。広瀬、宮城野、榴岡、若林、太白、泉の図書館である。泉図書館は単独施設であるが、そのほかの5図書館は市文化センター、市民センターなどとの複合施設である。榴岡図書館以外は政令指定都市となってから以降、開館した図書館である。図書館の規模は、泉(4,984u)、宮城野(2,945u)のように大きなものがある一方で、榴岡(632u)、広瀬(600u)のように小さなものもある。

専任職員は、最少でも5人配置されている。

サービスポイントは、分室が太白図書館に1、泉図書館に9、計10箇所設けられている。

自動車図書館が3台あり、2週間に1回76箇所を巡回している。
 
(次号へ続く)
 

   (いわき のぶよし)