戻る

図書館というもの         

                                       竹 内   セ

 

       (編注)図書館フォ−ラム(登別市、H19.5.20)における竹内氏の講演「市民と共に育つ図書館」の一部について記録し、加筆修正を加えて作成したものです。掲載を承諾くださいました竹内氏とフォーラムの主催者「のぼりべつの図書館を考える会」に感謝します。

アット ユア ライブラリー

昨夜、私は初めて登別温泉に泊めて頂きました。皆さんがこんなよい温泉を身近にお持ちになっているのを大変羨ましく思いました。

登別市の友好都市というのでしょうか、それに群馬県の草津町がなっています。その草津には町立図書館があって、非常に活発に活動をしています。その一つの例ですが、図書館が教えてくれたことがあります。図書館というものを一言で言い表す標語、アメリカから入ってきたのですが、“アットユア ライブラリー キャンペーン”というキャンペーンがあります。at your library、アットというのは、今アットマーク(@)というのが世界中で使われるようになりましたが、「アット ユア ライブラリー、あなたの図書館で」の前に、それぞれの図書館が自分でこれだという標語を考えて付けるのです。その標語は登録をして、他所の図書館がまねをしないようにする、そういう一つの仕組みがあります。

それを草津町立図書館は「心の湯治を@あなたの図書館で」としました。ちゃんと登録をしてありますので、同じのを使ってはいけません。

登別の皆さんは、これの上を越す標語を考えては如何でしょうか。

心の湯治を@あなたの図書館で」とは、大変よい標語ができたと思いました。それを考えた人も、きっと草津の温泉にたくさん入ったんだろうなと思いましたけど

たとえば落語家の苦労

今日本中で、図書館について、一つの考え方が行き渡っているように思います。それは図書館というのは本を集めて貸出しするところだ、もう少し言えば、あのピッピッとやって貸し出せばそれでいいんだ、そういう考え方が行き渡っているように思います。

本を並べて貸すところ、それだけでいいんでしょうか。一般の利用者ならばそれでいいのだと思います。

たとえていいますと落語です。私はそんな熱心な愛好者ではないけど落語が好きです。マンガも好きですが。それで、落語でいえば、聞く方は聞いて笑えばそれで済むのですね。ところが語る方の努力は大変なものです。

文庫本に、古今亭志ん朝さんの落語の本があります。6冊書いていまして。あれを読みますと、古今亭志ん朝という落語家が自分の落語を高座にかけるのに、どれほどの努力をするか、痛いようにわかるわけです。あれを読むと苦しくなってきますね。

苦しくなるというのは、落語を楽しむことになるのかどうかよくわらないのですけれども。この人は、自分の噺をつくるのにこれだけ努力している。恐らくそれは、少ない言葉と限られた部分で内容を豊かに表現することに努力するからではないかと思っています。

志ん朝さんのことを話題にしていますが、実は戦争が終わって、中国からLSTという米軍の戦車揚陸艦で送り返されるときに、変わった人が2人いました。中国陸軍の帰国の検査を受ける時、私の2列後ろにいた人たちです。この検査に引っ掛かったら帰国できない、といってみんながはらはらしている中で、一人は座りこんでお酒を呑んでいました。「お前、こんなとこで駄目だよ!」といっている人と、「なあに、かまうこたぁねえ」てなことを言って、お酒を呑んでいる人。あとで訊いたら、お酒の人は(天衣無縫といわれた)古今亭志ん生(5代目)さん、志ん朝さんのお父さんで、もう一人の人は後に名人といわれた三遊亭圓生(6代目)さんでした。軍隊の慰問に行ってそのまま帰れなくなって、私たちと一緒になったんですね。

あ、あの人の息子さんの本だなと思いながら読むものですから余計面白くもあり、また落語家はこんなに苦労するものかと思いました。

つまり、落語家は高座で、私はこれだけ苦労しておりますから皆さんご理解くださいと言ったら、話になりません。プロとしてはそれを人前に出さないのです。私たち聞く者は、アハハと笑っている。その背後にある落語家の努力は詮索しないで過ごしています。

図書館を利用する場合も。普段はそんなに面倒なことは言わないですね。今日はあのことを知りたいんだ、分かればいいんだということで済んでいます。

だけれど、今日のように、市民と共にある図書館とはどうあるべきかを考える皆さんには、その段階ではなく、もっと突っ込んで考えていただきたいと思います。図書館の仕組みというものも含めてご理解いただきたいと思うのです。

本の貸出しは、表に現われた目に見える現象です。貸出しだけが図書館の仕事ではありません。図書館とそこで働く職員は、図書館サービスのために陰で目に見えないプロの仕事をしています。

 一人ひとりの自立を助ける

図書館は何故必要なのでしょうか。

今、よくインターネットで何でも分るから図書館は必要ないという人がいます。インターネットで分かることで済めばそれでよいのですが、一歩踏み込んで、さてその次はどうなる、ここにこう言っているけどその根拠は何だろうかと、深く踏み込んで考えるときは、あの画面に出てくることだけでは充分でないのです。それについて調べる手段方法とともに、考える材料を提供することが必要です。なぜそれが必要かといいますと、それは、人が自分でものを考えること、つまり人が自立をして考える必要があるからで、そこでそれを援助する仕事が大事になるのです。

一人ひとりの自立を助ける仕事、それが図書館の仕事です。

人の自立を助けるという点では、学校もそうだと言ってよいでしょう。それから、法務省の関係の矯正施設などもそうだと思います。

自分のことを申しますと、私は今年80歳になります。はっきり言って先は見えている。でもお医者さんは、私が体の面で自立していくのを助けてくれます。気持ちの面で助けるとか、ものを考えるのを助けるとかありますが、お医者さんは、体の面で助ける。世の中には人の自立を助ける仕事がいくつもあるわけです。

そういうものの一つが図書館です。

また図書館は、学校教育も支援します。長い間、いわゆる社会教育の機関である図書館は、学校教育に口を出すというのは厳しく規制され、厚い壁があったのですが、今は変わりました。文部科学省も図書館は学校を是非支えてほしいという態度になっています。

 一人の人のことで考えると、図書館に来る一人の人の中に3人の人がいるだろうと思っています。私の中にも3人いるのです、能力の違うのが

最初の1人は、自分が知っていることをもっと深めたいという欲求を持つ人です。そういう人間が中にいます。今知っていることに疑問を持っていたり、もっと深めたい、本当のことを知りたいと考えている人です。   

次の1人は、知らないことを調べたいという人です。知らないことには限界がないものですから、結構むずかしいことです。その人自身の知らないことに対するレベルと範囲の問題があるのです。

自分のことで申しますと、私は外国のことを調べようとするとき、外国の子ども向けの本を見ます。知らないことを知ろうとするのですから、易しく書いてあることが第一です。子どもの本は、まず字が大きい、これはわれわれ老人にはありがたいことです。そして英語がやさしい、要点を掴んで書いてある、場合によっては理解を助ける図解・絵が入っていること等のよい点があります。それで満足できればそれでよいのです。満足できなければ、それから大人向きの百科事典、もっとややこしいものなどに進むわけです。  

3番目の人。前に挫折したことをやり直したい人です。これはやっかいです。私の場合も、前に分からなかったこと、例えば英語は嫌で嫌で仕方なかったのですが、やり直しをいたしました。以前に分からなかったことをやり直すのには複雑な思いがあります。それでもそれを乗り越えて、分からないことを分かろうとするのですから、その人には2番目の人より、もっと適切な助言・対応が必要だということになります。

一人の子が学習していて壁にぶつかることがあります。どうしても分からなくなることがあるのです。でも、ある程度学習を積み重ねてから分からなくなったというのは、そのことがそれだけ分かってきたことの証明かも知れない。そう思うと、その子に対する助言の仕方が変わってきます。どう具体的に助言するか、それとも子どもが自分で乗り越えるのを待つのか。助言者の判断が非常に大事になってきます。そこで教科の先生とか、司書教諭、学校司書とかがいて、その子のその時の状態に適切な対応をしなればならないのです。

しかも、この壁にぶつかるということは、小学生から大学院生に至るまでみんなにあることなのです。壁にぶつかってどうにもならないときに、第三者がいて視点をちょっと変えると、解決のつくことがあります。常に解決がつくとは申しませんが。だって、その子がぶつかっているのが人類の最大の問題である、そういうことだってあるのですから。そういう場合には、別な観点から適切な本を紹介するとかするでしょう。だから学校の図書館には多様な本が必要なのです。

 調べ学習のときには、クラスでの一斉授業では見えてこないこと、つまりその子が何で困っているのか、それが学校司書に見えてきます。例えば、この字の読み方が分からないというのは、クラスではなかなか発言しにくいことです。学校の図書館でなら、「この字なんて読むの」などと言ってくる。その時に、大修館の大漢和辞典、世界で一番大きな漢和辞典ですが、小学生にあれを見せてもしょうがないのです。その子の今持っているレベル、あるいはもう少し低いレベルのものから見せて、理解を積み重ねるように準備しなければなりません。学校図書館では、同じ辞書を一つのクラスの人数分だけ用意すればよいという人もいます。一斉にする授業では、確かにそれが便利ですが、それですべての生徒の問題を解決できるかというと、そうではないのです。

 これは子どもに限ったことではありません。この社会で生きているわれわれにも共通することです。皆さんお一人お一人が今ここで生きていらっしゃるのです。

その社会に生きている一人ひとりの自立を助けるために、他の動物では決してできない、人間が考え出した図書館というものがあり、誰にとっても図書館が必要なのだと思います。

 (終わりに)

今年の3月で、私はこの世界に関わって53年生きたことになります。53年前は「図書館に勤めている」と言うと、「トショカン?」と火星人が来たかのような顔をされたものです。

それが今は−この50年の間に−市民の方々が自分たちのこととして図書館を考えるようになりました。世の中の変化には、どうなっちゃうんだろうと思って心配する面もありますが、これは大変真っ当な、信頼するに足る変化だと思います。そういう意味で、私は今日ここにお出でくださった皆さんに期待したいと思っております。

    (たけうち さとる:前日本図書館協会理事長)