戻る

道内学校図書館の状況について(2)

      −自治体の施策や予算から見て−

                                佐 藤 敬 子

 


司書教諭と司書の協働体制

 「司書教諭と学校司書は車の両輪」という。しかしその双方がより良い形で置かれているところは?というと、道内では一部の私学と公立の高等学校しかなかった。しかも公立高等学校では正式に学校司書という名前ではなく、「実習助手」「事務職員」等の名で置かれ、学校図書館の仕事に専念できるところは、最近、間口減に伴って少なくなってきている。そんな中で恵庭市では、「正規」とまでは言えないが、学校司書という名で、学校図書館の仕事に専念できる専門職員が置かれた。小学校には2004年度から、中学校には2006年度から、全市13校にすべて配置されたのである。私が所属する北海道学校図書館協会では、その初めの動きがあったころからずっと関心を持っていたが、恵庭には支部もないため、その実情はよく解らなかった。そろそろ配置されて年数も経ち、司書教諭と司書が揃って置かれているところの実態を知りたい、という声が全道各地の支部からも高まったため、昨年の夏、恵庭市を訪問してその実情を伺ってきた。

 小中学校をそれぞれ1校ずつ訪問して司書の方から直接お話を伺ったほか、市内全校の司書教諭へもアンケートを出してご協力いただいた。また、恵庭市立図書館の学校図書館担当者の方からもお話をお聞きした。

 まず、学校を訪問してみると、アイディアを生かしてよく工夫された館内。なんといっても「司書が常駐しているのだ」ということを実感した。

 中学校では、学校祭に向けての学級活動中だったが、生徒が数名でふらりと調べものに来る。すると、司書がすぐに対応。生徒たちも小学校から「司書がいる」ことに慣れてきており、ごく自然に相談していた。

 また、小学校では、まずいろいろな楽しい工夫を凝らしたディスプレイや、ボランティアさん等の手作り作品に心が和まされた。この地域ボランティアとの細やかな対応も司書がいることでスムーズにできるそうだ。司書さんのお話も豊かで、いかに活発に活動しているかがよくわかるものであった。特に、司書教諭と司書が協働して、全学年のカリキュラムに対応した図書資料活用のためのリストを作成した・・・というお話は、本当にうらやましかった。普段、作りたくても兼任司書教諭1人ではなかなか作れないものであり、これぞ「協働」の一番のたまものだとつくづく思ったのである。

 そんな、「兼任司書教諭1名」の側からすれば「垂涎の的」の恵庭市の制度だったが、お話やアンケートから問題点も窺い知ることができた。

 その最たるものは、「協働」するための打ち合わせの時間がほとんどないことである。司書は「正規」の採用ではないため、勤務時間の規制があり、司書教諭と相談する時間が不足しているという。これは何人もの司書教諭のアンケートにも書かれていたことで、司書教諭の仕事量の多さもその要因の一つと思われた。「協働」するにあたって、なんといっても大切なのはコミュニケーションであり、そこからすべてが始まるといっても過言ではないだろう。この点について恵庭市としてはこれからどう対応するのだろうか。興味深い点である。

 また、2点目は、司書教諭に対する研修や指導の窓口が公共図書館であるということである。教育職としての司書教諭への指導や研修に関わることというなら、立場としては教育局や教育委員会がその責を負うべきであり、そこから、司書教諭としての仕事やその役割、司書との協働等についての十分な研修や指導がなされるべきである。そうした上で初めて、望ましい形で各学校の司書教諭と司書とが連携し、協働できるのではないかと思われる。学校図書館は公共図書館とは違う。「同じ図書館なのだから、学校図書館のことも公共図書館にお任せ!」という発想になってしまうのは残念なことである。また、実際、公共図書館としても教諭への「指導」の点では難しい面もあるだろうと推察された。

 「学校図書館職員の専門性」を考えるとき、司書教諭には司書教諭としての専門性、司書には司書としての専門性がある。仕事上、重なる部分は大きいが、それぞれその専門性は違う。



それぞれがその専門性をしっかり理解して研修を重ね、独立した存在として確固たる専門性を持って向かい合い連携するとき、真の意味の「協働」がなされるのだろうと考えている。

 (この「学校図書館職員の専門性」ということについては、この夏の86日〜8日に熊本市で開かれる第36回全国学校図書館研究大会(熊本大会)でフォーラムが予定されており、その中で「司書教諭の専門性とは何か」について話題提供させていただくことになっている。ご参加いただければ幸いである。)

 

「司書教諭TT」のあり方

 恵庭市の小学校に伺ったとき、「読書支援TT」という存在の先生についてのお話を伺った。この小学校にだけTT(Team Teaching)の形で1名措置されたとのこと。お聞きすると、国語科の中で読書指導の形で入って活動したり、先に述べた図書資料活用リストの作成にも司書教諭・司書とともに関わってくださったそうだ。初めてなので動き方についてはまだわからない点もあるようだ、とのことだった。

 これぞまさに私が願っていた、「司書教諭TT」である。司書教諭が教科や学年の壁を取り払ってTTとして授業に入るもので、読書指導や情報・メディアを活用する学び方の指導(略して「学び方の指導」、「利用指導」ともいわれる)、資料活用学習(調べ学習)の際に大いに活動できる。残念ながらその小学校のその担当の先生は司書教諭ではないので、担任なしで主に国語科に入っているということだった。これが司書教諭なら、担任等がないのだから思う存分専任司書教諭としての動きができるわけで、そうなればどんなにかいいだろうという思いだった。それが昨年度のこと・・・。

 ・・・実は今年度、同じ恵庭市の司書さんにお会いする機会があって、その後の状況をお聞きしたところ、今年度、その小学校では、司書教諭がその「読書支援TT」担当者に任命されたそうである。つまり専任司書教諭ということになる。・・・専任司書教諭1名に専任司書1名・・・。何ともうらやましい話ではないだろうか。ちょっとお話を伺ったところによると、まさに「司書教諭」の「教諭」としての部分での働きが大きく、その司書さん自身も見ていて「きちんと時間の保証をされた司書教諭であれば、このように動くものなのだな・・・」とつくづく実感したとか。

また恵庭に伺って実際に調査をし、お話を聞き、勉強してみたいと考えている。

  (さとう けいこ:札幌市立発寒中学校 司書教諭)