戻る

     すべての子どもに本の喜びを!

       −ふきのとう文庫の活動−

                                           高 倉 嗣 昌

 


はじめに

 日本図書館協会発行の「日本の図書館 2007年版」を見ると、公共図書館部門に分類される図書館の中で、私立図書館としてリストアップされている施設は20館に過ぎません。「ふきのとう文庫」はその中の1館に入っており、道内で唯一のものです。

 さらに、活動の主要目標を障がいをもつ子どもに置いている私立図書館は全国唯一であり、大変ユニークな拠点となっています。

 以下、当文庫の概略をお話しいたします。

 

あゆみ

「ふきのとう文庫」の始まりは、1970年(昭和45年)、当文庫(後に財団)の創設者であり、現在名誉理事長である小林静江が、ご主人の転勤により来道し、文庫活動のために江別市大麻の自宅を子ども達に開放した時とされています。

 小林静江は、若い頃東京の大手出版社で児童図書の編集を担当し、また、幼くして病に倒れ長期入院を余儀なくされていた妹さんが長年点訳奉仕の活動をしておられた環境の下で、児童の文庫活動と福祉の結合に到達したようです。

 その後更に小樽市に転居、そこで病院を訪問し、長期入院児の枕辺で「読み聞かせ」活動を行いました。そんな折、身心に二重の障がいをもつ幼児の母親から、「この子にも接することのできる本はないか」と問われ、とっさに答えることができなかったといいます。

 そうした子どもにも隔てなく本に接する機会をつくらねばならないことを痛感し、模索している過程で、アメリカの友人から送って来た「布の絵本」と出会ったのです。

 以後、「すべての子どもに本の喜びを!」を基本理念とし、札幌市に移った後、福祉や教育の関係者に呼びかけて「障害をもつ子どもと本の会」を組織し、布の絵本を研究制作のうえ、全国に発信しました。当文庫は布の本の日本における元祖なのです。

 布の本貸出し等の際、郵送費負担が大きかったのですが、その頃更に一般郵送料値上げで益々負担増となることから、小林静江は障がい者向けの図書郵送費の無料化を求める国会請願を行いました。それが認められて障がい者団体の第3種郵便料金据え置き、障がい者への書籍小包料半額が実現し、全国的に当文庫の存在が知られるようになりました。

 当文庫は、多くのボランティアの協力の下、小林静江の心血を注いだ活動により、1979年に財団法人設立が認可され、1982年には現在の札幌市西区平和の地に「ふきのとう子ども図書館」の開館に漕ぎつけるに至りました。時を同じくして弱視者の利用に供することのできる「拡大写本」の制作も手がけ、専用施設を拠点とした図書館活動、子ども向けのイベント、布の本や拡大写本の制作、それに病院を拠点とした病院文庫といった現在の活動領域をほぼこの時期までに整えることができたのです。

 以後、それらの活動を踏襲し充実と拡大に努めてまいりました。例えば施設面を見ますと、布の本制作室の増床、布の本等のプレイルームを兼ねた布の本・タペストリー・遊具展示室や拡大写本制作室、更に子ども向けイベントや会議用の多目的ホール及び閉架書庫の新設等がなされてきました。

 活動は全国的に認められ、内閣総理大臣、厚生大臣、文部科学大臣の表彰をはじめとする各種の表彰にあずかり、小林静江は北海道新聞文化賞を受賞しております。

 小林静江は高齢のため2004年に理事長を退き、代替わりして運営が継続されてまいりました。

 

具体的活動内容                                   

○図書館活動

 図書館活動は、当文庫が制作している布の本、拡大写本の開架、閲覧、貸出しを行うほか、一般児童生徒向けの児童図書等を含めた約14千冊を蔵し、広く活用に供しています。

 開館日は火曜日・日曜日の週2日、午前10時から午後3時までです。

 2007年度は、103日の開館日に2,034人の入館者を得、9,438冊の貸出しがありました。入館者、貸出冊数とも増加が続いております。うち拡大写本の貸出し179冊、布の本は492冊です。

図書の購入、登録、貸出しの仕事は、現在6人のボランティアが交替で務めてくださっています。

○布の本、タペストリー、遊具

布の本は温もりが感じられ、いろいろな付属品(ボタン・マジックテープなど)を使って部品を取ったり付けたりして遊べます。また手づくりですので、子どもの個性や興味に対応した本を制作することができるなど、一般の本にはない大きな特徴があり、子どもに喜ばれるばかりか、高齢者のリハビリーにも活用することができるものです。

実際に作ってみたいという人も多く、布の本や遊具をつくるテキストや材料セットを用意し販売もしております。これが当財団の貴重な事業収入となっているのです。

目下40人を超えるボランティアの方々が、制作にあたってくださっており、これまでに布の本約100種類、布のタペストリー約30種類、布の遊具約60種類を制作してきました。年に数点の新作も出しております。

○拡大写本

弱視の人々の読書へのケアーは、点字図書等に比較してまだ充分ではありません。拡大写本は弱視の人々の読書活動に大きな力となるものです。

 拡大写本をつくる場合、拡大コピーをすれば事が足るといった簡単なものではなく、文字の打ち直しや色ぬりなど多くの人々の手を経て出来上がるものなのです。

 出版社や作者の許可を得た一般児童書、漫画のほか漢字の読みや書き順の本の制作にも取り組んでまいりました。

 現在約20人のボランティアが工程を手分けして、年に1015種類の本を各6冊づつ制作しており、これまで約400冊の本の拡大を手がけるに至っております。

     イベント活動ほか

多目的ホールを会場としての「うたとおはなしの会」、「手づくり遊び」が現在交互に毎月開かれ、主に近隣の子ども達との交流にあたっております。加えて市の中心部に出ての展示会の開催、病院のプレイルームを活用しての病院文庫(現在3か所)も開設しています。また、当文庫活動を広く知っていただくため、パンフレットや便覧はもとより、『文庫だより』を年3回発行し、ホームページも開いています。

 

運営

 経済面は、公的補助など一切なく、800人を超える賛助会員による会費と寄付金、赤い羽根共同募金、北海道新聞福祉基金、中央競馬馬主社会福祉財団など文化活動に対する多くの民間援助団体からの支援、布の本・遊具・布の本を作るためのテキスト材料セットの販売等による事業収入の三つを財源として運営されています。

経済的には大変タイトで、パートの事務員1人を置いている以外、全員ボランティアの手による活動です。それでも開館日は週に2日、活動日も週に4日間しか当てることができず、ご利用くださる方々にいつでも直接応対する水準までは達せられないでおります。

自前の施設を持ち、布の本と拡大写本を扱う全国唯一の拠点であることから、当文庫に求められることは大変多いにも拘らず、ボランティアの不足に加えて高齢化のため、それに応えることができない状況に置かれています。それが最大の悩みです。

年間3千円を醵出して賛助会員になってくださる方はもとより、縫うことが好きな方、拡大写本、中でも手間のかかるぬり絵をしてくださる方、図書の貸出し、整理をしてくださる方など、いかに多くの方々のご支援をたまわるかが、今後の活動の鍵となりましょう。

1人でも多くの子どもに本の喜びを味わってほしい」というのが、当文庫に関わるすべてのボランティアの止むことのない願いであり、活動の原点なのです。

  (たかくら つぐまさ:財団法人ふきのとう文庫理事長)