戻る

高校図書館で図書館の可能性を実践する  

(3)飛び出す図書館(企画実践)        塚 田 敏 信

 


2005年(平成17年)12月から2008年6月までの間に、図書館講座を18回、特別展を3回開催した。また2001年から始めた企画展示の方は、70回余り。とにかくひたすら動き続けて8年目をむかえた。

今回はその中から、図書館講座・特別展・企画展示とは別に、文字通り学校の図書館から飛び出して行ってきた実践を通して、図書館に対する考えを整理してみたい。

 

最初に飛び出したのは2006年。「書店の中で本屋をやってみませんか」と、紀伊国屋書店から掛けられた声がきっかけだった。それが915日から1週間、紀伊国屋書店札幌本店の2階の一隅に、期間限定で開店した書店内書店『ろじうらや』である。

テーマは「町旅のすすめ」。町並み、銭湯、市場、商店街、小説、まちづくりなど、こちらが選んだ町にかかわる書籍や雑誌を300種以上仕入れてもらい、そのまま展示販売したのである。そこに並んだ本との出会いをきっかけに、自分の町の魅力を自分の足で再発見してみませんか、という提案型書店だった。

図書局の生徒が町文化をフィールドワークしてまとめた冊子や、仕入れた町本のリストなどを作って配布。販売する本以外の紙媒体も提供することによって、町の生きた情報の交流する拠点をつくろうと思ったのである。

中心に図書館講座の講師陣の著作を並べ、そこに講師の方々に作っていただいた直筆ポップを添えた。名づけて、純生ポップ。こうしたコーナーや篠路高校作成の自家製本を配した『ろじうらや』はそのまま、これまでの活動の報告の場にもなった。このときは北海道新聞の1面で大きく紹介されたこともあって、市内だけでなく道内各地からさまざまな人が立ち寄ってくれた。

いろいろやっているせいか、メディアに取り上げられる機会は多い。だがそのほとんどは、高校生(という子どもたち)がこういうことをするのはすばらしい、というワンパターンの取り上げ方で、活動内容の社会的意義にまで言及されることは少ない。

枠にはめられてしまうと、私たちが実践を通して投げ掛けたかった部分は、すっぽり抜け落ちてしまう。活動の意味をきちんと評価する眼を、おとな社会は持つ必要がある。その積み重ねの先にしか、地に足の着いた社会の姿は見えてこないのだから。

 

「篠路高校の図書館は、どうしてこんなことをやってるんですか?」。

もう何度尋ねられたかわからない質問だ。では一体高校の図書館というのは、どんなイメージで見られているのだろう。

生徒や先生方に、本や資料や学習空間を提供する場所?

おそらくは、それ以上でも、以下でもないのだろう。そこから見えてくるのは、私たちのなかに長年にわたって積み上げられてきた、図書館全体にもつながる静的な固まったイメージだ。

図書館はいつも決まった場所にあって、読みたい本を借りたり読んだり勉強したりするところ。もう一歩進んだとしても、知りたいことを調べる手助けをしてくれるところ、というあたりで大概はとまってしまう。

行政にも、とまっている人が多い。だから図書館の評価をいまだに貸出冊数のような数値でしか判断できない情けない構想が、文化教育行政の目標値として臆面もなく発表されたりするのである。そういう方策からは、人やお金に関わる有効な配慮はまったく見えてこないし、その先にあるべき地域や人の未来像も見えてこない。

私はこう考えている。高校はある程度エリアごとに配置されている。そして高校の図書館には、おとなの知的欲求にも対応できるような本や資料が揃えられているし、またそうでなければならない。つまりそこは活かし方次第で、地域の重要な知的拠点となる資質を十分備えているのである。

でも図書館はただ待っているだけでは、そこにある力のほんの一部しか生かすことができない。移動図書館や駅前などの好立地に置かれるサテライト図書館の試みは、まさにそこを意識したものであるし、館内で企画や展示などの催しを行うのもやはり、そこにつながるものと理解している。要するに私たちが、図書館に被せられた枠から飛び出してまで活動しているのは、地域と人が成長するうえで欠かすことのできない力が図書館にはある、と考えているからなのである。

図書館は、自分たちのことを自分たちで考えるための知的サポートの場であり、考えるための資料や材料だけでなく、さまざまな刺激を提供する場所でもある。

そしてそういう力を持つのは、図書館だけではない。本屋という場所にもまた、同様の力がある。本はだから、ネットで入手できればそれでいいというものではない。さらに言えば、博物館、文学館、資料館といった文化施設には、おしなべてそういう力が内在している。そうした知的財産を本気で活用しようとする過程こそが、閉塞した状況を解き開いてゆく鍵ではないかとも思っている。

 

2007年には、市立小樽文学館で『小樽探見日和』と題する企画展を開催した。これは10月から翌年1月までというロングラン企画で、文学館のかなりのスペースを使い、小樽の書店をメインに、商店街や市場、蕎麦屋、餅屋、銭湯など、小樽の魅力の原点となる町文化を足で調べた結果や、生資料等を展示した。そしてこのときも「なぜ札幌の高校がこんなことをするのか」という問いを、幾度となく投げかけられた。

前にも触れたが、篠路高校では毎年春、2年生が春の半日を小樽で研修するという行事が続いている。ところが生徒たちは、メディアでよく紹介される観光コースをあてもなくぶらついたあげく、つまらなそうな面持ちで戻ってくるのが常だった。要するに小樽の町文化の本当の魅力を伝えてくれる情報が、既存の媒体には見当たらないのだ。そこで20015月に始めたのが、小樽で集めた独自の町情報や現地の資料などを展示配布する、『小樽探見日和』と名づけた企画展だった。

それを何かの折に、市立小樽文学館の副館長に話したことがある。文学館では以前から町の生活文化などをテーマに、実にユニークな企画展を行っていた。

「それなら、今度うちでやってよ」という彼の言葉が、そのままこの企画展につながったのである。そこでは展示と並行して、『町旅手みやげ講座』というのを開いた。銭湯や本屋などの町文化をテーマに、地元の人や篠路高校の生徒にも講師になってもらったのだが、はからずも地域間交流・世代間交流の場ともなった。

 

今年はすでに、出版社をテーマに動き出している。言うまでもないことだが、図書館は本があってこそ成り立っている。このあたり前のことに、図書館の人間はあまりにも無頓着なのではないだろうか、との思いが以前からあった。

地元の出版活動は、町の文化度を映し出す鏡でもある。図書館が地元の出版人を応援しないで、一体誰がそれをやるというのだろう。というわけで、道内で活動を続ける出版社の意義と実践と心意気を、いろんなかたちで紹介する機会をつくりたいと考えている。

その皮切りとして、729日から927日までの約2か月間、札幌市中央図書館との連携で『おらが出版人に花束を―札幌の出版文化』という企画展を行うことになった。中央図書館の展示室などを存分に活用して、地元出版社のあゆみや息づかいを伝えたい。

そして10月には、『ひと・ほん・地域とともに行動する図書館の時代』というテーマで、全道高等学校図書研究大会が開催される。そこでは道内の出版社に一堂に会していただき、本を販売しながら生徒や先生方、さらには一般市民もまじえ、本を媒介に自由に交流できるような特別企画を実施すべく準備を進めている。

とにかく、本という知の世界にかかわって生きている人たちを、あらゆる場面をとらえて支援することこそ、図書館のまさしく基本的な使命の一つではないかと思っている。篠路高校の図書館が、活動の場を内側だけでなく外にも向けているのは、そうした諸々の思いが背景にある。だからわたしたちの図書館の活動には、既成の壁というものはない。


 

   (つかだ としのぶ:北海道札幌篠路高等学校)