戻る

子どもの笑顔に会いたくて

   −苫小牧の学校図書館と学校図書館ボランティア−

 

                             笠 原 紀 久 恵    

 


「全巻読破しました」6年生のSくんが『バッテリー』6冊を差し出す。次は何かいいオススメはありませんかという顔でスタッフを見る。

「戦争はどうして始まるか知りたいのですが本ありますか」4年生の女子。

「あのね、メイロでも字で書いているんだけど、そういう本はあるかなあ・・・」はにかみながら、3年生。

 苫小牧の小学校に学校図書館応援ボランティアが登場してから、そこここの学校図書館で見られはじめた光景である。学校図書館ボランティアのいる学校は図書館環境が良くなり、来館者が増え、もちろん貸出数も飛躍的に伸びている。ここまで来る道のりをたどってみたい。

 

「活字離れ」といっているだけでは・・・

1963(昭和38)年 子どもたちが本を読まない。読む時間がない。活字離れしている・・・世間は言い続けていた。参観日でも「もっと子どもに本を読ませてください」教師からも言われ、「本を読むことの大事さ」は誰もが認識していたものの、だからどうしたらいいかという動きはあまり見られない頃であった。

この年、一人の校長が「図書館は創造力の宝庫」と学校経営の柱に据え「司書採用を」を教育委員会に提言した。画家でもあった遠藤未満である。氏は新設校(美園小学校)の校長に就くと、まず子ども保護者にアンケートで「どんな学校にして欲しいか」問いかけた。

○勉強が愉しい学校 ○花のあるきれいな学校

これを「学問や芸術を学ぶ喜びや楽しさ、花と緑のある学園構想」ととらえ「子どもが学校目標を実現するためには経営全体が“発見をうながす興奮の感覚”(J.S.ブルーナー)を呼び起こすものでありたい。刺激的で指示的、冒険的で体験的なものでありたい」と考え「子どもの体験学習、情操教育には図書館こそ」と全教職員がとらえた。だが「司書」導入は行政に受け入れられなかった。そこで学校独自方式で「司書」を導入し、豊かな学校教育を展開。これは話題にはなった。しかし他の学校ではいいと思いながら指をくわえて眺め続けていた。この状態がしばらく続く。

 

1990(平成2)年 ますます活字離れは続き、「読まなくなった」「読めなくなった」「心の荒廃」とまで言われ、当時マンモス校であった大成小学校も「子どもたちの心を豊かにしなければ・・・」と苦悩しはじめた時に、開校20周年を迎える。

 子どもたちに「周年事業で何をプレゼントしようか」との話し合いの中で「ハードの面」ではなく「ソフトの面」こそという結論になり「物で潤す」よりも「学校に潤いを」そのためには「図書館の応援ができないか」と、「図書館担当補助者スタッフ」をPTA文化委員会として募集。賛同者58名。(12名のスタッフが図書室にローテーションを組んで常駐)

●人のいる図書館 ●活動マニュアルの作成(これが現在の苫小牧学校図書館ボランティアのマニュアルの基礎) ●環境整備・貸出し返本補佐 ●学校も「図書館の学年学級割り当て時間表」を作成、教務提案で図書室の授業が始まる。(折しも全道学校図書館苫小牧大会の授業校になり教育課程を意識しはじめる) ●全道読書感想文コンクール学校賞受賞

図書館は教育にいいものという考えが、市内のPTAの中に広まり始め見学者増える。(残念なのは他校の教員の動きにまでは及んでいない)

 

学校図書館に影響を与える動きが・・・

1993(平成5)年 苫小牧読み聞かせ文庫活動連絡会発足

「子どもは本が好きなのよ」と地域の文庫活動をしている方々や、サークルで読み聞かせに関わっている方、クラスで子どもたちと読み聞かせを楽しんでいる保護者は実体験で知っていた。「活字離れ」を叫ぶより、本を届けたらいいと思っていた。そこここにそういうグループがあったけれど、喜びや悩みも自分たちだけで消化していた。深い悩みを抱えている話も聞かれはじめていた時に「ネットワークを作ろう」という声で「苫小牧読み聞かせ文庫活動連絡会」が誕生。

「個別に活動しているグループが相互に交流して、情報を交換したり、合同の研修や学習会を開催することにより、それぞれの活動の継続や充実のために役立てよう」これが発足の動機。 

 活動の基礎はそれぞれのグループであるが、ネットワークにより、点の活動が線になり、面へと広がっていくだろうと考えた。参加は自由。個人加盟、サークル加盟、文庫など様々。

3回機関誌『あくしゅ』を発行。交流会や自主研修で各学校を回る。

『あくしゅ』(現在40号)に必ず校長先生に扉の文を依頼。これが功を奏してか、どの学校にも読み聞かせの保護者が入れる状態になる。

その活動の中で。「次はどの本がいいかな」と学校の図書館を訪れて「これが図書館?」と一様にビックリしたようである。実に3K(くらい、きたない、くさい)を地でいっていたのである。「私たちにできることはないのかしら」「この宝の蔵を子どもたちが学校で一番行ってみたいところに変えることができたら」という声が上がりはじめる。

ちなみに200012月各学校の読み聞かせに参加している保護者の数は、市内全体で1,600人を超えている。

 

 学校図書館はいい!

2000(平成12)年 学校教育法の改正によって、21世紀の扉が開くころ「司書教諭」論がかしましくなるが、学校事情の忙しさもあってか図書館は変わりそうもなかった。しかし、「何とかできるものなら応援したい」という親の思いと「応援して欲しい」という学校の思いが一致しはじめる。

この年、市教育研究会学校図書館部会に関わってきたKが学校を退職し、コーデネート役を買って出たこともあって、一気にあちこちの学校の図書館が変わりはじめる。

ボランティアに参加している保護者、地域の人は、自分たちの手でみるみる清潔感あふれる使いやすい図書館に変身する喜びと、やって来る子どもたちの笑顔に魅せられる。

2002年 「第一回学校図書館ボランティア連絡会」開かれる

苫小牧市教育研究会の中に「学校図書館部会」がある。そこに音頭をとってもらい交流会を開き、意見交換。各学校の活動状況や、悩み、学校行政にお願いして欲しいことなどが出される。(次回からは、中央図書館に依頼してレファレンスの基礎講座もすることになる)

毎年春冬2回の連絡会を持ち研修効果を上げている。個々でもボランティアは力をつけていく。

(苫小牧でいう「学校図書館ボランティア」は読み聞かせグループを指していない。もちろん両者に関わっている人も多数いる)

2007年6月・・・交流会報告では小学校15校、中学校3校。実質166人の学校図書館ボランティアが確認されている。

2008年6月 この交流会では、苫小牧の「学校図書館司書」を独自の方針で守り続けている美園小学校の「どれくらい授業に関わって活動できているか」の報告がされる。

 

 歯がゆい思い・課題

学校図書館には子どもたちがあふれ始めた。

そこここに子どもたちのいい風景が垣間見られる。

絵本を開く高学年のお姉さんの側にやってきて「読んで」とせがむ1年生。「おばさんこの本おもしろいから読んでみな」とお気に入りを差し出す子。「やった! 見つかった」と探していた本に出会って目を輝かせる子。「本を手にした子って誇らしげよね」「ほら、出て行く時胸張ってる!」「こういう笑顔に会いたくて又来たくなるのよね」「去年の貸出し数は25,000冊だったからこのペースだともっと行くかしら」会話も愉しげである。ボランティアスタッフの出す『図書通信』のタイトルも「子どもの笑顔に会いたくて」だったりもする。

 

しかし図書館が整備され、ラベルも貼られ、配架の工夫もされ、図書に関する用語についても、今子どもたちが読みたがっている本についても、もしかしたら教員より詳しいかもしれないくらい研修を積んでいる図書館ボランティアの思いがなかなか学校とつながらない現実がある。司書教諭が図書担当者では必ずしもないからである。

学校経営の中に、学校図書館が位置付くこと、これこそ学校図書館法にいう「学校の教育課程の展開に寄与するとともに、児童又は生徒の健全な教養を育成することを目的として・・・」を実現する道であろう。そしていろんな角度から協働したいとボランティアは呼び掛けを待っている。

 

専任の司書が常駐する図書館。そうありたい。しかし今子どもたちに図書館がいい場所になるための「草の根のような」この動きは、これからの苫小牧の学校図書館運動のエネルギーになって行くに違いない。親たちが応援歌を歌っている。


  (かさはら きくえ:苫小牧読み聞かせ文庫活動連絡会)