戻る

      私論札幌市の図書館(1)

                                                 岩 城 信 吉


はじめに

 札幌市立の図書館は、中央館1館と地区館9館の計10図書館がある。

 札幌市は、札幌市図書館の平成18年度の実績について、貸出冊数では開館日数・開館時間の拡大及び貸出上限冊数の増によって、前年度より30.3%増の6,936千冊を貸出し、登録者では市民2.4人に1人が登録しており、蔵書冊数は市民1人当たり1.19冊を所蔵していることになり、貸出冊数については市民1人が1年間に3.7冊借りたことになると発表している。

 私たちはこれをどう評価したらよいのであろうか。

札幌市は北海道の政治経済文化の中心地である。北海道の人口の約3割に当たる約190万人が住み、面積1,121kuで、10行政区がある。

札幌市の図書館の有り様は、札幌市民の生活文化に大きな影響を及ぼしている。また、札幌市周辺や北海道に住む人の生活文化にも大きな影響を及ぼしている。それはこれまでもそうであったように、これからも続く。

 もとより他の市町村とはかなり様相を異にしている大都市札幌市の、その図書館の姿を的確に捉え、課題や問題点を明らかにすることはそう簡単なことではないが、本稿ではあえてそれに挑戦してみたい。

 

 札幌市の図書館に関して、以前目にした一つの資料(文)が頭から離れない。

それは置戸から札幌に移り住んだある女性の「置戸図書館の思い出」と題する文(注1)で、次のような内容である。

高校時代は学校の帰りに友だちと寄り、保母となってからは幼い子どもたちをつれていってたくさんの本を借りて読み聞かせをし、また日進(地名)に移ってからも移動図書館車から何冊もの本を借りた。置戸町の図書館では職員がとても子どもたちと仲良しで、友だちのように、なごやかなのを感じていた。札幌に移って、一度だけ市立図書館に行ってみたけれど、人口の割にとても小さいと感じた、対応も事務的な感じがして淋しい気がした。回ってくる移動図書館車は、本を借りようとする人は多いのに本の数が不足しており、物足りない感じを受けた。

つくづく置戸の図書館は立派だと思う、これからも子どもたちに親しまれる図書館であってほしい。

 

(注1)昭和551023日「置戸タイムス」(『まちの図書館』図書館問題研究会編著 1981 日本図書館協会 107頁に収録されている)

 

置戸町図書館は、昭和51年度からの3年間をはじめ何度も人口1人当たりの貸出冊数で全国一になって、当時既にその活動は全国的に注目されていた。その後、町の過疎化は進んだが、その図書館の活動には基本的な変化はなく、現在も住民に親しまれる活動を続けている。

女性がこの文を書いた当時は、札幌市にはまだ1区1館が実現しておらず、中央図書館が北2条西12丁目にあって、菊水図書館や山の手図書館が新しく開館した頃である。その後、社会は大きく変り、札幌市も札幌市の図書館もまた大きく変わった。かの女性は、今の札幌市の図書館について、どのように感じ、考えておられるであろうか。

 

札幌市と置戸町の図書館を同列において、単純に比較するのは適当ではない。しかし、図書館は地域住民のためにある。この点では、札幌市であろうと置戸町であろうと図書館の基本には変わりがない。自治体の図書館は住民が利用し易いように設置(配置)されているか、その図書館は適切な奉仕(サービス)を提供しているか、そのために必要な体制が取られているか。それがポイントである。本稿はこれらのポイントについて、検討しようとするものである。

なお、本稿において単に図書館という場合は、市立図書館や県立図書館などの公立図書館を指していることをはじめにお断りしておく。

 

札幌市の図書館の歴史

 まず、札幌市の図書館の歴史から見ておきたい。現在の図書館を理解するために、その歴史を知る必要があるからである。

 札幌市の図書館は、普通、明治243月発足していた北海道教育会が324月事務所を大通り西4丁目に移し、そこに附属図書館を開設したことに始まると説明される。

この図書館は数度移転を重ねたが、明治44年には北海道教育会は時計台を札幌区から借り受け、附属図書館を開設した。その後、北海道教育会は解散し同図書館は札幌区教育会に引き継がれて(無償譲渡)、札幌区教育会附属図書館となり(大正7年)、さらに札幌市教育会札幌図書館となった。

大正151月、札幌市は国から時計台敷地を購入し、図書館は名実ともに札幌市のものとなった。なお、同年11月、行啓記念北海道庁立図書館(のち北海道立図書館)が北1条西5丁目に開館している。

太平洋戦争末期、札幌図書館は軍による施設接収によりやむなく休館した。

戦争は道内の図書館に大きな苦難をもたらしたが、札幌教育会附属札幌図書館は最も大きな被害を受けた。接収は図書館の機能を完全に停止させ、加えて占領政策による禁止図書の廃棄がなされた。

 

昭和23年、札幌市は時計台にそれまで戦中戦後に種々の事情から入居していた諸団体の撤去を求め、時計台に図書館を開設することを決めた。昭和24年度には市予算で改修を行った。

単独法として図書館法が公布されたのは昭和25430日であったが、510日には札幌市でも市立図書館条例を公布し、511日に市立札幌図書館が開館した。

この時計台時代は昭和41年末まで続く。時計台は札幌市の図書館として長く利用されてきたのである。

この間、札幌市は、昭和25年に白石村、昭和30年に琴似町・札幌村・篠路村、昭和36年に豊平町、昭和42年に手稲町と、合併し市域を大きく拡大している。

時計台の図書館は、昭和4112月に北2条西12丁目に新築された図書館(注2)に移転し、札幌市立図書館と改称して翌年1月に開館した。

時計台の図書館は、昭和30年前後から、いわゆる受験生増加問題などが引き金となって新築問題が起こっていた。市民会館に併設する案、アメリカ文化センターの場所(北1条西1丁目)に新築する案などもあったが、最終的には福祉センター横の道有地であった前記の場所となった。

(注2)新しい図書館は、鉄筋コンクリート造り地上3階地下1階、延床面積2,183u

なお、昭和42年春、北海道立図書館が前述の場所から札幌市の隣の江別市大麻地区に新築移転していることも、ここに特記しておかねばならない。

この道立図書館の移転は、栗田書店から大量の図書資料が寄贈されることに伴って収蔵スペースが必要になり、同時に図書館の図書館として、いわゆる二線図書館としての役割に徹しようとする新しい考え方に基づくものであった。しかし一方では、社会資本の札幌市への集中を避けたいとする政治的意向が優先したものともみることができる。

市の中心部から2つの大きな図書館が場所を移した意味は小さくはない。

 

昭和47年4月札幌市は政令指定都市になった。行政区の数は7であった。その直前の2月には第11回冬季オリンピック競技札幌大会が開催され、前年12月には札幌市地下鉄が開業している。札幌市はこの時期の前後から、近代的都市へと飛躍的な発展を遂げていく。

 政令指定都市になったあと、札幌市は出張所等に図書コーナーや区民センターに図書室の整備を進めていく。

昭和5111月には、「新札幌市長期総合計画」に地区図書館の全区設置構想が提示された。

昭和547月、札幌市立図書館は札幌市中央図書館と改称される。同月、旧保健所の建物を転用して最初の地区図書館である菊水図書館(現在の東札幌図書館、白石区)が、10月には旧高等学校校舎を利用して山の手図書館(西区)が開館した。

このあと、新琴似図書館(北区)、西岡図書館(豊平区)、澄川図書館(南区)、元町図書館(東区)が順次開館し、1区1館構想は一応実現されたこととなった。

その後、区の分区・新設があり、昭和62年に厚別図書館(厚別区)、曙図書館(手稲区)、平成9年には清田図書館(清田区)が開館した。

 

市立(中央)図書館の西12丁目時代は20数年続いたが、施設の老朽化、狭隘化等が進み、新築移転することになった。

 中央図書館は、平成3年3月、現在地の中央区南22条西13丁目(北海道教育大学札幌分校跡地)に新築された図書館(注3)に移転した。施設の面積はそれまでの約3.5倍となり、各地区図書館・図書室を結ぶコンピュータネットワークシステムも完成した。

あとでも問題とすることになろうが、この中央図書館が立地する場所は中央区ではあるが市の中心部からやや離れた場所(注4にある。そのことが少なからぬ問題を生じせしめている。

(注3)新しい中央図書館は、鉄筋コンクリート造り地上3階(一部4階)地下2階、延床面積9,049u。札幌市埋蔵文化財センター(延床面積1,059u)が併置された施設である。

(注4)三越百貨店のあるいわゆる「四丁目」から、距離にして約4キロ、路面電車利用で約2223分かかる場所である。近くに大きな公共施設はない。

 

 このような経過を辿って、札幌市の市立図書館には、現在1中央館9地区館の10館があるのであるが、併せて札幌市は図書館ではない施設の整備を進めてきた。

 図書館ではないが図書館関連施設として、昭和47年から、区役所・出張所等に図書コーナーの開設が進められ、昭和49年から区民センター内に区民センター図書室の開設が進められた。またさらに、図書館や区民センター図書室の機能を補完する施設として、平成元年から地区センターに地区センター図書室の開設が進められた(注5

現在、それらの数は、区民センター図書室7箇所、地区センター図書室20箇所、図書コーナー6箇所となっている。

(注5)区民センターは市が設置する公民館的な施設(現在市の公民館は月寒公民館1館のみ)で、政令指定都市となってから各区役所の近くに設置されている。地区センターは区民センターの規模を小さくしたもので、全部の区に合わせて23箇所設置されている。これらの設置の根拠は札幌市区民センター条例で、所管は市長部局(市民まちづくり局)である。
 

現在はない移動図書館(自動車図書館)についても触れておく。

昭和329月から運行された移動図書館は図書館活動の主柱の一つになっていた。この移動図書館は巡回文庫を発展させたもので、「ほくと号」(昭和408月には「エルム号」が増車)が、利用申込団体のある地点をステーションとして定期巡回した。ステーションは、新しく市域に加わった札幌(村)、篠路、白石等の区域に多かった。

昭和528月から、個人を貸出対象にした新しい移動図書館「ほくと1号」と「ほくと2号」が全市域をサービスエリアとして運行された。それまでの移動図書館は貸出文庫となった(平成103月末で廃止)。移動図書館の巡回箇所は平成7年度では58箇所となっていた。

移動図書館は、地区図書館や地区センター図書室などの図書施設が整備され交通事情も整ってきたことなどにより利用者が減少を続け、道路事情も変化し冬期間は道路に駐車しての業務が困難になってきたことなど(これらは札幌市があげる理由である)から、平成8年度からは巡回箇所が削減され、平成103月に廃止された。
  (以下、次号に続く。参考にした資料は文末に示すことにする)

 (いわき のぶよし)