戻る

厚岸情報館のスタッフ日記とレファレンスの森本さん(ブログ)について
 
      −情報館の「いさな」です。−

                                                  余 西 弘 希


厚岸情報館の外観は厚岸町が捕鯨の町であったことに由来してくじらを模したものになっています。そのことからHP(ホームページ)の管理人をするにあたり、鯨の古称である「勇魚(いさな)」をHN(ハンドルネーム)として名乗ることにしました。ほかの職員も“くじら”や“くじらっこ”、“とっかり”、“こらっこ”、“おっとと”、“ジム”といったようにHNを持っていてHPのコンテンツや日記を更新しています。

多くの図書館でインターネットでのOPACの公開が当たり前になり、また、HP(ホームページ)を持つことも珍しいことではなくなってきています。当館でも早くからHPでの情報発信に取り組んできました。今回は私がHPの担当になってから始まったふたつのコンテンツをご説明したいと思います。

 

《スタッフ日記》2008/10/28

展示開始♪:くじらっこ

26日の日記でご紹介した「魅惑のティーンズ・ノベル」展示を開始!

開始早々 こわい小説は貸出に…。

こわい話 相変わらず 大人気です!!

今回は こらっこと二人 ティーンズ・ノベルをがんばって読みました!

普段は 推理小説やファンタジーを好む くじらっこですが 大人も楽しめます! 高校生にもおすすめ!

立ち止まってくれると それだけで うれしい♪ 貸出になると なおうれしい!

展示期間は 10月28日から11月11日までです

 

さて本当は画像付きになっています。この記事に興味を持たれた方、今すぐにパソコンのブラウザを立ち上げて、検索サイトに“厚岸情報館”と入力して検索のボタンをクリックしてみてください。そして、厚岸情報館のTOPページからスタッフ日記をクリック。ここには日々の出来事や行事の準備の様子、展示紹介などが書いてあり、情報館の日常を感じていただけると思います。

 日記を立ち上げたのは「図書館の仕事は何をしているかわからない」といった意見を耳にしたので、情報館の活動内容の広報的な役割を果たすべく200612月から開始いたしました。

開始当初から今までもっとも記事を書き込みしたのは先の記事を書いた“くじらっこ”。今の日記のカタチを作った功労者です。引き出し豊富でネタを見つけては日記をこまめに更新しています。

 私のネタの見つけ方は、図書館バスの運転業務が主になっているので、行った先々での出来事を書き込むことが多いです。また、雪かきや草刈りなどの業務も紹介。これが図書館職員の仕事?といった内容もありますが、それも情報館の職務のひとつなのでヘトヘトになりながらも日記を書き込みしています。

ほかの職員もそれぞれの業務内容からネタを見つけていることが多いと思います。そのほかにも町主催のイベントを記事にすることもあります。4月から来た館長もそろそろデビューするかも…。

 日記の運営方法を簡単に説明すると、職員のHNと記事を入力して、書き上げると館長がチェックするようになっています。間違った情報を流さないようにしているためです。日記を書き込む上での注意点は、利用者個人が特定できるようなことは避ける(写真は顔にぼかしを入れる)、人が不快になるような文章は書かない、誤った情報を流さないなどと公的機関が情報を発信する上でのルールを遵守するぐらいで、内部的に特別な規則を設けてはいません。簡単にできるPR手段として日記を活用しています。ありがたいことに定期的に見てくれる方もいらっしゃって、それが利用者との話題につながることもあります。

日記は現時点では、インターネットを使えない人には目のふれられない存在になっています。そうした人たちにも情報館をPRできるようにと考えていますので今後は、過去ログを印刷、製本して、貸出可能な資料として活用できればと思っています。情報館の業務に興味や親しみを持ってもらい、利用向上の一助となればと考えています。

 

レファレンスの森本さん

 他館の方からよく「森本さんとは誰ですか?」と聞かれます。ごめんなさい。森本さんに関わる性別・年齢といった全ての情報は“秘密”となっています。

秘密が多いのでなかなか語ることのできる部分が少ないのですが、明かせる範囲で書こうと思います。森本さんが中心となっている利用者向けのサービスに“森本さんの掲示板”があります。レファレンスサービスが利用者に身近な存在になるようにと、館内中央にパネルを設置して利用者から投稿される質問に森本さんが答えていきます。

 

《レファレンスの森本さん質問・回答例》

 

SL冬の湿原号 11歳

質問:SL冬の湿原号は、なんで、しべちゃからおりかえしなの

森本:SL冬の湿原号は、1940年に製造され、1975年まで各線区で活躍した蒸気機関車です。

引退前には標茶を起点とする標茶線を中心に使用され、引退後は標茶の桜児童公園に保存されていました。

その後NHK朝の連続テレビ小説で話題を呼んだSLすずらん号として、1999年に深川〜留萌間を運行。

2000年から「SL冬の湿原号」として標茶に里帰りをはたし、以降、冬の風物詩として、釧路〜標茶間を運行しています。

 

今回の例以外にも恋愛相談から科学的なことまで幅広いジャンルを扱っています。真面目な質問からちょっとふざけた質問もありますが原則、全ての質問に対して回答しています。回答が貼ってある掲示板の前では子どもから大人まで足を止めて、じっくり読んで楽しんでもらっています。

掲示板の運営は森本さんの出した答えを職員で回覧してから掲示するようになっています。

より多くの人に見てもらうためHPでもほぼ全て公開し、閲覧できるようになりました。じわじわと閲覧してくれる人が増えている状態なので、当初の目的のように利用者がレファレンスを身近に感じてくれているのではと思っています。

 

地域情報を発信できるコンテンツ作り

以上、ふたつのコンテンツについて説明させていただきました。HPではそのほかにも「折り紙サークル“のりこ”ギャラリー」といった折り紙サークルの作品も紹介しています。また、行事の紹介も準備段階からコーナーを作っているので行事の裏側も垣間見えると思います。

現在のHPは全てHP作成ソフトで作っていますが、来年2月に図書館システムが切り替わる予定です。それに伴ってHPのコンテンツの多くがシステムで管理できるようになるので、スタッフ日記や森本さんとともに郷土資料を活かした情報コーナーも拡充したいと考えています。そのためには役場の各課や各施設との横のつながりも重要になってきます。

厚岸に興味を持たれた方が当館のHPからいろいろな情報にたどり着けるような、町のポータルサイト的な役割を果たせればと考えています。また、利用者にとっての身近な情報検索の相談相手となれればとも思っています。

今後とも温かい目で当館のHPの活動を見守ってください。

(平成201029日記)

 

(よにし ひろき:厚岸情報館)