戻る

「置戸町立図書館」は今どうしているのか(1)

                                     森 田 は る み


はじめに

『市民の図書館』・中小レポート・東京都日野市の実践・・・。これらのキーワードと並んで、“日本の公共図書館の歴史を語るのに置戸(おけと)の名前ははずすことができない”−そんな話を聞いたのは、20数年前の学生時代のこと。「ふぅん、置戸ってそんなにすごいの?」公民館と図書館と、両方の活動で注目される自治体はそれ程多くはないのだという話とともに、置戸の名前は私の記憶に刻まれました。

しかしまさかその置戸の図書館で自分が働くことになるとは。しかも“新図書館づくり”に関わらせてもらうことになるとは・・・。人生とはつくづく不思議なものです。

置戸という一農山村の図書館が一体何をしてきたのか、その歴史的検証と評価は既に多くの方がしてくださっていますので、ここではふれません。今回は“その置戸が今どうなっているのか”というテーマにこたえていきたいと思います。

 

現在の位置

置戸町の「新図書館」は2005118日にオープンしました。農村モデル図書館として始まった旧図書館の開館が1965118日でしたので、40年後の同日を再スタートの日としたわけです。元の場所よりもより町の中心部へと移り、面積は約3倍の1,360u、蔵書規模は当初想定した収容能力が9万冊、現在10万冊を少し超えたところです。

新館オープン以来の来館者数は、来年118日の開館4周年の頃には10万人に到達します。10万人は、大都市の規模からすればささやかな数字でしょうが、人口3,500人の置戸としては確かな積み重ねの証しです。

利用の状況を統計数字から見れば、開館翌年度の平成17年度をピークに以後はやや減少気味に落ち着いてきていますが、それでも来館者・貸出利用者数とも旧館時代の約2.5倍になりました。「利用者の顔ぶれが格段に広がった」ことは、カウンターに居ての実感でもあり、何より嬉しいことです。

(より詳しい統計数値は次の表を参照してください。)

 

区  分

H19年度

H17年度

H15年度

人口

3,577人

3,736人

3,856人

登録者総数

うち町内登録者

2,191人

1,648人

1,956人

1,621人

1,637人

  ――

年度内新規登録者

 264人

 408人

 126人

貸出利用延人数

*( )内は本館・やまびこ号の内訳

15,436人

(13,205・

や2,231)

17,076人

(14,892・

や2,184)

9,999人

(6,603・

や3,396)

本館来館者数

22,583人

26,732人

9,583人

個人利用貸出冊数

*( )内は本館・やまびこ号の内訳

64,739冊

(57,085・

や7,654)

74,261冊

(66,302・

や7,959)

42,306冊

(29,766・

や12,540)

団体貸出冊数

9,812冊

10,560冊

18,724冊

蔵書総数

〜雑誌を除く〜

100,165

   冊

90,761冊

72,290冊

本館開館日数

 279日

 278日

 293日          

15年度は旧館時代の最終年度、H17年度は新館開館後の初年度、そして昨年度のH19年度を比較数値として挙げています。

 

新図書館づくりをふり返って

ここで施設名のことにふれておかなくてはいけないでしょう。新図書館の名称は置戸町生涯学習情報センター。文科省の補助金が既にない中、過疎の町が少しでも有利な財源をと過疎債を使ったことにより、図書館とは名乗れないことになりました。町としては「新図書館を単独館で建てる」という意思を持って臨んだわけですが、結果的には「名を捨て実を取る」道を選択せざるを得なくなったのです。

しかし実態としてはあくまでも老朽化した図書館の建て替えであり、一連の準備作業は「新しい図書館をどうつくるのか」というところからぶれることはありませんでした。当時の館長は、この新図書館づくりを“住民と一緒に”進めることが何よりも大切と考え、職員と住民が共に学ぶ「連続講座」方式や、出前講座方式で様々な団体の会合の場におじゃまして意見を聞くなど、特定メンバーによる委員会方式を取らず、関心を持った一人でも多くの町民に関わって声をあげてもらう独自の方式を模索しながら準備作業を進めていきました。

そして置戸の図書館の“誇るべき歴史”を築いた根底にある、図書館として守るべき理念や原則を再確認する一方で、その輝かしい歴史の陰で見落としてきたものがなかったか、謙虚な検証作業が重要と位置づけました。

継承すべきものと、初心に立ち返って新たに積み上げていくものと、その見極めの難しさを痛感しながら、しかし敢えてその両方を追い求めて新図書館づくりは進められ、そして今日に至っているということができます。

 

移動図書館車「やまびこ号」の今

置戸における移動図書館車の位置づけについて語り出すと、それだけで紙幅が尽きてしまいそうです。実を言うと、1963年に出された「中小都市における公共図書館の運営」(通称:中小レポート)の理念を実践的に進めた東京都日野市の図書館活動よりも先に、置戸の農村モデル図書館はスタートします。しかも建物の開館よりも2日早く、移動図書館車やまびこ号は運行を開始しました。このことは、大切なのは施設ではなく機能であるという理念を象徴的に示すものです。

多い時には70ヶ所近いステーションを回り、農家の軒先まで本を届ける決め細かなサービスを展開してきました。その精神は脈々と受け継がれてきたわけですが、だからこそなおのこと、新館建設に当たっては、改めて移動図書館車と本館との役割分担についての考え方を整理する必要がありました。“届けるサービス”の重要性をいささかも軽んじるものではないながらも、新しい施設の空間の持つ力を信じるからこそ、本館まで足を運んでもらえる状況を作り出すこと、移動図書館車はその中継ぎ役として果たす役割が重要であることが確認されました。

現在のステーション数は40弱です。新たなニーズを引き出しそれに応えていくためにも、ステーションの見直しは恒常的に、そして慎重かつ丁寧に行われなくてはなりません。

今年の4月、町内4ヶ所にあった保育所と幼稚園が一つに統合されました。来年4月には小学校の統合が控えています。置戸は元々4つの地区からなり、そこに小学校・保育園・公民館等があったわけですが、地域の中で核となってきた存在を失うことは、今後地域のあり様にどのような影響を与えていくのか、そしてその変化していく状況の中で、やまびこ号の運行はどうあるべきなのか。一つの大きな岐路に立っていると言わざるを得ません。

 

引き継ぐべきもの

 かつては狭くて寒かった建物が、今はゆっくり寛いで過ごしてもらえる空間となり、蔵書も増え、そういう意味ではまるで別世界のようです。けれどあの古い図書館からどうしても引き継ぎたいものがありました。それはあたたかな(アットホームな)空気感です。狭い空間だからこそ、そして人口の少ない小さな町だからこそ、訪れる人たちと職員との距離は近く、どこの誰なのかほとんどわかります。顔見知りの間柄で、時にはおしゃべりに花が咲きます。何気ない他愛もないやり取りから職員が得るものがたくさんあります。そんな“顔の見える関係”を前提とした館の運営は、“利用する側にとって快適であること・便利であること”を大事にする発想が、ごくあたり前に定着していました。一律で機械的な対応でなく、利用者と職員の対話や声かけ・あいさつを大切にする――これまで“改めて言うまでもなく”行ってきたことを、新しい館の運営の根幹として再確認しながら、増員されたパートさんたちも含め、言葉の上でも繰り返し繰り返し確認しました。

 そしてこのことの前提には、たとえ小規模自治体の図書館であっても、「(図書館として)あたり前のことをあたり前にやり切る」ことをめざし、努力しつづけてきた歴史があったことを、ぜひとも言っておかなくてはならないでしょう。

「利用者を信頼する・利用者のマナーを信用する」――そのことを前提に館の運営を考えていきたいしまたそれが可能であるのは、まさしく置戸町立図書館の歴史と蓄積があってのこと、そんな状況のもとでこの仕事に携わることができていることに感謝しつつ、その歴史に恥じない歩みをこれからも続けていきたいと念じています。

 

(次号へ続く)

 (もりた はるみ:置戸町生涯学習情報センター)