戻る

「読んで笑って、ここへ来るのが楽しいの」

−浦河町立図書館の高齢者サービス−  

小 野 寺 信子 

 


音読教室のスタート

「ボケを防ぐには脳の前頭前野を刺激するのがいい。それには音読が最も効果的」大学教授や医者のそんな話を新聞で目にするようになってから、図書館で高齢者対象の音読をやってみたいと考え、平成19年の3月に立ち上げた。

「上手に読むのではなく、気持ちよく声を出して読む教室です。文字を声に出して読むことによって脳の様々なところが刺激され、活性化されることが科学的に証明されています。脳の若返りを目指して一緒に本を読みませんか?」そんな誘い文句で仲間を集めた。

以来毎月第2・4水曜日の午後になると59歳から86歳までの25人が一堂に会して、大きな声で本を読んでいる。基本的なプログラムは次の通り。

・ホームルーム=出席をとる。今日の予定など

・口ならしタイム=言葉遊びや詩などを読む

・1時限目=文学作品を読む

・2時限目=お楽しみタイム

・3時限目=子どもの本を読む

このように3つの区切りにしており、休憩もふくめてこれで2時間。

1時限目の文学作品は、小学館発行『齋藤孝の音読破シリーズ』を取り上げ、今まで芥川龍之介、夏目漱石、太宰治を読んできた。このシリーズは字が大きく、ルビや言葉の説明もついているうえ、何より声に出して読むのに適した作品を取り上げているので、音読教室にはもってこいのテキストである。これは皆さんに1冊ずつ購入してもらい、必ず家で下読みをしてもらっている。1時間読んでも50頁しか進まないので、1冊終えるのに4ヶ月ほどかかっている。

 2時限目のお楽しみタイムは音読のあい間に息抜きをしたいと考え、その時々にいろいろなことをしている。昨年はアニマシオンの手法でクイズを出しながら子どもの本を楽しんだが、今年に入ってからは唱歌をうたったり、手遊び、紋切り遊びなどに広げて20分ほどを楽しんでいる。前回は手遊びだったが、単純だけれど勘違いしやすい動きを入れたので「あれ?どーしてこーなるの?」「手がいうこときかなぁーい!」と大爆笑。やさしい手遊びは「家に帰ったら孫に教えてあげよう」と書き留めていた方もいた。

 3時限目の子どもの本の時間は、図書館にある集団読書(同一タイトルの本を40冊揃えている)のなかから選んで読んでいる。子どもの本は字が大きいので視力の弱くなった方でも読めるし、子どもの本のほうがより楽しみに根ざしていていいという理由である。

 リーダーの私は「はい、始めます」と「はい、ここまで」という声を掛けるだけ。上手に読むのが目的ではないので指導は一切ない。ただ淡々と読み進んでいく。

 

さまざまの良いことが現われて−

 このようにすすめて1年が過ぎたが、当初目的としたボケ防止だけでなく、さまざまな良いことが生まれてきていることに驚いている。3月に「一年目を終えてのおしゃべり会」を設けて感想を聞かせていただいたのでその中から抜粋してみる。

「子どもが東京や札幌に行ってしまい、86歳でひとり暮らしをしています。子どもから電話がくると『母さんの声このごろ元気だよね。母さんの元気な声を聞いていると僕たちも安心だよ』と言われる。これは音読をはじめたことで声が出るようになったんです。」

「音読教室に来て皆さんに会っていると笑顔もこぼれるしボケ防止になります。健康に気配りしてずっと参加したいと思っています」(85歳)。

「ここへきていろんな本を読んですごく楽しい。ドキドキしています」

「このような会があって、今まで読まなかった本が読めて嬉しい。坊ちゃんなど長いものを読みきった喜びもあり、えりもから通った達成感もありました」

「年なのでボケないようここへ来てみたら楽しいの。友だちもできて嬉しい!」

「今まで喘息で声が続かなかったのに、音読に来るようになったら声が出るようになって、自分でも嬉しく思っている」

「ひとり暮らしで話し相手もなく、電話が来たときすぐに声が出なかった。でも音読に来るようになってからは家でも声を出して本を読んでおり、いつでもちゃんと声が出るようになった」

 このように音読教室に参加することによって、今までよりずっと声が出るようになった、

という方が予想以上に多かった。また今まで読まなかった分野の本が読めて楽しいという方も数人いたし、家から出ていろんな人に会えるのが嬉しい、教室が終わったあと町でブラブラするのも楽しみなどと嬉しそうに話す人も数人いた。

もう一つ私が感じているのは、文学作品のもつさまざまな力が皆さんの心の中にじんわり浸み込んでいっているということ。それによって、心のなかが耕やかされていく。会のなかの人間関係がよく保たれているのもその恩恵の一つだろうと思っている。

 会員は男2名、女23名と圧倒的に女性が多いが、年齢では80歳台が6名いる。うち1名は自分で車を運転して8キロほど離れた牧場から来ているが、残り5名はバスを利用している。バスはステップも高く体力がなくてはバスで通うことはできない。「健康に気をつけて」という体調管理は、参加の絶対条件なのだ。

こうしてひとり暮らしなど意外と淋しい思いをしているお年寄りにとって、出かける場ができたことは大きな心の支えであり、楽しみであり、体調管理もという心の張りにもなっている。このように一石五鳥も六鳥もある音読教室。他の館にもぜひとおすすめしたい。

 

老人ホームでの朗読サービス

 さて浦河の図書館が行っている高齢者サービスはもう一つある。町内の老人ホーム(特養と養護の2カ所)を訪ね、本を読んだり新聞から町内のニュースをお知らせすることを毎月2回、ボランティアさんの協力を得て25年前から続けている。

 「老人ホームの寝たきりのお年寄りが、ベッドを離れる機会を作って欲しいのだけれど」と所長から頼まれたのがきっかけだった。何人かのボランティアさんとホームを訪ねると、飲み物とおやつが用意されているので、それをお皿に入れて、集会室に集まってきた一人ひとりに声をかけながら配っていき、それから昔話を2、3話読む。次に地元の新聞を開いて面白そうなできごとを話し(記事を読むのではなく噛み砕いて話す)、最後にみんなでなつかしの名曲や唱歌を歌っておしまいとなる。

 初めの頃、エッセイや小説、紀行文など読む本をいろいろ試してみたが、一番良かったのが昔話だった。昔話の文は簡潔、直裁であり起承転結がはっきりしていて勧善懲悪。これらがお年寄りの心に合うのだろう。他の本を読むと反応はなくお年寄りの耳の右から左へと抜けていくのが分かったが、昔話を読んだときは面白いと拍手がくるのだった。特にぼたもちや和尚さんが出てくる話だと拍手が大きかった。それ以来、読むのは昔話と決めている。また、時にはお年寄りと交流したいと、詩や短文を印刷してもって行ってみんなで読んだり、手遊びをしたり、年に1度のクリスマス会では炭鉱節や浦河音頭を一緒に踊ったりしている。

 私は昨春図書館を退職したので、これらのサービスにはボランティアとして参加させていただいている。いま、たくさんのお年寄りとのふれ合いから、楽しみとエネルギーいっぱいいただいている。

  (おのでら のぶこ:浦河町立図書館ボランティア)